頭痛・脳・認知症・神経・精神

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/8/26

偏頭痛を薬で完全に無くす、非常に優れた薬が有る中医・大病院。

無料相談はコチラ 偏頭痛を根本から治す方法を説明します なぜ日本では偏頭痛の人が多いのか? 偏頭痛に限らず、普通の頭痛でも治療が結構難しいのです。 頭痛全般が未知の分野です。   しかし中医では偏頭痛を含め、頭痛全般について詳しい解明は出来て居ます。 なんと2000年前に詳しく解明して居ます。   西洋医学は人体を「物体」で分析しますので、頭痛系は全く原因は分かりません。 しかし中医は人体を「機能」で分析するので、頭痛系はなんでも詳細に原因が分かります。   しかし、下記の治療法を見ていただくと分かりますが、 何かの薬を1種類飲んだら治るほど簡単では無いのです 偏頭痛の原因がかなりの種類有りますが、結構難しい内容です。 これほどの治療になりますと中医でも大病院・名医に診断を受け 詳細な原因を見つけていただく必要があります。   ビビッド・ライフでは上海の中医・大病院・名医にルートが有りますが これほどのルートを持っているのは弊社位です。 偏頭痛を治したい方はチャンスですので、この際、根底から治療されると思います。 医師への依頼はビビッド・ライフがしますので、ご依頼者は自宅にいるまま治療が出来ます。   偏頭痛は血管性の病気です この病気は女性に多く、 月経期に発病し易い   偏頭痛は大分けすると、体内と体外に発生原因が有ります。   1)「体外」では風が体に入ると病気が発生します。 偏頭痛では ・寒さを帯びた風 ・熱を帯びた風 ・湿を帯びた風 が体に侵入して偏頭痛になって居ます。   日本ではどなたも偏頭痛がこのような事が原因とは誰も知りません。 またそのような治療を受けた人は一人も居ないはずです   治療としては「風」を体から取りますが 寒・熱・湿によって性質が違いますので 治療薬のタイプも全く違います。 このようなタイプの薬は日本には有りません。 上海など大都市の一流病院に有る薬です。   2)偏頭痛の原因が体内に原因がある場合 2種類の臓器---「肝か腎」が悪くなっている。 「血か津液」が悪くなっている。   この場合、肝臓と「肝」は違います。 腎臓と「腎」は違います。 肝臓は物体で、「肝」は機能です。 腎臓も物体で、「腎」は機能です。   肝と腎はセットで動いて居ます。 片方が悪くなると、もう一方が悪くなります。   肝は血を管理するところで、脳に血を送る元になりますから 肝が悪くなって、脳に血が行かなくなると偏頭痛の原因になります。   腎は脳を養って居ます。 腎が弱ると脳も弱ります。 それが偏頭痛の原因になります。     「血」に対する判断も中医は全く違います。 瘀血についての判断は中位だけです。 瘀血とは血の塊で、これが脳につながる血脈・経絡を詰まらせると偏頭痛が起きます。 また血の通り道が経絡があるとの理論は中位だけです。     「津液」しんえき---と呼びますが、これは体液の事で 体液の流れが悪くなり、ネバネバになり、やがて痰になります。 これが脳につながる血脈・経絡に入り込み、血の流れを塞ぎますと偏頭痛が起きます。   以上の説明は初めて見たと思います。 この内容が分かる医師なら偏頭痛は治せます 非常に高度な診断が必要ですので、治療可能なのは中医師でも余程優れた医師です。   偏頭痛を根本から治したいなら 偏頭痛は痛み止めを幾ら飲み続けても治りません。 偏頭痛は原因や体内の状態が色々有り、全く油断できません。 偏頭痛になった原因が次の病気を作る下地になる可能性も有ります。 今の内に治したいのであれば、 無料相談ができますので、ご利用下さい。   無料相談はコチラ     関連の記事があります。 偏頭痛を治療し、完全に無くす方法。中医学・大病院・名医の治療   頭痛の原因がわかる唯一の医学、中医学の専門医はどこが原因か全て分かります。根本治療。 https://js-vivid.com/zutu-3/ 頭痛の治し方を説明、中医学の大都市、上海、大病院の名医に相談。 https://js-vivid.com/zutu-1/   頭痛の原因は日本では解明されていません。しかし世界的には原因を解明している医学もあります。実際には日本人は身近な医学です。悪い状態をはやく終わらせたい方は、こちらをご覧ください。無料資料。なんども見れます。 個人輸入代行の総合ページはこちら  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/8/26

偏頭痛を治療し、完全に無くす方法。中医学・大病院・名医の治療

無料相談はコチラ 偏頭痛が治らないでお困りの人が大変多い。 色々な治療をしたが全くうまく行かない。 治らない理由は、どのような原因なのか、体内がどうなっているのか? 正確に診断する方法が無いためです。   しかし、偏頭痛を根底から良くする方法があります。 それをここでご説明します。 現在、世界の医学の中でも中医学が偏頭痛の治療では最も有名です。 ほとんどの人が根底からの治療で良くなります。 詳しくは下記をご覧ください。     偏頭痛は慢性病です。 慢性の頭痛は種類が色々有り、 1)血管性の頭痛 2)筋肉性の頭痛 の2種類が有ります。 偏頭痛は「血管性」の頭痛です。   偏頭痛は頭の左右の片方で頭痛がします。 次回はもう一方で頭痛がします。 中には頭痛が出る前に目が暗くなたり、閃光が光る幻覚が見える人がいます。 この病気は女性に多く、 月経期に発病し易い 家系的に母方で偏頭痛の人が多い。   偏頭痛の人は普段の食べ物に注意が必要です。 1)どの食べ物は食べない方が良いか〜 それぞれ違う場合が有りますので 中医師が診断した時に指示が来ます。 2)お酒はダメです。   3)経口避妊薬やその他にも飲まない方が良い薬が有ります。 4)ビタミン剤によっても良くない場合が有ります。 5)食事、ベッドに入る時間、起床などを規則正しくして下さい。 6)酷い仕事をしない方が良い。   偏頭痛の治療、中医学で根本治療する A)体外の影響で頭痛になった場合の治療をする方法   1)風寒による頭痛 風を流し取り、寒を散らし、 痛みを取る治療をします。 これにより頭痛を無くし正常になります。   2)風熱による頭痛 風を流し取り、 熱を取りる治療をします。 これにより頭痛を無くし正常になります。   3)風湿による頭痛 風を取り去り湿を打ち負かし、 通りを良くする治療をします。 これにより頭痛を無くし正常になります。   B)体内を損傷した事による頭痛を治療します。   1)肝陽頭痛の治療 肝の状態を平常に戻し、 陽のバランスを戻し 風が動くように治療します。 これにより頭痛を無くし正常になります。   2)血虚頭痛の治療 血を養い陰を滋養する治療をします。 絡の働きを和らげ痛みを止める治療をします。 これにより頭痛を無くし正常になります。   3)気虚頭痛の治療 「脾」を健康にし、 気のエネルギーを増す治療をします。 これにより頭痛を無くし正常になります。   4)痰が詰まる事により頭痛の治療 「脾」を健康にし、湿を乾燥させる治療 痰を溶かす治療をします。 これにより頭痛が無くなり正常になります。   5)腎虚頭痛の治療 陰を養い腎を補う治療で 脳髄を正常に戻す治療をします。 これにより頭痛が無くなり正常になります。   6)瘀血頭痛の治療 瘀血を溶かし、血の働きを活発にする 頭の中の通りを良くして頭痛を無くす。 これにより頭痛が無くなり正常になります。   ほとんどの原因は頭で無く、胴体部分です。 まさか偏頭痛の原因が胴体部分だと誰も知りません。   偏頭痛になる要素は上記のように色々有ります。 単発では無く色々な要素が被っている場合が多いので 実際に診察しますと、 原因は100人いれば100人とも違います。   偏頭痛を治すには中医・大病院・名医なら可能です。 何かの薬を飲んだら簡単に治るような底の浅い病気では有りません。 総合的に全身の内部を診断して、 原因、どのような繋がりになっているのか、などを詳細に分析する必要があります。 その上で適切な薬を医師が組み合わせます。 改善状態の応じて医師が診断を繰り返し、適切な薬に組み換える事により 最終的な完治に持って行きます。   偏頭痛を根本から治したいなら 偏頭痛は痛み止めを幾ら飲み続けても治りません。 偏頭痛は原因や体内の状態が色々有り、全く油断できません。 偏頭痛になった原因が次の病気を作る下地になる可能性も有ります。 今の内に治したいのであれば、 無料相談ができますので、ご利用下さい。   無料相談はコチラ     関連の記事があります。 偏頭痛を薬で完全に無くす、非常に優れた薬が有る中医・大病院。   頭痛の原因がわかる唯一の医学、中医学の専門医はどこが原因か全て分かります。根本治療。 https://js-vivid.com/zutu-3/ 頭痛の治し方を説明、中医学の大都市、上海、大病院の名医に相談。 https://js-vivid.com/zutu-1/   頭痛の原因は日本では解明されていません。しかし世界的には原因を解明している医学もあります。実際には日本人は身近な医学です。悪い状態をはやく終わらせたい方は、こちらをご覧ください。無料資料。なんども見れます。 個人輸入代行の総合ページはこちら  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

脊髄小脳変性症

無料相談はコチラ   脊髄小脳変性症の中医学治療 脊髄小脳変性症は西洋医学で付けた名前です。 この病気は遺伝性と非遺伝性が有ります。 非遺伝性は 大きく分けて3種類有ります。   遺伝性は 遺伝性は30数種類が有ります。 日本は遺伝性が非常に多い。   中医学は臨床状態による分類法を使っていますので、 この病気に対しての特別な病名は有りません。   脊髄小脳変性症は種類が多くタイプも異なります 中医学は診断と治療方針を合わせて「弁証論治」と言います。 これですると一つの病気と考えると相当タイプが違う状態が多く 中医学では限定的な分類はしていません。 脊髄小脳変性症は中医学ではパーキンソン病や進行性核上麻痺がほぼ同類に入ります。   パーキンソン病は普通、良くなる人は居ません。 いかに薬を飲んでも次第に下降線をたどります。 しかし中医・大病院・名医は殆どの人を改善させています。   進行性核上麻痺は全く治療方法がない病気ですが 中医・大病院・名医は自宅治療の場合、90%ほどの方が改善しています。   中国の医学会の情報によりますと 脊髄小脳変性症は 西洋医学では まだ効果的な治療方法や治療薬は有りません。   一方、中医学は 特有の整体観念や弁証論治によって、この病気を詳しく分析し治療薬がある為 かなり優勢な治療をしています。   ビビッド・ライフを通して上海の名医に相談したい人に! 脊髄小脳変性症は今のままではどんどん悪化します。 中医学・大病院・名医は優れた診断力・治療薬を持っています。 上の文章で説明しましたが、 同類のパーキンソン病、進行性核上麻痺とも画期的な成果を出しています。 脊髄小脳変性症は同類ですので、人のよっては非常に良い結果、大幅な改善が有るのでは〜と思います。   脊髄小脳変性症を中医学で治療する時のポイント この病気は遺伝性と非遺伝性がある事です。 これにより治療と効果が違う可能性が有ります。   特に遺伝性は遺伝による強い作用がどのようになるのか? 中医の治療で遺伝を乗り越える事が出来るのか? 治療しながら判断する必要が有ります。   タイプが様々です 遺伝性、非遺伝性を合わせて40種類ほど有ります。 一つの病気と良いながら全く違った要素を含んでいます。 さらには個人によって状態が異なります。 それに合わせて中医学の治療薬は全く違った物を使います。 この為、実際に診断・治療する事で色々な事が分かって来ます。 中には上手くいけば大幅に良くなる人も続出すると思います。   脊髄小脳変性症の問題点 1)この病気は基本的には「中医学で治りますか?」と聞かれても、回答に困ります。 しかし非常に良くなる人も出て来るはずです。 実際、パーキンソン病や進行性核上麻痺でさえ、脊髄小脳変性症に負けないほど難しい病気なのに 中医学・大病院・名医の治療では非常に良くなる人が多いのです。 ですから「良くなったら儲け物」と思って取り組む人が得します。   2)少しでも体調を良くしたい〜と考えると役立ちます。 人によっては、大幅な改善が難しいかも知れません。 どんどん進む病気なので体調が非常に悪い人が殆どです。 この体調を少しでも良くしよう〜と思う人には 大変役立つ場合が多いと思います。   中医学では脊髄小脳変性症は「痿证」の範疇になります。 「痿证」は肢体の筋肉が弛緩し軟弱、無力になっている、長期間に渡って随意運動ができない、筋肉萎縮になる状態を言います。 進行性核上性麻痺の「疑い」の場合、「痿证」に入る場合がほとんどです。 もちろん診断で別の病気では無いか類似の病との鑑別は必ずします。   一概には言えませんが脊髄小脳変性症の場合、 中医学で診断し治療を試してみる価値は大いに有ります。     下の写真は中医学の書です。 各地の中医薬大学で使っている医学書です。 写真の中央部に「 痿证」があります。 この範疇に進行性核上麻痺・パーキンソン病・脊髄小脳変性症が入ります。 この病は紀元前200年の医学書「内経」の「素問」に書かれています。 これが世界最古の医学書です。     上記のように脊髄小脳変性症は進行性格上性麻痺はパーキンソン病とおなじ範疇にはいります。   この病の特長は下肢の萎縮、無力化などで、転倒や歩行不能が最大の特徴です。 より重症化すると、手で物を持つことができなくなります。 頭部(脳、目、口、鼻)の働きが悪くなります。     中医学は世界で最も歴史があります。 「 痿证」が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。 この医学者では、それよりもずっと前から「 痿证」が治療されて来た。 そして「 痿证」の詳しい原因や治療法がすでに存在する事を表しています。   (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915     医薬品が大事です。 中医学は歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は中医学の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。       日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学が役立つからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「 痿证」の治療は世界でも最先端を行っています。 「 痿证」は非常に難しい病気ですが、人によっては大変役立ちます。   「 痿证」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。   1949年以降「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学と西洋医学の両方の医師免許を持っている場合も有ります。   中医学の大学、大病院、医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「 痿证」の治療でも出ています。     1)脊髄小脳変性症は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中 医 学---------------以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法の能力が優れています。 中薬は根本治療の能力が優れています。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。   その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   以上ご説明しました。 「 痿证」は実際に改善するケースが多く有ります。 確率的には自宅治療している人の方が改善して居ます。 (相当に進んでいる人は入院して居ます) 薬を飲んで見ようと思う人はご連絡下さい。     ◇百宝元を活用する ◇百宝元は脊髄小脳変性症の治療薬では有りません。 栄養補助食品です。 ◇百宝元とは 脊髄小脳変性症を上海に医師にお願いして中医学の治療を受けるか、迷っている人に この◇百宝元をお勧めします。 これで病気を治すのでは有りません。 ◇百宝元は中国の山奥にある野生の植物です。   中国で野草の詳しい専門職の人々は栄養の範囲は高麗人参が10とするなら、◇百宝元は100と 非常に多くの栄養が入っていると言います。 これを飲んで、中医学の治療を本格的に受けよう〜と思い立つ人が多いのです。 「 痿证」の治療中の人(進行性核上麻痺やパーキンソン病)は 継続して飲む人が多く、必需品と言います。  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

