風湿病(膠原病)線維筋痛症

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

膠原病 関節リウマチを参考に説明。中医学・大病院・名医の情報。

無料相談はコチラ   膠原病がどうしても治らない人。 中医学の医師に相談したい方の情報ページです。 膠原病は大変むずかしい病気として知られています。 膠原病は本当の病名ではありません。 膠原病の病気は様々あり、その総称が膠原病です。   膠原病の種類 膠原病は全身性エリテマトーデス、全身性硬化症、 関節リウマチ、 強皮症 、 皮膚筋炎 、 多発性筋炎、 混合性結合組織病、巨細胞性動脈炎、血管炎などあります。 中医学ではどれも良い治療方法があります。   現代医学と中医学が考える膠原病の原因の違い 現代医学では膠原病は 「自己免疫疾患」とらえています。 免疫系が、自分自身の正常細胞や組織に攻撃を加える症状を起こす状態としています。 治療は「免疫抑制」をします。   しかし、中医学では膠原病の原因は「免疫低下」ととらえています。 治療は「免疫を上げます」。 現代医学と中医学は真逆です。 従って治療結果が全く違ってきます。   関節リウマチの原因とは 今回は中でも良く知られた病気、リウマチについてご説明します。 リウマチは軽い症状もありますが、重症は手足が溶けています。 それでも中医学は食い止めに使う薬があります。 両方の医学を選択 膠原病の名医 ビビッド・ライフは上海の現代医学の医大も中医学の医大も関係があります。 両方の特に優れた医師に相談可能です。 その病にあう治療方法を選択しています。 膠原病系、リウマチは全て中医学の治療薬を手配してます。   リウマチの治療方法について参考例を書きます。 治療された方々の中には長年、治療していたが、ビビッド・ライフに相談が入った時には既に片手・片足の指が溶けて消えている。 まだ手足の出血が続いている。   しかしそれからでも中医学を手配しました。 治療する薬がありました。   ここで説明したい事は、実はその人を中医学の医学書に照らし合せて見ると、ズバリ一致することがあります。 なぜこれほどまでにひどいリウマチになったか? 中医学の医学書には重大なポイントを書いています。   実は中医学の医学書では「リウマチにならないようにするには川の側に住まないように」つまり川の湿気が体に影響しないようにする事〜と書いています。 さて上記の人の家はどうか?   お住いの地域はどの家も横幅3m位の水路に沿って建っている。 そしてこの水路は縦横に枝分かれしている。 上記の方のお家は縦横2面が水路になっている。   つまり水路からの湿気が常に家の中に入っている。 床下から、壁から、窓から、常に相当量の湿気が家に入ってくる。 四六時中、湿気を浴びている状態です。   なぜリウマチになったか? まだ他にも原因が分かっています。 中医学ではなんと2000年前の医学書に上記のようなリウマチの原因をはっきり書いています。   それに従って中薬で治療すると良い。 つまりリウマチの原因は湿気や温度など、自然環境、生活環境が原因です。 上記の方は現在、中医学の治療を終了し、お元気にされています。    日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の関節リューマチの治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   関節リューマチを実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースが多い。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする関節リューマチの治療は効果が大きい。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が関節リューマチの治療でも出ています。   関節リューマチの治療---実例---「中西医結合医学」 1)関節リューマチは原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)関節リューマチとは別の病気を持っている人。 ①別の病気が関節リューマチの原因になっている人が多い。 ②関節リューマチから別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、関節リューマチだけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。   リウマチの関連記事をご覧ください。 リウマチの総合ページはこちらです。 リウマチの最先端の治療方法。中医学の名医が必ずする治療方法。 リウマチの中医学治療、中薬の取り寄せ体験 リウマチになったら中医学を勉強した方が良い。リウマチを治すには知識が必要。   リウマチを治す最先端の漢方治療。膠原病名医の説明もあります。無料資料です。下記を押してご覧ください。 個人輸入代行の総合ページはこちら  

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

ベーチェット病 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報

  無料相談はコチラ   ベーチェット病の総合ページです。 ベーチェット病は多系統の臓器につながり影響が出ます。 例えば口内炎(口)、性器潰瘍(性器)、ぶどう膜炎(目)、皮膚の赤い腫れ(皮膚)、血管炎(血管)等。   ベーチェット病は古来からある病です。 中国では西暦200年頃から治療方法が有り、中国の大病院・名医は根本治療しています。 目・口・皮膚・性器、その他の症状に効果的な治療をします。 治療による改善は病の状態、病の深みで違いが出ます。   「記事担当の後藤です。 「大変お困りの方が多いと聞きます。 この病は日が経つほど難しくなります。 中医学はこの病気を古来より根本治療をしています。」   「非常に難しい病気ですから、 中医学の大病院・名医の情報をお知らせします。」   ベーチェット病の症状とは ベーチェット病は目・口・生殖器に出来る病気です。   1) 目・口・外陰部に潰瘍がある。 顔色が鮮明に赤い、焼け付く痛みがある、ただれ・腐敗があり腐臭がする。 両眼は赤く腫れて痛い、目ははっきり見えない、熱があり、口が苦く、喉が乾く、いらいら、怒りっぽい。 座ったり横になると不安、口臭、便秘、尿が黄赤、舌がただれて破れる。   2)目・ 口・外陰部の潰瘍が反復して出来る。 爛れは赤黒い、ただれは化膿して痛い。 目が乾いて滑りが悪く、日差しが眩しい、、午後に低熱が出る、いらいら、不安。 めまい、耳鳴り、手足に熱、睡眠不足、夢が多い、膝腰が痛い、顔色が紅潮。   3)目・ 口腔や外陰部の潰瘍は、 あちらが良くなれば、こちらが悪くなる〜の状態を繰り返す。 患部は薄紅色、潰瘍は平たく凹む、痛みは勢いがありヒドイ、たゆまなく痛い。 両目は滑らかでなく痛い、頭がぼんやりして重い、だるくて力が無い、尿は透明で長く出る。     ベーチェット病の原因---中医学 原因①  湿毒内蕴 体外からの湿の侵入、体内での湿が発生し、湿が滞留・固り、熱が出て毒が発生しています。 この「湿・熱・毒」が経絡(血の通り道)を通って眼・口・外陰部に至り潰瘍を作ります。 これが湿毒が原因のベーチェット病です。   原因②  肝腎陰虚 肝・腎の陰が弱くなると津液(水)が損傷されます。 津液が回って来ないので体の上部・下部を潤す事が出来なくなります。 虚は火になり体内を焼きます。   それは肝からは上に登り眼・口に行きます、腎からは下に下がり外陰部に行きます。 眼・口・外陰部に潰瘍ができます。 これが肝・腎陰虚が原因のベーチェット病です。   原因③  脾腎陽虚 体内が脾腎陽虚になっている場合、気の流れが悪くなり、水が溢れます。 水・湿が溜まり毒が発生します。 湿が経絡(血の通る道)に入り穴部分(眼・口・外陰部)に向かいます。 ベーチェット病の治療---中医学 治療①  湿熱火毒 湿熱が進み火となり毒が発生している状態。 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。 ③火を取り除く治療をします。 ④解毒の治療をします。   治療②  陰虚火旺 陰虚になっており、火が旺盛な状態。 ①肝を滋養する治療をします。 ②腎を滋養する治療をします。 ③熱を清める治療をします。 ④火を取り払う治療をします。   治療③  脾腎陽虚 脾と腎の両方の陽が虚弱になっている。 ①腎を温める治療をします。 ②脾を健康にする治療をします。 ③気を益す治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。     ベーチェット病は難しいので 国際的にはベーチェット病の治療法が非常に優れているのは中医学です。 ベーチェット病は原因が分かっていないと言われてますが、 中医学(漢方)ではすでに紀元前200年には分かっています。 対処療法ではなく、根本治療します。   ベーチェット病の治療情報 中医学でする治療方法 ①五臓の治療をします。 肝・腎を滋養する治療をします。 腎を温める治療をします。 脾を健康にする治療をします。   ②熱・火などの治療をします。 熱を清める治療をします。 火を消す治療をします。 湿を取る治療をします。 解毒する治療をします。 気を益す治療をします。     ベーチェット病の特徴 ベーチェット病の最大の特徴は「目・口・生殖器の独立性の総合症」で有り、 「目・口・生殖器の三ツが連なっている」事です。 目・口・生殖器が別々の病気と間違えない事が大事です。   ベーチェット病は関節・肺・胃腸道・腎・大血管・中枢神経が影響を受け悪くなっています。 その他の臓器・器官も同時に損傷させています。   ベーチェット病は 脾・肝・腎が機能を失っていることが分かっています。 (注意:西洋医学の脾臓・肝臓・腎臓とは捉え方が違います。)     医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   中医学(中国)は世界で最も歴史があります。 1)ベーチェット病が医学書に歴史上、特に有名なのは西暦3世紀の《金匮要略》です。 ここでは「狐惑病」の何なっています。 この書の中では治療薬も説明されています。   2)隋の時代には医家の巢が書した《諸病源候論》で湿毒が関係いる事を説明しています。 3)唐の時代の医学書《千金要方》でも論述されいます。 4)清の時代の医家、魏念庭は、ベーチェット病は「陰虚血熱」が原因であると説明しています。   大事な点は時代を代表する歴代の名医家がベーヘット病の原因・治療の方向が一致している事です。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のベーチェット病の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   ベーチェット病を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースが多い。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。      西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がベーチェット病の治療でも出ています。   ベーチェット病の治療---実例---「中西医結合医学」 1)ベーチェット病は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 当然ですが飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)ベーチェット病とは別の病気を持っている人。 ①別の病気がベーチェット病が原因になっている人がいます。 ②ベーチェット病から別の病気に発展している人もいます。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、ベーチェット病だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。       これは必見 もしこのままではまずい。 今の内に根本治療しよう〜 と思う方にお役立ち情報。 下記のボタンからご覧ください。     分類の仕方は色々、1800年前の資料も重要 ベーチェット病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/becheto-1/ ベーチェット病を根本治療する。中医学・大病院・名医の情報。最先端「中西医結合医学」の治療効果。 https://js-vivid.com/becheto-5/ ベーチェット病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/becheto-3/     中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「ベーチェット病」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 http://www.cn939.com/bing/Behctet 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   ...

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

全身性エステマトーデス 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 総合情報

無料相談はコチラ   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 難しい病で大変お困りと存じます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。   中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。   全身性エステマトーデスの総合ページです。 記事担当の後藤です。 「この病は非常に困難な病気です。 どなたも大変苦しんで居られると存じます。」   「全身に及ぶ非常に難しい病気ですが、中医学・大病院・名医であれば根本治療します。 お役に立てればと思い、最先端の情報をお知らせします。」   根底から治療する方法を説明します。 この病を根底から治療する方法です。 ぜひ有効活用されてください。 初期・中期・後期と分かれます。 病の深さにより違います。 容易くない病気です、根気強く治療する事が大切です。       全身性エステマトーデスの原因---中医学 原因 1)肝腎陰虚証 これはSLEがまだ軽い段階です。 この状態は肝腎が陰虚になっています。 この為、陽が頭部に上り目眩、耳鳴りが起きます。   目は肝が養っています、陰虚で肝の経絡が栄養できない為、両目がしょぼしょぼします。 肝陰が不足した為、生理が不調、生理が無い。 腎が陰虚の為、脚・腰がだるく痛い、髪の毛が脱ける。   原因 2)脾腎陰虚証  この状態は「気陰両虚」か「肝腎陰虚」から発展して来た場合が多い。 顔が黄色い、体が寒い、元気が無い。 腎・脾を悪くしているので---全身に浮腫、重症者は胸水・腹水が有る。   肺を悪くしている為----咳・痰が有る。 最終的に尿が出ない状態になる。 腹が張る、食が細い、膝腰が怠く痛い、----これは脾腎が陽虚の特徴である。   原因 3)邪熱傷肝証 この状態は熱毒が原因で肝を損傷したものです。 肝が正常に働けず鬱状態になり、気が滞留し、血瘀になった。 このようにして全身性エステマトーデスを発病します。   子宮につながる経絡が不調になり、生理が不調になって生理が無くなる。   原因4)热毒旺盛証 SLEの高度活動期に多いパターンです。 ベースとして陰損が体にあります。 繰り返し熱毒に侵されました。 そして熱毒が旺盛になりました。 これで高熱が出たり、高熱が引かなくなりました。   熱が津液を損傷させました。 熱毒が営血を広範囲に渡って加熱しました。 そして熱が血と経絡を損傷させました。 このようにして全身性エステマトーデスを悪化させます。   この為に顔や他の皮膚に赤斑、出血斑が出ます。 日光にあたると病状が悪化します。 吐血、出血、血便などが出ます。   心神が熱毒の影響を受けますので、恍惚状態、昏睡状態、奇声、けいれん が起きます。 熱毒が体に溜まり蒸されるので気血が通らなくなり、関節がだるく痛い、筋肉に力が入らないので痛い、肢体が浮腫みます。 熱は膀胱に入り込みますので、尿の量は少なく赤か濁っています。 目・唇が赤い、大便が秘結します。   原因5) 风湿热痹証 この状態は 五臓六腑の気血が不足した事が原因の場合が多い。 赤斑、鮮やかな赤、手足の関節痛、腫れが有る。   「風湿熱邪」あるいは「風寒湿邪」を受け、ずっとこもると熱が発生します。 「風湿熱邪」が元々体の「陰虚内熱」と結合し「熱毒」を生みます。 これが脈絡を塞ぎ全身性エステマトーデスを発病させます。   全身性エステマトーデスの治療---中医学 1)肝腎陰虚証の治療 この状態は肝腎が陰虚になっています。 ①肝・腎を滋養する治療をします。 ②肝・腎の働きを補う治療をします。   2)脾腎陰虚の治療 この状態は「気陰両虚」か「肝腎陰虚」から発展して来た場合が多い ①腎を温める治療をします。 ②脾を健康にする治療をします。 ③気の働きをスムーズにする治療をします。 ④水の流れがスムーズになるよう治療します。   3)邪熱傷肝の治療 この状態は熱毒が原因で肝を損傷したものです。 ①陰を滋養する治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③血の働きを活発にします。 ④痰を溶かす治療をします。   4)热毒旺盛の治療 元々が陰損。繰り返し熱毒に侵されている。熱が津液を損傷。 ①熱を清める治療をします。 ②解毒の治療をします。 ③血に熱を清める治療をします。 ④血の働きを活発にする治療をします。   5) 风湿热痹の治療 この状態は 五臓六腑の気血が不足した事が原因の場合が多い。 ①熱を清める治療をします。 ②経絡(血の通り道)がスムーズに流れるように治療します。 ③風を取り払う治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。     全身性エステマトーデスの原因、補足説明 全身性エステマトーデスは二つの原因が同時に発生した病です。 一つ目は体内で発生した原因です。 二つ目は体外から侵入した原因です。   1)体内で発生した原因 ①肝・腎が弱い。 ②先天の精が不足して居る。 先天の精の不足とは、母親の体内で受胎した時に先祖からの家系の血筋を引き継ぎます。 その引き継いだ内容が不十分な状態です。 あるいは先天の精(血筋部分)を後天的に損傷している状態です。   ③感情で体内を損傷した。 ④過労により体内を損傷した。   これらが体内で発生した事が第一原因です。   2)体外から侵入した原因 人は24時間、自然界にいます。 家に居ても、外出しても、地球にいる限り大気に触れていますので、 ①熱・寒・湿・燥・風など 大気の様々な影響を受けます。 ②太陽の光・熱を受けたのも大きな原因です。   それが体内に侵入します。 これは「陽毒・陰毒」などと呼びます。 これが体外から体内に侵入した第一原因です。   その他に ③薬物が体に入った事が原因になる事もあります。 薬物とは農薬など、様々な化学薬品です。 これらが体内に侵入します。   このように体外・体内の両面が重なり全身性エステマトーデスの原因になって居ます。     全身性エステマトーデス 発症のメカニズム---補足説明   1)体内で発生した原因の影響で ①五臓六腑が損傷します。 ②全身の血の流れが次第に悪くなります。 ③鬱血し血が流れなくなります。 ④経絡(血の通路)が詰まります。   2)体外から病の原因が侵入した影響で ①熱毒(熱性の毒)が体内に作られます。 ②熱毒が五臓六腑を損傷します。 ③筋骨を損傷させます。 ④筋肉を擬固させます。   これで全身性エステマトーデスが形成されます。 このようなメカニズムにより多臓器に及ぶ非常に複雑な病気になっています。 体内環境が大幅に損傷されている状態です。   この根本治療を行い体内環境を大幅に整え、根治を目指す治療があります。 それは中国の大病院が行っている治療方法です。 現在、この治療方式は世界で唯一、中国だけです。     全身性エステマトーデス---根底治療・補足説明 1)根底からの治療は「五臓六腑」が重点です。 ①「腎・肝・脾・心・肺」を五臓と呼びます。 全身性エステマトーデスは五臓の全部が関係します。 五臓のどれが損傷しているかを中医学の専門医がします。 全身性エステマトーデスは最も複雑な病気ですので、中医学の医師でも余程の名医でなければ治療は無理です。   ②六腑とは 「胃・胆・小腸・大腸・膀胱・三焦」 です。 上記の医学書「医宗金鉴」でも「胃・三焦 」は基本的に悪くなっている事が書かれています。 五臓と六腑は繋がっており一体で動いて居ますので、悪くなるときも繋がって悪くなります。   五臓六腑は中医学の表現ですが、各臓器の働きは、西洋医学とは判断が大きく異なります。 全身性エステマトーデスを中医学で診断すると五臓六腑の複雑な損傷の状態がくっきり分かります。     2)「先天の精」の治療をする 「先天の精」の治療します。 持って生まれた体の根本です。 最初の原因説明で出ていました。   母親の胎内であなたの血筋が引き継がれます。 それを先天の精を引き継ぐと言います。   その血筋の引き継ぎが不十分だった事が原因です。 あるいは後天的に血筋に関係する精が損傷した事が原因です。   体の根の部分の治療です。 特に腎が治療の重点になります。   3)熱毒の治療をする 最初の説明で全身性エステマトーデスの中医学(漢方)の呼び名は「陰陽毒」と書いていました。 つまり「陰毒・陽毒」が体内に入り体内で「熱毒」を作り、そこから損傷が全身に広がっています。 目の見える特徴としては、体に赤く蝶のような模様が浮かんだり、皮膚の下に隠れたりします。 これは熱毒の現象です。   また直接に熱が出る。昼間と夜の熱が違う場合もあります。 微熱が常にある場合もあります。これも熱毒による現象です。 頭がぼ〜として意識が無かったりする場合もあります。   熱毒はひどいですから、体内の血や体液を加熱し、煮詰め凝固させます。 これで血・体液は体内を回れなくなります。それで五臓六腑が損傷し働かなくなります。 この影響で手足頭、五体が働かなくなります。 従って中医学では「熱毒」をとる治療をします。   4)体のバランスを取り戻す 体には「陰陽」というバランスが有ります。 全身性エステマトーデスは全身の陰陽バランスが狂っている病です。   昼間に起きて夜寝るのは陰陽のバランスが取れているからです。 人体が正常に働くのは陰陽のバランスが取れているからです。 体の外と内を陰陽がバランスを取っています。   上半身と下半身は陰陽でバランスを取っています。 五臓と六腑は陰陽でバランスを取っています。 全身が無数の陰陽バランスで統合されています。 これで全身がバランス良く働きます。   しかし全身性エステマトーデスはあらゆる陰陽バランスが崩れている病です。 これでは体が正常に機能せず、生活する事、生きる事がまともに出来ません。 中国の大病院には陰陽のバランスを取りなおす薬が有ります。     全身性エステマトーデスは 子供を産む年代に多い 生理との兼ね合いがある年代で多く発生する病気です。 しかし実際は中高年もこの病気になる人が多い。     全身性エステマトーデス ...