頭痛の原因がわかる唯一の医学、中医学の専門医はどこが原因か全て分かります。根本治療。

無料相談はコチラ 頭痛がどうしても治らない人。 中医学の医師に相談したい方の情報ページです。 医師の処方薬、個人輸入。   頭痛の原因は様々です。 世界の西洋医学ではまだ解明していません。 現在、世界の医学で原因をはっきり見つけることが出来るのは中医学だけです。 頭痛の原因箇所から難しい病気に発展しないように 確実に治療することが大切です。 中医学の大病院・名医の治療を受けることが最も得策です。 頭痛は痛み止めで紛らすのが普通です。 痛みが治るまで待つしかありません。 一時的な痛みならましですが、一年中ずっと続く人もいます。 慢性的なものが心配です。 一般的に心配なのは脳腫瘍ではないか〜と思いませんか?   まずCTやMRIで検査することが大事です。 他の病気は何もないと分かることがまず先です。 そのあと、頭痛の原因、目の奥の痛みの原因を調べます。   或いは中医学のベテラン医師に相談するのが賢明です。 なぜなら本当は原因が分かっているからです。 頭痛、目の奥の痛みに関しては実際には4000年の歴史があります。 頭痛の原因----中医学内科 『外感頭痛』 大気の影響による頭痛 1)風感頭痛 大気の風寒が体に影響し、頭部が犯され、頭痛になった。 2)風熱頭痛 大気の風熱が体に影響し、頭痛になった。 3)風湿頭痛 大気の風湿が頭に昇り、頭痛になった。   『内傷頭痛』 体内の損傷により頭痛になった。 1)気虚頭痛(気) 中気が不足し、頭痛になった。 2)血虚頭痛(血) 栄血が不足し、頭痛になった。 3)瘀血頭痛(血) 瘀血が血の流れを止め、頭痛になった。 4)痰濁頭痛(津液) 痰が流れを止め、頭痛が起きた。 5)肝陽頭痛(五臓) 肝が不調で、陽が亢進し頭痛になった。 6)腎虚頭痛(五臓) 腎精が虚弱で髄海が不足し頭痛になった。   =========== いつぞや日本の公立の大病院の長老の先生とお食事していると、 「痛みは難しい、今日、3人の医師がその患者の相談に乗ったが原因がわからず、私も診断したが、やはり原因不明だった」と話が出ていました。 中医学の医師はどう考えているか? 中医学の専門医は色々な角度から物事を考えます。 まず第一に他の病気から来ていていないか?確認する必要があります。 もし他の病気とは関係ないとき、 先ほどの原因の分類で全てが分かります。 経絡が関係あるのをご存知でしょうか? それぞれの臓器は経絡でつながっています。 経絡(けいらく)は中医学の独特のものです。 人体には全身に12本の経絡が走っています。 経絡の経は大通りです。 絡は小さい道で体の隅々まで届きます。 経絡は血を全身に運ぶ通路です。   頭痛は経絡と大きな関連が有ります。 頭の痛み、目の奥の痛みの原因 これは下記の原因をごらんください。 様々な資料を見ましたが、下記がほとんどの原因を説明しています。 頭痛の原因はこちら   こんな例もあります。 頭痛、目の奥が最近痛い〜ということで病院で検査したら、脳腫瘍とのことでした。 母親から上海の医師への相談依頼が来ましたので、上海にはビビッド・ライフから相談を入れ、母親には大手の公立病院にも念のため相談するように勧めました。 母親が相談して県立病院からは脳腫瘍でないのは確かだ、しかし原因は何かわからないとの回答でした。 上海からも回答はすぐに来ました。   脳腫瘍ではない。 理論的に脳腫瘍では絶対にない。 皮膚病が頭の中に食い込んだものと推測するとの回答でした。 皮膚病の治療をしたところ二ヶ月ほどで頭部は正常になりました。 このように頭が痛いときは判断は非常に難しいのです。 また中医学を活用したために大事に至らなかったのです。   痛み止めは短期使用までです。 長期使用は考えものです。 神経をこじらせ、神経症を逆に起こしている場合が多い。 こうなると非常に難しい状態なのです。 病院は、難しくなると次々と薬を出します。   その度にぐんぐん悪化します。 抜き差しならない状態で相談される人が多いのが実情です。 しかし、大概の方が最悪の状態になるまで、自覚が生まれないのではないでしょうか。 関連の記事が有ります。 群発頭痛の治療に必要な中医学の知識。世界トップの漢方の頭脳が集まる上海、その大病院の名医に相談。 https://js-vivid.com/gunpatu-1/ 頭痛の治し方を説明、中医学の大都市、上海、大病院の名医に相談。 https://js-vivid.com/zutu-1/     お薬の依頼・ご質問 個人輸入代行の総合ページはこちら  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

認知症を根本治療する方法。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」総合情報

認知症の総合ページです   中医学・大病院・名医であれば認知症を根本治療します。   記事担当の後藤です。 「私は昔、母を見舞いに行ったら「あんた誰?」と聞かれ悲しくなりました。 それがこの仕事をするきっかけになりました。」   「中国の中医学・大病院・名医は認知症の治療のエキスパートです。 参考になる記事を書きますのでご活用ください。」   「高齢者で物忘れが増えて来たら要注意です。 いたずらに時間を無駄にしないでください。 お元気になることを切に願っています。」         認知症の状態、中医学の診断 参考:中医内科学 原因1)脳が萎縮しています。 脳髄が減少し、脳髄が消えます。 この為、認知症が起きます。   高齢になると脳が萎縮します。 なぜ萎縮するか、脳は髄液で出来ています。 ですから脳は脳髄と言います。   脳髄を作っているのは「腎」です。 人間は誰でも高齢になり腎が衰弱する事で全身が老化が進み、この世を去ります。 ですから認知症は自然の流れなのです。   原因2)病気で長患いしたことが原因です。 脳卒中やメニエール病などに長く患っていると認知症になりやすい。 ①長患いによって脳髄を作ることが出来なくなり、認知症になります。 ②長患いで血行が悪くなり、脳に血が流れなくなり認知症になります。   原因3)感情が原因で認知症になります。 感情が原因で肝・脾・腎などを損傷した事で脳の髄液が作れなくなり認知症になります。 認知症の状態----参考:中医内科学 1)髄海不足証 脳の髄液が不足し認知症になったパターンで、一番多いパターンです。 脳は髄液が集まった所ですので「髄海」と言います。 治療は「腎」を補う事で脳の髄液を益す治療をします。   2)脾腎両虚証 「脾・腎」の不調で、脳髄が作られず、認知症になったパターンです。 脾・腎の働きを益す事で、脳髄を作る力を益す治療をします。   3)瘀血内阻証 体内で血が固まり瘀血となっている。 脳につながる血脈がつまり、脳に血が行かなくなり認知症になったパターンです。 この場合、血の働きを活発にし瘀血になった血の塊を溶かし、血の流れをよくする治療をします。 認知症に限らず、脳に血が行かない病気は色々有りますが、この血の流れの治療で脳の状態が非常によくなります。   4)痰浊蒙窍型証 体内で痰が詰まった事で回り回って認知症になったタイプです。 つまり痰が詰まった事で脳髄が作れなくなり、脳が空虚になり認知症になったのです。   日本人は「痰」についての知識が不十分です。 喉にたまるのを痰と言いますが、中医学では「痰」は全身にできることが分かっています。   全身に有る水分は70%も有ります。 これがネバネバになったりして痰になり、しまいにはコチコチに固まる事も有ります。 痰が体内で形成され、様々な所を詰まらせますので、これが原因となって様々な病を起こします。 体内の広範囲に有る「痰」を溶かす薬は中国の大病院なら有ります。   5)心肝火旺証 これは感情で発生する認知症です。 怒りなど激しい感情は「心・肝」に最大限の影響を及ぼします。 烈火(れっか)のごとく怒る〜とか、火のように怒る〜という表現がこれです。   非常に激しい感情で「心・肝」の気のエネルギーが「火」になり、 脳に上昇して認知症を起こしたのです。     認知症の治療---参考:中医内科学 1)髄海不足証の治療 脳の髄液が不足し認知症になったパターンです。 ①腎を補う治療をします。 ②それにより脳の髄液を益す治療をします。 ③気を益し、血を養う治療をします。   ④血を養い、肝を補う治療をします。 ⑤気を益し、脾を健康にする治療をします。 ⑥痰を溶かす治療をします。   2)脾腎両虚証の治療 ①腎を補い、脾を健康にする治療をします。 ②気を益す治療をします。 ③肝・腎を補う治療をします。   3)瘀血内阻証の治療 体内で血が固まり瘀血となっている。 ①血の働きを活発にする治療をします。 ②瘀血を溶かす治療をします。   ③脳につながる経絡(血の流れる路)の流れを良くする治療をします。 ④新しい血を作る治療をします。 ⑤血の熱を清める治療をします。   4)痰浊蒙窍証の治療 体内で痰が詰まった事で回り回って認知症になったタイプです。 ①脾を健康にする治療をします。 ②痰を溶かし詰まりを取る治療をします。   5)心肝火旺証の治療 これは感情で発生する認知症です。 ①感情で発生した心肝の火を消す治療をします。 ②肝の鬱を取り働きをスムーズにする治療をします。 ③肝の働きを穏やかにする治療をします。     認知症の薬は中国の大病院なら〜 上の写真は現代、医科大学使っている医学書の一文です。 「認知症の診断と治療方法」を書いている部分です。   「認知症」と呼ぶのは近年の事で、古くから「痴呆」の名称で医学的に分類されています。 この医学書に基づく治療は良い治療効果が多く見られます。   認知症は五臓の治療をすると良くなってくる。 認知症は基本的に五臓が悪くなっていることが原因です。 状態的にまだ間に合うので有れば五臓を治療すれば認知症は回復に向います。   あなたは五臓を治療していないはずです。 この診断、治療は中国ならできます。 しかも名医なら良い治療薬を指導してくれます。   上の写真は現代最も使われている別の医学書です。 これも痴呆(認知症)の説明です。 この中の一番下に<内経>と書いています。   内経は世界最古の医学書です。 これは2000年前の医学書。 「内経には痴呆(認知症)に関連した説明が既にこの時にある」と書いています。 軽症者と重傷者には特長的な違いがあります。 軽症者---精神状態が曖昧です。 口数がすくない。 反応が鈍い。   重症者---一日中話さない。 部屋に閉じこもる。 口の中でボソボソいう。   笑ったり泣いたりする。 食欲がない。 何日たべなくても腹が空いたとは感じない。   などの特徴があります。   認知症は五臓の診断が必要。 認知症はいくつかの原因が在りますが、その中で大変重要なウエイトを閉めるのが五臓です。 五臓が脳につながっており、認知症の原因になっている場合が多いのです。   五臓とは「心・肺・脾・肝・腎」です。 この五つは全て脳に関係しています。 なぜ五臓が悪くなるのか?一番多いのは老化です。   五臓が弱ると全身が老化状態です。 脳と五臓は密接な関係があります。   またパーキンソン病などで認知症が発生します。 パーキンソン病なども五臓を悪くした病気ですので、認知症になりやすいのです。 上海の大病院はパーキンソン病も認知症と一緒に治療する効果的な治療薬があります。   認知症の治療方針は四種類あります。 四種類の内、三種類は内臓の治療になります。 認知症が治ら無い、悪化する時は、内臓(五臓)の治療をすると、ほとんどの場合、問題が無くなって行きます。 典型的な例を次に説明します。   脳が萎縮します。髄海不足。 全員が脳が萎縮している訳ではありません。 四種類の状態の内の一種類が脳の萎縮です。 脳は髄海と言います。   本来は髄海不足と言います。 脳髄は腎が支えています。 腎は髄液を作るところです。   脳の髄液も腎が作っています。 ところが五臓の内、腎が不調になった為、脳髄を作ることが出来なくなり、髄海不足になった、 つまり脳が萎縮した状態になって認知症になっています。   これ以外に臓器が悪くなっている場合も認知症になります。 診断でどの臓器が悪くなっているか確認が必要です。 五臓はどれも脳に関係します。腎以外の五臓は(心・肺・脾・肝)です。   もし悪くなっている臓器が発見された場合、その臓器がどのようにして脳に影響して認知症を起こしているのかも中医が見つけますので、 それに従って治療します。   どのような診断で分かるのか? 認知症の原因や悪くなっている臓器など、それらと脳との関連などは四種類の診断で分かります。 例えば「舌診」です。これは舌を診断する事です。 舌は内臓の状況を全て表現します。   舌は病状に合わせ様々に変化します。 例えば「舌が痩せて淡い色合い、薄い白色の苔」の場合は「髄海不足」です。 この場合は腎が悪くなっています。   腎を治療しますので、毎月、色が改善してきます。 健康状態の改善に合わせて正常な色に向かって変化します。 この色合いの変化で腎の改善が分かり、脳髄の回復が分かります。   順調であれば、舌の色の改善とともに認知症も改善します。 臓器の診断は西洋医学と中医学は全く違います。 例えば腎臓と腎は違います。 腎臓に関係なく、腎は悪くなっている事が多い。   認知症は改善するのか? この治療方法は特に700年前に具体的な良い治療方法が見つかっており、その後、改良を加えられて来ました。 認知症の根源を回復する治療をしますので、殆どの場合、良い方向に進みます。 それぞれの体の状況が違いますので、一概に言えませんが、早い時点で意識の改善に気づく場合が有っても不思議では有りません。   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の認知症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   認知症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 ...

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

てんかん 中医学・大病院・名医 根本治療薬 総合情報。

  無料相談はコチラ   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 難しい病で大変お困りと存じます。 この病気はまだ初期の人、ずっと長い人と色々な状態です。 原因が生まれついて、幼児の時、大人になってからなどと違いが有ります。   <お薬の個人輸入に当たって> 中医学は優れた治療薬が有ります、しかも根本治療です。 ご希望の方にお薬の個人輸入を代行します。   質問)根本治療のメリットなんですか? 中医学は病気を火元から治す治療です。 火元を消滅させるので、後遺症が残ったり、 他の病気に発展する悪循環をしません。 ほとんど全ての病気の原因が分かります。 ほとんど全ての病気を根底から治療します。   体を断片ではなく全体が繋がっている前提で見ていますので、 体内がどの様に連鎖して悪くなっているか非常に鮮明に分かります。 検査器具や測定器ではわからない事、目に見えない事まで分かります。 どのような感情が原因で病が起きたかも分かります。 「未病」と言って、まだ病気になっていない段階、 病気に発展している途中段階も克明に分かり早期治療できます。 薬の種類が非常に豊富です。 病人は様々な症状が出ます。 あらゆる病状に対して非常に詳細な薬の種類があります。   優れた治療を出していただく為に、 中医学の一流の医師に資料を送りお薬を紹介していただく制度を取っています。 薬は大病院が出します。 医療法の薬ですので必ず医師が処方します。   中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。     「てんかん」の総合ページです。 「てんかん」の原因は中医学では非常に細かく分かっています。   記事担当の後藤です。 「てんかん」で長年お困りと存じます。 てんかんは非常に難しい病ですが、中医学では詳しい原因が解明されています。 どこが大事な点なのか解説します。」   「下記の資料をご覧いただき、ご活用ください。」   「てんかん」の原因・メカニズム 「てんかん」は東洋医学(中医学)では詳しい原因が分かっています。 紀元前200年に当時の行政が編纂した医学書「黄帝内経(こうていだいけい)」で原因が説明されています。     本物の中医学では漢方薬では無く「中薬」です。   「てんかん」は完全な中医学で説明する必要が有ります。 質問)中医学とはなんですか? 中医学は聞き慣れない言葉です。 東洋医学の中の一つで、漢方系です。 三つ有ります。 1)中医学----中国----元祖 2)漢方------日本3)韓医学---韓国名前は違いますが、流れは同じで、中国が発祥の地です。 中国は1万年前が発生で、4000年前から本格的な医療が始まりました。日本は遣隋使・遣唐使の時代に入って来ました。 各国独自の発展をし内容的に大きく違います。中国が最も歴史があります。 中医学は特に難しい病気の治療が可能です。   内臓についてですが 「中医学の五臓六腑と現代医学の内臓とは考え方や機能が全く違う」 と書いています。   1)中医学の五臓六腑----機能に付けた名称。 2)現代医学の内臓-------物体に付けた名称。 これは非常に大事な点です。       「中医学は内臓を単独のものとして見ない。」 「人体の内臓やあらゆる部位の現象や働きは五臓を中心に全部繋がり統合されている」 つまり「てんかん」の状態をたどっていくと、体の中でどのように繋がっているか 全ての原因・メカニズムが克明に見えて来ます。     「てんかん」の原因を知る 原因は色々有ります。 中医学の医師が使う医学書には全ての事が書かれています。 しかし日本では知られていない内容です。 ここでは一部ですが非常に大事な点を説明します。   「てんかん」の原因で特に関係するものが有ります。 それは「気・血・津液」です。   質問)気・血・津液はなんですか? 「気・血・津液」は人体を動かします。 人体は五臓六腑が有ります。 五臓六腑を動かし、全身を動かしているのが「気・血・津液」です。 この 「気・血・津液」が悪くなったら病気になります。   1)気----エネルギーです、血を誘導して全身に血を回します。 2)血----血液 3)津液---体液です、血以外の水質を全て津液と呼びます。   全身をこの三つが動かしています。 どれかが不調になると、体が動かなくなったり、病気になります。 「てんかん」はどれか、あるいは全部が不調になった病気です。   下記は気・血・津液が不調になった状態です。 1)気が不調になった 気虚・気滞・気逆 気はエネルギーです。 気が虚弱になっている、気の流れが停滞している、気が逆流している。 これが「てんかん」と関係している場合も多い。   2)血が不調になった 血虚・血瘀・血熱 血も「てんかん」と関係します。 血が虚弱、血が固って流れない、血が熱を持っている状態が有ります。   3)津液が不調になった 内燥・湿熱・内湿 「てんかん」は津液(体液)が関係している事が多い。 特に先天的と言われる生まれつき、幼児期からは、この津液が関係している場合が多い。 津液が体内で乾燥気味、津液が熱を持っている、体内が湿が多い状態などが有ります。       質問)なぜ医師の処方が必要ですか? 1)難しい病気の治療は病院用の薬です。 これは医師が処方しない限り使ってはならない事になっています。2)病気の原因は何か、体内でどのようにつながっているか、 他の病気とつながっていないか これは医師だから見つける事が出来ます。 体は一体ですから、それぞれの病気は全部つながっています。 これを全体的に治療できるのは中医学の優秀な医師だけです。     質問)この治療薬はどのような人に向いていますか? 何としても良くしたい〜と本気で思っている人に向きます。 無理しなくても今のままで何とかなるだろう〜と思っている人用では有りません。 この記事を見て「これに掛けてみよう」と閃く人が活用してください。     「てんかん」の原因・メカニズム〜もっと知りたい。    <てんかん についての色々な情報> てんかん 医師処方 子供の健康・安全 https://js-vivid.com/tenkan-5/ てんかん 個人輸入 ミツコ&姉 根本治療薬 https://js-vivid.com/tenkan3/ 「てんかん」のあれこれ、問題点、疑問点を説明します。 https://js-vivid.com/tenkan2/ てんかん 中医学 安全な薬を手に入れる。 https://js-vivid.com/tenkan-12/     以上です。治療で良い結果になる事をお祈りします。     個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International is here.   ビビッド・ライフ福岡、信用、評価、◇百宝元、治療中の皆様の感想。  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/8/25

メニエール病の治療 完治する人も多い 総合情報。

無料相談はコチラ   メニエール病の総合ページです。 メニエール病を中医学・大病院・名医は根本治療します。    なぜメニエール病になっているか正確に診断でわかります。 「記事担当の後藤です。 「私が最初にメニエール病に出会ったのは10年ほど前です。 ご近所の長年困っている人を上海に連れて行き診断を受けました。 あとで上海から送って来た薬を飲んだら大変喜ばれました」   「上海で非常に上の先生に診断を受けました。 その時にわかったことは、今まで思っていた所が原因では無かった事です。 まさか、そんな所が悪くなっているなど、誰も知りません。」   「後になって中医学の医学書を見ると、ピッタリ原因がそれである事が書かれていました。 メニエール病は本当の原因箇所を見つけて治療する事が大事です。 下記に医学書の資料、中国医療機関の情報を書きますのでご活用ください。」         メニエール病の原因   <中医内科学> 原因 1) 感情の影響---肝を弱らせた。 悩み、怒りなどの感情が肝に影響を与えます。 そして肝の気が鬱結します。 気が鬱になると火になります。   それが肝の陰を消耗し損傷させます。 そのため、風が上に上がり目や頭に達します。 そして目眩が発生しメニエール病になります。   原因  2)  体が弱い、過労---腎を弱らせた。 ① 脳は腎が作る脳髄で正常に動作しています。 腎が弱り脳髄が不足して正常動作ができずメニエール病になります。   ②体が弱い、病気が多い、過労などで腎が弱った。 腎は脳髄を作れなくなり脳の中が空白になり正常動作ができずメニエール病になった。   原因  3)   長患い、虚弱体質---血を弱らせた。 病気で長患い、体が弱い、「脾・胃」が虚弱になった。 失血で気血を損傷、消耗している。 血が経絡の中を流れる力を失った。 脳に血が行かない為、脳は正常動作ができずメニエール病になった。   原因  4)飲食の不摂生---痰を作った。 酒、過度の美食で「脾・胃」を損傷した。 脾・胃が働きが止まり水湿が溜まり多量の痰を生んだ。 痰が経絡に侵入し脳に血が行かなくなった。 脳は正常に働くことが出来なくなりメニエール病になった。   原因  5) 大気が体に侵入した。 寒、熱、湿、燥などが体に入り経脈の正常な運行が出来なくなった。 血が脳を栄養出来なくなり、脳は正常動作が出来なくなりメニエール病になった。 メニエール病の原因 ①肝が原因 肝の悪化でメニエール病を起こした。   ②腎が原因 腎の力が弱いので脳が空になりメニエール病になっている。   ③心脾が原因 心・脾の両方が悪くなり脳を維持できなくなりメニエール病になっている。   ④気血が原因 気血が損傷、脳が正常動作できずメニエール病になっています。   ⑤瘀血が原因 瘀血(血の固まり)の影響で血が来ないので脳が動作しなくなりメニエール病になった。   ⑥津液が原因 美食・美酒で津液の流れが悪くなった。 脳が正常動作が出来なくなりメニエールになった。   (難しい専門的な説明は極力少なくしました)     メニエール病の治療 1)肝の治療 肝の状態を落ち着かせる治療をする。   2)腎の治療 腎を養い滋養する治療をします。   3)心脾の治療 ①心の状態を調節し、栄養する治療をします。 ②脾を調節し栄養する治療をします。   4)気血の治療 ①気を補い力を増す治療をします。 ②血の働きを補い力を増す治療をします。   5)瘀血の治療 ①瘀血(固まった血)を取り除く治療をします。 ②新しい血を生む治療をします。 ③血の働きを活発にします。   6)津液が原因 ①津液を綺麗にする治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。     メニエール病の原因、補足説明。 原因① その場合、五臓六腑のどこかが悪くなっている場合が多い。 五臓の(心・肺・脾・肝・腎)の中でも特に「肝・腎・脾」が悪くなっている場合が多い。 ちなみに筆者:後藤は「腎」が悪くなっていました。   また六腑の(胆・胃・小腸・大腸・膀胱・三焦)が悪くなっている場合も多く見受けられます。 特に多いのが「胃」です。   貴女はまだ五臓六腑の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、そこが大事です。 もちろん西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受けない限り分かりません。     原因②  髄海が不足しているのは脳が萎縮しているから 脳は髄海です。髄液が集まった所という意味です。 ここに髄液が十分に流れて来ない為に次第に脳が萎縮状態になります。 これでメニエール病が発生します。 この治療が必要です。   脳は直接に何か薬を使っても回復しません。 脳に髄液を送っている五臓六腑が悪くなっていますので、その治療をすることで髄海・脳髄・脳の萎縮は改善し、メニエール病は改善します。 この治療薬は中国にあります。     原因③  血や津液がメニエール病の原因になっている。 確かに血や津液(体液)がメニエール病の原因になっています。 脳に血が行かないようになったのでメニエール病になっているケースです。 これには津液(体液・水)が関係する場合も多い。     下記は中医学の医学書です。 下記は中医学の医大で使われている医学書から参考になる部分を取り出した抜粋したものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書で、中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   メニエール病は中医学では下記写真のように「眩晕」の範疇になります。 教授からは他にも多くの医学書を送って来ていますので、それらを総合して説明します。     どの医学書もメニエール病(眩晕)はすでに紀元前200〜470年に病の原因が非常に的確に解明されていると書いています。 上記の医学書でも、紀元前220〜470年の春秋戦国時代の医学書<内経>に書いていると説明しています。 上記の写真の中にも<内経>の名は頻繁に出ています。   1)1行目に「内経」ではメニエール病の一番主な原因は「肝」に属すと書いています。 肝は五臓の一つです。 これが髄海不足を起こし血を弱らせその他の多くの要因と関係している、と書いています。 「内径」には「素問」と「灵枢」が有ります。 メニエール病の肝についての説明や髄海不足、耳鳴りなどについては何度も詳しく説明があります。   2)上記の医学書の5行目に書かれているのは、 後漢時代・西暦200年頃の大医学者、張仲景が書いた《金匮要略》の中で メニーエル病が津液との関係がある事を説明しています。   3)上記写真の一番下の行に「丹溪心法」が有ります。 これは元の時代(西暦1347年)の医学者、朱震亨が書いた医学書ですが、 この中でメニエールは津液(体液)と関係があると書いています。   その他にも歴代の名医学者がメニエール病の原因、メカニズム治療方法について詳しく説明しています。   4)明代・西暦1600年の名医学者、張景岳は《景岳全書》で 津液や髄海などがメニエール病と詳しく関係している事を書いている。   5)清代・西暦1740年の著名医学者、 叶天士は《临证指南医案》10巻の中で豊富な臨床経験を記述しており、 メニエール病については、五臓だけでなく六腑が原因になっていることを挙げている。   メニエール病の診断を上海で受けた時。 ずっと以前ですが、日本から団体で上海までお連れしました。 その中のお一人はひどいメニエール病で中医学の医師に診断していただきました。   患者は熟練の専門医に「三半規管が悪い」と身振り手振りで説明します。 もちろんそばに通訳がついています。 専門医は詳しく診断していました。   医師は少し微笑みながら「腎」が悪いのが原因と患者に説明しました。 患者は三半規管の治療をしてくれると思っていたのに「腎が悪い」と言われ、どういう意味か全く理解出来ません。   その後、中国を旅行し、帰国した頃、自宅に腎の薬が上海から届きました。 しばらく飲みましたら感謝されました。   本人は三半規管が悪いと長年思って来たのに、なぜ腎が関係しているのか? 不思議がっています。 やはり中医学のちょっとした知識が必要です。     上海トップ10に入る大先生 この時に診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。 後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。   中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。 中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。   医薬品が大事です。 中医学は歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は中医学の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。       日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学がお役に立つからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 メニエール病を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 1949年以降「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 ...

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

メニエール病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

  無料相談はコチラ   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。       メニエール病は従来、三半規管が悪い病気と言われています。 最近は、もう少し突っ込んだ説明がされていますが、それでも多くの人が困っています。 メニエール病は女性に多いと言いますが、 実際は男子もかなり多い。しかも、皆さん非常に困っています。 ビビッド・ライフもずっと以前は、メニエール病を治療する良い先生が欲しいと思っていました。   メニエール病は診断が非常に難しく、たとえ中医学の医大を超優秀で卒業して医師免許を取っても、診断は非常に難しい。 やはり名医について20年ほどの実習を積んでからでないと、本当の診断ができないほど難しい病気です。   なぜ「肝」を治療したら、難治性のメニエール病が治ったのか? 実は7〜8年ほど前 女性教諭がひどいメニエール病で長年、苦しんで居られたので、丁度、上海に15人ほどで旅行しますので、ご一緒しませんか?とお誘いしました。 ご主人様も教育者で、漢方(中医学)に興味をお持ちでしたので、ご夫婦でご参加しました。 上海では、上海ではトップ中のトップと言って良い、超一流の医師に診断していただきました。   奥様は日本語で三半規管が悪いなどと、 手振り・身振りで診断を受けながら先生に説明していました。 大先生は日本語は分かりませんが、ニコニコしながら中国語で、「三半規管ではありません。あなたの悪いところは肝です。」と言いました。 通訳さんがそのように日本語で伝えると奥様はビックリしていました。   先生はまだ脈診もしていない段階です。 奥様が先生のそばの椅子に座っただけで、先生はもう原因をつかんだようです。 もちろん、先生は顔などで既に診断していたのです。   奥様に肝が原因ですと言ったあとで、目や舌などで診断し、さらに脈診しました。 結論として、肝がやはり悪いとの判断です。   人口2600万人の巨大都市、上海。 その巨大都市で、最優秀クラスと言われる大先生に診断を受けたのですが、なぜメニエール病の原因が「肝」なのか不思議でした。 治療は大成功で、旅行から戻った後、薬がすぐに送ってきました。奥様は飲みましたら、すっかり良くなりました。ビビッド・ライフとしても役目が一つ済んだので一安心です。 しかし、なぜメニエール病の原因が「肝」だったのか? 不思議でした。日本人の常識とは違っています。確かに奥様のメニエール病は嘘のように、すっかり良くなっています。 だから「肝」が悪いのは奥様は特殊だったのだろう〜と、ずっと思っていました。 しかしその後になって驚きました。私の考えが間違っていたのです。 現代医学とは判断が違います。 日本人は、メニエール病の原因が三半規管だろうと思っていますが、中医学から見ると実際は全く違っているのです。 実は先ほどの奥様は「肝」が悪いのは例外ではなかったのです。   つまり「肝」が悪くてメニエール病になる人が多いのです。 もちろん「肝」以外の五臓が悪くなっている人も多い。     メニエール病の原因、概略説明、中医学。 原因① 五臓六腑が悪くなっている。 五臓の(心・肺・脾・肝・腎)の中でも特に「肝・腎・脾」が悪くなっている場合が多い。 ちなみに筆者:後藤は「腎」が悪くなっていました。 また六腑の(胆・胃・小腸・大腸・膀胱・三焦)が悪くなっている場合も多く見受けられます。 特に多いのが「胃」です。   貴女はまだ五臓六腑の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、そこが大事です。 もちろん西洋医学でどこも悪くないと言われても、判断内容が違いますので、中医学の診断を受けない限り分かりません。   原因②     髄海が不足し脳が萎縮。 脳は髄海です。 髄液が集まった所という意味です。 脳に髄液が十分に流れて来ない為に次第に脳が萎縮状態になります。 これでメニエール病が発生します。   原因③   血や津液(体液)が流れなくなった。 血の流れが悪くなって脳に血が行かなくなた。 或は津液が固まり、経絡に入り込み、血の流れが妨げられて脳に血が行かなくなった。 このためメニエール病が発生した。     もう一つ驚くことは、 日本の病院で検査すると「肝臓」は全く異常なし。 だから中医学の先生の「肝」が悪い〜との診断は間違いではないかと質問されます。 その点が非常に大事です。   日本には本式の中医学が入ってないので、 馴染みが少ないですが、中医学(漢方)は非常に高次元な判断をします。。 西洋医学の肝臓と、漢方の肝は意味合いが全く違います。全く別の観点です。 だから西洋医学的には肝臓が問題なくても、中医学では肝は悪いのです。 上辺だけにしない 記事担当の後藤です。 私は2018年3月初めに重度のメニエール状態になりました。 即時、治療を開始したお陰で 1ヶ月でほぼ完全に良くなりました。   しかし今日は6月15日ですが、まだ薬を続けています。 体を無理させてメニエールになったのですが、子供の時から腎が弱かったので、 今回は過労で腎に無理が来てメニエールになったのです。   メニエールはもう完全に消えました。 しかし、この際、腎を徹底的に改善させる為に薬を飲んでいます。   もう一つは「血」の薬です。 頭に血が行ってないのでメニエールになったのです。 だから、自分の納得の行く時まで血液の治療を続けます。   ほとんどの場合、中国の大病院・名医はほとんどのメニエール病は良くできて当たり前です。 良く研究し、早く普通の体に戻すようにされてください。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のメニエール病の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   メニエール病を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でするメニエール病の治療は効果が大きい。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がメニエール病の治療でも出ています。   メニエール病の治療---実例---「中西医結合医学」 1)メニエール病は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)メニエール病とは別の病気を持っている人。 ①別の病気がメニエール病の原因になっている人が多い。 ②メニエール病から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、メニエール病だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     関連の記事があります。ご覧ください。 メニエール病 徹底・根本からの治療 総合情報。 https://js-vivid.com/menieru-15/ メニエール病 を解消する根本治療。中医学・大病院・名医の治療。 https://js-vivid.com/menieru-2/ メニエール病 原因と治療 ビビッド・ライフ 中医学 https://js-vivid.com/menieru-1/ メニエール病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/menieru-4/     メニエール病は非常にまずい病です。 しかし治す方法が無く困っている人が多い。 まず原因がよくわかっていません。   しかし高度な漢方ではすでに2000年前の医学書を見ても正確に原因を解明しています。 実際、この記事の女性教師さんは、その医学書通りキッチリ治りました。 下記に原因について極力端的にわかりやすく書きました。ご覧ください。   個人輸入代行の総合ページはこちら     メニエール病を本気で治したい方に必見の記事です 無料ですのでご覧下さい、ここから。  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