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

ネフローゼ症候群は根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

  無料相談はコチラ   ネフローゼ症候群の総合情報ページです ネフローゼ症候群の原因はすでに紀元前200年前に解明されています。 中医学は根本治療をします。   どうやれば体が良くなるか? 「記事作成:担当の後藤です。 ネフローゼ症候群になって大変お困りと存じます。   中医学大病院・名医の場合、根本治療をしています。 詳しい情報を書きますのでご覧下さい。」   ネフローゼ症候群の原因 参考:中医内科学 原因1)風邪襲表 ①風邪が人体を傷つけると寒や熱が体に溜まりやすくなり、風・湿・熱が体を襲う。 ②あるいは風邪が鼻口から侵入し、喉を詰まらせ固まりを作り、肺にこもり蒸す。 ③または皮毛が激しく打たれ、肺が侵された。 これらによりネフローゼ症候群が発症した。   原因2)外感水湿 ①湿地に長く住んでいた、豪雨の中を水に浸かりながら歩いたりして、 水湿が体内に侵入した為、脾陽を止める事が出来ない。 ②あるいは、すでに水湿の状態になっている。 ③又は、浮腫になりやすい。 この状況でネフローゼ症候群が形成された。   原因3)傷毒内犯 ① 潰瘍の傷、溶連菌による皮膚の化膿性炎症がまだ良くなっていない為、肺脾が悪くなりネフローゼ症候群が形成された。 ②若い人の場合、血熱が傷を生み、変化して浮腫が発生する。 この状況でネフローゼ症候群が形成された。   原因4) 囊赋不足 先天的な体質が薄弱である。 精気不足がネフローゼ症候群を発病する体質的な基礎である。 この為に外邪の影響を受けやすく発病しやすい。   原因5)飲食不節 ①脂っこい甘い物、海鮮など美味しいものを食べすぎ、酒を飲み過ぎて、脾・意を損傷した。 ②あるいは飲食に節度がない為に、脾気が栄養を失った。 ③又は冷たいものを食べ過ぎたり、湿燥の薬を飲みすぐると、脾・腎を損傷させる。 いずれもネフローゼ症候群を発症させる重要な原因です。   6) 久病労疲 過剰な労働で「腎・脾」を損傷した為にネフローゼ症候群を発症した。     上記の原因は2つのタイプに分かれます 参考:中医内科学 上記に6つの原因を説明しました。 これは「陰陽」の二つに分かれます。   ①陽のタイプ これは風邪、傷の毒、水質が発端となって発病したネフローゼ症候群です。   ②陰のタイプ これは飲食、過労、先天的・後天的な原因で発病したネフローゼ症候群です。     ネフローゼ症候群の治療方法 参考:中医内科学 「陽」のタイプの治療方法 これは風邪、傷の毒、水質が発端となって発病したネフローゼ症候群です。   1)風水相搏の治療 これは風と水が強く結びついたタイプです。 ①風を解き放すように体から出す治療をします。 ②肺の働きを良くする治療をします。 ③水の流れを良くする治療をします。   2)湿毒侵淫の治療 これは湿毒の侵入が激しいタイプです。 ①肺の働きを良くする治療をします。 ②解毒の治療をします。 ③湿が溜まらないように流れ出す治療をします。 ④浮腫を消す治療をします。   3)水湿侵漬の治療 湿が侵入し水に漬かったタイプです。 ①脾の働きが良くする治療をします。 ②湿を取り払う治療をします。 ③陽の通りを良くする治療をします。 ④水の流れを良くする治療をします。   4)湿熱壅の治療 湿が侵入し水に漬かったタイプです。 ①湿と熱を分ける治療をします。 ②湿を体から取る治療をします。 ③熱を体から取る治療をします。       「陰」のタイプの治療方法 これは飲食、過労、先天的・後天的な原因で発病したネフローゼ症候群です。   1)脾陽虚衰の治療 これは脾の陽が虚弱、衰弱したタイプです。 ①脾を健康にする治療をします。 ②陽を温める治療をします。 ③水の流れを良くする治療をします。   2)腎陰衰微の治療 これは腎の陰が衰弱し微妙なタイプです。 ①腎を温める治療をします。 ②陽を助ける治療をします。 ③気の流れを良くする治療をします。 ④水の流れを良くする治療をします。   3)瘀水互結の治療 これは水が止まり湿が阻っています。 ①血の働きを活発にする治療をします。 ②水の瘀を溶かし流し出す治療をします。 ③気の流れを良くする治療をします。 ④水の流れを良くする治療をします。       ネフローゼ症候群の原因・メカニズム ---補足説明   ネフローゼ症候群は五臓が原因です。 腎が単独で悪くなっているのでは無く、その他の臓器も悪くなっています。   原因①  特に「肺・脾・腎」が悪くなっています。 日本で知られている知識からすると、この三つの臓器はバラバラに考えられるでしょうが、実は同じ目的で動作している面があります。 その面が故障したのです。   ・「肺」の役目は色々ありますが、その中の一つは「水」を扱います。 ・「脾」の役目は色々ありますが、その中の一つは「水」を扱います。 ・「腎」の役目は色々ありますが、その中の一つは「水」を扱います。   この3つの臓器は連携プレイで、水を身体中に回し、体を守っているのです。 この水の処理をする「肺・脾・腎」が故障しています。   この為、大量の尿タンパクが出たり、重い水浮腫、低タンパク、高脂血症などになったのです。 これがネフローゼ症候群の本当の原因です。   原因②肝が不調になった為。 もう一つ原因になる場合が有るのは、 体内で「湿熱」がこもり、これが病の温床となってずっと体内で溜まる事です。 この状態は「肝・腎」を特に消耗・損傷させます。   「肝」は体内の血を循環させたり、血を蓄える仕事をしています。 しかし、先ほどの「湿熱」の影響で「肝」の働きが落ち、血の固まらせ停滞させ、水の流れを止めます。 このような事でネフローゼ症候群が形成されます。   ネフローゼ症候群は 上記のように五臓の内「肺・脾・腎・肝」の四つまでもが悪くなっています。 これは大概の人が、腎臓以外が悪くなっているのを気づきません。 検査しても悪くなっているのがわかりません。   実は中医学と西洋医学は人体の構造についての分析が大幅に違います。 今まで分からなかった原因が中医学では詳しく分かります。     ネフローゼ症候群の中医学治療 追加説明   中医治療①---「脾虚・湿」 ・「脾」を健康な状態にする治療をします。 ・「脾」の持つ「気」の働きを益す治療をします。 ・水の流れを良くする治療をします。 ・過剰な湿を取る治療をします。   中医学治療②---「脾・肾・陰虚・気虚」 ・脾と腎が同時に悪くなっているパターンです。 ・脾腎を補う治療をします。 ・脾腎を温める治療をします。 ・水の流れを良くする治療をします。   中医学治療③---「肝・腎・陰虚」 ・肝腎が共に陰虚になっている状態です。 ・肝腎を滋養する治療をします。 ・肝腎を補う治療をします。 ・陰の力を上げる治療をします。 ・熱を清める治療をします。   中医学治療④---「湿熱」 ・湿熱が体の奥深くに溜まり固まっている状態です「湿熱蕴结」。 ・熱を清める治療をします。 ・湿熱で出来た毒を消す治療をします。 ・湿の流れを良くする治療をします。 ・腫れを良くする治療をします。   中医学治療⑤---「気虚・陰虚」 ・気が虚になり、陰が虚になっているパターンです。 これは脾肺腎が悪くなっています。 ・気を補う治療をします。 ・脾を健康にする治療をします。 ・肺腎を清める治療をします。 ・肺腎を養う治療をします。   治療はパターンがあります。 ネフローゼ症候群には悪くなっている臓器や箇所、状態などのパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。   また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。     自分の身を削らない。自分の身を守る方法。 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。   人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? によって治療方法が違い、結果も違ってきます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと ネフローゼ症候群は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。 中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。   中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2200年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のネフローゼ症候群の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   ネフローゼ症候群を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 ...

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

線維筋痛症 5種類の原因を治療する 中医学・大病院・名医の処方。総合情報。

  無料相談はコチラ   線維筋痛症の総合ページです。 中医学は繊維筋痛症を根本治療します。 繊維筋痛症は他の病気とセットになっています。 その病気の治療も根本からします。     こんにちは 記事担当の後藤です。 「大変な激痛で大変な苦しみと存じます。 しかし根本治療する方法が有ります。 中医学の原理・原因・治療ポイント。」   「中医学は元々、痛みに関しては根本治療を常にしています。 痛みを止めながら、痛みが出る原因を治療をします。」      線維筋痛症の主な症状 全身に痛みがあります。痛い場所は全身に散っています。 痛みは軸骨格(胸椎、下背部、首)や肩甲帯、腰帯などに多い。   その他に多いのは背中、頭、太もも、すね、足、お尻、手首、足首などです。 この痛みがあるとイライラしたり、気が動転する場合が多い。   その他の症状 睡眠障害---90%ほどの人が睡眠障害を訴えます。 眠れない、熟睡できない、夢が多い。   麻痺、関節の周辺が張る、 疲労、頭痛・偏頭痛、 急速に寒くなる、精神の緊張、過度の疲労で病状が悪化する。      線維筋痛症の原因 内因---体内が発生原因 1)体質虚弱が原因   2)臓腑損虚が原因   3)正気不足が原因   4)陰陽失調が原因   この中で「肝・腎・脾の損虚」が最も主です。   5) 陰血損虚 女性の体は生理・妊娠・出産など血が基本です。 しかし生理・妊娠・出産は体内の血を損傷させ、弱らせる事が有る。 血が不足し筋肉・骨を潤わす事ができなくなります。 そして最終的に痛みが出てきます。 これが生理などが原因の線維筋痛症です。 男性に比べ女性に線維筋痛症金が多いのはこの為です。     外因---外邪進入が発生原因 1)風・寒・湿・熱の邪が虚に乗じて体内に侵入した事が原因です。   2)この下地になっているのは凛賦不足、栄養不和、気血不足、陰陽失調が基礎に有ります。   3)或いは「肝鬱脾虚」がベースとしてあるものです。       線維筋痛症の治療 1)安神養血 精神を安定させ、血を養う治療をします。   2)活血化瘀 瘀血を溶かし血の働きを活発にする治療をします。   3)疎筋通路 筋肉の気血津液の疎通を良くする治療をします。   4)行気止痛 気の流れを良くして痛みを止める治療をします。   以上は「原発性」の線維筋痛症の説明です。   それ以外に「継続性の線維筋痛症」があります。 他の病気から線維筋痛症に発展したものです。 下記は「継続性の線維筋痛症」について説明します。   線維筋痛症を複雑にしている理由は何か? 1)風湿病から来ています。 線維筋痛症は風湿病です。 その他の風湿病を患い、線維筋痛症に発展したパターンです。   下記の病は中医学では「風湿病」と呼びます。   関節リュウマチ、强直性脊柱炎、シェーグレン症候群、産後筋肉関節痛病 変形性関節炎、ベーチェット病、痛風、リウマチ熱、結節性紅斑 血小板减少性紫癜、全身性エステマトーデス 乾癬性関節炎、皮膚筋炎、血管炎   実は線維筋痛症の人は大なり小なり上記のどれかの病気に掛かっています。 これを「継続性・線維筋痛症」と呼びます。   「風湿病」の一覧をご覧になって、どれかに当てはまりますか? もちろん、はっきりしないが、少しその化が有る人も多いと思います。   この風湿病をすでに患っていて、そこから線維筋痛症が発生した人がほとんどです。 1)風湿病が軽い状態の人が多い。 それは中医学で一緒に治療出来ます。 それも根本治療します。   2)風湿病が重い時 重たい風湿病は中医学で治療できます。 根本治療します。 重い状態ですから、改善するのに日数が掛かる場合もあります。   しかし非常に良い治療ですので、取り組む価値は有ります。 こじらせ無いように少しでも早い内に中医学を取り組むのが良いと思います。   中医学の病院は何箇所も有ります。 その中の中心となる大病院には「風湿科」が有ります。       2)風湿病では無く他の病から来ている場合が有ります。 例えば「甲状腺」から来ている場合が有ります。 甲状腺は一般の人は意外と軽く考えているかも知れませんが、大変重大な病気です。 この病は治すのが非常に難しい病です。   甲状腺は中医学では根本治療が出来ますので、線維筋痛症を合わせて治療します。     線維筋痛症は経絡の治療が欠かせない。 上記の説明に経絡の治療について書いています。 線維筋痛症では経絡(けいらく)の治療が非常に大事です。   経絡は人体の頭から足の先まで通っています。 12本有ります。 経は縦に通る大通りで、絡は横に出ている細かな通りです。 これで全身をくまなく網羅します。   経絡は「気・血」が流れています。 線維筋痛症は「経絡」の中で「気・血」が流れなった。 そうすると痛みが出ます、これが線維筋痛症の痛みです。   経絡は人体を動かす非常に大事な役目をしています。 経絡のつまりが尋常では無く、この詰まりは中薬で有れば溶かすことが出来ます。   薬は全身の経絡の中を流れ、全面的に治療します。 この経絡を正常にする事で全身の痛みが消えます。   実は経絡の詰まりが原因で、痛みが出る病気は多い。 そのどれも中医学は経絡をきれいに流れるようにして痛みを決しています。 つまり中医学では線維筋痛症はよほどの特殊状況は別にして、誰でも治って当たり前なのです。       線維筋痛症は古代から有りました。 原因が分かっていないと治療しても難しい。 しかし中医学では古来より原因が詳しく分かっています。 線維筋痛症は4000〜3000年前には各地で研究・治療がされ、紀元前200には医学書「内経」に本格的に説明が有ります。   中医(漢方)では線維筋痛症は「痹証」の部類に入ります。 あるいは別名で「風湿病」の部類です。 「痹証」は二つに別れます。関節性がリウマチで、非関節性が線維筋痛症です。 下記は現在、広く使われている医学書の一例です。   この医学書は黄含英教授など教官が医大の学生やインターンに指導する時に使います。 世界の中医師は必ず持っている本です。 「痹証」線維筋痛症の説明ページです。     線維筋痛症の治療は中医学が世界で最も歴史があります。 中医学は根本治療をします。 上記の紀元前200年の<内経>の「素問」で既に線維筋痛症の原因・治療方法が詳しく説明され、その治療方法をそのまま現代で行なっても良い結果が出ます。 それだけでなく、現代に至る2000年間の各時代において、多くの名医家が「素問」の理論をさらに詳しく検証し、治療方法も様々な手が加えられました。 現代において現実に優れた治療実績を出しています。   線維筋痛症が治療中に改善が見られる現象 一番の問題は痛みです。 全身に激しい痛みがあります。 普通の方法では痛みは止まりません。   中医学の薬を飲み始めます。 そしてある時期になると体の一部から痛みが消える箇所が出てきます。 やがて痛みが消えた場所が全身に広がります。 そして全ての痛みが無くなります。   良い結果を出すには時間が必要です。   あれほど悲鳴をあげるほど痛かった人が、すっかり痛みが消え 「もう大丈夫です」という時に接するときが来ます。 痛い痛いと騒いでいた人も治癒すると急に静かになります。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2200年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。     世界最先端の治療---中西医結合医学 中医学は線維筋痛症の治療は最先端を行っています。 線維筋痛症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 特に線維筋痛症は中医学だけで良い治療が出来ます。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 一番多いのが、他の病気を持っている時です。   「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 1949年以降「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。      西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が治療でも出ています。   治療の実例---「中西医結合医学」 1)原因の種類が多い。 治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 ...

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

関節リウマチ 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 総合情報。

  無料相談はコチラ   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 難しい病で大変お困りと存じます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。   中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。     関節リウマチの総合ページです。 中医学の大病院・名医は関節リウマチを根本治療します。 本式の中医学では殆どの場合、関節リウマチは良くなります。   記事担当の後藤です。 「関節リウマチは非常に難しい病として知られています。」 ところが中国の大病院・名医なら、リウマチを根本治療できます。   「様々な関節リウマチの患者さまに出会いました。 重症の人も多い。 この資料をお役立てください。」     関節リウマチの原因   原因①  五臓が虚弱になっている 五臓が虚弱になっています。 例えば肝腎が悪くなれば全身が悪くなります。 肝腎からの経絡(血の通り道)が塞がれ関節に血が回らず、腫れて痛みが出ます。 これが五臓が原因の関節リウマチです。     原因② 津液が詰まっている。 津液(水)が体内に有りますが、これが停滞し濃くなりネバネバになります。 これが経絡(血の通り道)に侵入します。 経絡の血が通らなくなり、血が来ないので関節付近が腫れて痛みが出ます。 これが津液が原因の関節リウマチです。     原因③   血と気が原因 人体には気のエネルギーが有ります。 気が血を誘導して居ます。 しかし気が弱まっていると血の流れが悪くなり経絡(血の通り道)で血が停滞します。 血が来ないので関節付近が腫れ痛みが出ます。 これが「血・気」両方による関節リウマチです。     原因4    気候の影響が原因。 関節リウマチは気候の影響を大変多く受けた病気です。 気候の影響で津液が固まります。 それが経絡に侵入し血を冷やし血の流れを止め、関節が腫れ痛みが出ます。 これが気候の影響による関節リウマチです。         関節リウマチの治療-----参考:中医内科 1)気候の影響①の治療 経絡(気・血の通り道)が滞留している。 気血の逃れが閉鎖され通れない。 経絡の通りをよくする治療をします。   2)気候の影響②の治療 熱で経絡が詰まっている。 ①熱を清める治療をします。 ②経絡の流れを良くする治療をして気・血が流れるようにします。   3)気候の影響③の治療 経脈の気血が塞がれ流れる事が出来ません。 ①熱を清める治療をします。 ②経絡の通りを良くする治療します。 ③風を取り除く治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。   4)気・血の治療 ①気を益す治療をします。 ②血を養う治療をします。 ③営気を和らげる治療をします。 ④経絡の流れを良くして気血の流れを良くする治療をします。   5)津液の治療 津液と瘀血が互いに絡んで固まっている。 経脈が塞がって血が全く流れない。 ①痰を溶かす治療をします。 ②瘀血を溶かす治療をします。 ③痛みや痺れを取り除く治療をします。 ④経絡の通りを良くする治療をします。   6)五臓の治療 肝腎が力を失っています。 ①肝の力を養い補う治療をします。 ②腎の力を養い補う治療をします。 ③経絡の流れを良くし、気血が通るように治療します。 ④痛みを止める治療をします。 関節リウマチは膠原病の一つです。  膠原病には全身性エリテマトーデス、全身性硬化症、 関節リウマチ、 強皮症 、 皮膚筋炎 、 多発性筋炎、 混合性結合組織病、巨細胞性動脈炎、血管炎などあります。 共通する点が多いのですが、それぞれ特有の症状や原因がありますので、別々に調べる必要があります。   関節リウマチの原因解釈 中医学では古来より関節リウマチの原因は「免疫低下」ととらえています。 治療は「免疫を上げます」。   関節リウマチの多い症状 肩が痛い、膝、指の腫れ、股関節、手、手首、足、足首、関節などが、むくみ、変形、腫れ、貧血、痛み、などがあります。 ひどい人は手足の指が溶けています。 歩行できない、物が持てない、耳が聞こえない、味覚がない、など体の機能が奪われています。   関節リウマチは紀元前200年の医学書に 世界最古の医学書は2000年前の黄帝内経です。 この中に素問があります。 ここで関節リウマチが書かれています。   季節には、風・寒・湿があるがこれが原因と。 その後、多くの医学書に関節リウマチが書かれています。 風・寒・湿に熱が加わっています。   関節リウマチのメカニズム 関節リウマチの原因は外気・気候です。 特に「風・寒・湿・熱」などが体に侵入し、「経絡」をふさぐと、 筋肉、筋骨、関節に、だるい痛み、しびれ、重苦しい、屈折が難しい、状態を引き起こしている。 はなはだしい場合は、大きく腫れたり、焼け付くような熱さがある。   関節リウマチの原因をかみくだいてみよう。 1)まず体の総合的な機能やパワーが正常でないことが基礎としてあります。 つまり虚弱体質、皮膚と筋肉との間が緩んで隙間が出来ている、 体の外から病気が入らないようにする防備能力が失われている、 などがリウマチを起こす体の下地です。   2.このような無防備な体の状態に 大自然の「風・寒・湿・熱」などが体に侵入し、体を襲った為に起きた病気です。     関節リウマチの形成過程を説明します。 上記のように大自然の「風・寒・湿・熱」などが体に侵入した時、体内はどのようになったか?   気のエネルギー 人は「気・血・水」の三大要素で動いて居ます。 「気」とは気のエネルギーです。 「血」は血液です。 「水」は水分の事で中医学では津液(しんえき)と呼びます。   この三つの内、 まず気のエネルギーが----大自然の「風・寒・湿・熱」などが体に侵入した事で、働きが妨げられます。 気のエネルギーは特に「筋肉・関節・経絡」で動きが妨げられます。   経絡とは 「経絡(けいらく)」とは頭の先から手足の指まで全身に12本の大きな通路と毛細通路が全身の網羅されて居るところです。 ここは血と気のエネルギーが流れて居ます。 血は血管の中だけを流れていると思われて居ますが、実際は経絡にも多量に流れて居ます。   この経絡の中では、気のエネルギーが機関車として血を全身に引っ張って居ますが、気が阻害されると当然、血も全身を回らなくなります。 このような経緯でリウマチが形成されます。      関節リウマチの治療状況 関節リウマチの発生過程を見ていかがですか? はじめて知ったでしょう! しかしこれは中医学界では2000前から知られていた事です。 新しいことではありません。   今は、この医学は高度な漢方として毎日のように世界中で治療に使われています。 漢方で全身を総合的に治療できます。 中期、後期の場合も良い治療薬があります。   一番ひどい関節リウマチは手足が溶けている事です。 早い段階で漢方を使えばよい治療薬があります。   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。     関節リウマチは中国・大病院の名医でなければ治せません。 あなたのリウマチはどの程度悪いですか? 名医は、手足の指が溶けている末期状態の人も治療で良くします。 あまりの痛さに死にたいと言っていた人。 治療が進むと言った事をすっかり忘れお元気に暮らしている。   名医であれば、余程の例外は別にして、大概の人は良くできます。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の関節リューマチの治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   関節リューマチを実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースが多い。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする関節リューマチの治療は効果が大きい。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が関節リューマチの治療でも出ています。   関節リューマチの治療---実例---「中西医結合医学」 1)関節リューマチは原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   ...