てんかん 医師処方 子供の健康・安全

  無料相談はコチラ    ご覧いただきまして大変有り難うございます。 「てんかん」のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 使用する薬は医療用の薬ですので必ず医師が処方します。   中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ・服薬をスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。     「てんかん」が難しい状況の人に情報。 この情報は民間療法では有りません。 最先端の医学情報です。   質問)「てんかん」はどのような症状が多いですか? 「てんかん」は手足の痙攣を伴います。 その他に口からヨダレをだす、両目が上を向く、豚や羊のような声をだす。 これが特徴です。   質問)発作は色々ありますが違いが出るのはなぜですか? 軽いもの、酷いもの、中程度のもの、時間的に長いもの、短いものがあります。   ①この違いは津液(しんえき)の状態によって違いが出ます。 津液は「てんかん」の他に記事にも書きましたので是非ご覧ください。 重要です。   ②体の機能がどのような状態かによって違いが出ます。 体内が機能的にバランス的に崩れていたり、機能が弱っていると、体を正常に保つ力が弱くなります。 この状態の時は発作の発生を食い止める事ができません。   質問)1番の津液(しんえき)とは何ですか? 津液は「気・血・津液」の中の一つです。 体の70%は水です。 その中から血を除いた分が津液です。   質問)他の病気が原因で「てんかん」になる事は? 他の病気との絡みで「てんかん」になっている場合があります。 診断で関連する病気の状態や内臓の損傷状況、「てんかん」発生のメカニズムを正確に把握します。 内臓と脳の関連状態がはっきりわかります。   質問)脳の外傷によっても「てんかん」が起きますか? 転倒、打撲により頭に損傷を受ける、あるいは難産で頭部が損傷する事で「てんかん」になる場合が有ります。 これは脳部の血の流れ、気の流れが悪くなった為です。 この場合の治療は血の流れ、気の流れの治療が重点となります。   どの てんかん であれ、 五臓六腑と「気・血・津液」が原因であり、発病のメカニズムの中心です。 治療では必ずこれらが対象です。 「てんかん」の記事が他にも書いていますので、治したいかたは必ず他の記事も見て、「気・血・津液」については特に知識を増やしてください。   質問)「てんかん」が長引いているのですが? てんかんが長引いて治らないと五臓六腑がますます弱って来ます。 そして津液の状態がさらに悪化します。 この悪循環の繰り返しで悪化状態が進みます。 ますます長期に渡って治らなくなり、慢性病になります。   質問)治療薬は各自違うのですか? 状態により違う治療をします。 発作の起きる前兆、発作の状態、発作の継続時間、発作の回数、意識の状態、発作の無い普段の状態、だるさ、物忘れ、セカセカ、ぼんやり、恐れ、不眠などさまざまな状態があります。 診断において特徴を全部、つかみます。 損傷している臓器によってパターンが違いますので、どの臓器とどの臓器なのか、単独か、複数なのかを明確にします。 これにより治療方針が変わります。 関連の記事が有ります。 てんかん 中医学・大病院・名医 根本治療薬 総合情報。 https://js-vivid.com/tenkan-15/   てんかん 個人輸入 ミツコ&姉 根本治療薬 https://js-vivid.com/tenkan3/ 「てんかん」のあれこれ、問題点、疑問点を説明します。 https://js-vivid.com/tenkan2/ てんかん 中医学 安全な薬を手に入れる。 https://js-vivid.com/tenkan-12/   個人輸入代行の総合ページはこちら  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

認知症がなぜ治らないのか?なぜ悪化するのか?治す方法はないのか?

  無料相談はコチラ   認知症の情報ページです。   認知症の薬は効果が有るのか? 上の写真は現代、医科大学使っている医学書です。「認知症の診断と治療方法」を書いている部分です。「認知症」と呼ぶのは近年の事で、古くから「痴呆」の名称で医学的に分類されています。この医学書に基づく治療は良い治療効果が多く見られます。 上の写真は現代最も使われている別の医学書です。 これも痴呆(認知症)の説明です。 この中の一番下に<内経>と書いています。 内経は世界最古の医学書です。 これは2000年前の医学書。 「内経には痴呆(認知症)に関連した説明が既にこの時にある」と書いています。   認知症の特徴 認知症は髄液が減少る場合があります。 認知症は精神に異常を起こします。 記憶力が弱る。 反応が鈍い。 計算ができない。 方向がわからない。 話し方がおかしい。 などが特徴です。   軽症者と重傷者には特長的な違いがあります。 軽症者---精神状態が曖昧です。口数がすくない。反応が鈍い。 重症者---一日中話さない。部屋に閉じこもる。口の中でボソボソいう。笑ったり泣いたりする。 食欲がない。何日たべなくても腹が空いたとは感じない。などの特徴があります。 認知症は五臓の診断が必要。 認知症はいくつかの原因が在りますが、その中で大変重要なウエイトを閉めるのが五臓です。 五臓が脳につながっており、認知症の原因になっている場合があるのです。 五臓とは「心・肺・脾・肝・腎」です。この五つは全て脳に関係しています。 なぜ五臓が悪くなるのか?一番多いのは老化です。 五臓が弱ると全身が老化状態です。 脳と五臓は密接な関係があります。   認知症の治療方針は四種類あります。 四種類の内、三種類は内臓の治療になります。 認知症が治ら無い、悪化する時は、内臓(五臓)の治療をすると、ほとんどの場合、問題が無くなって行きます。 典型的な例を次に説明します。   脳が萎縮します。髄海不足。 全員が脳が萎縮している訳ではありません。. 四種類の状態の内の一種類が脳の萎縮です。 脳は髄海と言います。 本来は髄海不足と言います。 脳髄は腎が支えています。 腎は髄液を作るところです。 脳の髄液も腎が作っています。 ところが腎が不調になった為、脳髄を作ることが出来なくなり、髄海不足になった、つまり脳が萎縮した状態になっています。   これ以外に臓器が悪くなっている場合も認知症になります。 診断でどの臓器が悪くなっているか確認が必要です。 もし悪くなっている臓器が発見された場合、その臓器がどのようにして脳に影響して認知症を起こしているのかも医師が見つけますので、それに従って治療します。 どのような診断で分かるのか? 認知症の原因や悪くなっている臓器など、それらと脳との関連などは四種類の診断で分かります。例えば「舌診」です。 これは舌を診断する事です。 舌は内臓の状況を全て表現します。 舌は病状に合わせ様々に変化します。   例えば「舌が痩せて淡い色合い、薄い白色の苔」の場合は「髄海不足」です。 この場合は腎が悪くなっています。 腎を治療しますので、毎月、色が改善してきます。   健康状態の改善に合わせて正常な色に向かって変化します。 この色合いの変化で腎の改善が分かり、脳髄の回復が分かります。 順調であれば、舌の色の改善とともに認知症も改善します。 腎臓と腎は違います。腎臓が正常に関係なく、腎は悪くなる事があります。   認知症は改善するのか? この治療方法は特に700年前に具体的な良い治療方法が見つかっており、その後、改良を加えられて来ました。 認知症の根源を回復する治療をしますので、殆どの場合、良い方向に進みます。 それぞれの体の状況が違いますので、一概に言えませんが、早い時点で意識の変化に気づく場合が有っても不思議では有りません。   認知症・アルツハイマー 認知症の中でも60%近くを占めるのがアルツハイマーです。認知症だけと思っていたらアルツハイマーにもなる場合もあります。 両者は原因など似た点が大変多くあります。 認知症全般の詳しい説明にもなりますので、下記のボタンを押してご覧ください。   関連の記事があります。ご覧下さい。 認知症を根本治療する方法。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」総合情報 https://js-vivid.com/ninchi-15/   認知症を治すための根本治療。中医学・大病院・名医の情報。副作用なしに元気にする治療。 https://js-vivid.com/ninchi/   個人輸入代行の総合ページはこちら  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

てんかん 個人輸入 ミツコ&姉 根本治療薬 

  無料相談はコチラ   ミツコ:姉さん、どう〜初美(娘)ちゃんの調子は? 電話ではずいぶん良いとか言っていたから喜んでいるのよ。   姉:ミツコちゃんが本当に良いものを見つけてくれて、 あれから親子の運命が開けてきたのよ。 娘は「てんかん」になったのは2歳の時だったから、あれから8年間は苦しみの毎日だったわ。 中医学って最初に聞いた時は何だかわからなかったのだけど、今はかなり分かって来たわ。 2200年前の医学書「素問」にすごいことが書かれているのを見て驚いたわ。   娘の「てんカン」の原因が「津液」だと中医学の先生が診断したのだけど、やはりその治療したら、だんだん良くなって来て。 そ〜したら、その原因が2200年の前にすでに書かれているなんて、驚きだわ。 津液が悪くなっているなんて、初めて知ったわ。   それに五臓も悪くなっているって医学書に書いてあって、娘は「腎と脾」が悪いって先生に言われたのよ。 その治療したら次第に体調が良くなって、発作が極端に減って来たの。 前は大中小を合わせたら、毎日だったから、今は極端に減ったわ。 本当に有り難う。   ミツコ:日本人の感覚じゃ、体液が原因なんて思いもしないわね。 姉さんはお腹の中に子供のいる時に何かショックな事が有ったの? 確かあの頃は兄さんがリストラになって大変な時じゃ無かった? 仲の良かったのにあの頃は姉さん夫婦の仲は妹から見ても最悪だったわ。 それがお腹の子供に影響したんじゃない?   姉:そうなのよ、ミツコちゃんの言う通りよ。 まさかそれが原因だったなんて思いもしなかったわ。 昔の人が妊娠中はゆったり過ごすように言っていたけど、その通りだったわ。 本当に娘には申し訳ない事をしたわ。 ね〜、先生から「脾」が悪いって言われて薬を飲んでいるのだけど、脾臓とは違うのよね?   ミツコ:姉さん〜、その通りよ、脾臓と脾は違うわ。 中医学で言う「脾」は「脾の系列」なの。 つまり「胃・脾臓・膵臓・腸」を一体で「脾」と言うの。 ここがね津液(体液)を作るところだからよ。 ここが正常じゃないからキレイな津液が出来なくて、濃い痰ができるそうなの。 その痰が体内の血の流れを妨害して、脳に血が正常に流れなくなって、発作が起きるそうなの。 だから、絶対にそこを治療する必要があるそうよ。 初美ちゃん(姪)は脾の治療をしているけど、人によっては津液を直接治療する場合もあるそうよ。 もしかしたら、「脾」の治療が一段落したら、津液を直接治療するかも知れないね。 姉:そうなの〜色々な治療方法が有るのね。 今まで聞いた事の無い治療ね。 今は当たり前のように慣れたけど、最初はとまどったわ。 けど意外と早い内から、体の様子に違いが出て来たので驚いたわ。 初美(娘)も喜んでいるわ。 まだ完全じゃないけど、体がずいぶん楽って言ってる。   お薬は朝・昼・夕の3回だから、昼間、学校ではお昼ご飯が済んだらすぐ飲むように 毎日、学校に持って行ってるの。 錠剤とかカプセルだから便利が良いし、体の調子が良いから、娘の方が積極的よ。   この前、途中経過で先生にチェックしてもらったんだけど、経過は良いようで、同じ薬をまだ継続して下さいと言われて、ずっと飲んでいるの。 薬がぴったり合っているようで、薬を変えない方が良いようなの。   ミツコ:そうなのね。 一番大事な治療を最初からしているから、そこを徹底的に治療することが大事なようなの。 すごい先生だから、いきなりズバっと一番肝心な治療をしてくるようなの。 だから特に最初の薬は大事なようなの。 それでず〜と治して来て、それが合格点まできたら、次のステップの治療をするようなの。 ともかく8年も悪かったのだから、根が深くなっているから、しっかり奥の方まで治療した方が良いと思うの。 治療を焦るのじゃ無くて、元からじっくり治療した方が良いそうよ。   関連の記事があります。下記をご覧ください。 てんかん 中医学・大病院・名医 根本治療薬 総合情報。 https://js-vivid.com/tenkan-15/ てんかん 医師処方 子供の健康・安全 https://js-vivid.com/tenkan-5/   「てんかん」のあれこれ、問題点、疑問点を説明します。 https://js-vivid.com/tenkan2/ てんかん 中医学 安全な薬を手に入れる。 https://js-vivid.com/tenkan-12/