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

全身性エリテマトーデスは食べ物の管理が非常に大事。薬に匹敵するほど大事です。中医学・大病院の情報。

  無料相談はコチラ   全身性エリテマトーデスは非常に複雑な症状が出ます。 様々な原因があり、単純でない。様々に絡んでいる場合があります。 色々な病気がありますが、全身性エリテマトーデスほど多く、食べ物を漢方医が指定してくる病は他に有りません。 食事は栄養を大事にします。特に病気の時は栄養は大事です。 しかし難しい病気になっている場合、栄養になる食べ物ならなんでも良いわけではありません。 逆に食べたら病気が悪化するものさえ有ります。 全身性エリテマトーデスは特に食事管理が大切です。 詳しくは漢方の医師が指導しますので、その指示に従うと良いです。 漢方では医食同源と言います。 その理由は、漢方薬は基本的に植物です。 ですから台所のお野菜の仲間です。   野菜、その他の植物の中で特に治療に使えるものは薬(中医学の薬)の名前が付きます。 医師は植物・野菜のプロです。 それぞれの野菜・魚介類・海草・肉類がどのような成分を持ち、どのように体にプラスになり、逆にどのように悪影響するか、徹底的に知っています。 全身性エリテマトーデスは、体が特に風前のともし火です。   食べ物の成分に大きく左右されます。 薬で良くしようとしても、食べ物で悪化させます。 実際、様々な難病でも、これほど食べ物で左右されません。   食べて悪いものとは? 1)さらに新しい病を誘発する食べ物が有ります。 どれなのかは、人によって違いますので、最初の相談の時に漢方医から指定が来ます。   2)痛めている臓腑によって影響がある食べものが有ります。 肝に悪いもの、腎に負担がかかるもの、脾に負担がかかるもの。。。結構多い場合があります。   3)「気」や「水」に影響がある食べ物をストップされる時があります。 上記の中には食べ物だけでなく、香辛料が含まれる時があります。 実際に漢方の医師からそれぞれの食べ物の名前を聞いたら、なるほどと分かると思います。   多い人は20種類くらい言ってきます。 それほどこの病気は微妙な影響を受けます。 〜〜〜〜〜〜〜 一つだけ質問があります。 絶対ダメな物があります。 なんでしょうか?   答えは「酒・タバコ」です。 全身性エリテマトーデスになっていて、まだ「酒・タバコ」を飲んでいる人は漢方での治療はしても無駄です。 中医学の治療効果が全く出ません。 それほど難しい病気の時は「酒・タバコ」は悪影響します。 逆に食べた方が良いものが有ります。 大概は冷蔵庫の中にあるものや、お店で売られているお野菜や果物です。 病状に応じて漢方の医師がアドバイスします。 お粥にして食べたり、鍋で煮汁を取る場合もあります。 これは簡単です。   体を温めたり、栄養を補給します。 あるいは食欲を増すためのものが有ります。 食べ物と言っても、医師は食べ物を薬として活用する場合が結構多い。薬を教えて欲しいと相談したら、食べ物でした方が効果が良いと言われる時もあります。 優秀な医師は冷蔵庫の野菜を医薬品に作り変えます。   すでに医療用に加工された栄養・食べ物を医師が提案してくる時があります。 非常に体が疲弊していますので、通常の食べ物だけでは追いつかない。 あるいは体が栄養を吸収する力が落ちている状態が多い。 この時は、吸収力を上げる加工をしたものがあります。 日本の病院で使われている栄養とはタイプが違います。 中医学が考える医療用の栄養です。   全身性エリテマトーデスは、回復に非常に慎重さがいります。 見かけ上、よくなっているかに見えて、実際はほとんど問題が残ったままが有りますので、優れた判断が出来る漢方専門医に相談するのが一番大切です。   全身性エステマトーデスの総合ページはこちら  関連の記事があります。ご覧ください。 全身性エステマトーデスの最新治療。治療するポイントを知る。高度な漢方。脾腎タイプ。 全身性エステマトーデスは複雑だから、ていねいに治療することが大事です。高度な漢方。肝腎タイプ。 全身性エステマトーデスの病状。高度な漢方で治す方法を、早めに大病院で情報を得る。     実際に漢方ではどのように治療をするのでしょか? 原因などを含め説明をご覧ください。 下記のボタンを押してご覧ください。 無料です。何度でも見れます。 記事が全面的に新しくなりました。     個人輸入代行の総合ページはこちら    

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

全身性エステマトーデス、元からの治療方法を探している。悪化している、良い治療方法を知りたい。

無料相談はコチラ     全身性エステマトーデスの総合ページです。 筆者:後藤です。 この病は非常に困難な病気です。 どなたも大変苦しんで居られると存じます。 この病の本質をつかみ、無事、良くなられる事を心より願います。 ここに出ている情報はまだ日本には伝わっていない内容です。   全身性エステマトーデスはなぜ悪化するか? 下記の中国語の文章は中医学医療資料の一部です。 この中に重要なヒントがあります。 全身性エステマトーデスは「系统性红斑疮」と書きます。 2行目を見ますと、この病の名称は「阴阳毒」「蝶疮流注」「阳毒发班」が中医学の名称、範疇になります。   この名前から全身性エステマトーデスの特徴が分かります。 人体には陰陽が有ります。「阴阳毒」は陰陽から毒が発生した病気の意味です。 「蝶疮流注」は皮膚に蝶の模様ができる病である。 「阳毒发班」は陽から出来た毒で皮膚に班が出来る病を意味します。 この内で全身性エステマトーデスの中医学の正式名称は「蝶疮流注」です。   3行目が問題です。全身性エステマトーデスの原因、メカニズムの説明が有ります。 この病の原因は①体の天賦の力が不足している、②陰陽の失調、この二つが原因としています。 これらにより、腎・心血管系統・呼吸系統・精神神経系統・血液系統など多系統が損害を受けた病気と分かります。   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 全身性エステマトーデスを根底から治療する方法 上記で①天賦の力の不足を治療する。 他のページを見るとこれ意外に「後天に力を失った」事も原因と書いています。 中医学(漢方)では天賦の力に関しても治療します。 また後天的な力の場合も治療方法があります。 体の根の部分の治療です。     下の写真は医学書の一部分です。 この書は黄含英教授など医大の大学生やインターンに教官が指導に使う最も基礎的な医学書です。   根底からの治療は「五臓六腑」が重点です。 簡単に言えば内臓全体が悪くなっている病気ですから、五臓六腑の治療が必要です。 五臓とは「肺・心・脾・肝・腎」です。六腑とは「胆・胃・大腸・小腸・膀胱・三焦」です。   中医(漢方)なら五臓六腑を根底治療する事ができます。 血や体液などの治療も必要です。 しかしそれらは五臓六腑の治療の中で行います。   少しだけ詳しい説明をします。   この病気が発生した原因は陰陽がバランスが崩れているからです。 上の写真をご覧ください。「陰陽の中医学的応用」と書いています。 その5行目を見ますと陰陽は<素問>に詳しく書かれています。 これは2000年前の医学書です。陰陽にも詳しく記述していますから、特に全身性エステマトーデスとは密接な関係があります。   人体の組織構造、生理機能、病気の発生メカニズム、はこの「陰陽」が関係しています。 陰陽とは体のバランスです。このバランスが崩れると人体は非常に困難なことになります。 陰とは「肺・心・脾・肝・腎」です。 陽とは「胆・胃・大腸・小腸・膀胱・三焦」です。 このバランスが全部悪くなっている事がこの病の原因です。 そしてこれら大部分が損傷しています。その治療をします。   熱毒の治療をする 最初の説明で全身性エステマトーデスの中医学(漢方)の呼び名は「陰陽毒」と書いていました。 つまり毒があるのが特徴です。特に熱毒があります。 体に赤く蝶のような模様が浮かんだり、皮膚の下に隠れたりします。 これは熱毒の現象です。   また直接に熱が出る。昼間に熱が上がり夜に下がる場合もあります。 微熱が常にある場合もあります。これも熱毒による現象です。 頭がぼ〜として意識が無かったりする場合もあります。   熱毒はひどいですから、体内の血や体液を加熱し、煮詰め凝固させます。 血・体液は当然、体内を回れなくなります。それで五臓六腑が損傷します。 それに合わせて手足など五体が悪くなります。従って「熱毒」をとる治療をします。   本来は子供を産む年代に多い 生理との兼ね合いがある年代で多く発生する病気です。 しかし実際は中高年もこの病気になる人が多い。 一般的には症状が違います。   治療薬は 全身性エステマトーデスは極めて難しい病気です。 これを根底から治療するには優秀な薬が必要です。 それは資格を持つ医師に相談すれば、体のどこがどうなっているか、克明に分かりますので、それにそった薬を処方して下さいます。   特に病院用の薬ばかりです。 そのようなクスリは9000種類あります。 その中には病状に合う薬が多種あります。 全身性エステマトーデスは5種類あります。 全身性エステマトーデスは単一ではありません。 中医(漢方)では基本的に5種類に分ける場合が多い。 その中に貴女が当てはまるタイプがあります。 また人によっては、中間に位置するものもあります。 病気のタイプが非常に複雑ですが、優秀な医師なら的確に判断します。   治療に対する方針 この病は最高度に難しい病です。 現状の治療で良いと思う人はそのままの治療の方が無難です。 そのまま治療をされて下さい。ところが今の治療には限界を感じている、どうしても別の治療に切り替える必要がある。 良い方法を必死で探している。   根底から治療したい〜と考える人向けです。 ごくわずかの人でも望む人があるならと説明を書いています。 このような治療ができる医師や医療機関は貴女の周りには絶対にないと思います。 必要と思う人がご活用されて下さい。   貴女に質問です。どの程度治りたいですか? 当初、ビビッド・ライフは皆様に日本での治療を勧めていました。 しかし多くの方から漢方は飲んだが良くならないと言われます。 中国も様々と問い合わせ、上海も色々な医師に当たり、やっと最も腕の立つ名人の先生方に出会えたのです。   これには10年以上掛かりました。 一般人では及ばない情報収集を繰り返して10年以上掛かりました。 上海の病院・医師に相談し、薬は「個人輸入代行」する方式です。 貴女はどのレベルまで治りたいですか?  <全身性エステマトーデスの関連記事> 全身性エステマトーデス 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 総合情報 https://js-vivid.com/esutima-15-1-0/   全身性エステマトーデスは五臓六腑で根本治療します。大病院・名医の治療ポイントを説明します。 https://js-vivid.com/zensin-esutima-5/ 全身性エステマトーデスが治らない、悪化する理由。治療するポイントを知る。 https://js-vivid.com/estima-dodesu-1/ 全身性エステマトーデスを治す方法はあるのか? 根本治療の方法。中医学の大病院。https://js-vivid.com/eritematodesu-8/ 全身性エステマトーデスは内臓の病気です。中医学で根本治療はどこを治療するのか説明します。 https://js-vivid.com/zensin-esutema-2/     何としても良くしたいと思う方は必見です。 原因や治療方法について書いています。今後の治療に役立ちます。 下記のボタンを押してご覧ください。無料です。   個人輸入代行の総合ページはこちら      

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

全身性エステマトーデスは五臓六腑で根本治療します。大病院・名医の治療ポイントを説明します。

  無料相談はコチラ   全身性エステマトーデスの情報ページです。 記事担当の後藤です。 「この病は非常に困難な病気です。 どなたも大変苦しんで居られると存じます。」   「全身に及ぶ非常に難しい病気です。 お役に立てればと思い、最先端の情報をお知らせします。」     全身性エステマトーデス    参考:中医内科学 以上の説明だけでは、まだ実感がわかないと思いますので、今度は医学書から説明します。 下記の資料は全身性エステマトーデスについての医師の資料です。 下から2行目に「腎」の字が出て居ます。   腎が悪いのは実際には紀元前200年の医学書「内経」ですでに書かれて居ます。 この医学書は当時の漢王朝が行政として編纂とした大医学書です。 この頃から五臓が関係している事が分かり出したのです。   下記の医学文献には「陰陽毒」「陽毒による班」「先天の精の不足」の説明があります。 心血管系統・呼吸系統・精神神経系・血液系統など多系統を損傷した病気と説明があります。 体が多方面に悪くなるだけで無く、精神的な病変が出て来る場合が見られます。   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   医学書「医宗金鉴」に書いている重要な事 この医学書は清の時代に国家規模で編纂した大医学書です。 現代の中国の医師・医学者も最も重視する貴重な医学書です。 この中に全身性エステマトーデスについて詳しく書かれています。 このページの説明はかなりの面で「医宗金鉴」に基づいて書いています。   その他に「医宗金鉴」 に書いている事とは 全身性エステマトーデスは ①熱毒で血を煮詰めている。 ②胴体全部の体液の通り道(三焦 )で津液(体液)が流れず溢れている。   以上の二つの影響で胴体では下記の現象が起きています。 ①肺機能の疎通が悪くなっている。---胴体上部 ②脾・胃 の働きが噛み合わない。-----胴体中部 ③膀胱の働きが低下している。---------胴体下部   ④経絡(血の通路)が塞がれている。 ⑤筋肉・心臓が犯されている。 ⑥肝機能・腎機能の低下。 などが書かれています。 これでは体の三要素(気・血・津液)が止まり、五臓(心・肺・脾・肝・腎)が止まりますので、 全身のほとんど全て機能しなくなっている状態です。 これが全身性エステマトーデスです。 どこが悪くなっているか? 非常に多いのは「肝・腎」です。 病院では「肝臓・腎臓」と呼びますが、それは近年の現代医学の名称です。 漢方では「肝・腎」と呼びます。 これは数千年前より使って来た名前です。   呼び方が違うだけでなく、どのような働きをするか?〜の考えかたが違います。 ですから中医学で「肝・腎」が悪くなっていないか?確認する必要があります。 病院で肝臓・腎臓は正常ですと言われても、観点が違いますので、必ず漢方の医師に診ていただく必要があります。 肝・腎が悪くなっているのに、知らずに、その他の治療しても、全身性エステマトーデスは良くなるのはあり得ないからです。 「肝・腎」が悪いのは中高年の女性に多い。 「肝・腎」の治療薬は現代医学の薬と違います。 治療する内容が違うからです。   肝・腎が悪い場合の主な症状は 目まい、耳鳴り、精神的な疲れ、家事や仕事が無理、微熱、 何かあると高熱になりやすい、生理不順、脈が少ない、抜け毛、 腰痛、膝痛、手のひら・指に紅斑、ほおに紅斑。など。   なぜこのような症状が出るかご存知ですか? 概略ですが、 耳鳴りは腎機能低下の典型です。 耳と腎は一体です。耳で腎の状態がわかります。   抜け毛が多いのは肝の低下です。 髪の毛は血の余剰で作られています。 肝機能低下すると血の循環がうまくできなくなり、頭部に血が不足し、髪が抜けます。   皮膚に血が回って来て皮膚が維持できています。 しかし肝機能低下すると皮膚に血が回って来ない。 このため、皮膚が誤動作を起こし「紅斑」が出来ます。   女性に鬱が多いのは肝を痛めやすいからです。 肝鬱と言います。 肝機能低下すると、精神の機能も落ちます。   膝痛、腰痛は肝機能低下から来ます。 痛みは血が来ないと出ます。 腰や膝に血が回って来ないので痛みが出ます。   肝機能低下で肝からの血が子宮に回って来ないので月経不順になります。 肝・腎が機能低下すれば体を動かすのは無理です。 家事や仕事が無理、日頃に微熱が出るのも体が限界に来ている、何かあれば高熱が出るのも、体が限度を越しているためです。   肝・腎の問題は 肝・腎が悪ければ、肝機能は大幅に低下しています。 腎機能も大幅に低下しています。 すでに肝炎いなっている人、すでに腎炎になっている人はなおさら問題です。 腎不全になれば人工透析になります。   「気」の重要な役目。 「気」を知らないと漢方を知った事にはなりません。 できるだけこのホームページで多くを学んでください。 体は物体として臓器があります。   しかし物体だけあっても動きません。 動かすものが必要です。   体を動かす3つのものがあります。 「血と水、そして気」です。この三つが体全体を動かしています。 その中の「気」が故障してます。当然、体が動かなくなります。 その影響で上記のような病状が発生します。 「気」については現代医学には全く医学的に把握されていません。 したがって、この病状を治療できるのは高度な漢方だけです。     医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   食べ物で治療します 球根や木の実、穀物などを治療に使う場合も多い。 どうすれば良いか中医師のアドバイスを受けて下さい。   治療に対する情報 根底から治療したい〜と考える人にお役にたちます。 今、お近くの病院の治療をされていると思います。 その薬と中国の薬を並行して下さい。 次第に改善してくれば薬が少なくなって来ます。   費用と効果を考える よく計算してみると、この方法は非常に安価です。 費用と効果を考える、 実際に使うお金を比較してみる、 結局、一番割安です。 どのように治したいですか? 当初、ビビッド・ライフは皆様に日本での治療を勧めていました。 しかし多くの方から漢方は飲んだが良くならないと言われます。 中国も様々と問い合わせ、上海も色々な医師に当たり、やっと最も腕の立つ名人の先生方に出会えたのです。   これには10年以上掛かりました。 一般人では及ばない情報収集を繰り返して10年以上掛かりました。 上海の病院・医師に相談し、薬は「個人輸入代行」する方式です。   下記は色々な角度から書いていますので参考にされて下さい。 全身性エステマトーデス 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 総合情報 https://js-vivid.com/esutima-15-1-0/ 全身性エステマトーデス、元からの治療方法を探している。悪化している、良い治療方法を知りたい。 https://js-vivid.com/esutema-5/   全身性エステマトーデスが治らない、悪化する理由。治療するポイントを知る。 https://js-vivid.com/estima-dodesu-1/ 全身性エステマトーデスを治す方法はあるのか? 根本治療の方法。中医学の大病院。https://js-vivid.com/eritematodesu-8/ 全身性エステマトーデスは内臓の病気です。中医学で根本治療はどこを治療するのか説明します。 https://js-vivid.com/zensin-esutema-2/       何としても良くしたいと思う方は必見です。 原因や治療方法について書いています。今後の治療に役立ちます。 下記のボタンを押してご覧ください。無料です。   中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「全身性エステマトーデス」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 https://baike.baidu.com/item/系统性红斑狼疮/811510?fromtitle=SLE&fromid=3705737 他にも有りますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。   上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。 この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   個人輸入代行の総合ページはこちら           全身性エステマトーデスの総合ページはこちらです。 関連の記事があります。ご覧ください。 全身性エリテマトーデスを治療する方法、漢方(中医学) 全身性エステマトーデスの最新治療。治療するポイントを知る。高度な漢方。 全身性エステマトーデスの怖い現象。原因と治療方法。高度な漢方を知る。血陰タイプ。   全身性エステマトーデスの詳しい漢方の治療方法について書いています。下記のボタンを押してご覧ください。無料です。記事が全面的に新しくなりました。更新:2017年7月15日   個人輸入代行の総合ページはこちら