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

反復性過眠症 根本治療薬 中医学・大病院 

  無料相談はコチラ   過眠症を根本から良くするために「五臓」の治療薬を飲みます。 さらに「気・血・津液」と治療薬も飲みます   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。   過眠症の情報ぺージです。 「記事担当の後藤です。 睡眠の本当の機能がわかるとこの病気の治療方法が分かります。     過眠症については中国は非常に多くの症例を持って居ます。 この病気の治療は実際には3000年以上の蓄積があります。」   「過眠症は中医学で根本治療が出来ます。」 「下記に特徴的な点を説明しますので ひどくならない内に中医学を研究されてください。」 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。 過眠症は神経機能の疾患、生理障害の一種です。 過敏症で睡魔が襲うのは食事中でも会議中でも、運転中でも起きます。 特に15歳〜30歳で起きます。 根絶が難しく生涯に渡って続く可能性が有ります。   過眠症の種類 1)反復性過眠症 2)突発性過眠症 過眠症の原因 1、うつ病 2、睡眠不足 3、昼と夜のリズムの狂い 4、頭部の損傷。 5、新陳代謝を狂わせる病毒。   6、昏睡病 7、睡眠時の肢体の多動性生涯。 8、歯ぎしり。 9、睡眠時無呼吸症候群。 10、薬物が原因となる場合もある。 11、その他。  1)反復性過眠症 特に多いのが下記の2種類です。 ①クライン・レビン症候群 ②反復性月経前過眠症   ①クライン・レビン症候群は 数日から数週間にわたり連続した睡眠状態となる睡眠障害の一つです。 強烈な睡魔に襲われ睡眠に陥る。   発作が始まると通常、数時間以内に、あるいは数日以内に段階的に眠りに入る。 睡眠の陥る期間は1日から30日の間ですが、 特に多いのが5〜7日です。   もしこの睡眠期間が重なれば数ヶ月も続きます。 白雪姫の眠り姫の状態です。 しかし女性よりも男性の方が多い病気です。   この病気の発作が出る頻度は年齢が進むと減少します。 しかし頻度が少なくなるだけで完全に消える訳では無いようです。   クライン・レビン症候群の場合、食べる量が増加したり、性欲が増加する事が特徴です。 また深い過眠症に入る前には、落ち着きがない〜などの精神的な変化が出ます。   ②反復性月経前過眠症 反復性月経前過眠症は女性の月経と関係があります。 月経中に過眠症の発作が発生し、月経が終わると過眠症はすぐに消えます。 月経に合わせて反復します。   この過眠症は脳波検査では分かりません、検査で脳波は正常です。 しかし発作が始まると深い眠りに落ちます。 2)発作性過眠症 一種の慢性睡眠障害です。 A)四つの症状が有ります。 ①過度の眠気---睡眠発作 日中、新聞を読んでいたり家事、仕事をしていても突如、眠たくなります。 20〜30分寝る場合が多く、目が覚めれば元気です。   ②つまづき型発作 強い感情によって誘発されます。 体の筋肉の力を急激に失い、つまずいたような状態で倒れ、何も出来なくなります。 呼吸や意識は正常です。 これが数秒続き、その後、睡眠に入ります。 目が覚めれば体は順調です。     ③眠りに入る時に幻覚が出る。 会話中、食事中、会議中、運転中などに突然に寝る。 15才〜25才に多く見られます。   「レム睡眠」をご存知でしょうか? レム睡眠とは睡眠中に眼球が急速に動いている状態です。 数分間のほんの短い間ですが、 レム睡眠状態が始まると全身が動かなくなり会話も出来ません。 ただし眼球運動や呼吸は問題ありません。   ④幻覚が発生します。 睡眠に入る前、あるいは目覚める時に幻覚が発生します。 何かが見えたり、聞こえたり、幻覚を感じます。   B) 全員では無いが、おおかた半数の人に出る現象。 夢遊病のような状態がでます。 数分から1時間前後続く症状です。 夢遊病のような状態の時、何か言葉が出ますが本人は覚えていません。 寝れないか、寝ても睡眠は浅い。 朝起きると目覚めていますが、耳鳴り、手足など筋肉が痛い、頭痛などの症状が有ります。 発作生過眠症の状態 中医学の診断では5種が見つかっています。   1)心・脾が共に虚弱。 心は血を送り出す大元で有り、 脾は新しい血を作る所だが、 「心・脾」とも虚弱な為、脳に十分な血を送れないので脳が正常動作をしない。   2)脾が虚弱で気が低下。 「脾」が虚弱、「気」のエネルギーが極端に落ちているため 脳に向かう血の流れが極端に少ない為、脳が正常動作しない。   3)脳に瘀血が有る。 頭を強く打った外傷などに良く見られます。 脳内に瘀血が有り脳が正常に動作しない。   4)痰が血・津液の流れを止めている。 脳につながる経絡(血の通り道)が有ります。 痰が経絡に侵入し、脳に行く血流が止められた為、脳が正常動作しない。   5)胆に熱が有り痰により乱れがある。 胆が熱を持っているので、津液(体液)を加熱し痰を作る。 痰が経絡に侵入し脳に向かう血の流れを阻害する為 脳が正常動作ができない。   発作生過眠症の治療 1)心・脾が共に虚弱。 ①「心」を補い心の状態を良くする治療をします。 ②「脾」を補い脾の力を増す治療をします。 これにより脳に行く血の量を増やし脳を正常化させます。   2)脾が虚弱して気が低下。 ①「脾」を補う治療をします。 ②「陽」の力をあげる治療をします。 脾の働きを良くし、新しい血を作り、 気の力を上げて、脳に血を送り込む力を上げます。   3)脳に瘀血が有る。 ①脳にある「瘀血」(血の塊、古い血)を溶かします。 ②「脳」の中の通りを良くする治療をします。 脳にある瘀血を溶かすことで脳の働きを良くします。   4)痰が血・津液の流れを止めている。 ①「湿」を取る治療をします。 ②「痰」を溶かす治療をします。 湿が多い体質を変え、痰を溶かして、脳への血の流れを邪魔させないようにします。   5)胆に熱が有り痰により乱れがある。 ①「胆」の熱を清める治療をします。 ②胆の熱により津液(体液)が煮詰められ痰になっているが その痰を溶かす治療をします。   「胆」が熱をもち痰を作る構造になっている為、治療によって 痰の熱を取り、痰を作らないようにさせ、 さらに詰まっている痰を溶かして、脳への血流を回復させます。   <コメント> 以上、主だった点を書きました。 この病気は中医学・大病院・名医は適切な治療が出来ますので活用されてください。 不明の点はご質問ください。   ◇百宝元もお役立て下さい。    

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

メニエール病 を解消する根本治療。中医学・大病院・名医の治療。

  無料相談はコチラ   中医学の大病院・名医はメニエール病を根本から治療します。     中国の大病院・名医はメニエール病を根本治療します。 メニュエール病は非常に難しい病気です。 しかし中医学・大病院・名医は大概の場合は大幅に改善させます。   一体、中医学ではメニエール病はどのような原理なのでしょうか? 基本的にはメニエール病は脳の萎縮と脳に血が来て居ないことが原因です。 脳に血が来ないと、頭がフラフラします。   そもそも頭は髄液の塊です。 頭の髄液が不足する脳が萎縮し頭がフラフラします。 頭の髄液は腎が作って居ます。 だから腎が悪くなると腎が脳の髄液を作ることが難しくなり、脳の髄液が少なくなり、脳が萎縮し、頭がフラフラします。   確かに髄液に関しては腎が関係して居ますが、脳に血を送っているのは他の臓器です。 脳は血が回ってくることで働いて居ます。 しかし五臓の他の臓器も不調になると脳に血を送ることができなくなりますので、脳が働かなくなり、フラフラします。 このようにメニエール病の場合、五臓は全般的に何らかの関係が有ります。   ではこの医学理論が間違っているか? と考えますと、この理論で非常に多くの患者が治療を受け、大部分の患者が良くなって居ます。 しかもこの治療は2000年以上の実績がありますから、世界でも最も確実な治療です。 この説明は中国の医学界ではごく普通の内容です。 メニエール病の原因---参考:中医内科学 原因 1) 感情の影響---肝を弱らせた。 悩み、怒りなどの感情が肝に影響を与えます。 そして肝の気が鬱結します。 気が鬱になると火になります。   それが肝の陰を消耗し損傷させます。 そのため、風が上に上がり目や頭に達します。 そして目眩が発生しメニエール病になります。   原因  2)  体が弱い、過労---腎を弱らせた。 ① 脳は腎が作る脳髄で正常に動作しています。 腎が弱り脳髄が不足して正常動作ができずメニエール病になります。 ②体が弱い、病気が多い、過労などで腎が弱った。 腎は脳髄を作れなくなり脳の中が空白になり正常動作ができずメニエール病になった。   原因  3)   長患い、虚弱体質---血を弱らせた。 病気で長患い、体が弱い、「脾・胃」が虚弱になった。 失血で気血を損傷、消耗している。 血が経絡の中を流れる力を失った。 脳に血が行かない為、脳は正常動作ができずメニエール病になった。 極端な低血圧症はその代表です。   原因  4)飲食の不摂生---痰を作った。 酒、過度の美食で「脾・胃」を損傷した。 脾・胃が働きが止まり水湿が溜まり多量の痰を生んだ。 痰が経絡に侵入し脳に血が行かなくなった。 脳は正常に働くことが出来なくなりメニエール病になった。   原因  5) 大気が体に侵入した。 寒、熱、湿、燥などが体に入り経脈の正常な運行が出来なくなった。 血が脳を栄養出来なくなり、脳は正常動作が出来なくなりメニエール病になった。 メニエール病の状態---参考:中医内科学 ①肝陽上抗 元々の体が「陽」が盛ん。 この為、肝の陽が頭部に上がり、メニエール病を起こした。   ②気血損虚・心脾両虚 気血が損傷、虚弱になり、脳へ流れる事が出来なくなり脳が正常動作できずメニエール病になっています。 心・脾の両方が虚弱になっています。   ③腎精不足 腎は髄液を作っている。 脳は腎が作った髄液の集まりで髄海という。 腎の力が弱いので脳の髄液を作る事が出来ず脳が空になりメニエール病になっている。   ④痰湿中阻 美食・美酒で脾・胃を損傷し脾・胃の健康を失った。 この為、痰ができ流れが悪くなった。 陰が下がる事が出来なくなり、陽が上がる事が出来なくなった。 痰が風と共に頭に上り脳が正常動作が出来なくなりメニエールになったタイプです。   ⑤瘀血阻窍 瘀血(血の固まり)が経絡(血の通り道)に付着した。 経絡がつまり血が脳まで流れなくなった。 血が来ないので脳が動作しなくなった。 メニエール病になった。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のメニエール病の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   メニエール病を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でするメニエール病の治療は効果が大きい。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がメニエール病の治療でも出ています。   メニエール病の治療---実例---「中西医結合医学」 1)メニエール病は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)メニエール病とは別の病気を持っている人。 ①別の病気がメニエール病の原因になっている人が多い。 ②メニエール病から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、メニエール病だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。   関連の記事があります。ご覧ください。 メニエール病 徹底・根本からの治療 総合情報。 https://js-vivid.com/menieru-15/ メニエール病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/menie-ru-2/   メニエール病 原因と治療 ビビッド・ライフ 中医学 https://js-vivid.com/menieru-1/ メニエール病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/menieru-4/         メニエール病を本気で治したい方に必見の記事です 無料ですのでご覧下さい、ここから。    

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

メニエール病 原因と治療 ビビッド・ライフ 中医学

無料相談はコチラ     ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。 {{cta('c9f020a0-7c75-4bbc-8a6f-ab4728cba151')}}   メニエール病の情報ページです。 「こんにちは、記事担当の後藤です。 多くの方がお困りと存じます。 実は私が2018年3月はじめにメニエールの状態になりました。」   「かなりの重症で、このままダメになるかと思った状態です。 素早く上海の先生に連絡を取り、ほぼ1ヶ月で普通になりました。 もちろん人により体の中の状態は違いますので結果も違いが出ます。」   「しかし中国の多くの病院の資料を見ますと メニエール病はほとんどの場合、良くなる病気です。 この資料をご覧になり早く正常になられてください。」   「ちなみに私は根底から良くしたいので、まだ薬を飲んで居ます。 最低限、半年は薬を飲むと思います。」   実はメニエール病は、 診断が非常に難しい病気です。 もしメニエール病の診断がきちっとできれば、かなり上手な中医師です。   専門的に説明します。 メニエール病は4種類の原因があります。医学書の説明。 原因①肝陽上抗 元々の体が「陽」が盛ん。 この為、肝の陽が頭部に上がり、メニエール病を起こした。   原因②脾虚気虚 長患いの病気になっていて、気血を摩耗・損傷、あるいは失血して虚になった。 或は脾・胃が虚弱な為、気血が両方とも虚になった。 この為、脳を栄養する事が出来なくなり、メニエール病が発生した。   原因③腎精不足 腎は髄液を作っている。 脳は腎が作った髄液の集まりで髄海という。 腎の力が弱いので脳の髄液を作る事が出来ずメニエール病になっている。   原因④痰湿中阻 美食・美酒で脾・胃を損傷し脾・胃の健康を失った。 この為、痰ができ流れが悪くなった。 陰が下がる事が出来なくなり、陽が上がる事が出来なくなった。 これがメニエール病を引き起こした。 上記の4種類の原因説明から分かること 上記のように メニエール病の原因は大きく分けて4種類です。 説明を見ますと非常に複雑そうに見えます。 しかし、4種類とも臓器の名称が出ています。   どれも五臓です。 メニエール病はまず五臓が悪くなっている場合が一般的です。 メニエール病は基本的には五臓と脳の関係から起きた病気です。 それを治療すれば、大抵は良くなる病気です。   中医学は脳を正常にする根底治療が可能です。 紀元前200年の医学書にメニエール病が載っている。 メニエール病とは西洋医学が近年つけた名前で、中医学では全く別の名前です。 紀元前200年の医学書は「素問」です。 中医学ではメニエール病の原因、治療方法は、この2000年間、様々な角度から研究を重ねて来て来ましたが、最初の医学書の理論が正しいことが立証されています。   メニエール病を本気で治したい方に必見の記事です 無料ですのでご覧下さい、ここから。   関連の記事があります。ご覧ください。 メニエール病 徹底・根本からの治療 総合情報。 https://js-vivid.com/menieru-15/ メニエール病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/menie-ru-2/ メニエール病 を解消する根本治療。中医学・大病院・名医の治療。 https://js-vivid.com/menieru-2/   メニエール病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/menieru-4/   個人輸入代行の総合ページはこちら  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

メニエール病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

無料相談はコチラ    ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。   メニエール病を中医学で治療、治り方は?   メニエール病は人によって体の状態が違います。 体内の損傷の状態、複雑な絡みが多いほど治すのに治療期間が掛かります。 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。 1)ひどいメニエール病の状態でも 1週間ほどで山を越え、次第に改善が進む場合が有ります。 そして2ヶ月でほぼ正常に戻る人もいます。 それでもまだ体内は正常に戻っているとは限らないので 上海の医師に診てもらい、確認を取る必要が有ります。   再発しないように、きちっと治して置く必要が有ります。 このような人は、日頃から健康に気をつけて、健康食品やサプリなど 健康投資をして来た人の方が治りが良いです。   2)大概の人が体内の損傷がひどい。 ①メニエール病の原因は中医学では、特に血流が悪い人が多い。 脳に血がスムーズに流れてない為、 脳が正常に働かず、メニエールの現象になっています。 冷え性の人もメニエール病では多く見かけます。   なぜ血流がそれほど悪くなったのか? 脳までなぜ血が流れなくなったのか? これは 脳につながる経絡が詰まっている場合が多い。 瘀血と言って血の固まりが経絡を塞いで血の流れを止めている場合も多い。   体内の水分が体内の熱で煮詰められ、ドロドロの痰になり、さらにひどく固まり、 その状態が場合によっては血の通り道(経絡)に入って血の流れを妨げている場合も有ります。   つまり経絡内の血の固まりを溶かす、侵入した痰を溶かす治療が必要です。 これには半年では無理です。 1年前後掛かる場合も多い。 この治療は中医学では出来ます。 放置すれば進行します。   ②脳が萎縮していないか? 例えば「腎」が悪いと脳が萎縮している場合が有ります。 それで脳が正常に働いておらずメニエール病になっています。 この時は腎と脳をセットで治療します。 それに合わせてメニエール病の症状が軽くなります。 この治療は中医学では出来ます。 放置すれば認知症になり幻想が出てくる場合も多い。   この治療は腎の復活、脳の復活をさせますので半年では無理で、 1年前後掛かる場合が多いようです。 重症、末期型の場合も有ります。 日本では末期と診断されます。 病状の進行が激しくメニエール病では無く、既に別の病気に変化している状態です。 大概はパーキンソン病や進行性核上性麻痺に進む段階です。   パーキンソン病や進行性核上性麻痺は中医学では「萎縮」の部類に入ります。 五体(両手・両足・頭部)が動作しなくなります。   パーキンソン病の末期、重症はこの兆候が既に出始めています。 首から肩に掛けて筋肉・筋が張っている。 手足がなんと無く動きが悪い。 体が動きにくいなどの現象が出ています。   パーキンソン病・進行性核上性麻痺麻痺は通常では治すのが非常に困難な病気です。 はっきりそれらの病気にならないように、今の内に治療する事が大事です。   この段階を中医学で治療する場合 パーキンソン病や進行性核上性麻痺の治療で使う脳神経、血の治療、経絡(血の通路)、痰の治療、五臓の治療をする場合が多い。 この根本治療は中医学・大病院・名医なら出来ます。 治療期間としては1年を越す場合が多いようです。   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   あなたはいつからメニエール病ですか。 この治療薬は中国の大病院が持っています。     メニエール病を本気で治したい方に必見の記事です 無料ですのでご覧下さい、ここから。 メニエール病の関連記事はこちらです。 メニエール病 徹底・根本からの治療 総合情報。 https://js-vivid.com/menieru-15/ メニエール病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/menie-ru-2/ メニエール病 を解消する根本治療。中医学・大病院・名医の治療。 https://js-vivid.com/menieru-2/ メニエール病 原因と治療 ビビッド・ライフ 中医学 https://js-vivid.com/menieru-1/   個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International is here.     1