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

全身性エステマトーデスが治らない、悪化する理由。治療するポイントを知る。

無料相談はコチラ   全身性エステマトーデスの情報ページです。 記事担当の後藤です。 「この病は非常に困難な病気です。 毎日、大変苦しんで居られると存じます。   下記に医学書や実際の医師の治療を元に説明をします。 体が正常になり、楽しい生活になるよう切に願っております。」     全身性エステマトーデスの根底治療 中医学 1)肝腎陰虚 この状態は肝腎が陰虚になっています。 ①肝・腎を滋養する治療をします。 ②肝・腎の働きを補う治療をします。   2)脾腎陰虚 この状態は「気陰両虚」か「肝腎陰虚」から発展して来た場合が多い ①腎を温める治療をします。 ②脾を健康にする治療をします。 ③気の働きをスムーズにする治療をします。 ④水の流れがスムーズになるよう治療します。   3)邪熱傷肝 この状態は熱毒が原因で肝を損傷したものです。 ①陰を滋養する治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③血の働きを活発にします。 ④痰を溶かす治療をします。   4)热毒旺盛 元々が陰損。繰り返し熱毒に侵されている。熱が津液を損傷。 ①熱を清める治療をします。 ②解毒の治療をします。 ③血に熱を清める治療をします。 ④血の働きを活発にする治療をします。   5) 风湿热痹 この状態は 五臓六腑の気血が不足した事が原因の場合が多い。 ①熱を清める治療をします。 ②経絡(血の通り道)がスムーズに流れるように治療します。 ③風を取り払う治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。   全身性エステマトーデス 世界唯一の根底治療  補足説明 1)根底からの治療は「五臓六腑」が重点です。 ①「腎・肝・脾・心・肺」を五臓と呼びます。 全身性エステマトーデスは五臓の全部が関係します。 五臓のどれが損傷しているかを中医学の専門医がします。 全身性エステマトーデスは最も複雑な病気ですので、中医学の医師でも余程の名医でなければ治療は無理です。   ②六腑とは 「胃・胆・小腸・大腸・膀胱・三焦」 です。 上記の医学書「医宗金鉴」でも「胃・三焦 」は基本的に悪くなっている事が書かれています。 五臓と六腑は繋がっており一体で動いて居ますので、悪くなるときも繋がって悪くなります。   五臓六腑は中医学の表現ですが、各臓器の働きは、西洋医学とは判断が大きく異なります。 全身性エステマトーデスを中医学で診断すると五臓六腑の複雑な損傷の状態がくっきり分かります。 2)「先天の精」の治療をする 「先天の精」の治療します。 持って生まれた体の根本です。 最初の原因説明で出ていました。   母親の胎内であなたの血筋が引き継がれます。 それを先天の精を引き継ぐと言います。   その血筋の引き継ぎが不十分だった事が原因です。 あるいは後天的に血筋に関係する精が損傷した事が原因です。   体の根の部分の治療です。 特に腎が治療の重点になります。   3)熱毒の治療をする 最初の説明で全身性エステマトーデスの中医学(漢方)の呼び名は「陰陽毒」と書いていました。 つまり「陰毒・陽毒」が体内に入り体内で「熱毒」を作り、そこから損傷が全身に広がっています。 目の見える特徴としては、体に赤く蝶のような模様が浮かんだり、皮膚の下に隠れたりします。 これは熱毒の現象です。   また直接に熱が出る。昼間と夜の熱が違う場合もあります。 微熱が常にある場合もあります。これも熱毒による現象です。 頭がぼ〜として意識が無かったりする場合もあります。   熱毒はひどいですから、体内の血や体液を加熱し、煮詰め凝固させます。 これで血・体液は体内を回れなくなります。それで五臓六腑が損傷し働かなくなります。 この影響で手足頭、五体が働かなくなります。 従って中医学では「熱毒」をとる治療をします。   4)体のバランスを取り戻す。 体には「陰陽」というバランスが有ります。 全身性エステマトーデスは全身の陰陽バランスが狂っている病です。   昼間に起きて夜寝るのは陰陽のバランスが取れているからです。 人体が正常に働くのは陰陽のバランスが取れているからです。 体の外と内を陰陽がバランスを取っています。   上半身と下半身は陰陽でバランスを取っています。 五臓と六腑は陰陽でバランスを取っています。 全身が無数の陰陽バランスで統合されています。 これで全身がバランス良く働きます。   しかし全身性エステマトーデスはあらゆる陰陽バランスが崩れている病です。 これでは体が正常に機能せず、生活する事、生きる事がまともに出来ません。 中国の大病院には陰陽のバランスを取りなおす薬が有ります。   診断すると体の内部が克明にわかります。 全身性エステマトーデスで多いのは「肝・腎」が同時に悪くなっているパターンです。 もう一つのパターンもあります。 それは「脾・腎」がセットで悪くなっているパターンです。   予備知識ですが、 肝臓と肝は違います。 腎臓と腎は違います。 そして脾臓と脾も違います。   「脾・腎」が悪くなり多く見られる症状 精神的に萎縮、イライラ短気、下肢にむくみ、下痢、体に力が入らない、 尿が少ない、手足が冷たい、胸水、腹水、食欲不振など。 この状態の特色は まず下肢の浮腫みです。 人によっては胸水、腹水の非常に危険な状態が発生します。 これには理由があります。   腎は全身を流れて来た水を処理するところです。 脾も水を扱うところです。 食べ物は胃を通過して水に変わります。   この水を肺に送る作業をこの脾がします。 場合によっては肺も悪くなっているときもあります。 肺は上水道の役目をします。   脾が悪くなり水が運べない、腎が悪くなり水が運べない。 このため、水の行き先がなくなり、下肢に水が溜まり浮腫んでいる、胸に水が溜まっている、お腹に水が溜まっている状態です。   溜まった水の治療を間違えない。 水が溜まれば抜けば良いと思いますが、 しかし抜いてもまた溜まります。   1・2度は抜くのも良いですが、何度もすると体に無理が来ます。 やはり原因になっている「脾・腎」を根本治療する必要があります。   胸水、腹水が溜まる段階は極めて危険な状態に来ている状況です。 早急に適切な治療が必要です。   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   食べ物で治療します 球根や木の実、穀物などを治療に使う場合も多い。 どうすれば良いか中医師のアドバイスを受けて下さい。   治療に対する情報 根底から治療したい〜と考える人にお役にたちます。 今、お近くの病院の治療をされていると思います。 その薬と中国の薬を並行して下さい。 次第に改善してくれば薬が少なくなって来ます。   費用と効果を考える よく計算してみると、この方法は非常に安価です。 費用と効果を考える、 実際に使うお金を比較してみる、 結局、一番割安です。   どのように治したいですか? 当初、ビビッド・ライフは皆様に日本での治療を勧めていました。 しかし多くの方から漢方は飲んだが良くならないと言われます。 中国も様々と問い合わせ、上海も色々な医師に当たり、やっと最も腕の立つ名人の先生方に出会えたのです。   これには10年以上掛かりました。 一般人では及ばない情報収集を繰り返して10年以上掛かりました。 上海の病院・医師に相談し、薬は「個人輸入代行」する方式です。   中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「全身性エステマトーデス」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 https://baike.baidu.com/item/系统性红斑狼疮/811510?fromtitle=SLE&fromid=3705737 他にも有りますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。   上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。 この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   下記に関連の記事があります。クリックして、ご覧ください。 全身性エステマトーデス 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 総合情報 https://js-vivid.com/esutima-15-1-0/ 全身性エステマトーデス、元からの治療方法を探している。悪化している、良い治療方法を知りたい。 https://js-vivid.com/esutema-5/ 全身性エステマトーデスは五臓六腑で根本治療します。大病院・名医の治療ポイントを説明します。 https://js-vivid.com/zensin-esutima-5/   全身性エステマトーデスを治す方法はあるのか? 根本治療の方法。中医学の大病院。 https://js-vivid.com/eritematodesu-8/ 全身性エステマトーデスは内臓の病気です。中医学で根本治療はどこを治療するのか説明します。 https://js-vivid.com/zensin-esutema-2/         個人輸入代行の総合ページはこちら    

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

リウマチ、薬の取り寄せ経験。大学病院に相談。

無料相談はコチラ   白川様  78歳  中医学を活用して来ました。 去年まで漢方を取り寄せていました。 飛び飛びで治療。 最初、紹介でビビッド・ライフに出会いました。 その頃はこちらまでビビッド・ライフさんは来ていましたので、妹が車に乗せて社長さんに会いに行きました。 私のリウマチは本当にひどい状態ですので、人前には出たくなかったのですが、藁を掴む気持ちで、とにかく行きました。 5〜6年前の事で、上海は今の先生では無く別の先生でした。 いただいたのは大変良い薬でした。 しかし周囲の手前、あまりにも良い薬なので、急に良くなり過ぎると周囲に話が広がり差し支えるので、治療初期に漢方薬はやめました。   それから2年ほど間が空き、ビビッド・ライフの社長さんが家まで来てくれると連絡が来たので、妹にも家に来てもらい、家の中を歩くのを手伝って貰いました。 社長さんに座敷で話を聞いて貰いましたが、私は言葉が出ない、手足は出血しているので包帯を巻いている状態でした。   社長さんが色々と準備して上海の先生に相談を入れてくれました。 この写真は漢方を飲んでからかなり経った頃です。1年ほど飲んだ頃と思います。 リウマチになってから長年、色々な治療して来ましたが、日本では方法がないらしく、どんどん悪化しました。 日本の漢方でも治せないのに、中国の漢方でどうかなるのかな?と思ってのですが、頼んでよかったです。   ビビッド・ライフの社長が私の家に来た頃は、痛みと苦しみで、社長さんには何度も「死にたい、死にたい」と言いました。 社長から「死んだらダメだ」となんども言われたそうですが、耳も全く聞こえない状態で、社長の声もだれの声も聞こえない時期でした。 今にしてみれば、そんなことを言ったかな〜なんて思っています。   喉元すぎれば忘れる物ですね。 日本でリウマチの良い治療薬ができたらノウベル賞が取れるかもしれません。 しかし漢方にはノウベル賞は出ないのですか?   この説明書は最近、できたようです。 驚きましたね。こんなことがリウマチの原因だったとは。 私にぴったり当てはまる事が多いので驚きです。   漢方はこんな事まで分かっていたのですね。 2000前の医学書にはこれが詳しく載っていたとは本当に驚きです。 湿気が問題だとか?   私の場合、昔から水路が家の周りに流れていて、湿気はそこから24時間、当たっているから、それがリウマチの原因だったのですね。 ピッタリ合ってます。そのほかにもなぜ、こんなひどいリウマチになったのか? 詳しく書いていますので、参考になりました。   上海の相談は、ちょうど4年前くらいに本格的に相談始めました。 薬は、先生から教えてきた漢方薬を上海から家に送ってもらう、その繰り返しです。 手足の指の骨が溶けていましたので、その薬があったのは驚きでした。   しかし本格的な漢方という理由が良くわかります。 色々、良い薬があります。必要な都度、先生に聞いていただきました。 先生が細かく薬を教えてくれます。薬は上海から送って私の家に送って来ます。   薬は自分で必要な量だけ紙に書いて、ファックスでビビッド・ライフに申し込みしたら、手配してくれます。 ファクスの担当はいつも主人です。 薬は自分から頼まない限り送って来ません。 だから手持ちと相談しながら切れ目がないように、いつも計画して頼みました。 この何年か中国の薬は全部、値上げ値上げの連続だそうです。 値段がどんどん上がっているので、ビビッド・ライフの社長さんは1年に5回も中国に行って、薬の値段を押さえる交渉をしてくれたお陰で、費用が大きくならずに助かりました。   私は漢方の治療は去年までで、今年は漢方は飲んでいません。 ただし◇百宝元は手放せません。もう5〜6年飲んでいます。美味しいので毎日が楽しみです。    こちらはリウマチの総合ページです。   リウマチの治療に関する記事があります。ご覧ください。 膠原病を本気で治す方法、難しいリウマチを参考に説明します。 リウマチの最先端の治療方法。名医が必ずする治療。 リウマチになったら勉強した方が良い。リウマチを治すには多少の知識が必要。   日本では知られていない貴重な情報です。リウマチの原因を詳しく書いています。無料。 私は◇百宝元が欠かせません。 個人輸入代行の総合ページはこちら  

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

ベーチェット病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

  無料相談はコチラ   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。     ベーチェット病は口腔粘膜潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状、眼症状4つの症状を主症状とする慢性再発性の全身性炎症性疾患です。 トルコのイスタンブール大学のハルシ ベーチェット教授の名にちなんだ病名です。 しかし、これは人類の歴史としてもまだ最近のものです。   中医学はベーチェット病について世界で最も多くの医療情報を持っています。 ベーチェット病の世界一の治療実績は中医学 ・1800年前の医学書《傷寒論》に発病のメカニズムについて記述があります。 ・ベーチェット病と西洋医学で名が付いたのは近世(80年前)ですが、漢方はすでに1800年前にこの病気について漢方医学書があります。 ・この病は中医学(漢方)では狐惑病(こわく病)と言います。   ・1800年前の医学書「傷寒雑病論」の中の《金匮要略》に書かれています。 ・隋代の医学書《诸病源候论》 ・唐代の医学書《千金要方》   ・清代の医学者:魏念庭の診断・治療 などが代表的な狐惑病(ベーチェット病)の治療方法です。 歴代の医学者の狐惑病に対する見解は一致しています。   ベーチェット病の状態 主に悪くなる所 古来、中医学で口腔粘膜の潰瘍、外陰部潰瘍、眼症状の三つが症状としていましたが、 現代は皮膚を加えた4種で治療しています。 血管炎の一種です。人体の多くの機関を損傷します。   ・口腔----唇、舌、歯茎、口の中の粘膜。 ・皮膚----手足に紅斑の発疹ができる。 ・生殖器---男女共に性殖器に潰瘍ができる。外陰部や少陰部などに潰瘍ができる。   ・消化器---腸管潰瘍ができる。回盲部が最も多い。 ・眼-------両眼が侵される。視力低下、失明に至る場合もあります。 ・関節----肩、肘、手首、膝、足首の関節が侵される。   ・血管----静脈・動脈が侵される。動脈瘤が多い。 ・心臓----虚血性心疾患、心外膜炎など。   ・肺------肺血栓塞栓症、肺動脈炎など。 ・神经系统----脳神経や髄膜炎と関係する精神症状や末梢神経障害など。麻痺や感覚障害。   地域 日本、朝鮮、中国、中近東の多い病気です。   特徴 長期におよび、良くなったり再発したりを繰り返します。間隔は3ヶ月以上が多い。 特に口腔潰瘍は発病を繰り返す場合が多い。 ひどくなると食事や睡眠が難しくなります。   重傷者は失明や腸に穴が開く、死亡する可能性があります。 治療は早ければ早い方が良い。 ベーチェット病の原因---中医学 原因①  湿毒内蕴 体外からの湿の侵入、体内での湿が発生し、湿が滞留・固り、熱が出て毒が発生しています。 この「湿・熱・毒」が経絡(血の通り道)を通って眼・口・外陰部に至り潰瘍を作ります。 これが湿毒が原因のベーチェット病です。   原因②  肝腎陰虚 肝・腎の陰が弱くなると津液(水)が損傷されます。 津液が回って来ないので体の上部・下部を潤す事が出来なくなります。 虚は火になり体内を焼きます。   それは肝からは上に登り眼・口に行きます、腎からは下に下がり外陰部に行きます。 眼・口・外陰部に潰瘍ができます。 これが肝・腎陰虚が原因のベーチェット病です。   原因③  脾腎陽虚 体内が脾腎陽虚になっている場合、気の流れが悪くなり、水が溢れます。 水・湿が溜まり毒が発生します。 湿が経絡(血の通る道)に入り穴部分(眼・口・外陰部)に向かいます。 ベーチェット病の治療---中医学 治療①  湿熱火毒 湿熱が進み火となり毒が発生している状態。 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。 ③火を取り除く治療をします。 ④解毒の治療をします。   治療②  陰虚火旺 陰虚になっており、火が旺盛な状態。 ①肝を滋養する治療をします。 ②腎を滋養する治療をします。 ③熱を清める治療をします。 ④火を取り払う治療をします。   治療③  脾腎陽虚 脾と腎の両方の陽が虚弱になっている。 ①腎を温める治療をします。 ②脾を健康にする治療をします。 ③気を益す治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。       薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。 写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 中医学は世界で最も歴史があります。 1)ベーチェット病が医学書に歴史上、特に有名なのは西暦3世紀の《金匮要略》です。 ここでは「狐惑病」の何なっています。 この書の中では治療薬も説明されています。   2)隋の時代には医家の巢が書した《諸病源候論》で湿毒が関係いる事を説明しています。 3)唐の時代の医学書《千金要方》でも論述されいます。 4)清の時代の医家、魏念庭は、ベーチェット病は「陰虚血熱」が原因であると説明しています。   大事な点は時代を代表する歴代の名医家がベーヘット病の原因・治療の方向が一致している事です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。 世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のベーチェット病の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   ベーチェット病を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースが多い。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がベーチェット病の治療でも出ています。   ベーチェット病の治療---実例---「中西医結合医学」 1)ベーチェット病は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 当然ですが飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)ベーチェット病とは別の病気を持っている人。 ①別の病気がベーチェット病が原因になっている人がいます。 ②ベーチェット病から別の病気に発展している人もいます。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、ベーチェット病だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。 資料ができましたのでご案内します。 下記のボタンを押してご覧ください。 ベーチェット病 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」 https://js-vivid.com/bechet-15/   ベーチェット病を根本治療する。中医学・大病院・名医の情報。最先端「中西医結合医学」の治療効果。 https://js-vivid.com/becheto-5/ ベーチェット病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/becheto-3/     個人輸入代行の総合ページはこちら  