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

不安症の治療方法。中医学・大病院の情報。

無料相談はコチラ お薬お手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。 まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。   不安症は病院の安定剤など薬を飲みます。 しかしいつ迄たっても治りません。なぜでしょうか? どうすれば治せるでしょうか? 中医学にはもちろん不安症の良い治療薬はあります。 薬は効果があります。 しかしこれもやはり同じようにいつまでも長引きます。 なぜでしょうか? どのような治し方が良いでしょうか? 何が問題なのでしょうか? 不安症の人 治そうとしますが、患者本人が治す方法をつかんでいません。 もちろん治したい〜治したいと考えています。 ここで本式に不安とはどう言うものか考える必要があります。   漠然と治療しても上手くいきません。 不安とは特定の人だけにあるのではなく、この世の誰でも持っています。 人間は不安が有って当たり前です。 人には煩悩もあり不安もあります。 不安が何も無い人などこの世にいません。     多くの人たち 周囲の人たちを見ましょう、テレビに出ている人たちも見ましょう。 世界中、生きている人は全員が不安があります。 しかし99.99%の人が不安症になっていません。   違いはなんでしょうか? 不安症になっている人と、なっていない人の違いです。 道を歩くときにだれでも穴に落ち込まないように歩きます。 穴を見つけたら、道を変えて落ち込まないところを通ります。 しかし中には気付かないで穴に落る人もいます。 穴に落ちる人と 落ち無い人、どちらが多いでしょうか? 実際だれも穴に落ちません。   落ちる人はまずいません。 もし落ちた人がいたら「なんで? 落ちるのが不思議〜」と思わないですか? つまり誰でもが穴に落ちないように前を向いて歩いているのです。   不安についても同じでは無いでしょうか? 不安症までなるような考えをしている人は不安症になります。 つまり限度を越しているのです。 逆に、この世のほとんどの人が不安症まで進まないように注意しているのです。   どのような注意が良いのか? 良い方法がない人は本を読んで方法を見つけるのも良いです。 不安を乗り越えるための本は山ほど本屋さんにあります。 テレビを見れば不安を乗り越えた人がたくさん出ています。 学ぼう、乗り越えようと思えば、これほど恵まれた時代はありません。     どのような方針を持っているか? 不安はだれでもあります。だから不安を乗り越える為に家訓を作っている人もいます。方針です。また座右の銘をもっている人もいます。 例えば 「稼ぐに追いつく貧乏なし」 これはお金の不安を乗り越えるには座して待つのでなく、先に先に努力して働けばお金はついてくる。貧乏の不安はなくなります。これこそ不安解消の最大の秘訣です。   「生きているだけでありがとう」 手がなくても、足がなくても、今生きているだけでも感謝と思っている人がいる。 そう考えると、どんなドン底でも生きていれば、自分を活かしようがある。 だから創意工夫すればなんでもできる。 だから生きているだけでありがたいと思っている。   目が見えない人がいます。 お気の毒ですね〜大変ですね〜と声をかけると、「とんでも無い。 目が見えないから私は逆に大きな力を身につけている」と自分の境遇に感謝している人もいます。   つまり不安症になる人は不安症になる体制を持っています。 逆に不安症になっていない人は不安を乗り越える方法を身につけています。   結論です。 薬の力が半分、自分の力が半分 不安症の治療するときに、薬だけでは治りません。 自分で治す心構えを持っていないと抜け出せません。 薬はあくまでも手助けです。 抜け出すのは自分です。   どうすれば不安にならないか 心の持ち方を常に心がけましょう。 それが一番大事です。   個人輸入代行の総合ページはこちら  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

「頭が鳴る」原因とは。耳鳴りより難しい病。中医学・大病院の情報。

無料相談はコチラ 頭が鳴る 原因と治療を知りたい方の情報ページです。 お薬お手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。 漢方では「頭が鳴る」原因が分かっています。 容易な状態ではありません。 頭が鳴る場合は要注意です。多いのは中高年のようです。 一番多いのは耳鳴りです。 これは漢方で診断すると分かりますが、第一原因は「腎」が弱っている状態です。誰でも35歳すぎると体が弱って来ますが、これは「腎」が弱ってくるからです。耳鳴りがヒドくなったのは「腎」が相当弱って来た場合です。この場合は「腎」の治療薬を飲んだり、睡眠や早寝早起きをして体の負担を少なくするのがコツです。


耳なりの次のステップが「頭が鳴る」です。 「頭が鳴る」のは原因があります。 「頭が鳴る」のは頭に血が足りないからです。これは要注意です。脳に血栓ができる危険があります。 この病は脳卒中の危険も多いと言います。脳卒中は突然来ます。ひどい場合は半身不随になったり死亡します。脳卒中と「頭が鳴る」は原因がほとんど同じです。  「頭が鳴る」時の治療方法、予防方法とは 大事なことは今すぐ、脳の血液を改善する治療が必要です。 1)血流を良くする。 漢方医の治療では、脳の血流を良くする治療と、首から下の治療をします。 それと血は首から下、つまり心臓や肝臓などから、血液や経絡を通って脳に血が送り込まれていますから、ここが通りが良くないと、順調に脳に血が来ません。 全身の血流を良くする。血が通る道をキレイに掃除する、若返らせる必要があります。これは優れた漢方の名医なら出来ます。 2)血をキレイにする。 よく血液サラサラと言いますが、サラサラだけではダメです。良くなりません。危険も去りません。九州の大病院のドクターから「サラサラ飲んでても、脳卒中になります。皆、救急搬送で来ます」と言われました。 漢方ではサラサラするのは大事ですが、それだけで血がキレイになった分けではありません。血は毒を持っていたり、「熱・寒」を持っていたり、血が旺盛だったり、虚弱だったりします。これを調整しないと正常にはなりません。この判断は優秀な漢方医なら出来ます。 3)大変怖い現象です。漢方の医師に相談しないと大変です。 医師が出す薬を見ますと「頭が鳴る」時の最も大事な治療は血以外を重視してます。頭が鳴るから頭の問題ですが、実施は胴体部分の治療が最も重点になります。 頭は胴体とセットです。胴体部分が悪くなると、頭が鳴る構造です。例えば「腎・肝・脾」が悪くなると普通はどうしようも有りません。頭が鳴る現象は「腎・肝・脾」が悪くなっている場合が多い。ここは頭、血の貯蔵、血を作る〜の要所です。 腎肝かなめ〜と言いいます。この二つが止まれば体が止まります。それに脾が加わると血が作れなくなります。これらの「頭が鳴る」原因になる場合が多い。 治療の仕方 このように「頭が鳴る」人は至急、漢方医に相談する必要があります。しかし日本にはそれが出来る高度な漢方医の制度がありません。それを補うためにビビッド・ライフでは再優秀な漢方医の相談が受けられる体制を取っています。 「頭が鳴る」人の問題点。 病歴はどうですか? このような病状の人は他にも色々な病気を抱えている場合が多く、それと「頭がなる」が繋がっているのが一般的です。あなたはどうですか?これまでどのような病気をして来ましたか? 色々な病歴がある人、何もない人もいます。しかし、名医が診断すると色々の問題点が出て来ます。例えば肝臓や腎臓が正常でも、漢方医から見ると「肝・腎」が相当悪くなっています。肝腎要と言います。ここが弱ると全身が止まります。 髪の毛はそうですか? 髪の毛は白髪ですか? 黒髪の人は居ないはずです。これも現象の一つです。最悪にならないように早めの治療が良い。 お困りのことご相談ください。無料です。 個人輸入代行の総合ページはこちら  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/10/29

群発頭痛の治療に必要な知識。世界トップの中医の頭脳が集まる上海、その大病院の名医に相談。

無料相談はコチラ   群発頭痛がどうしても治らない人の情報ページです。 お薬は勝手な判断は危険です。お薬手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より薬を手に入れます。   群発頭痛は普段、聞きなれない病気です。 名の通り痛みが群発します。一定期間、集中的に連続します。周期的に痛みが来ます。 群発頭痛は20代・30代が多い。 偏頭痛は女性が、群発頭痛は男性に発生します。   慢性・反復性の頭痛には血管性の頭痛と筋肉性の頭痛があります。 一定間隔で断続的に起きます。   中医学の医薬書「中医内科学」に基づき説明します。 群発頭痛は複合の原因が絡んでいる場合が多い 大きな原因は下記の5種類ありますが、どれも群発頭痛の原因に関係します。 1)体外の影響を受ける 不注意な生活をしている 大気の風、寒、湿、熱の影響を受けた。 このような物を「邪」と呼びますが、この邪が頭部を犯します。 頭部の「気・血」の流れが悪くなり頭痛が発生します。   2)感情が失調した 憂鬱だったり、悩んだり、怒ったり、精神状態がすっきりしない。 感情は「肝」を損傷させます。 肝のエネルギー「肝気」が不調になったり上昇し頭に入り込みます。 その影響で頭痛が発生します。   3)飲食・労働・体が虚弱で長く病気。 飲食が不適切、労働ばかりで休息が取れていない。 あるいは病後に「正気」が損傷している。 「脾」の働きが悪く、気血の源が不足している為、 脳が栄養できなくなって頭痛がでる。   4)先天不足、或いはセックスが不適切 人体には「凛賦」と言って体の元になる物があります。 「天賦の才能」とは才能面ですが、「凛賦」は体の事です。 「凛賦」が弱いと体の芯が弱く病気になりがちです。 この状態では「腎精」を損傷させます。 腎は髄を作り脳髄を作りますが「腎精」が弱い為に脳髄が作れなくなります。 脳髄が空虚になり頭痛が発生します。   5)頭部に外傷が有り、病気になります。 気血が滞留し、瘀血が発生し、脳の働きが落ち、 頭痛が発生しています。   群発頭痛の治療、中医学   A)体外からの影響による頭痛を治療する方法 1)風寒による頭痛 風を流し取り、寒を散らし、 痛みを取る治療をします。 これにより頭痛を無くし正常になります。   2)風熱による頭痛 風を流し取り、 熱を取りる治療をします。 これにより頭痛を無くし正常になります。   3)風湿による頭痛 風を取り去り湿を打ち負かし、 通りを良くする治療をします。 これにより頭痛を無くし正常になります。   B)体内を損傷した事による頭痛を治療します。 1)肝陽頭痛の治療 肝の状態を平常に戻し、 陽のバランスを戻し 風が動くように治療します。 これにより頭痛を無くし正常になります。   2)血虚頭痛の治療 血を養い陰を滋養する治療をします。 絡の働きを和らげ痛みを止める治療をします。 これにより頭痛を無くし正常になります。   3)気虚頭痛の治療 「脾」を健康にし、 気のエネルギーを増す治療をします。 これにより頭痛を無くし正常になります。   4)痰が詰まる事により頭痛の治療 「脾」を健康にし、湿を乾燥させる治療 痰を溶かす治療をします。 これにより頭痛が無くなり正常になります。   5)腎虚頭痛の治療 陰を養い腎を補う治療で 脳髄を正常に戻す治療をします。 これにより頭痛が無くなり正常になります。   6)瘀血頭痛の治療 瘀血を溶かし、血の働きを活発にする 頭の中の通りを良くして頭痛を無くす。 これにより頭痛が無くなり正常になります。   原因を勘違いしている。 これは当然な事ですが、どなたも群発頭痛であれ、どの頭痛であれ、 頭が痛いのだから、原因は脳だろ〜、頭のどこかが悪いのだろう〜と思っています。 もし頭を打撲したり、損傷しているなら直接に頭痛がします。 しかし、上記の説明のように基本的には首から下が発生原因です。   群発頭痛になる要素は上記のように色々有ります。 単発では無く色々な要素が被っている場合が多いので 実際に診察しますと、 原因が全く同じという人は無く、治療薬は全て違います。   群発頭痛を治すには中医・大病院・名医が最も確かです。 何かの薬を飲んだら簡単に治るような底の浅い病気では有りません。 総合的に全身の内部を診断して、 原因、どのような繋がりになっているのか、などを詳細に分析する必要があります。 その上で適切な薬を医師が組み合わせます。 改善状態の応じて医師が診断を繰り返し、適切な薬に組み換える事により 良好な状態に持って行きます。   実際に治したいのなら 群発頭痛は痛み止めを幾ら飲み続けても治る事は有りません。 むしろ脳の萎縮により認知症やメニエール病などに進みます。 酷くなった場合は入院になり平常の生活は無理になります。 群発頭痛の段階で完全に良くする方が賢明です。 根本的な治療には現在、中医・大病院・名医しか方法が有ません。 無料相談ができますので、ご利用下さい。 無料相談はコチラ     関連の記事があります。 頭痛の原因がわかる唯一の医学、中医学の専門医はどこが原因か全て分かります。根本治療。 https://js-vivid.com/zutu-3/ 頭痛の治し方を説明、中医学の大都市、上海、大病院の名医に相談。 https://js-vivid.com/zutu-1/   頭痛の原因は日本では解明されていません。しかし世界的には原因を解明している医学もあります。実際には日本人は身近な医学です。悪い状態をはやく終わらせたい方は、こちらをご覧ください。無料資料。なんども見れます。 個人輸入代行の総合ページはこちら    

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

脳卒中の動画 YouTube

脳卒中は非常に難しい病です。また再発率は50%もあります。血液サラサラの方法で防げません。それはなぜ脳卒中になったか原因を知れば、もっと必要な治療がわかります。 下記に動画を次第に増やしますのでご覧下さい。     脳卒中の関連記事 脳卒中の原因、最も高度な漢方の治療方法を紹介。予防、再発防止。 脳卒中の治療、漢方の取寄方法。体験報告   下記は脳卒中の詳しい原因について説明しています。無料資料です。ご覧下さい。   お困りのことはご相談ください。   個人輸入代行の総合ページはこちら  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

鬱病は色々な病気に入る危険が多い②中医学漢方の大病院の情報。

無料相談はコチラ 鬱病がどうしても治らない人の情報ページです。 お薬は勝手な判断は危険です。お薬手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。 中医学大学で中心となる医学書を見ますと、「鬱病は色々な病に発展するので注意してください」とあります。鬱状態は2種類あります。一つは一般的に言われている鬱病です。もう一つは更年期障害で鬱状態になるタイプがあります。どちらも次の病に入り込まないように早急に良い治療が必要です。     なかなか厄介な病気です。なんとかなるだろう〜と軽く思っていて治るものではありません。実際 周囲で治った人がいますか? 私どもが知っている方々も何年も苦しみ、急速に悪くなっています。みなさん何年も病院に行ってます。鬱は多くが、その内にあれこれ難しい病気を引き起こし、なおさら悪くなります。人によってはこれから先の人生が台無しになります。  鬱を治すには方法があります。 鬱は情緒・感情から起きる「気の病」です。「悲しい、悔しい、寂しい、苦しい」などの感情から来ます。治すにはクスリが必要ですが、現代医学は解剖医学です。物体の医学ですので「気」の治療項目はありません。鬱が日本で多いのは、気を治せる治療方法がないからです。 中医学漢方で治すには的確な判断ができる医師と治療途中の経過観察が大事です。それによりクスリを徐々に変化させて行きます。  ここで大事なことは、 ステップを踏みながら薬を変えて行きますので、患者は沈み込んでいる暇はありません。必要なのは患者が積極的になることです。自分から中医師に治療途中の状態を頻繁に連絡とるよう動くことです。それをしないで、じっと連絡を取らないと、微調整ができず脱出できません。  他の病気と違い 鬱病は患者が元気が出ない、活発になれない病気です。しかしこれではいかに良い薬を使っていても、病から脱出できないと医学書でも書いています。どう気持ちを活発にするか、患者の意志がしっかりする必要があります。「中医学漢方で絶対に治ってみせる」との覚悟が必要です。 火元を消化する。 情緒・感情から来た病気です。病気の元を解消することと、現実は現実として、乗り越える気の持ち方も勉強する必要があります。人生、誰でも荷を背負っているわけですので、同じ問題でもストレスと取るのか、人によっては難局こそ成長のチャンスと考える人もいます。徳川家康がその代表です。つまりどう考えるか?でストレスで体をつぶす人になるか、自分を鍛えるための良い教えと感謝する人になるか、様々です。般若心経で学ぶのも非常に大事です。  体の能力を上げる 普通の人は気のエネルギーの循環が悪い。医学書を見ていますと、鬱病の治療は体の気のエネルギーの循環を良くする体操が必要と書いています。 これに一番適した運動は気功です。気功は本来は医療に使います。実際に気功で気のエネルギーが回りだすと色々な病気が消えます。私は老眼を気功で自分で治しました。ラジオ体操よりも簡単です。誰でも簡単にでき、効果的な方法がありますので、希望者にはこのホームページで教えます。 つまりこの三つをすることで完治したり大幅に良くなります。その三つをする事と医学書にも書いています。そうしかければ永遠に治らないかもしれません。  ◇百宝元を飲みましょう。 食べ物は特に大事です。人は食べ物、栄養で考えが違って来ます。また体のメンテナンスをしている人は本当に元気です。どんな病でも体内の栄養が破壊したり、栄養を過剰消費します。これでは体は正常に機能しません。◇百宝元のような非常に良質の栄養、しかも今の日本でもない栄養素が豊富に入った◇百宝元は大変大事です。食べ物は体の基礎です。基礎がしっかりしていると体はしっかりします。◇百宝元は自分にとってどうなのか使ってみて良く研究しましょう。必要性がわかる人が得です。 このような治療薬や医師、そして栄養まで揃っているところは本当に稀です。 関連記事をご覧ください。 鬱病を中医学で根本治療する。原因を治療する事で大幅な改善を目指す。中医学・大病院・名医の処方薬。 https://js-vivid.com/utu-3/ 女性に多い鬱病の効果的な治療方法① 中医学漢方の大病院の情報。 https://js-vivid.com/utu-1/  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/8/4

統合失調症の根本治療が出来ます、中医学・大病院・名医の診断・処方薬、個人輸入。

無料相談はコチラ   統合失調症を大幅に改善したい人がお読みください。 長らく患っている方が多いと思いますが、 自宅治療されている場合、中薬が飲めますので、 改善する場合が大変多いので 診断・治療してみる価値は多いに有ります。   中医学は世界で最も歴史のある医学です。 統合失調症の原因解明、治療に関しても世界で最も歴史が有ります。 紀元前200年(2200年前)の「内経」と言う医学書が有ります。 これは当時の国が編纂した膨大な量の医学書です。 現在の多くの病の治療もこの「内経」に始まっています。   内経から始まり、統合失調症の治療は非常に進んでいます。 治療は西洋医学とは大きく違います。 西洋医学では神経伝達系統の異常〜とされています。 治療薬は抗精神薬が基本です。   中医学では統合失調症は大きく2種類に分けています。 1)精神が正常を保てない状態 抑うつ、寡黙痴呆、言葉が出ない、静かで少ししか動かない。 或いは静かだが非常に喜ぶ、など 2)精神高揚の状態 いらだち、凶暴、大声でわめく、など。 治療について 治療による改善は中医学は非常に優れています。 後で下記の原因をご覧になれば分かると思いますが、中医学は原因が分かります。 そこを治療すると大幅に改善します。 ①医師の指定通りに薬を飲む。 ②病院の薬を多量に飲んでいない事。   注意:人によって体に状態は様々です。 薬の副作用でレビー小体型認知症などになっていたりすると、改善は非常に難しいかも知れません。 大幅に改善する人もいます。 取り組む価値が有ります。 まずご相談ください。   良い点 これほどの改善が望める治療法は普通有りません。 治療を試して見る価値が有ります。   ビビッド・ライフがお願いしている上海の病院、医師は超一流です。 この先生方以上の治療は中国ではまず無いと思います。   統合失調症の原因 1)精神が正常を保てない状態 原因状態①-----津液気鬱結証 原因状態②----心脾虚弱証   2)精神高揚の状態 原因状態①----津液乱神証 原因状態②----陽損傷証 原因状態③----津液熱結証 統合失調症の治療、重要ポイント 統合失調症を解消する治療は中国の大病院がしています。 病院の薬ですからネット販売されません。 大病院の医師が処方しないと使えない薬だからです。   体の状態が色々ですから、状態に合わせて薬を組み合わせます。 これは中国でも薬剤師では判断出来ません。 内科・精神科を知り尽くした大ベテランの中医師がしています。   下記写真は上海の大病院、薬の窓口です。     医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の統合失調症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   統合失調症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が統合失調症の治療でも出ています。   統合失調症の治療---実例---「中西医結合医学」 1)統合失調症は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)統合失調症とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が統合失調症の原因になっている人がいる。 ②統合失調症から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、統合失調症だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。   関連の記事が有ります。 統合失調症などの神経系の治療体験記。 https://js-vivid.com/tendon-5/    

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

統合失調症などの神経系の治療体験記。

無料相談はコチラ 「統合失調症」がどうしても治らない人の情報ページです。 お薬は勝手な判断は危険です。 大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より薬を手に入れる方法が最も無難です。 山上さま  福岡 73歳 「統合失調症」が良くなる人が増えるのではないでしょうか? 参考になればと思う点があります。 統合失調症は治療は、急がずゆっくりすることです。 私の体験は参考になれば嬉しいです。 あなたが頼むと応じてくれますよ。 私の息子が、病院の薬を飲んでも、どんどん悪くなっていたので、このままではマズイと思っていたら、知り合いがビビッド・ライフを紹介してくれました。 息子を連れてビビッド・ライフに行ったのですが、その時、息子が発作が始まって大変でした。 ビビッド・ライフは皆さんから頼まれるので、上海の先生に取り継ぐようになったので、人から頼まれれば応じてくれますが、そうでない人には一切話は切り出さない。 前も今も同じだと思いますよ。 息子の時は今ほど上手な漢方の先生が ビビッド・ライフにも居なかったので、本当に今の人の方が恵まれて居ます。   薬の内容を聞いても前とは全然違い、今の方が格段に良い。 あの時の先生は良い先生でしたが、今の先生の方も、大変な実力があるのは間違いないです。 話を聞いてみると細かい対応ができているようで、それだけビビッドライフから細かい相談が漢方の先生とできるようになっていると思いますよ。 今は本当に良くなったな〜と思います。   今の先生は薬の使い方が天才的かも そう思います。息子の時は、そこまでの薬が出なかった。より専門的な先生だそうです。   「てんかん」など神経系の治療は 統合失調症は薬がじわっと効いてくるので、発作が消えて行きます。 特に最近の治療の人の方が順調に行っているようです。 特に急がず、ゆっくり薬を飲むようにしているのは、前と同じです。   薬を少しずつ飲んでいくと、毎日体の状態が良くなって来ます。 最近の人は最初から良い状態が増えるようです。 ただスムーズにそのまま行く人もいるのかも知れないですが、息子の時は、そんなにスムーズに行かなかった。   問題は病院の薬です。 中薬(中医学の薬)と並行して飲んで良いとは言っても、こちらの薬を毎日飲んでいると、難しい点が出るように感じます。 病院に相談しても、その薬との併用は分からない〜と言われます。 だから自分で色々考えながら、息子の様子を見ながら、病院の薬を調整しました。 急に外したらダメなので、日数をかけ、ゆっくり減らしました。   上海の薬も必要な時は 何日か少し休みを取り、少し体を休ませてから、また再開する工夫をしました。 私の息子がスッキリした体になったのは4ヶ月ほど経ってからでした。 大きな台風が通り過ぎたような感じがしました。 長年の私の神経の緊張がとれた感じでした。.   今の人たちの方が、その点、治療しやすいと思います。 だから無理にどんどん上海の薬を飲むのでなく、子供の様子を見ながら少しづつ調子を上げるのが良いと思います。 急がないこと。 マラソンで無理に走らなくても、きつい時は歩いたり、休憩とれば良いのです。 亀と同じでボチボチ、子供のペースで進めば良いのです。   中医学は良い薬なので、最終ゴールを楽しみにすれば良いのです。 幸い、上海の先生には何度も連絡を取ってくれますので、本当に今の方が便利が良くなって居ますよ。 とにかく、統合失調症の良い治療方法があるのは嬉しいですね。 こんな話でも役に立つのであれば嬉しいですよ。   関連の記事があります。ごらんください。 統合失調症の根本治療が出来ます、中医学・大病院・名医の診断・処方薬、個人輸入。 https://js-vivid.com/togo-1/  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

女性に多い鬱病の効果的な治療方法① 中医学漢方の大病院の情報。

無料相談はコチラ 鬱病がどうしても治らない人の情報ページです。 お薬は勝手な判断は危険です。 お薬手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。 まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。   うつ病をはじめ神経系、精神系の病は特に女性が多いですね。 なかなか効果的な方法が無くて困っている方が多いと思います。 中医学漢方ではどのように治療するか、ご説明します。大事なポイントを書きますのでご覧ください。 鬱は2種類あります。 ①普通言われている鬱病と ②更年期障害で鬱状態になることがあります。   中医学的に見ると、両者には違いがあります。 ①更年期障害からくる鬱タイプは「腎虚」---腎が弱っている状態です。 ②ところが通常の鬱病は「肝虚」といって「肝」が悪くなっている状態です。 鬱の患者さんを見ていますと何年たっても一向に良くなっていないですね。5年経っても10年経っても一向に治っていない。むしろ進行している。それだけでなく病院が出す薬で悪化している。自殺未遂をする人を多いそうですが、これも病院の薬が原因と言いますが、どうなんでしょうか?  中医学の治療は違います 例えば「気のエネルギー」と言うものが現代医学にはありません。   鬱は「気」の病気です。 いかに安定剤飲んでも本当の解決にはなりません。 また病院が出す薬の副作用をネットで見てください。 ネットでないと詳しく書いてません。 肝臓を悪くすると書かれていないですか?   中医学漢方は鬱病は「肝」を痛めた病気としています。 だから肝の治療をしなければならないのに、病院の薬で肝臓を痛めるから、治すどころかどんどん悪化させているのです。 だから病院は肝臓を傷めない薬を出さなければなりません。 今そのようなクスリが無いのかも知れません。   さて中医学漢方で鬱病を治療するとき、 三つの方法をセットでする必要があります。 一つ目の方法は 中医学漢方のクスリで治療します。 二つ目の方法は考えです。 医師や周囲の方は鬱になった原因を取り除く手伝いをしてあげる必要があります。 また患者もその努力をする必要があります。   考えの中でもう一つ大事なのは、鬱病はパワーが出ません。 元気が出ません。 しかしこれをそのまましていては治りません。 自分で気合いを入れる、やるぞ〜とパワーを入れる必要があります。 周囲も気合いを入れる手伝いをしてください。    三つめの方法は  気の流れを良くする体の動かしかたです。 これは自分で出来ます。 以上 三つの方法をセットでしないと鬱病は治りません。 これは中医師を要請するすべての大学の本に書かれていることです。   関連記事をご覧ください。下記を押してください。 鬱病は色々な病気に入る危険が多い②中医学漢方の大病院の情報。 https://js-vivid.com/utu-2/ 鬱病を中医学で根本治療する。原因を治療する事で大幅な改善を目指す。中医学・大病院・名医の処方薬。 https://js-vivid.com/utu-3/  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

認知症を治すための根本治療。中医学・大病院・名医の情報。副作用なしに元気にする治療。

無料相談はコチラ   認知症の情報ページです。 「記事担当の後藤です。 認知症で大変お困りと思います。 認知症は原因が非常に複雑ですが、中国の中医学の大病院・名医は根本治療で大変良い成果を出しています。 「大概の場合、大幅な改善が望めます、あるいは完治する人も有ります。 他の病気との関係が有りますので、上海の医師に相談して良い方法を見つけてください」   「下記に是非とも良くしたい方に中医学の大病院・名医・医学書の説明をします。 ご活用ください、早く正常に戻ることを切に願っています。」   認知症の状態、中医学の診断  参考:中医内科学 原因1)脳が萎縮しています。 脳髄が減少し、脳髄が消えます。 この為、認知症が起きます。   高齢になると脳が萎縮します。 なぜ萎縮するか、脳は髄液で出来ています。 ですから脳は脳髄と言います。   脳髄を作っているのは「腎」です。 人間は誰でも高齢になり腎が衰弱する事で全身が老化します。 ですから認知症は自然の流れなのです。   原因2)病気で長患いしたことが原因です。 脳卒中やメニエール病などに長く患っていると認知症になりやすい。 ①長患いによって脳髄を作ることが出来なくなり、認知症になります。 ②長患いで血行が悪くなり、脳に血が流れなくなり認知症になります。   原因3)感情が原因で認知症になります。 感情が原因で肝・脾・腎などを損傷した事で脳の髄液が作れなくなり認知症になります。 認知症の状態 5種類に分類します。参考:中医内科学 1)髄海不足型の状態 脳の髄液が不足し認知症になったパターンで、一番多いパターンです。 脳は髄液が集まった所ですので「髄海」と言います。 治療は「腎」を補う事で脳の髄液を益す治療をします。   2)脾腎両虚型の状態 「脾・腎」の不調で、脳髄が作られず、認知症になったパターンです。 脾・腎の働きを益す事で、脳髄を作る力を益す治療をします。   3)瘀血内阻型の状態 体内で血が固まり瘀血となっている。 脳につながる血脈がつまり、脳に血が行かなくなり認知症になったパターンです。 この場合、血の働きを活発にし瘀血になった血の塊を溶かし、血の流れをよくする治療をします。 認知症に限らず、脳に血が行かない病気は色々有りますが、この血の流れの治療で脳の状態が非常によくなります。   4)痰浊蒙窍型の状態 体内で痰が詰まった事で回り回って認知症になったタイプです。 つまり痰が詰まった事で脳髄が作れなくなり、脳が空虚になり認知症のなったのです。   日本人は「痰」についての知識が不十分です。 喉にたまるのを痰と言いますが、中医学では「痰」は全身にできることが分かっています。   全身に有る水分は70%も有ります。 これがネバネバになったりして痰になり、しまいにはコチコチに固まる事も有ります。 痰が体内で形成され、様々な所を詰まらせますので、これが原因となって様々な病を起こします。 体内の広範囲に有る「痰」を溶かす薬は中国の大病院なら有ります。   5)心肝火旺型の状態 これは感情で発生する認知症です。 怒りなど激しい感情は「心・肝」に最大限の影響を及ぼします。 烈火(れっか)のごとく怒る〜とか、火のように怒る〜という表現がこれです。   非常に激しい感情で「心・肝」の気のエネルギーが「火」になり、 脳に上昇して認知症を起こしたのです。 認知症の治療 5種類参考:中医内科学 1)髄海不足型の治療 脳の髄液が不足し認知症になったパターンです。 ①腎を補う治療をします。 ②それにより脳の髄液を益す治療をします。 ③気を益し、血を養う治療をします。   ④血を養い、肝を補う治療をします。 ⑤気を益し、脾を健康にする治療をします。 ⑥痰を溶かす治療をします。   2)脾腎両虚型の治療 ①腎を補い、脾を健康にする治療をします。 ②気を益す治療をします。 ③肝・腎を補う治療をします。   3)瘀血内阻型の治療 体内で血が固まり瘀血となっている。 ①血の働きを活発にする治療をします。 ②瘀血を溶かす治療をします。   ③脳につながる経絡(血の流れる路)の流れを良くする治療をします。 ④新しい血を作る治療をします。 ⑤血の熱を清める治療をします。   4)痰浊蒙窍型の治療 体内で痰が詰まった事で回り回って認知症になったタイプです。 ①脾を健康にする治療をします。 ②痰を溶かし詰まりを取る治療をします。   5)心肝火旺型の治療 これは感情で発生する認知症です。 ①感情で発生した心肝の火を消す治療をします。 ②肝の鬱を取り働きをスムーズにする治療をします。 ③肝の働きを穏やかにする治療をします。   認知症を良くする重要な条件 このような治療は中国の大病院・名医が行っています。 薬も医師が許可すれば、薬剤部が出してくれます。   5年〜10年と認知症がひどい人でも、中医学を開始すると突発的に完治する人がいます。 これは例外中の例外です。 大概の人はしっかり中医学の薬の飲む必要が有ります。   すでに物忘れ、認知ができない状態がひどいので、本人が薬をきちっと飲むのは無理です。 しかしご家族で徹底的に飲ませる事が出来るなら、認知症は大幅に良くなる場合が多い。 認知症が進むと。 認知症は物忘れから始まります。 実際どんどん進みます。 家族が分からなくなる。   着替えが出来なくなる。 家から出たら戻れない。 幻想が出て来た。 このような異常な状態になります。   デイサービスか老人ホームの入れば良いのか? 老人ホームに入れるしか方法が無くなります。 しかし家族は老人ホームには頻繁に行くことになり。 入居費用、交通費、労力などを考えると大変な負担になります。 認知症になる人は60代から80代へと増加します。 年齢が進むほど五臓六腑が衰弱し、これが認知症を推し進める原動力となります。 日本では高齢化がさらに進みますので、今後、認知症患者の増加が予想されています。     認知症は古来「痴呆」と医学的に分類されて来ました。 上記の本は医科大学で臨床に使う医学書です。 認知症(痴呆)に関する説明です。   明時代に治療が進んだ。 痴呆に関連した説明は2000年前の医学書<内経>書かれていますが、痴呆(認知症)の研究が格段に進んだのは明の時代です。 医師:张景岳が書した<景岳全书・杂证谟>が痴呆(認知症)について特に専門的に書いています。 これは上の写真の二行目、右側に書かれています。 認知症の治療は歴史的にも難しかった。 ほとんどの難しい病は紀元前200年の医学書「内経」に詳しく書かれて居ます。 治療は、その内容が現在でも柱になって居ます。 しかし認知症に関してはかなり難解だったのか、明の時代になって初めて決め手となる治療方法が発表されました。   なんと1600年も遅れたほど難しかったのかもしれません。 この認知症の治療方法を確立したのは医師:张景岳ですが、彼はこの時、重要な2種類の薬を開発して居ます。 腎の薬で陰・陽の別けて使える超有名な薬です。 この薬は現代でも医学界全体が使う非常に重要な薬です。   これは上海の医大病院の薬の窓口です。 準備中の光景。 認知症の治療には医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の認知症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   認知症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする認知症の治療効果が大きい。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が認知症の治療でも出ています。   認知症の治療---実例---「中西医結合医学」 1)認知症は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)認知症とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が認知症の原因になっている人が多い。 ②認知症から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、認知症だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。   アルツハイマーも既に優れた効果を出す薬があります。 認知症全体として詳しい情報がありますので、適切な情報が欲しい方はご覧下さい。 これまでの説明以外の情報が入って居ます。 下記のボタンを押してください。 ご高齢者は◇百宝元を早くご利用して喜んでくださる人が多い。 これまでに大変多いのです。 なぜだかご存知ですか? 認知症の人はご高齢者が多い。   つまり体の老化が進んで居ますので、栄養の摂取が不十分です。 ...