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

ネフローゼ症候群を根本治療。安心安全で副作用の無い治療。中医学大病院・名医の情報。

  無料相談はコチラ   ネフローゼ症候群の情報ページです。 「こんにちは 記事担当の後藤です。 ネフローゼ症候群で大変お困りと存じます。」   「どのような事が原因かご説明します。」     ネフローゼ症候群の本当の原因 ネフローゼ症候群は五臓が原因です。 腎が単独で悪くなっているのでは無く、その他の臓器も悪くなった病気です。   原因①   「肺・脾・腎」が悪くなっています。 日本で知られている知識からすると、この三つの臓器はバラバラに考えられるでしょうが、実は同じ目的で動作しています。 それが故障したのです。   ・「肺」は「水」を全身に配分します。 ・「脾」は「水」を食べた物・飲んだ物から作ります。 ・「腎」は全身を回って来た「水」を濾過します。   この三臓の働きは中医学の独特の理論です。 この3つの臓器は連携プレイで、水を身体中に回します。 肺・脾・腎のそれぞれで水を使って体を働かせています。   この水の処理に関係する「肺・脾・腎」が故障し、大量の尿タンパクが出たり、重い水浮腫、低タンパク、高脂血症などになったのです。 これがネフローゼ症候群の本当の姿です。 原因②  「肝」が不調になった為。 体内で「湿熱」がこもり、これが病の温床となってずっと体内で蓄積させます。 この状態は「肝・腎」を特に消耗・損傷させます。   「肝」は体内の血の循環を良くたり、血を蓄える仕事をしています。 しかし「湿熱」の影響で「肝」の働きが落ち、血の固まらせ停滞させ、水の流れを止めます。 このような事でネフローゼ症候群が形成されます。 ネフローゼ症候群は 上記のように五臓の内「肺・脾・腎・肝」の四つまでもが悪くなっています。 これは大概の人が、腎臓以外が悪くなっているのを気づきません。 検査しても悪くなっているのがわかりません。   実は中医学と西洋医学は人体の構造についての分析が大幅に違います。 今まで分からなかった原因が中医学では詳しく分かります。   ネフローゼ症候群の治療はパターンが有ります。 ネフローゼ症候群には悪くなっている臓器や箇所、状態などのパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。 中医学の大病院はこの治療をしています。 ネフローゼ症候群の治療-----5種有ります。 中医治療①---「脾虚・湿」 ・「脾」を健康な状態にする治療をします。 ・「脾」の持つ「気」の働きを益す治療をします。 ・水の流れを良くする治療をします。 ・過剰な湿を取る治療をします。   中医学治療②---「脾・肾・陰虚・気虚」 ・脾と腎が同時に悪くなっているパターンです ・脾腎を補う治療をします。 ・脾腎を温める治療をします。 ・水の流れを良くする治療をします。   中医学治療③---「肝・腎・陰虚」 ・肝腎が共に陰虚になっている状態です。 ・肝腎を滋養する治療をします。 ・肝腎を補う治療をします。 ・陰の力を上げる治療をします。 ・熱を清める治療をします。   中医学治療④---「湿熱」 ・湿熱が体の奥深くに溜まり固まっている状態です「湿熱蕴结」。 ・熱を清める治療をします。 ・湿熱で出来た毒を消す治療をします。 ・湿の流れを良くする治療をします。 ・腫れを良くする治療をします。   中医学治療⑤---「気虚・陰虚」 ・気が虚になり、陰が虚になっているパターンです。 これは脾肺腎が悪くなっています。 ・気を補う治療をします。 ・脾を健康にする治療をします。 ・肺腎を清める治療をします。 ・肺腎を養う治療をします。 中医学(中国)は世界で最も歴史が有ります。 ネフローゼ症候群が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。 この医学書では、それよりもずっと前からネフローゼ症候群が治療されて来た、 そしてネフローゼ症候群の詳しい原因や治療法がそれ以前にすでに存在する事を表しています。   (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915     ネフローゼ総合症とは近年の西洋医学が付けた名前です。 この病気はすでに紀元前200年に書かれた人類初の漢方医学書に詳しく書かれています。 この医学書の中には原因について様々な細かい点が解明されています。 中医学はこの2000年間、この病気を大変多く治療し、優れた結果を出しています。   個人輸入代行の総合ページはこちら 関連の記事があります。ご覧ください。 ネフローゼ症候群は根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。 https://js-vivid.com/nefuroze-15/   ネフローゼ症候群を元から治療する方法を知りたい。どのような治療なのか?情報が欲しい。 https://js-vivid.com/nefuroze-6/ ネフローゼ症候群の治療。最先端の漢方・中医学で根底から良くする方法。副作用の無い根底治療。 https://js-vivid.com/nefuroze-1-2/          

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

ベーチェット病を根本治療する。中医学・大病院・名医の情報。最先端「中西医結合医学」の治療効果。

  無料相談はコチラ 中医学は世界一経歴が長い。. 中医学はベーチェト病を根本治療します。     下記のダウンロードボタンを押してご覧ください。 上記の記事をご覧になりましたか? この記事には、「目からウロコ」のような詳しい原因が書かれています。どなたも中医学の本当のところは知らないので、少し戸惑うかも知れません。しかしある程度の漢方知識を持つ必要があります。 このダウンロード記事はベーチェット病を良くする秘訣、情報がたっぷり入っています。もちろん、医師レベルの詳しいことを描いても理解できないので、分かりやすいように説明しています。 重要な点をピックアップします。 中医学はベーチェット病治療の世界一長い経歴を持っています。1800年前にベーチェット病に関する医学書が出ましたが、実際は4000年前くらいから多くの治療がされて来て、その集大成として医学書が出て来た経緯です。 しかもこの1800年間において漢方ほどベーチット病の研究・治療がされて来たのは世界でも他にありません。 中医学界にはこうすれば改善した〜など様々なデーターが非常に多くあります。 漢方は一般人の知識として、何か古臭い、 それほど優れていない〜と思う人が多いのでしょうが、 実際に先のダンロード記事を見て、果たして現代医学はこれほどの人体の分析ができるのか? 患者自身が良く理解する方が良いと思います。 なぜなら運命が分かれるからです。 中医学で良くなる人、片や漢方に理解がなく治療が全く方法が見つからない人とに分かれます。 ベーチェット病の原因の最大のキーワードは「湿」です。 この「湿」が日本人には理解が非常に難しい。 中医学ではベーチェット病の原因は「湿毒」としています。 毒は分かりますね。体内で毒が発生し、その毒が目、口、性器などに飛び腫瘍を形成する。 この毒は「湿」体内で停滞して、濁り、やがて毒を帯びたのです。   しかし「湿」が分かりると良い。 それを理解するとベーチェット病の治療がしやすくなります。 「湿」は2種類あります。   1)一つは外気です。空気中に湿気があります。 雨に濡れたり、水に浸かる、また湿気の多いところに長くいると、その湿が体に侵入し、内にこもり熱・毒が発生し、やがてベーチェット病に発展します。   2)もう一つは、体内で作る湿です。 ベーチェット病の場合、内臓で特に問題なのが「脾」です。 ここは脾臓と膵臓を合わせた所です。 ここは色々な機能がありますが、体内の水液を運送する機能があります。 脾が元々弱いと、水液を運ぶ機能が停滞します。 それが元で色々と現象が続き、最後にはベーチェット病ができます。   湿は粘性、ネバネバしている。 排泄物や分泌物が滞り爽やかではないのはその為です。 湿の病気は治りにくく、治療が長引き、再発を繰り返します。 まさにベーチェット病の特徴です。   1)なぜ口腔・目・性器などが悪くなるか? 実は西洋医学では分からない秘密の体内通路があります。 そこが目・口腔・性器などに直接繋がっているので、ほどんどそこに正確に出て来るのです。 それはやはり上記のボタンを押して、詳しくする事をお勧めします。    2)吐いたり、汗が異常に多かったり、下痢が続いていませんか? これが続いたので、特定の臓器が故障したのです。 例えば肝が悪くなっている場合もあれば、腎が悪くなっている場合もあります。 時には同時に両方が悪くなってい場合が有ります。   3)実はセックス過剰も この病気の原因になります。特定の臓器に無理が来るからです。   4)今までどんな薬を飲んできましたか? べーチェット病になる前です。 それがベーチェット病の原因になるケースもあります。 全部の薬ではありません。 一部の傾向の薬が体内の水湿に影響を与え、毒が発生し、特定の臓器を働きを止めます。 そしてベーチェット病に至ります。   このパターンは薬によるだけだけで無く、 他にも5種類ほど原因になりやすいことがあります。 上記のボタンを押して原因説明をご覧ください。 これも「湿毒」が体内の通路に入り込み、口腔・目・性器などに直接に影響を与え、ベーチェット病を形成します。     関連の記事があります。ご覧ください。 ベーチェット病 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報 https://js-vivid.com/bechet-15/ ベーチェット病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/becheto-1/   ベーチェット病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/becheto-3/   個人輸入代行の総合ページはこちら  

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

ベーチェット病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

  無料相談はコチラ   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。     ベーチェット病になった人は本当にショックだったと思います。  「記事担当の後藤です。 ベーチェット病は一時的に治ったり、また数ヶ月したら再発する。 その繰り返しです。」   「単に繰り返すだけでなく、次第に悪化します。 初期、中期、末期と進みます。」   「医学書を送って来ていますので、それに基づいて説明します。 記事をご覧になりお役立ていただけばと思います」   ベーチェット病の原因は実は1800年前にはすでにわかっていた事です。 中医学ではベーチェット病は 狐惑病(こわく病)と言います。 この病の原理をすでに1800年前の医学書「傷寒雑病論」では詳しく書いてます。 その後の時代において、多くの名医がこの病を治療し研究成果を残しています。   世界で中医学がどれだけ素晴らしいものか、どれほど優れたものかを知らしめたのは、韓国ドラマ「チャングムの誓い」です。 このドラマを日本の多くの人が食いいるように見ました。もちろん韓国でも大変な話題でした。驚いた事に中医学の総本家の中国でもこのドラマは大ヒットしたのです。   上海を車で移動した時、チャングムの誓いの大きな看板があちこちにありました。 中国も韓国も漢方は非常に発展しており、高度な医療が非常に活発です。   ベーチェット病の治療は「チャングムの誓い」で大きく取り上げられました。 驚きです。チャングムは実在の人物です。王様がベーチェット病:狐惑病(こわく病)になりました。これをチャングムは治したのです。チャングムは今から500年前の人です。 500年前はすでにベーチェット病の治療方法も中国から韓国に伝わっていたのです。 ベーチェット病の原因は3種類有ります。 下記は中医学書による本格的な説明です。 原因①  湿毒が体内で温存されていた。 体外からの湿の侵入、体内での湿が発生し、湿が滞留・固り、熱が出て毒が発生しています。 この「湿・熱・毒」が経絡(血の通り道)を通って眼・口・外陰部に至り潰瘍を作ります。 これが湿毒が原因のベーチェット病です。   原因②  肝・腎の陰が虚弱 肝・腎の陰が弱くなると津液(水)が損傷されます。 津液が回って来ないので体の上部・下部を潤す事が出来なくなります。 虚は火になり体内を焼きます。   それは肝からは上に登り眼・口に行きます、腎からは下に下がり外陰部に行きます。 眼・口・外陰部に潰瘍ができます。 これが肝・腎陰虚が原因のベーチェット病です。   原因③ 脾・腎の陽が虚弱 体内が脾腎陽虚になっている場合、気の流れが悪くなり、水が溢れます。 水・湿が溜まり毒が発生します。 湿が経絡(血の通る道)に入り穴部分(眼・口・外陰部)に向かいます・   眼・口・外陰部に潰瘍が出来ます。 これが脾腎陽虚が原因のベーチェット病 です。   発病のメカニズムがここまで解明されているとは。 世界に他に例がない、誠にすごい事です。   まず、下記の資料をご覧ください。無料です。何度も見れます。 ベーチェット病 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」 https://js-vivid.com/bechet-15/ ベーチェット病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/becheto-1/ ベーチェット病を根本治療する。中医学・大病院・名医の情報。最先端「中西医結合医学」の治療効果。 https://js-vivid.com/becheto-5/   体を健康に維持するためにお役立てください。 転ばぬ先の杖といいます。     個人輸入代行の総合ページはこちら    

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

線維筋痛症 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

  無料相談はコチラ   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。     東洋医学と聞くと古臭いという人が居ます。 しかしそれは大間違いです。 東洋医学は非需に高度な医学で人類の財産です。 「難しい病気こそ東洋医学」と言って良いほどの優れた能力を持っています。   今回は本「よくわかる東洋医学のしくみ」を使って説明します。 「線維筋痛症」です。 この病気に苦しむ人が多いと思います。 この説明をお役立て下さい。   東洋医学の中でも特に重点を絞ります。 1)中医学-----中国------漢方・韓医学の元祖 2)漢方--------日本 3)韓医学-----韓国 このホームページは全て本式の中医学で説明します。   写真の本はかなり前の本で古本をご購入ください。 簡潔に説明していますので、とても分かりやすい本です。   線維筋痛症の悪くなっている場所は下記です。 1)経絡(けいらく) 2)血 3)五臓   「経絡と血」が特に大事です。 線維筋痛症は全身に激痛が走ります。 特に包丁で刺されたような痛みが有ります。 その理由は「血が経絡を通れないからです」   血は血管を通るのは誰でも知っています。 もう一つ「経絡」に血が通っている事を知る必要が有ります。   経絡の説明 この本は経絡の説明が分かりやすく書かれています。 58ページをご覧ください。 1)経絡は「目に見えない通り道、全身を巡っている」と書いています。 経絡は手術しても見えません。 2)経絡は「五臓六腑をつないでいる」 3)経絡は「全身をめぐり、気・血の通り道」 この3つは最も大事ですから覚えてください。   経絡は12本有ります。 頭の先から足の先まで通っています。 経絡は人体のあらゆる場所に網羅されています。 「経」は国道に当たります。 「絡」は県道・市道・私道に当たります。 経絡については国連(WHO)で認定されています。   線維筋痛の原因は何か? 血が経絡を通らないからです。   なぜ血が通らないのか? 一番多いのは「瘀血」です。 この本の66ページをご覧ください。 瘀血(おけつ)とは 「血がスムーズに流れず、滞ってしまうと、血は塊のようになり、正常に動かなくなってしまう」と書いています。   なぜ瘀血(おけつ)になったのか? この本の66ページ、下の方に書いています。 1)「気」の力が弱く血を回す事が出来ない。 (気はエネルギーで血を引っ張る機関車です。) 2)「気」が停滞し血の流れが悪くなっている。 (気はエネルギーで血を引っ張る機関車です。) 3)冷えによって血行が悪くなっている。 4)体内の熱によって血が煮詰まって固まり、血の循環が悪くなっている。 5)血の量が少ないので循環する量が少なく、流れが悪くなっている。   線維筋痛症は近年の名前です。 この病気に限らず、経絡で血が流れていない病気が非常に多いため、 中医学では経絡の血の治療は非常に重要にしています。   線維筋痛症をぜひ治したい人は 下記の無料資料をご覧下さい、こちらから。   関連記事 線維筋痛症 5種類の原因を治療する 中医学・大病院・名医の処方。総合情報。 https://js-vivid.com/senyi-15-1/   線維筋痛症 個人輸入  ミツコ&涼子 根本治療薬 情報 https://js-vivid.com/seni-7/ 線維筋痛症は女性に多い 根本的に治療 副作用が無い安全な治療。 https://js-vivid.com/senikin-2/ 線維筋痛症の根本治療。完治するケースも多い。中国大病院、中医学、名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。 https://js-vivid.com/seni-kintu-5/  

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

線維筋痛症 個人輸入  ミツコ&涼子 根本治療薬 情報

無料相談はコチラ   ミツコ:Hi~ お久しぶり〜 どう? 良くなった?   涼子:やっと会える気になったわ。 あなたには感謝よ、本当にありがとう。 3年ぶりに正常になったって感じ。 1年前にあなたに会ってなかったら、きっと酷いことになっていたと思う。 あまりの痛さに家から出れないし、仕事も長期休暇をもらって、家に閉じこもっていたの。 もうこのまま人生が終わるのか〜と思ったわ。 だけどミツコのお陰よ、本当に感謝よ。 こんな風にまた会えるなんて夢のようだわ。   ミツコ:本当に良かったわ、喜んでくれて嬉しいわ〜。 あの先生、本当にすごいでしょう。 結局、原因がはっきりしたと思うの。 経絡って血の通り道でしょう、そこが詰まって痛みが出る病気と聞いたわ。 経絡(けいらく)は東洋医学よ、特に中医学は治療薬があるのよ。 血の改善も必要〜だそうよ。 サラサラにすれば良いものじゃ無くて、人によっては血を増やすことも大事だそうよ。 それに五臓の治療が必要な場合が多いって聞いたわ。   涼子:そうなの私の場合、血の治療をしたわ。 サラサラにするのとはかなり違った治療だったわ。 それに経絡って初めて知ったわ、体に全面的にあるなんて初耳よ。 血が固まっていたり、気のエネルギーが弱かったようで、両方とも治療したの。 五臓は私の場合「腎」だったわ。 腎はかなり悪かったようで、かなり上の薬を飲んだわ。 普通は1種類だそうだけど私は2種類も飲んだの。 私は問題なかったけど、人によっては体液の治療をするそうよ。 すごかったわ、体の中がなんでもわかって。   ミツコ:初めは半信半疑に成らなかった? とにかくこれに賭けるしか無いと思ってくれたから良かったのよ。 あなたは聞く耳がある人だから救われたのよ。 私の情報源はネットでは余り出てないのよ。 本当に良い情報はネットでも見つけるのはほとんど難しいのよ。 女性の体はデリケートだから、線維筋痛症のような血の流れが悪くなる病気が結構多いらしく、役立って良かったね。 血が改善したり、経絡の血を溶かしたり、血を増やしたり、腎を良くしたりだから、治療は根気がいるよね。 だけど薬を飲めば良いだけだから、楽といえば楽よね。     涼子:仕事の関係で上海に友達がいるの。 彼女に聞いたのだけど、上海生まれの中国人でさえも良い先生と出会うのは至難の技らしいの。 だから私の事を聞いて驚いていたわ、絶対自分達、上海人でも難しい〜と言った。 第一、私ほどの状態なら、検査入院が必要で、その費用が結構大きいと言っていた。 良い薬が多いけど、上海に住んでいても毎月薬を取りに行くだけでも大変で、線維筋痛症ほどになると余程の良い先生で、良い病院が背景になければ、絶対に良い治療ができないそうよ。 だから、私の受けた治療はすごい〜て驚いていたわ。 上海の人が有利かと思ったのだけど、いろいろ計算したら結局、上海の人の方が費用と手間が掛かって、その割には、良い治療が受けられるとは言えないそうよ。 中国はなんでも「コネ」社会だそうだから、医療も同じって。   ミツコ:そうだね〜、その通り〜。 情報を広く集める事が大事と思うよ。 ネット社会だから一見便利なようだけど、実際は情報はコントロールされて、都合の良さそうな情報しか見れないようになっているから、涼子みたいな国際派の目で外の社会見る方が良いね。 それで線維筋痛症の治療は終わったの?   涼子:うん! もう少しよ、あれだけの激痛が、ほぼ消えたわ。 先生にこの前、どうかな〜て相談入れたら、 ほとんどOKらしく、 もう少し血の通りを良くすのと、血ももう少し増やす力が必要なのと、 腎をもっとしっかりさせた方が良い〜という事で、 あと3〜4ヶ月かな〜って感じ。   今月初めから仕事に復帰出来たし、 また体がダメにならないようにしっかり良くしたいし、 そろそろ彼を見つけて結婚したいし、寿退社して子供産みたいし、 そう考えると今回の治療は自分の体作りだし、人生が開けるチャンスと思うの。 だからミツコは私の福の神よ。 ありがとう、とにかく、しっかり治療を仕上げるつもりよ。 関連記事 線維筋痛症 5種類の原因を治療する 中医学・大病院・名医の処方。総合情報。 https://js-vivid.com/senyi-15-1/ 線維筋痛症 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/senikin-6/   線維筋痛症は女性に多い 根本的に治療 副作用が無い安全な治療。 https://js-vivid.com/senikin-2/ 線維筋痛症の根本治療。完治するケースも多い。中国大病院、中医学、名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。 https://js-vivid.com/seni-kintu-5/  

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

全身性エステマトーデスを治す方法はあるのか? 根本治療の方法。中医学の大病院。

無料相談はコチラ   全身性エステマトーデス(SLE)の原因メカニズム 1)肝腎陰虚 これはSLEがまだ軽い段階です。 この状態は肝腎が陰虚になっています。 この為、陽が頭部に上り目眩、耳鳴りが起きます。   目は肝が養っています、陰虚で肝の経絡が栄養できない為、両目がしょぼしょぼします。 肝陰が不足した為、生理が不調、生理が無い。 腎が陰虚の為、脚・腰がだるく痛い、髪の毛が脱ける。   2)脾腎陰虚  この状態は「気陰両虚」か「肝腎陰虚」から発展して来た場合が多い。 顔が黄色い、体が寒い、元気が無い。 腎・脾を悪くしているので---全身に浮腫、重症者は胸水・腹水が有る。   肺を悪くしている為----咳・痰が有る。 最終的に尿が出ない状態になる。 腹が張る、食が細い、膝腰が怠く痛い、----これは脾腎が陽虚の特徴である。   3)邪熱傷肝 この状態は熱毒が原因で肝を損傷したものです。 肝が正常に働けず鬱状態になり、気が滞留し、血瘀になった。 このようにして全身性エステマトーデスを発病します。   子宮につながる経絡が不調になり、生理が不調になって生理が無くなる。   4)热毒旺盛 SLEの高度活動期に多いパターンです。 ベースとして陰損が体にあります。 繰り返し熱毒に侵されました。 そして熱毒が旺盛になりました。 これで高熱が出たり、高熱が引かなくなりました。   熱が津液を損傷させました。 熱毒が営血を広範囲に渡って加熱しました。 そして熱が血と経絡を損傷させました。 このようにして全身性エステマトーデスを悪化させます。   この為に顔や他の皮膚に赤斑、出血斑が出ます。 日光にあたると病状が悪化します。 吐血、出血、血便などが出ます。   心神が熱毒の影響を受けますので、恍惚状態、昏睡状態、奇声、けいれん が起きます。 熱毒が体に溜まり蒸されるので気血が通らなくなり、関節がだるく痛い、筋肉に力が入らないので痛い、肢体が浮腫みます。 熱は膀胱に入り込みますので、尿の量は少なく赤か濁っています。 目・唇が赤い、大便が秘結します。   5) 风湿热痹 この状態は 五臓六腑の気血が不足した事が原因の場合が多い。 赤斑、鮮やかな赤、手足の関節痛、腫れが有る。   「風湿熱邪」あるいは「風寒湿邪」を受け、ずっとこもると熱が発生します。 「風湿熱邪」が元々体の「陰虚内熱」と結合し「熱毒」を生みます。 これが脈絡を塞ぎ全身性エステマトーデスを発病させます。 西洋医学の見解(全身性エステマトーデス・SLE)---中国。 自己免疫が関係する結合組織の病です。 遺伝、生活環境、女性ホルモンなどが原因として考えられるが、原因や発生メカニズムについては全面的に解き明かす段階には至っていない。 出産適齢期の女性に発症が多く見られます。   病状は体の多岐に渡っています。 血小板減少、関節炎、発熱、顔に赤い斑などが見られる。軽い状態から突然、重症化する場合も有る。 呼吸系、血液系、腎臓、精神神経系などを損傷させる。 治療はステロイド、モルモン、免疫抑制剤などを中心に行う。 中国の中医学では 全身性エステマトーデスを「陰陽毒」などの名で呼びます。 先天的な体の作り、後天的な体調悪化が体の弱体を起こしています。 特に「肝腎要」の臓器が先天的・後天的に悪くなっていて、全身の根本的な生理機能や免疫力の低下を起こしています。 これが発病のベースとなっています。   二つの誘因が全身性エステマトーデスに導いた。 1)太陽の光にさられた事が誘因の一つです。 これが切っ掛けとなる場合が多い。   2)風湿熱毒が体に入った為です。 特に「熱毒」の侵入がこの病の最も中心となる原因要素です。   全身性エステマトーデスの病状を知る。 名の通り全身性の病です。 全身を複雑多岐に渡って悪化させ多くの症状が出ます。 下記は医師の診断では特に「問診」「望診」に当たります。   「問診」は患者から体の状態について様々聞きます。 痛い所、目眩がする、耳鳴りがする、熱が出る時間帯、鼻血、生理不純など、体の状態を患者から聞きます。 下記の患者の状態をご覧ください。 1)女性の方が多い。 2)若い女性に多く発生するバターンと、中高年の女性に発生するパターンが有る。 若い方は急性発作型が多く見られます。 中高年の女性の場合は緩和期、安定期が多い。 それぞれ治療方法は異なります。   3)顔の頰、手の指先が斑が出来るが、赤、赤褐色、不鮮明な赤などに色が分かれます。 これにより体内の状況が違いますので、治療方法も異なります。   4)胃・腹が張満になり食が細い。寝汗、多汗。 顔面蒼白、顔・足がむくむ、全身がだるい。 5)胸水、腹水、下痢気味、尿が少ない。   6)手足が引きつったり、鼻血、吐血、血尿が出る場合もあります。 7)目が赤い、喉が痛い場合があります。 口が乾燥して口の中が苦い。   8)関節、筋肉が怠くて痛い。リンパ節が腫れる。 9)呼吸が荒い。耳鳴り、めまい、動悸、火照り、不眠がする。 10)生理不順になる人が多い。脱毛、腰が怠く膝に力が入らない。   11)低熱が続き治らない。 あるいは昼間に熱が高く、夜間は下がるタイプがある。 寝起き、或は眠りに着くときに熱が出る。 上記には「望診」が含まれています。 医師は患者の顔や手足を見ながら、皮膚の色などを見ます。 目の色も見ます。 目が赤い、黄色など別の色。   手足は赤い斑、褐色じみた斑などを確認。 この状態で体内のどこが原因か、どこが悪くなっているか人それぞれ違いますので、正確に突き止めます   望診の中で特に大事なのは「舌」です。 赤い色、淡い赤、深みがあり光沢のある赤、紫色、鬱血の斑があるなど。 舌の「苔」が黄色、薄い苔など。   舌の周辺の形が滑らかなのか?ガタガタと凹凸があるのか? などを観察しますと、どの臓器が熱を持っているのか?どこの繋がりが悪くなっているかなど、正確に判断できます。   それぞれの症状は、 どこがこの病気の原因か特定できます。 上記では仮に書きましたが、これ以外にもまだ色々な状態があります。 その全てが、病の原因箇所や体内の悪くなっている所を突き止める糸口になります。  診断でどこが悪いか特定できます。 全身性エステマトーデスは全身性の病ですから、多臓器が故障している事が考えられます。 医師は問診、望診の中からだけでも、ほとんど確定的な診断をしています。   1)例えば生理不順がある場合、肝が機能低下してないか?診断します。 さらに肝と子宮との経絡(けいらく)が詰まっていないか?チェックします。   2)腹水あるいは胸水がある場合、肺の機能、腎の機能をチェックします。 さらには別の臓腑が一体となって悪くなっている場合もありますので、同時に確認します。   3)舌の色は様々です。 例えば真っ白なペンキを舌に塗ったような状態があります。 これはどこの臓腑から来ているのか特定できます。  細かく分かります。 4つの診断をします。 上記の「問診・望診」以外に「聞診・切診」があります。 一つの診断だけでも分かっているのですが、四方向の診断をする事で、はっきり明確に体内の状態を掴む事が出来ます。   人体には五臓六腑があります。 細かく解明することが出来ます。 この四診で、どの臓器、どの臓腑が悪くなっているか特定出来ます。 色々ありますが、例えば「血」が問題になります。 漢方では血(けつ)と呼びますが、瘀血(おけつ)の状態があります。 分かりやすく言えば鬱血がそれに近いです。   どこに、どのように瘀血しているか? 全身性エステマトーデスは大きな関係があります。 詳しくは下記をご覧下さい。       大きなヒントが有ります。 全身性エステマトーデスは「熱毒」が体に侵入しています。 これが血の流れを逆乱させています。 血の全身の働きが全面的に乱されている状態です。   診断ではこの状態を慎重に確認する必要があります。 熱毒が体内に入った事で、当然、全身の血が毒性を帯びています。 例えばこれが、高熱が出る、低熱が続き治らない、あるいは昼間に熱が高く、夜間は下がる。   寝起き、或は眠りに着くときに熱が出る、動悸、など様々な現象に関係しています。 どの臓器、臓腑が悪くなっているか? そこと「血」の関係性を診断で突き止めます。   それにより血の乱れ方や症状の違いが分かり、治療方針が出て来ます。 血だけでなく気が関係してしている時があります。それは別に説明します。   経絡が損傷している場合が多い。 経絡(けいらく)をご存知の人は少ないと思いますが、ツボはご存知でしょう? 鍼、指圧、マッサージの時に押さえる体のポイントがツボです。 これは経絡(けいらく)の要所のことです。   この経絡を抜きに全身性エステマトーデスを改善する事は不可能です。 治療の重要箇所だからです。  経絡(けいらく)を良く知る。  全身性エステマトーデスになっている人は、 経絡(けいらく)を詳しく知っていると得です。 経絡は何をするところか? 実は血の通り道です。   詳しくは「気と血」の通り道です。 ここではまず血に限定して知って下さい。 誰でも血液の通り道は血管だと知っています。 当然、漢方でも血管は血の通り道と知っています。   しかし漢方では経絡は血管以上に大事な血の通り路と見なしています。 経絡(けいらく)は全身に12本通っています。 頭から足の先まで繋がっています。   「経と絡」は違います。大きな通り道が「経」です。 そこから枝分かれして、体の隅々まで、血管さえ通っていない狭い箇所は隅々までは「絡」がカバーします。   全身性エステマトーデスでは皮膚はどうして赤い斑ができるのか? 皮膚は経絡を通って血が流れてくる事で、血で栄養され、健康を保っているのです。 しかし「熱毒」が体に侵入した事で、血が逆乱した為、経絡を通して皮膚に血が行かなくなった為、あるいは、血に入った毒が皮膚に回って来た為に 、皮膚の赤い斑ができるのです。 まずどの臓腑とどの経絡が悪くなっているか?診断する。 漢方の専門医は、どの臓腑が悪くなっているか?特定します。 その時に必ずどの経絡がどの辺りで悪くなっているか?特定します。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 上記の説明には紙面の関係で書けなかったのですが、 「ご自身の全身性エステマトーデスの原因を知りたい、 今後の為にぜひ知りたい」方には、 下記に重要ポイントを書いた資料を用意しています。 無料資料です。 ご覧ください。 早くお元気になられてください。 関連の記事があります。ご覧ください。 全身性エステマトーデス 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 総合情報 https://js-vivid.com/esutima-15-1-0/ 全身性エステマトーデス、元からの治療方法を探している。悪化している、良い治療方法を知りたい。 https://js-vivid.com/esutema-5/ 全身性エステマトーデスは五臓六腑で根本治療します。大病院・名医の治療ポイントを説明します。 https://js-vivid.com/zensin-esutima-5/ 全身性エステマトーデスが治らない、悪化する理由。治療するポイントを知る。 https://js-vivid.com/estima-dodesu-1/   全身性エステマトーデスは内臓の病気です。中医学で根本治療はどこを治療するのか説明します。 https://js-vivid.com/zensin-esutema-2/   個人輸入代行の総合ページはこちら  

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

関節リウマチ 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

  無料相談はコチラ   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 根底から治療する安全なお薬をご希望の方はご覧ください。 ご希望のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。   関節リウマチの総合ページです。 「記事担当の後藤です。 西洋医学では関節リウマチを直せたらノーベル賞が取れると聞いた事があります。 それほど関節リウマチは難しい病です。」   「様々な関節リウマチの患者さまに出会いました。 重症の人は、手足の骨が溶け湾曲し、患部が出血しています。」   関節リウマチは五臓の治療が必要な事が多い。 肝・腎・脾などが悪くなっている場合が多い。     関節リウマチの原因解釈の違い 1)現代医学では関節リウマチは 「自己免疫疾患」とらえています。免疫系が、自分自身の正常細胞や組織に攻撃を加える症状を起こす状態としています。 治療は「免疫抑制」をします。   2)しかし、中医学(漢方)では関節リウマチの原因は「免疫低下」ととらえています。 治療は「免疫を上げます」。 判断が真逆です。従って治療結果が全く違ってきます。   関節リウマチの多い症状 肩が痛い、膝、指の腫れ、股関節、手、手首、足、足首、関節などが、むくみ、変形、腫れ、貧血、痛み、などがあります。 ひどい人は手足の指が溶けています。 歩行できない、物が持てない、耳が聞こえない、味覚がない、など体の機能が奪われています。 リウマチは2000年前の医学書で原因を記述 世界最古の医学書は2000年前の黄帝内経です。この中に素問があります。 ここでリウマチが書かれています。 https://baike.baidu.com/item/类风湿关节炎 季節には、風・寒・湿があるがこれが原因と。 その後、多くの医学書にリウマチが書かれています。 風・寒・湿に熱が加わっています。   リウマチの原因の要点 リウマチの原因は季節が影響している。 特に「風・寒・湿・熱」などが体に侵入し、「経絡」をふさいで、体内の「血と気のエネルギー」の流れを妨ぎ、 筋肉、筋骨、関節に、だるい痛み、しびれ、重苦しい、屈折が難しい、状態を引き起こしている。 はなはだしい場合は、大きく腫れたり、焼け付くような熱さがある。   リウマチの原因をかみくだいてみよう。 1.まず体の総合的な機能やパワーが正常でないことが基礎としてあります。 つまり虚弱体質、皮膚と筋肉との間が緩んで隙間が出来ている、体の外から病気が入らないようにする防備能力が失われている、などがリウマチを起こす体の下地です。 2.このような無防備な体の状態に大自然の「風・寒・湿・熱」などが体に侵入し、体を襲った為に起きた病気です。   リウマチの形成過程を説明します。 上記のように大自然の「風・寒・湿・熱」などが体に侵入した時、体内はどのようになったか?   気のエネルギー 人は「気・血・水」の三大要素で動いて居ます。 「気」とは気のエネルギーです。 「血」は血液です。 水は水分の事で漢方では津液(しんえき)と呼びます。   この三つの内、まず気のエネルギーが----大自然の「風・寒・湿・熱」などが体に侵入した事で、働きが妨げられます。 気のエネルギーは特に「筋肉・関節・経絡」で動きが妨げられます。     経絡とは 「経絡(けいらく)」とは頭の先から手足の指まで全身に12本の大きな通路と毛細通路が全身の網羅されて居るところです。 ここは血と気のエネルギーが流れて居ます。 血は血管の中だけを流れていると思われて居ますが、実際は経絡にも多量に流れて居ます。 この経絡の中では、気のエネルギーが機関車として血を全身に引っ張って居ますが、気が阻害されると当然、血も全身を回らなくなります。 このような経緯でリウマチが形成されます。   関節リウマチの原因とは 1)風・寒・湿の3種類が体に侵入して関節リウマチになるケース じめじめと湿気の多い所に住んだり、川の中を歩いて渡ったり、雨の中を歩いたり、気候が激しく変化したり、暑さ寒さが激しく変動すると、 風・寒・湿の邪が体が弱っている状況に乗じて人体に侵入し襲い、経絡に流れ込み、関節に溜まり、気・血の流れを塞ぎ、関節リウマチを形成する。    2)熱が体に侵入したか、熱が長い間、うつ状態を続けてたケース ①1種類目の関節リウマチ形成形態 「風熱」が体に侵入して体に影響した事と、「湿」とが互いに合わさって「風湿熱」状態になり、関節リウマチを形成した。   ②2種類目の関節リウマチ形成形態 体質として「陽」が旺盛か、「陰」が虚弱で熱が有ると、体外からの影響を受けると熱が出やすいリウマチになる。   ③3種類目の関節リウマチ形成形態 「風寒湿」状態がずっと治らない場合に、発熱性の関節リウマチになる。 このような3種類の状態から関節が赤く腫れ痛みを伴ったリウマチが形成される。   関節リウマチの治療状況 リウマチの発生過程を見ていかがですか? はじめて知ったでしょう! しかしこれは漢方医学界では2000前から知られていた事です。 新しいことではありません。   今は、この医学は高度な漢方として毎日のように世界中で治療に使われています。 漢方で全身を総合的に治療できます。 病状が中期、後期の場合も良い治療薬があります。   一番ひどい関節リウマチは手足が溶けている事です。 早い段階で漢方を使えばよい治療薬があります。   関節リウマチの正しい治し方 関節リウマチは何が原因でなったか? その原因からどのような過程を通して関節リウマチが形成されたか? 調べる必要があります。   つまりリウマチのタイプが違うからです。 そのタイプが特定できたら、それ用の漢方薬を名医が組みます。その通りに飲めば良い。 リウマチはこのような方法で良い方法です。   それを分からずに治療すると、どんどん進むだけでなく、まかり間違うと自分で悪化させる事にもなります。 まずは患者自身がよく勉強する必要があります。   漢方と言っても、日本は本式の漢方の医科大学制度がなく、医師免許制度もありません。 従って、高度な漢方薬を扱える漢方の医師や薬剤師がいません。 実際に漢方の正式な医師、薬剤師を通じて漢方薬の入手が必要です。 リウマチは非常に難しい病です。最先端の知識が必要です。      リウマチの総合ページはこちらです。 リウマチの治療について大事な記事があります。下記をクリックしてご覧ください。 膠原病を本気で治す方法、難しいリウマチを参考に説明します。 リウマチの漢方治療、薬の取り寄せ体験 リウマチになったら漢方を勉強した方が得。リウマチを治すには知識が必要。   下記の資料をご覧ください。 リウマチの原因が今まで思っていたのと大きく違います。 少しでも状態の良い内にご覧ください。 無料。何度でもご覧いただけます。   個人輸入代行の総合ページはこちら    

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

膠原病は中医学で免疫を上げると良くなる。大病院の情報。

膠原病がどうしても治らない人の情報ページです。 お薬お手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。   世界の医学を見ますと 西洋医学では膠原病は免疫が自分の免疫を攻撃していると捉えています。そして治療方法は免疫を抑制する治療法方です。 膠原病の漢方の判断 漢方では膠原病はどれも免疫が低下して出来た病と判断しています。 そして治療は「免疫を上げる治療」をします。   膠原病の種類 関節リウマチ、全身性エリテマトーデス 結節性多発動脈炎、混合性結合組織病 強皮症、皮膚筋炎 、多発性筋炎 過敏性血管炎、ベーチェット病 シェーグレン症候群、顕微鏡的多発血管炎 多発血管炎性肉芽腫症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 リウマチ性多発筋痛症、線維筋痛症 アレルギー性肉芽腫性血管炎 コーガン症候群、巨細胞性動脈炎 免疫の判断は非常に大切です。 日本には免疫を上げる薬はありません。少しあるでしょうが、非常に高価で一般では使われていません。 漢方で膠原病を治療する場合、診断の段階で「免疫低下」の判断が多く出ます。従来、免疫抑制剤による治療を受けて来た人でも、漢方で免疫を上げる治療した場合、良い効果が出ます。 しかし、漢方で大幅に改善できた場合でも、また前の免疫抑制剤の治療を開始した場合、またどんどん、最初の状態に戻ります。 どの治療をするかは患者やご家族が判断することですが、治療方法により違いが出ますので、漠然と治療を受けるのでなく、よく研究することが必要です。   病院で漢方を飲んだが悪化した。 だからビビッド・ライフの漢方はどうでしょうかと、質問して来る人がいます。 実際、漢方の診断は非常に難しい。特に膠原病のレベルになりますと最も難しい。もし膠原病を診断するのであれば、医師は大学を卒業後、20〜40年の習熟が必要です。 その習熟期間を終え、独り立ちが認められた医師しか、本当の診断は無理です。 過去、ビビッド・ライフも多くの先生方と出会いましたが、診断力の違いははっきり見て来ました。    日本には漢方の大学や、 漢方の医師免許制度がありませんので、概略の判断で漢方薬を出していますので、ピタッと病状に合う薬とは違います。 その漢方が合っているか? 漢方を飲ませていても、再診の時にも、医師は判断は難しくてできない事が多いようです。 したがって体に合わない薬を飲み続け、大幅に悪化してやっと患者の方が気付く事になります。   ビビッド・ライフの漢方、免疫の治療 本来、個人輸入代行業務ですから、医師をつけなさいと言う制度は日本の行政にはありません。医師をつけるのはビビッド・ライフの意志で付けています。 ビタミン剤を取り寄せる程度なら簡単と思うでしょうが、これも種類が多く、どのビタミンが必要かは、やはり医師を通す必要があります。間違って長期飲めば、体に問題が起きます。 特に膠原病など難しい病の相談が多い。これは専門医でも難問です。中国の漢方の医師免許を持っていても難しいのです。 だからビビッド・ライフは医師をつけるだけでなく、最も確かな判断ができる医師を常に探して来ました。世界の漢方界ではこれ以上の先生となると、限界だと思います。これ以上の先生は居ない。居ても最高度のレベルで横並びです。   免疫治療の方法 漢方では免疫薬で体の状態を良くしながら、体に悪い箇所を治療します。 肝が悪くなっているのか? 腎が悪くなっているのか? 脾が悪くなっているのか? など五臓六腑の問題、気・血・津液の問題、陰・陽の問題など、 悪いところを最初の診断で見つけ、そこを治療します。 治療がうまくいき出すと、大幅に元気がでて来る、改善点がどんどん出て来ます。 よくなっているか?は体調でわかります。   個人輸入代行の総合ページはこちら  

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

ネフローゼ症候群を元から治療する方法を知りたい。どのような治療なのか?情報が欲しい。

無料相談はコチラ   ネフローゼ症候群の情報 「記事担当の後藤です。 世界には2種類の医学があります。 中医学と西洋医学です。」   「ネフローゼ症候群は非常に難しい病気です。 中国の大病院ではネフローゼ症候群の治療では大変良い成果をあげています。 中医学の優秀な医師であれば、ほぼ共通しています。 下記に参考資料を書きますのでご覧ください。」 ネフローゼ症候群の原因をもっと知る ネフローゼ症候群の原因は紀元前200年前の医学書の載っています。 それ以降、非常にたくさんの医学者が深く研究・治療して来ました。   ネフローゼ症候群の原因 参考:中医内科学 原因1)風邪襲表 ①風邪が人体を傷つけると寒や熱が体に溜まりやすくなり、風・湿・熱が体を襲う。 ②あるいは風邪が鼻口から侵入し、喉を詰まらせ固まりを作り、肺にこもり蒸す。 ③または皮毛が激しく打たれ、肺が侵された。 これらによりネフローゼ症候群が発症した。   原因2)外感水湿 ①湿地に長く住んでいた、豪雨の中を水に浸かりながら歩いたりして、 水湿が体内に侵入した為、脾陽を止める事が出来ない。 ②あるいは、すでに水湿の状態になっている。 ③又は、浮腫になりやすい。 この状況でネフローゼ症候群が形成された。   原因3)傷毒内犯 ① 潰瘍の傷、溶連菌による皮膚の化膿性炎症がまだ良くなっていない為、肺脾が悪くなりネフローゼ症候群が形成された。 ②若い人の場合、血熱が傷を生み、変化して浮腫が発生する。 この状況でネフローゼ症候群が形成された。   原因4) 囊赋不足 先天的な体質が薄弱である。 精気不足がネフローゼ症候群を発病する体質的な基礎である。 この為に外邪の影響を受けやすく発病しやすい。   原因5)飲食不節 ①脂っこい甘い物、海鮮など美味しいものを食べすぎ、酒を飲み過ぎて、脾・意を損傷した。 ②あるいは飲食に節度がない為に、脾気が栄養を失った。 ③又は冷たいものを食べ過ぎたり、湿燥の薬を飲みすぐると、脾・腎を損傷させる。 いずれもネフローゼ症候群を発症させる重要な原因です。   6) 久病労疲 過剰な労働で「腎・脾」を損傷した為にネフローゼ症候群を発症した。 <補足説明> ネフローゼ症候群は三つの臓器が同時に悪くなっている ネフローゼ症候群は「肺・脾・腎」が悪くなっています。 しかも三つともセットで悪くなっています。   「肺・脾・腎」が悪くなった原因は 原因は2種類あります。 「外因」と「内因」があります。 1)内因:体内が原因です。 ・先天的に弱い ・長期の病を患っている事が影響した。   2)外因:体の外からの影響。 ①水に浸かる事が多い。 湿気の多い生活・仕事が続いた。 風が体の表面を襲った。 水・雨に濡れた体で風に当たった。   これらが内臓に影響し 「肺・脾・腎」の機能を壊した。 そしてネフローゼ症候群を形成した。   ②食べ物・飲み物が適切でなかった為、内臓を損傷した。 ③子供をたくさん産んだ事で内臓に無理が来た。 傷、でき物から毒が入った。 などです。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2200年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のネフローゼ症候群の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   ネフローゼ症候群を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でするネフローゼ症候群の治療は効果が大きい。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がネフローゼ症候群の治療でも出ています。   ネフローゼ症候群の治療---実例---「中西医結合医学」 1)ネフローゼ症候群は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)ネフローゼ症候群とは別の病気を持っている人。 ①別の病気がネフローゼ症候群の原因になっている人がいる。 ②ネフローゼ症候群から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、ネフローゼ症候群だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。 中医学では ネフローゼ症候群と言う名は有りません。 中医学ではすでに紀元前200年に医学書「内経」が書かれています。 https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 中国の医学書では黄帝内経(こうていだいけい)と呼ばず、短く「内経」と呼ぶ場合が多い。   内径ではすでにこの時「水肿」でネフローゼ症候群を説明しています。 ネフローゼ症候群は中国の中医学は研究が進んでいますので、治療効果が平均的に非常に良い評価です。   ネフローゼ症候群は非常に難しい病気です。 それを何とかしたい、可能なら良くしたいと思う方に資料を差し上げます。 この資料は良い情報が入りましたら、その都度、記事を追加します。 無駄にはならないと思います。ご覧ください。無料です。 関連の記事があります。ご覧ください。 甲状腺腫とネフローゼ症候群の漢方治療の体験、信用、評価 ネフローゼ症候群の実際の漢方治療 中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「ネフローゼ症候群」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 http://www.360doc.com/content/14/0120/15/10663922_346649230.shtml 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。 上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。   個人輸入代行の総合ページはこちら ネフローゼ症候群がなぜ治らないのか 下記に詳しい説明を作りました。ご覧下さい。 ネフローゼ症候群は根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。 https://js-vivid.com/nefuroze-15/ ネフローゼ症候群を根本治療。安心安全で副作用の無い治療。中医学大病院・名医の情報。 https://js-vivid.com/nefuroze-2/   ネフローゼ症候群の治療。最先端の漢方・中医学で根底から良くする方法。副作用の無い根底治療。 https://js-vivid.com/nefuroze-1-2/   私は先生から教えてくれた◇百宝元で健康管理をしています。 大変重宝しています。  

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

線維筋痛症は女性に多い 根本的に治療 副作用が無い安全な治療。

無料相談はコチラ 線維筋痛症の情報ページです。 難しい線維筋痛症を根本治療する方法。   記事担当の後藤です。 他の病気と合併している場合が非常に多い。 説明をいくつか作りましたので参考にされて下さい。   下記の写真は線維筋痛症に関係する医学書の説明です。 線維筋痛症の歴史。 線維筋痛症は非常に難しい病気です。 この病の原因やメカニズムはすでに紀元前200年に分かっています。 その時の「内経」と言う医学書には多方面からの分析がされています。 その後、歴代の医師によって検証と治療が繰り返され、優れた治療が今日されています。 線維筋痛症の原因は5種類あります。 原因① 体の下地が弱い。 線維筋痛症は誰でも出来るのでなく自分の体が弱いことが下地になっています。   ①虚弱体質 ②体の組織や機能が弱い ③皮膚と筋肉の間の隙間が緩んでいる ④外部からの邪の侵入を防ぐ機能がしっかりしていない。   この下地の状態は免疫低下の状態です。 免疫が弱いので防ぐ力が弱く線維筋痛症を発生させやすい。 また免疫が弱いので体の外からの影響が体に侵入し線維筋痛症を発生させます。   原因② 外邪が侵入して線維筋痛症に進む 体の外からの影響が体内に入り込みます。 外邪とは気象・気候の状態です。   気候・天候の変化が体に入ると、病気の原因になり内臓に影響を与えます。 そこから皮膚・筋肉に影響を与え、その結果、線維筋痛症が発生します。 これが大気・気候などが原因の線維筋痛症です。   原因③ 血が損傷し弱っている 女性の体は生理・妊娠・出産など血が基本です。 しかし生理・妊娠・出産は体内の血を損傷させ、弱らせる事が多い。   血が不足し筋肉・骨を潤わす事ができなくなります。 そして最終的に痛みが出てきます。 これが生理などが原因の線維筋痛症です。 男性に比べ女性に線維筋痛症金が多いのはこの為です。   原因④ 肝機能が大幅に低下している 肝の働きが鬱滞し、経絡(全身に血を流す通路)が通りが悪くなっている。 ついには血が通らなくなり、直ちに痛みが出た。 筋肉・関節・全身に痛みが出ている。 これが肝が原因の線維筋痛症です。   原因⑤ 腎・脾が損傷し弱っている 腎・脾が悪くなると免疫が低下する。 大気・気候など体外からの影響が体に侵入した。 それが水の流れ、血の流れを止めた。   その結果、線維筋痛症が発生した。 反復的な発作が起きます。 これが腎・脾が原因の線維筋痛症です。 線維筋痛症が女性に多いパターン。 線維筋痛症は5種類に分かれます、原因やメカニズムが違うからです。 診断で医師はどの種類に当てはまるのか?慎重に見極めます。 パターンによって治療方針が違います。 その中の一つに女性のウエイトが特に高いパターンがあります。   上記3番の原因がそれです。 原因③: 血が損傷し弱っている 女性の体は生理・妊娠・出産など血が基本です。 しかし生理・妊娠・出産は体内の血を損傷させ、弱らせます。 血が不足し筋肉・骨を潤わす事ができなくなります。   そして最終的に痛みが出てきます。 これが生理などが原因の線維筋痛症です。 男性に比べ女性に線維筋痛症金が多いのはこの為です。  線維筋痛症はリウマチに似ているが違う。 ①リウマチは関節が悪くなります。 ②線維筋痛症は関節ではなく、筋肉・骨格系統に痛みが出で硬直します。 線維筋痛症だけの病ならこのように二つに分けられます。   しかし、線維筋痛症なのに、 実際はリウマチも悪くなっている場合があります。 両方とも種類的には「風湿病」です。 この場合、中国の大病院・名医なら同時に治療します。 実際、非常に良い治療です。   風湿病はリウマチ以外にもたくさん有ります。 関節リュウマチ、强直性脊柱炎、シェーグレン症候群、産後筋肉関節痛病 変形性関節炎、ベーチェット病、痛風、リウマチ熱、結節性紅斑 血小板减少性紫癜、全身性エステマトーデス 乾癬性関節炎、皮膚筋炎、血管炎   これが全部、 風湿病ですが、どれも難病です。 線維筋痛症は上記のどれかと合併している場合が多い。 しかし中医学の大病院は、良い治療方法があります。   甲状腺の病と線維筋痛症が合併している時があります。 甲状腺の病は非常に難しい事で知られています。 上海の中医学の大病院では、甲状腺は非常に優れた治療をします。 線維筋痛症と合併している時でも良い治療が出来ます。 どのような経過で痛みが消えるか? 例えば 今まで腰が激痛だった、しかし腰の痛みが消えた。 それと同時に今度は臀部に激痛が走り出した。 と言うように痛みの重点が移動するケースもあります。   これは腰部が良くなったのです。 そして次に臀部を体と薬が治療を始めた現象です。   治療していると このように、どこか痛みが消える所が先に出てきます。 そして次に近くの悪い所も痛みが消えます。 そのような事を繰り返して、全身から痛みが無くなります。   このようなケースが非常に多い。   線維筋痛症の治療は中医学が世界で最も歴史があります。 中医学は根本治療をします。 上記の紀元前200年の<内経>の「素問」で既に線維筋痛症の原因・治療方法が詳しく説明され、その治療方法をそのまま現代で行なっても良い結果が出ます。 それだけでなく、現代に至る2000年間の各時代において、多くの名医家が「素問」の理論をさらに詳しく検証し、治療方法も様々な手が加えられました。 現代において現実に優れた治療実績を出しています。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の線維筋痛症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   線維筋痛症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 特に線維筋痛症は中医学だけで良い治療が出来ます。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 一番多いのが、他の病気を持っている時です。   「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究されています。      西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が治療でも出ています。   治療の実例---「中西医結合医学」 1)原因の種類が多い。 治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   すでに漢方薬は飲んだはずです。 それ以上の漢方薬は日本にはありません。 当初、ビビッド・ライフは皆様に日本での治療を勧めていました。 しかし多くの方から漢方は飲んだが良くならないと言われます。   中国も様々と問い合わせ、上海も色々な医師に当たり、やっと最も腕の立つ名人の先生方に出会えたのです。 これには10年以上掛かりました。 一般人では及ばない情報収集を繰り返して10年以上掛かりました。 上海の病院・医師に相談し、薬は「個人輸入代行」する方式です。   線維筋痛症の治療には医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   線維筋痛症は、うかつな治療をしない事が大事です。   線維筋痛症をぜひ治したい人は 下記の無料資料をご覧下さい、こちらから。 関連の記事があります。御覧ください。 線維筋痛症 5種類の原因を治療する 中医学・大病院・名医の処方。総合情報。 https://js-vivid.com/senyi-15-1/ 線維筋痛症 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/senikin-6/ 線維筋痛症 個人輸入  ミツコ&涼子 根本治療薬 情報 https://js-vivid.com/seni-7/   線維筋痛症の根本治療。完治するケースも多い。中国大病院、中医学、名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。 https://js-vivid.com/seni-kintu-5/       個人輸入代行の総合ページはこちら    

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

ネフローゼ症候群の治療。最先端の漢方・中医学で根底から良くする方法。副作用の無い根底治療。

無料相談はコチラ ネフローゼ症候群の情報ページです。 どうやれば体が良くなるか? 「記事作成:担当の後藤です。 ネフローゼ症候群は大変難しい病気ですから大変ですね。 腎だけでも難しいのに、これはもっと難しい病です。」   「下記に資料を書きますので、ご活用ください。 根底から治療し、お元気になりますよう願っています。」 ネフローゼ症候群の原因 原因:  「肺・脾・腎」が同時に悪くなっています。 ネフローゼ症候群は特徴の有る病です。 ほとんどの場合、上記のように「肺・脾・腎」がセットで悪くなっています。 あなたはこの治療をすれば、良くなる可能性が大きい。   日本で知られている知識からすると、この三つの臓器はバラバラに考えられるでしょうが、実は共通の目的で動作しています。 その共通する部分が故障したのです。   1)肺が悪くなっています。 「肺」の役目の一つは「水」を全身に分散します。 その機能がダメになっています。   2)脾が悪くなっています。 「脾」の役目の一つは食べた物から「水」を作ります。 その機能がダメになっています。   3)腎が悪くなっています。 「腎」の役目の一つは「水」をろ過するところです。 その機能がダメになっています。   この3つの臓器は連携プレイで、水を身体中に回し、体を守っています。 この「肺・脾・腎」が全てセットで故障し、体内の水処理が出来なくなっています。 これがネフローゼ症候群の最も多い原因です。  ネフローゼ症候群、その他の原因 上記の「肺・脾・腎」がセットで悪くなっているのが一番多いケースです。 しかしその他の原因でネフローゼ症候群になる場合もあります。   肝・腎がセットで不調になった為。 体内で湿熱がこもり、これが病の温床となってずっと体内で溜まります。 この状態は「肝・腎」を特に消耗・損傷させます。 「肝」は体内の血の循環を良くたり、血を蓄える仕事をしています。   しかし、先ほどの湿熱の影響で「肝」の働きが落ち血の固まり停滞を作ります。 同時に「腎」の水の流れを止めます。 このような事でネフローゼ症候群が形成されます。   ネフローゼ症候群は 上記のように五臓の内「肺・脾・腎・肝」の四つまでもが悪くなっています。 これは日本では誰も知りません。 実は中医学と西洋医学は人体の構造や臓器の機能についての分析が大幅に違うからです。 ですから、中医学では今まで分からなかった原因が診断で判明します。 ネフローゼ症候群の中医学治療は5種有ります。 中医治療①---「脾虚・湿」 ・「脾」を健康な状態にする治療をします。 ・「脾」の持つ「気」の働きを益す治療をします。 ・水の流れを良くする治療をします。 ・過剰な湿を取る治療をします。   中医学治療②---「脾・肾・陰虚・気虚」 ・脾と腎が同時に悪くなっているパターンです ・脾・腎を補う治療をします。 ・脾・腎を温める治療をします。 ・水の流れを良くする治療をします。   中医学治療③---「肝・腎・陰虚」 ・肝・腎が共に陰虚になっている状態です。 ・肝・腎を滋養する治療をします。 ・肝・腎を補う治療をします。 ・陰の力を上げる治療をします。 ・熱を清める治療をします。   中医学治療④---「湿熱」 ・湿熱が体の奥深くに溜まり固まっている状態です、「湿熱蕴结」。 ・熱を清める治療をします。 ・湿熱で出来た毒を消す治療をします。 ・湿の流れを良くする治療をします。 ・腫れを良くする治療をします。   中医学治療⑤---「気虚・陰虚」 ・気が虚になり、陰が虚になっているパターンです。 これは脾肺腎が悪くなっています。 ・気を補う治療をします。 ・脾を健康にする治療をします。 ・肺腎を清める治療をします。 ・肺腎を養う治療をします。 中国の大病院にある治療方法です。 上記のようにネフローゼ症候群の原因と治療方法を説明しました。 どれも中医学の医師が使う医学書の内容です。 中国では中医学を扱う医師は、すべてこの医学書に沿って治療しています。   医学書は最も重要な事を書いています。 実際の治療ではネフローゼ症候群は様々な症状がありますから、もっと複雑な判断を医師はします。 正確に出来なければ治せません。   中医学大病院の名医にお願いして診断・治療を行う必要があります。 また治療には非常に高度な医薬品(中薬)が必要です。 それらは中国の大病院にあります。   中国は医療用の漢方の種類は豊富で、ダントツ世界一です。 医療用だけで9000種類を越しています。 その他に薬局用の中薬も4000種類ほどあります。   世界の医学は西洋医学と中医学の2種類です。 本格的な中医学の治療は中国の大病院で行っています。 中医学は世界で最も歴史があります。 中医学ではすでに紀元前200年に医学書「内経」が書かれています。 https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 中国の医学書では黄帝内経(こうていだいけい)と呼ばず、短く内経と呼ぶ場合が多い。 内経ではすでにこの時「水肿」の項目でネフローゼ症候群を説明しています。 ネフローゼ症候群は非常に難しい病気です。 それを何とかしたい、可能なら良くしたいと思う方に資料を差し上げます。 ご覧ください。 無料です。   関連の記事があります。ご覧ください。 ネフローゼ症候群は根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。 https://js-vivid.com/nefuroze-15/ ネフローゼ症候群を根本治療。安心安全で副作用の無い治療。中医学大病院・名医の情報。 https://js-vivid.com/nefuroze-2/ ネフローゼ症候群を元から治療する方法を知りたい。どのような治療なのか?情報が欲しい。 https://js-vivid.com/nefuroze-6/     中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「ネフローゼ症候群」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 http://www.360doc.com/content/14/0120/15/10663922_346649230.shtml 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。 上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。   個人輸入代行の総合ページはこちら ネフローゼ症候群がなぜ治らないのか 下記に詳しい説明を作りました。ご覧下さい。 ネフローゼ症候群の総合ページはこちら  

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

全身性エステマトーデスは内臓の病気です。中医学で根本治療はどこを治療するのか説明します。

無料相談はコチラ   全身性エステマトーデスの情報です。 記事担当の後藤です。 「この病は非常に困難な病気です。 どなたも大変苦しんで居られると存じます。」   「全身に及ぶ非常に難しい病気ですが、 中医学・大病院・名医であれば完治・治癒する人もいます。 全員がそのようになるかは確認できないですが、 しっかり治療するなら、良くなる可能性は十分に有る病気です。 お役に立てればと思い、最先端の情報をお知らせします。」   「ひとつ大事な点が有ります。 上海でも、大病院でも よほどの医師でなかれば良くすることはできません。 常に現地の情報を集めていますが、事実です。」     根底から治療する方法を説明します。 この病を根底から治療する方法は 他の医学には無いので、ぜひ有効活用されてください。 治療結果も非常に良いです。 初期・中期・後期と分かれます。 病の深さにより違いますが、大部分の人が良い方向に進みます。   ここに出ている情報は まだ日本には伝わっていない内容です。 しかし世界で最も治療実績があります。 無事、良くなられる事を心より願っています。     全身性エステマトーデス(SLE)の原因メカニズム 1)肝腎陰虚 これはSLEがまだ軽い段階です。 この状態は肝腎が陰虚になっています。 この為、陽が頭部に上り目眩、耳鳴りが起きます。   肝陰が不足した為、生理が不調、生理が無い。 腎が陰虚の為、脚・腰がだるく痛い、髪の毛が脱ける。   2)脾腎陰虚  この状態は「気陰両虚」か「肝腎陰虚」から発展して来た場合が多い。 腎・脾を悪くしているので---全身に浮腫、重症者は胸水・腹水が有る。 肺を悪くしている為----咳・痰が有る。 最終的に尿が出ない状態になる。 腹が張る、食が細い、膝腰が怠く痛い。   3)邪熱傷肝 この状態は熱毒が原因で肝を損傷したものです。 肝が正常に働けず鬱状態になり、気が滞留し、血瘀になった。 子宮につながる経絡が不調になり、生理が不調になって生理が無くなる。   4)热毒旺盛 SLEの高度活動期に多いパターンです。 ベースとして陰損が体にあります。 繰り返し熱毒に侵されました。 これで高熱が出たり、高熱が引かなくなりました。   熱毒が営血を広範囲に渡って加熱しました。 そして熱が血と経絡を損傷させました。 日光にあたると病状が悪化します。 吐血、出血、血便などが出ます。   心神が熱毒の影響を受けますので、恍惚状態、昏睡状態、奇声、けいれん が起きます。 熱毒が体に溜まり蒸されるので気血が通らなくなり、関節がだるく痛い、筋肉に力が入らないので痛い、肢体が浮腫みます。   5) 风湿热痹 この状態は 五臓六腑の気血が不足した事が原因の場合が多い。 赤斑、鮮やかな赤、手足の関節痛、腫れが有る。   「風湿熱邪」あるいは「風寒湿邪」を受け、ずっとこもると熱が発生します。 「風湿熱邪」が元々体の「陰虚内熱」と結合し「熱毒」を生みます。 これが脈絡を塞ぎ全身性エステマトーデスを発病させます。   全身性エステマトーデスの原因、補足説明 全身性エステマトーデスは二つの原因が同時に発生した病です。 一つ目は体内で発生した原因です。 二つ目は体外から侵入した原因です。   1)体内で発生した原因 ①肝・腎が弱い。 ②先天の精が不足して居る。 先天の精の不足とは、母親の体内で受胎した時に先祖からの家系の血筋を引き継ぎます。 その引き継いだ内容が不十分な状態です。 あるいは先天の精(血筋部分)を後天的に損傷している状態です。   ③感情で体内を損傷した。 ④過労により体内を損傷した。   これらが体内で発生した事が第一原因です。   2)体外から侵入した原因 人は24時間、自然界にいます。 家に居ても、外出しても、地球にいる限り大気に触れていますので、 ①熱・寒・湿・燥・風など 大気の様々な影響を受けます。 ②太陽の光・熱を受けたのも大きな原因です。   それが体内に侵入します。 これは「陽毒・陰毒」などと呼びます。 これが体外から体内に侵入した第一原因です。   その他に ③薬物が体に入った事が原因になる事もあります。 薬物とは農薬など、様々な化学薬品です。 これらが体内に侵入します。   このように体外・体内の両面が重なり全身性エステマトーデスの原因になって居ます。 全身性エステマトーデスの発症のメカニズム 補足説明 1)体内で発生した原因の影響で ①五臓六腑が損傷します。 ②全身の血の流れが次第に悪くなります。 ③鬱血し血が流れなくなります。 ④経絡(血の通路)が詰まります。   2)体外から病の原因が侵入した影響で ①熱毒(熱性の毒)が体内に作られます。 ②熱毒が五臓六腑を損傷します。 ③筋骨を損傷させます。 ④筋肉を擬固させます。   これで全身性エステマトーデスが形成されます。 このようなメカニズムにより多臓器に及ぶ非常に複雑な病気になっています。 体内環境が大幅に損傷されている状態です。   この根本治療を行い体内環境を大幅に整え、根治を目指す治療があります。 それは中国の大病院が行っている治療方法です。 現在、この治療方式は世界で唯一、中国だけです。   全身性エステマトーデスの根底治療 中医学 1)肝腎陰虚 この状態は肝腎が陰虚になっています。 ①肝・腎を滋養する治療をします。 ②肝・腎の働きを補う治療をします。   2)脾腎陰虚 この状態は「気陰両虚」か「肝腎陰虚」から発展して来た場合が多い ①腎を温める治療をします。 ②脾を健康にする治療をします。 ③気の働きをスムーズにする治療をします。 ④水の流れがスムーズになるよう治療します。   3)邪熱傷肝 この状態は熱毒が原因で肝を損傷したものです。 ①陰を滋養する治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③血の働きを活発にします。 ④痰を溶かす治療をします。   4)热毒旺盛 元々が陰損。繰り返し熱毒に侵されている。熱が津液を損傷。 ①熱を清める治療をします。 ②解毒の治療をします。 ③血に熱を清める治療をします。 ④血の働きを活発にする治療をします。   5) 风湿热痹 この状態は 五臓六腑の気血が不足した事が原因の場合が多い。 ①熱を清める治療をします。 ②経絡(血の通り道)がスムーズに流れるように治療します。 ③風を取り払う治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。   全身性エステマトーデスは 子供を産む年代に多い 生理との兼ね合いがある年代で多く発生する病気です。 しかし実際は中高年もこの病気になる人が多い。 全身性エステマトーデスの治療は正確な診断が必要です。 全身性エステマトーデスは全身に様々な症状が現れます。 一体、体内がどうなっているのか? 必ず知って置くのが大切です。   ①治す上で必要な条件---損傷している臓器を知る。 全身性エステマトーデスは必ず内臓が損傷して居ます。   何種類かのパターンに別れます。 貴女はどの臓器が損傷しているか?漢方の医師が診断すれば正確に分かります。 ②どの臓器が損傷しているか知る----漢方医は四種類の診断をします。 1)「望診」顔・目・舌の診断、全身の状態など。 2)「問診」患者に色々質問をします。病状、病歴など。 3)「聞診」呼吸音、声の強弱など 4)「切診」脈診が主体です。 四種類の診断で非常に正確に体内の状況が分かります。 人間の体は表側と内側が一体となって居ますので、体の表側を観察すると、内側の状態が良く分かります。 例えば問診で「耳鳴りがする」---ならば、ほぼ確実にある重要な臓器が損傷しています。   そして「眩暈がする、体力気力が無い、低熱が続く、脱毛、生理不順などが入れば、ほぼ確実に二つの臓器が損傷して居ます。 また顔の頬、手の平、手の指先などに鬱血状の斑があれば、上記の症状と合わせると「経絡」が詰まって居る事が分かります。   経絡(けいらく)をご存知の人は少ないと思いますが、 ツボはご存知でしょう?鍼、指圧、マッサージの時に押さえる体のポイントがツボです。 これは経絡(けいらく)の要所のことです。 全身性エステマトーデスを改善するには経絡の治療が不可欠です。 医師は診断において経絡(けいらく)を重視します。  全身性エステマトーデスになっている人は、 経絡(けいらく)を詳しく知っていると得です。 経絡は何をするところか? 実は血の通り道です。   詳しくは「気と血」の通り道です。 ここではまず血に限定して知って下さい。 誰でも血液の通り道は「血管」だと知っています。 当然、血管は血の通り道と知っています。   しかし経絡は血管以上に大事な血の通り路と見なしています。 経絡(けいらく)は全身に12本通っています。 頭から足の先まで繋がっています。   「経と絡」は違います。 「経」が大通り「絡」が体の隅々を担当します。   経絡(けいらく)が詰まった為に血が回って来てない。 1)血の重要な臓器は心臓です。 ここは意外と正常です。   全身性エステマトーデスで血と関係する臓器は別にあります。 そこが損傷し、機能が落ちて居ます。 だから全身に血を送る力が弱い。   2)例えば女性は生理があります。 子宮に血を多量に送り込む臓器があります。 そこの事です。 その臓器が損傷し、機能が弱っているので生理不順になるのです。   3)血の通り道が経絡です。 子宮につながる経絡が詰まっているので血が子宮に来ません。 それで生理不純になります。2重に問題があります。   4)脱毛は頭に血が十分に来ていない事を表します。 「髪は血の余分」つまり髪は血で出来て居ます。 脱毛は経絡が詰まっているのが原因です。   5)皮膚の色が顔、手足が赤い、鬱血状態の斑が出来ている。 人によってはレイノウ病の様相があります。 血が来ないのでロウソクのような手・指の色になります。 これらは手につながる経絡が詰まっている状態で起きます。 医師は診断において熱の出方を慎重に診断します。 全身性エステマトーデスは熱が出やすい。 1)39度くらいの熱が1週間以上続く。 2)低熱がずっと続く。 3)午後になると熱が上がる。   4)寝起きと睡眠に入ろうとすると熱が出る。 5)昼間は熱が上がり、夜間は下がる。 6)軽い労働をすると直ぐに高熱が出る。 などがあります。 最も多く見られます。   全身性エステマトーデスは中医学では4〜5種類に分類します。 それ毎に特徴的な熱の出方が有ります。 ...

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

関節リウマチを良くする。悪化の理由が分かる。元から治療。中医学・大病院・名医。

無料相談はコチラ   医師監修:関節リウマチ リウマチの情報ページです。 「記事担当の後藤です。 関節リウマチは次第にひどくなります。 大変な苦痛と存じます。」   「治せるものなら是非治したいと思っていると存じます。 中医学は世界でも最も関節リウマチの治療で良い成果を出しています。 下記の記事をご覧になり、早くお元気になられてください」   関節リウマチの原因は6種類あります。 原因①  肝・腎が虚弱になっている 肝・腎の「陰」が虚弱になっています。 肝腎要(かんじんかなめ)と申します。 腎が体の中心です、腎が母親で肝が子供です。   肝・腎が悪くなれば全身が悪くなります。 肝腎からの経絡(血の通り道)が塞がれ関節に血が回らず、腫れて痛みが出ます。 これが肝・腎が原因の関節リウマチです。   原因②   脾・腎が虚弱になっている 脾・腎の「陽」が虚弱になっています。 脾・腎の悪化で関節につながる経絡(血の通り道)が塞がれ、腫れて痛みがでます。 これが脾・腎が原因の関節リウマチです。   原因③ 「痰」が詰まっている。 痰は喉にたまる痰は知られています。 しかし、体内で作れる痰は知られていません。 津液(水)が体内に有りますが、これが停滞し濃くなりネバネバの痰になります。   この痰が経絡(血の通り道)に侵入します。 経絡の血が通らなくなり、血が来ないので関節付近が腫れて痛みが出ます。 これが痰が原因の関節リウマチです。   原因④   血が不足、気が虚弱 人体には気のエネルギーが有ります。 血は気が機関車役で体内を回っています。 しかし「血も気も」両方が虚弱な状態なので体内に血が回りません。   血の流れが悪くなり経絡(血の通り道)で血が停滞します。 血が来ないので関節付近が腫れ痛みが出ます。 これが「血・気」両方が虚弱による関節リウマチです。   原因⑤     風・寒・湿が体に侵入した。 関節リウマチは気候の影響を大変多く受けた病気です。 気候の中でも「風・寒・湿」が体内に侵入した病です。   風と寒が湿を固まらせ痰を作ります。 痰が経絡に侵入し血を冷やし血の流れを止め、関節が腫れ痛みが出ます。 これが「風・寒・湿」が侵入した事による関節リウマチです。   原因⑥    風・湿・熱が体に侵入した。 気候の「風・湿・熱」が体に侵入しました。 湿が熱で煮詰められ、濃い痰になります。   痰が経絡に侵入し血の流れを止め、関節が腫れ痛みが出ます。 これが「風・寒・熱」が侵入した事による関節リウマチです。 関節リウマチを中医学で治療する方法。 上記の原因説明のように 関節リウマチは五臓が悪くなっている場合が多い。 特に肝・腎・脾が悪くなっている場合が多い。   中医学の名医は五臓が悪くなっているか診断でハッキリ分かります。 大概の人が悪くなっています。 そこを治療すれば大幅に良くなります。 中医学の治療 中医学と西洋医学の違いを知る 中医学は西洋医学と違います。診断方法や治療方法が全く違います。 五臓は西洋医学では正常の診断が出ても、中医学では悪くなっているケースが多い。   これは、どちらの医学も違う観点を言っているからです。 それぞれの観点はどちらも正しい判断です。 中医学の考える五臓は違った観点です。    日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の関節リューマチの治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   関節リューマチを実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースが多い。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする関節リューマチの治療は効果が大きい。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が関節リューマチの治療でも出ています。   関節リューマチの治療---実例---「中西医結合医学」 1)関節リューマチは原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)関節リューマチとは別の病気を持っている人。 ①別の病気が関節リューマチの原因になっている人が多い。 ②関節リューマチから別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、関節リューマチだけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。   中医学は関節リウマチの良い治療薬があります。 他に良い治療方法はないかとお考えの人も多いと思います。   中国は中医学の医師免許の制度あります。 中国で診断に対応する中薬(漢方薬)が9000種類あります。   リウマチを治療するには、いろいろな角度の薬が必要です。 この9000種類の中にリウマチを治療する良い薬が多種あります。    リウマチの総合ページはこちらです。   リウマチの関連の記事があります。ご覧ください。 膠原病を本気で治す方法を研究しましょう。難しいリウマチを参考に説明します。  リウマチ、漢方薬の取り寄せ体験談   リウマチは原因が深く分かっています。従来知られてないことです。またそれに対する治療薬があります。非常に参考になります。下記のボタンを押してください。無料です。   中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「関節リウマチ」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 https://baike.baidu.com/item/类风湿关节炎 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。 上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。   個人輸入代行の総合ページはこちら

風湿病(膠原病)線維筋痛症

2020/7/15

線維筋痛症の根本治療。完治するケースも多い。中国大病院、中医学、名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。

無料相談はコチラ   線維筋痛症の情報ページです。 「記事担当の後藤です。  この病になって大変な苦渋と思います」 「中医学は体の痛みの治療は線維筋痛症に限らず有ります。」 「このページ以外にも記事が色々有りますのでご参考にされて下さい。」 下記の写真は医学書です。 特に医大系で使われている医学書です。 線維筋痛症は「痹証」の範疇に入ります。 写真の中の文章、下から2行目に線維筋痛症は医学書「内経」の「素問」のなかに書かれていると説明があります。 実際、内経では線維筋痛症の原因やメカニズムが詳しく説明されています。 内経は紀元前200年の医学書です。 今日の線維筋痛症の治療に広く活用されています。 ①線維筋痛症になった体質の問題とは 線維筋痛症は「元々の体の状態が発病の原因になっている」ことにも注目する必要があります。 原因の一つは体の下地が弱い。 線維筋痛症は誰でも出来るのでなく自分の体が弱いことが下地になっています。   ①虚弱体質 ②体の組織や機能が弱い ③皮膚と筋肉の間の隙間が緩んでいる ④外部からの邪の侵入を防ぐ機能がしっかりしていない。   これは免疫低下の状態です。 免疫が弱いので防ぐ力が弱く線維筋痛症を発生させやすい。 また免疫が弱いので体の外からの影響が体に侵入し線維筋痛症を発生させます。   上記の③番は初めて知ったと思います。 それは肌と筋肉の間の問題です。 この肌と筋肉の隙間が緩いと体外からの病邪が侵入しやすい。 紀元前200年の医学書「霊枢」にも「肌のキメが粗くて肉が堅くない人」はこの病になりやすいと書いています。 実際に女性の肌、筋肉は様々です。 羽のように軽い感じの人、かなり柔らかい人、少し堅い人、かなり堅い人、非常に堅い人と色々です。 これについては、 治療の過程で次第に変わってくる可能性があります。 皮膚・筋肉は内臓が支え養っています。 内臓の状態が悪いと皮膚・筋肉を十分に支え養う事ができません。   線維筋痛症は内臓の治療を重点にしますので 、 その過程で皮膚・筋肉の状態も大きく方向が変わってきます。 治療途中は、肌・筋肉についても良く観察することをお勧めします。 線維筋痛症の治療-----参考:中医内科学 1)風寒湿痹の治療 風寒湿邪が経絡(気・血の通り道)に滞留している。 気血の逃れが閉鎖され通れない。 ①風を取り除く治療をします。   ②寒を散らす治療をします。 ③湿を取り除く治療をします。 ④経絡の通りをよくする治療をします。   2)寒熱錯雑の治療 寒鬱で熱が出ている、あるいは経絡に熱が溜まっている、経絡が詰まっている。 ①熱を清める治療をします。   ②経絡の流れを良くする治療をして気・血が流れるようにします。 ③風を取り除く治療をします。 ④湿を取り払う治療をします。   3)風湿熱痹の治療 風湿熱邪が経脈を塞いでとどまっています。 経脈の気血が塞がれ流れる事が出来ません。 ①熱を清める治療をします。   ②経絡の通りを良くする治療します。 ③風を取り除く治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。   4)気血虚痹の治療 風寒湿邪が長く経絡に留まっている。 ①気を益す治療をします。   ②血を養う治療をします。 ③営気を和らげる治療をします。 ④経絡の流れを良くして気血の流れを良くする治療をします。   5)痰瘀痹阻の治療 痰と瘀血が互いに絡んで固まっている。 経脈が塞がって血が全く流れない。 ①痰を溶かす治療をします。   ②瘀血を溶かす治療をします。 ③痛みや痺れを取り除く治療をします。 ④経絡の通りを良くする治療をします。   6)肝腎虚痹の治療 肝腎が力を失っています。 ①肝の力を養い補う治療をします。 ②腎の力を養い補う治療をします。 ③経絡の流れを良くし、気血が通るように治療します。 ④痛みを止める治療をします。   線維筋痛症の治療は中医学が世界で最も歴史があります。 中医学は根本治療をします。 上記の紀元前200年の<内経>の「素問」で既に線維筋痛症の原因・治療方法が詳しく説明され、その治療方法をそのまま現代で行なっても良い結果が出ます。 それだけでなく、現代に至る2000年間の各時代において、多くの名医家が「素問」の理論をさらに詳しく検証し、治療方法も様々な手が加えられました。 現代において現実に優れた治療実績を出しています。 すでに漢方薬は飲んだはずです。 それ以上の漢方薬は日本にはありません。   当初、ビビッド・ライフは皆様に日本での治療を勧めていました。 しかし多くの方から漢方は飲んだが良くならないと言われます。   中国も様々と問い合わせ、上海も色々な医師に当たり、やっと最も腕の立つ名人の先生方に出会えたのです。 これには10年以上掛かりました。 一般人では及ばない情報収集を繰り返して10年以上掛かりました。   上海の病院・医師に相談し、薬は「個人輸入代行」する方式です。 線維筋痛症の治療には医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   線維筋痛症は、うかつな治療をしない事が大事です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の線維筋痛症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   線維筋痛症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 特に線維筋痛症は中医学だけで良い治療が出来ます。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 一番多いのが、他の病気を持っている時です。   「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され        西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が治療でも出ています。   治療の実例---「中西医結合医学」 1)原因の種類が多い。 治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   線維筋痛症を治療する上での重要情報 線維筋痛症は一般的には有効な治療方法がないようです。 下記に治療に必要な重要情報を書いています。 無料です、ご活用ください、下記のボタンを押してご覧ください。   線維筋痛症 5種類の原因を治療する 中医学・大病院・名医の処方。総合情報。 https://js-vivid.com/senyi-15-1/ 線維筋痛症 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/senikin-6/ 線維筋痛症 個人輸入  ミツコ&涼子 根本治療薬 情報 https://js-vivid.com/seni-7/ 線維筋痛症は女性に多い 根本的に治療 副作用が無い安全な治療。 https://js-vivid.com/senikin-2/   線維筋痛症をぜひ治したい人は 下記の無料資料をご覧下さい、こちらから。   基礎的な健康管理に◇百宝元をご利用ください。  

© 2020 Powered by AFFINGER5