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

「てんかん」のあれこれ、問題点、疑問点を説明します。

無料相談はコチラ   「てんかん」について知りたいこと。 このページは分からない事、知りたいと思っている事のお答えします。 下記はこれまで上海の病院・医師の診断・治療など正規の医療情報を元に説明します。   1)てんかんは脳の過剰反応ですか? 中医学の専門医は過剰反応とは関係ないと判断しています。   2)先天的ですか? 先天的な場合も有ります。 多いの原因が、七情の失調、脳の外傷、飲食の不適切、疲労の蓄積、津液、気血、などです。   3)てんかんと天才は紙一重なのでしょか? 昔、そんな事を言う人がいましたね。 兄弟で一人は元気な子がいて、その子は非常に頭が良いと言いますが、この医学では全く関係ないと判断します。 てんかんの人も兄弟と同じほど頭が良いはずです。 てんかんが改善したら天才になって欲しいですね。   4)うつる事ありますか? うつる事は全くありません。 これは伝染病ではないのです。 肝や腎その他、内臓が悪くなっているだけで、診断で悪い臓器を見つけ治療したら改善する病気です。 うつる事は一切ありません。   5)生まれつきなのはなぜですか? 胎児で母親のお腹の中にいる時に、母親が大きなショックを受けたり、精神的ストレスが大きいと胎児に影響がきます。 胎児の場合、それが「てんかん」に発展します。 これは津液が影響を受けたからです。 だから生まれつきになります。 てんかんの原因は、七情の失調、脳の外傷、飲食の不適切、疲労の蓄積、津液、気血、などですが その中で妊娠中にどれが関係しているのか、中医学の診断でより詳しく分かります。     6)大人・成人で「てんかん」になるのですか? はい、あります。内臓が損傷したり、内臓の働きが悪くなっています。 内臓から脳に必要な血・栄養が十分に行かないために脳が正常動作しにくくなります。 それで「てんかん」が発生します。 ですから治療としては専門医が診断で損傷している内臓がどれなのかを突き止めます。 それを治療する事が大切です。   7)前兆があります、なぜでしょうか? 内臓から血・栄養が脳に行くのですが、その連絡通路が詰まり始めると、前兆が起き、完全に詰まると発作になります。   8)発作の頻度を知りたいのですが。 発作は大発作・中発作・小発作とあります。 小さいのが頻繁に1日に何度も、ほぼ1年中続く人もいます。 大発作が月に1・2度の場合や、毎週ある人も、あるいは1年に1回、数年に1回の人もいます。 この違いは何なのか?   これははっきりした原因、メカニズムがあります。 内臓と脳との間の連絡通路の詰まり具合です。 それが脳まで及びます。詰まり具合に応じて、頻度が違い、大・中・小の程度も違います。   詰まる成分が分かっています。それを溶かす事ができます。 詰まる物がどこで作られたかも診断で分かりますので治療します。   9)意識消失するのはなぜ? 脳に内臓からの補給、つまり血が遮断された為に脳が一次的に働く事が出来なくなった為です。 脳に血が流れて来たら脳の働きが戻り、意識が戻ります。   10)幻覚があるのはなぜですか? 脳に十分な栄養・血が来ていないので、しっかりした脳の働きが出来ないのです。 血・栄養が正常に戻れば幻覚は発生しなくなります。    11)暴力を振るう、怒りっぽい、不安感があるのはなぜですか? 「血」が精神状態を維持すると判断しています。 常に脳に来る血が不足している状態では、脳が正常な判断が難しくなります。 この為、暴力をふるったり、怒ったり、不安感が出やすくなります。 しかし血が正常に来出すと、そのような事は減少、解消します。 極端な場合、怒りっぽい人が良くなると「ありがとう」と言い出します。   12)忘れやすい これも11番と同じです。 血が脳に来ていない為です。 また血の質が悪い為です。 脳血流を正常に戻す治療をします。 また同時に「血」の成分の改善もしますので、その後は脳の記憶力が上がって来ます。   13)病院の薬を飲んでも発作が起きるのはなぜ? 発作の抑制治療をされているのだと思います。   14)酒・タバコ・アルコールを飲んで良いですか? はっきり言って自殺行為です。 これは臓器が損傷している病気です。 体が非常に衰弱しています。   酒・タバコ・アルコールで損傷した臓器をさらに負担を掛けますので、自分でわざわざ「てんかん」を悪化させている事になります。 きちっと治療し、しっかり確実に体が安全圏になってから、好きなだけお飲みください。 それまでは絶対にダメです。少しでもダメです。   15)結婚して良いですか? ご結婚は大変良いと思います。 ご夫婦で生活の内容を高めるのは大変良いと思います。   16)性行為は良いですか? これは最も注意が必要です。 過度の性行為が続くと「てんかん」になる事もあります。 体力を大きく消耗し、臓器を損傷するからです。 その損傷で「てんかん」になります。   今、すでに「てんかん」になっている人は、性行為によって影響が有るのか、状態によって違いが有りますので 中医師にご相談ください。   別にも「てんかん」の関連記事があります。ご覧下さい。 てんかん 中医学・大病院・名医 根本治療薬 総合情報。 https://js-vivid.com/tenkan-15/ てんかん 医師処方 子供の健康・安全 https://js-vivid.com/tenkan-5/ てんかん 個人輸入 ミツコ&姉 根本治療薬 https://js-vivid.com/tenkan3/   てんかん 中医学 安全な薬を手に入れる。 https://js-vivid.com/tenkan-12/       さらに詳しい資料があります。下記をご覧ください。 個人輸入代行の総合ページはこちら  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

頭痛の治し方を説明、中医学の大都市、上海、大病院の名医に相談。

無料相談はコチラ 頭痛がどうしても治らない人。 中医学の医師に相談したい方の情報ページです。 お薬は勝手な判断は危険です。 お薬手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。 まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。   一時的な頭痛は気になりませんが、 長い年月、ずっと頭痛になやまされている人も多い。 そのような人にとって頭痛は人生の大きなマイナスです。 大人も苦痛ですが、小さい子供さんの場合、本人の表現力が弱いですから、周囲からは本当に痛いのか?信用してくれません。 ひどい場合は仮病と言われる場合もあります。しかし本人にしてみれば大変な苦痛です。   一体なぜ頭痛がするのか?漢方の治し方があります。 まだ日本では頭痛の原因はわかっていません。 一流のドクターに個人的に会っても、頭痛や痛みは原因は分からないと言います。 どのドクターも同じと言います。なぜ日本では分からないのか?   しかしビビッド・ライフのお世話になっている漢方の専門医は詳しい診断で原因をすぐに見つけます。 また、適切な治し方があります。 高度な漢方は頭痛に関しては最も角度の高い医学です。 実は頭痛の本当の原因は分かっています。 色々な頭痛 他の病気などに関連して頭が痛い。 生理、生理前、生理中の頭痛。風邪の頭痛、肩こりの頭痛、蓄膿症・副鼻腔炎の頭痛、 神経痛、虫歯、花粉症、血圧など、様々な病気による頭痛が有ります。 この頭痛はそれぞれの病気が原因です。漢方で治療方法ありますのでビビッド・ライフにご相談ください。   痛みが主体を「頭痛」として説明 今回の説明は、上記の他の病気が関連した頭痛ではなく、「頭痛」が主体の場合を説明します。   痛みのタイプ ズキズキ、ガンガン、ズキン、チクチク、鈍痛など   頭痛に伴う症状 悪寒、寒気、あくび、生あくび、めまい、吐き気、吐く、嘔吐、ふらつき、むくみ、立ちくらみ、微熱、発熱、高熱、だるい、倦怠感がある、気持ちが悪い、疲れ、下痢、眠気、涙が出る、寝起きに痛い、など。   頭痛時に他に痛いところ、悪いところ。 胸の痛み、胃痛、腹痛、腰痛、関節痛、背中の痛み、首の痛み、耳鳴り、鼻水、鼻血、貧血、目の充血、目がまぶしい、眼精疲労、しびれ、咳、など。   頭痛の場所 おでこ、側頭部、前頭部、前頭葉、こめかみ、眉間、後頭部、首の付け根、首の後ろ、耳、耳の奥、耳の後ろ、頭の右側、左側頭部、右後頭部、左後頭部、目、目の上、目の奥など。   頭痛がする時 ストレス、雨、寝不足・睡眠不足、睡眠時、慢性、偏頭痛、など。   頭痛の原因を区分けする ビビッド・ライフでは現代医学の名医に相談・診断できます。 また漢方の国際的な名医にも相談、診断できます。 頭痛の原因は現代医学ではまだ解明されていません。   一方、国際的な最先端の漢方では、実際は2000年前にはすでに頭痛の原因は見つかっていました。 この2000年間、頭痛のさまざま検証と治療が行われ、現在、最も高度な分析と治療ができます。 頭痛の原因は様々です。   ビビッド・ライフに依頼された場合は、まず何が原因か? どこから痛みが来ているか? 中医学の名医が判断します。   治療薬も名医が出しますので心配いりません。 「頭痛」の原因---予備知識 現在、国際的には「頭痛」の原因を解明しているのは最先端の中医学です。 この2000年間の研究、治療の歴史を見ますと、非常に多くの積み重ねがされて来ました。   予備知識 全身は五臓・六腑が動かしていますが、さらにその五臓六腑を動かしているのは「気・血・津液」です。 「気」とはエネルギー、「血」は血液、「津液」は体液の事です。この内「気・血」の二つが頭痛に関係します。   頭痛の原因・メカニズム 頭痛の病因は多岐に渡りますが、大きく分けると①体の外部から入って来たものと、②体の内側で発生したもの、の2種類あります。   ①体の外部から入って来たものが頭痛の原因 外部から入るものは「外気」です。 外気が体に侵入し、頭部に入り頭部を犯します。 人体の頭部には胴体部分から「気」が常時、流れて来ている。 外気が頭部を犯した状態で滞留し、胴体から上がってくる「気」を妨害すると、血が頭に来なくなる。 そして痛みがでる。これが頭痛です。   「気・血」の関係を説明します。 血は経絡を流れていますが自力では流れません。 血が全身を流れるのは気が機関車となって経絡の中で血を牽引しているからです。 ですから外気が頭に溜まって気を妨害すると血が流れて来なくなります。 人体の痛みは血が流れて来ないために起こります。 頭痛はまさに頭に血が流れて来ないために起きます。   ②体の内部で発生した問題が頭痛の原因 頭痛は肝・腎・脾のどれかが悪くなっています。 普段、肝・腎・脾が「脳」を作り、「脳」に栄養を与え、「脳」を維持しています。 肝・腎が作った血は脳に行きます。脾も気・血を脳に送り込みます。 しかし、肝・腎・脾のどれかが悪くなると、脳に流れるはずの気血が妨害され脳に流れなくなり、そこで痛みが発生します。 これが頭痛です。    頭痛の治療 原因の説明で、肝・腎・脾・気・血・経絡が出て来ましたが、非常に難しい判断が必要です。 高度な漢方ではこの判断・治療ができます。 しかし日本にはこのような高度な漢方を学ぶ医科大学の制度が無く、漢方の医師免許制度がないため、正規の漢方の医師がいません。   よって日本の病院用の漢方薬は138種類ほどにとどまっています。 このためビビッド・ライフでは難しい病は本格的な漢方の治療ができる国際的な名医に相談・診断が受けられる体制を取っています。 名医が9000種類の漢方薬の中から必要に応じて処方してくださいます。   頭痛はどのような治療が良いか? 二つの治療方法 現代医学と漢方は全く違った方式を取っています。 例えば血液検査では肝臓・腎臓が正常で有っても、漢方医が診断すると肝・腎が悪い時があります。 これはどちらも間違っていません。 どちらも正しいのです。   両方とも違った観点から診断しているのです。 例えば肝臓と肝は違います。 機能・働き・関連など全て違う判断をしています。 ですから現代医学で肝臓が頭痛の原因との診断は出ません。   しかし漢方では「肝」が頭痛の原因と診断します。 現代医学は対処療法により、痛みどめを打つ方法になります。 したがって、自然消滅しないかぎり頭痛はその後も長く続きます。   漢方の治療方法 これに対し、漢方は頭痛の色々な原因の内、どれが原因になっているのか特定できます。 またその原因から頭痛が起きる途中のステップで体にどのような問題が起きているのか特定します。 つまり発生原因、次に途中経過で悪くなっているところ、そして脳の部分の大きく分けて三部分の状態を特定します。 そして必要な治療をします。   関連の資料があります。 頭痛の原因がわかる唯一の医学、中医学の専門医はどこが原因か全て分かります。根本治療。 https://js-vivid.com/zutu-3/ 群発頭痛の治療に必要な中医学の知識。世界トップの漢方の頭脳が集まる上海、その大病院の名医に相談。 https://js-vivid.com/gunpatu-1/   下記をご覧下さい。 頭痛から解き放たれたい人は必見。 もっと大事な説明があります。 無料です。なんども見れますのでご覧下さい。   頭痛の根本的治療をしたい人、お困りの事、なんでもご相談ください。相談量は無料です。   個人輸入代行の総合ページはこちら  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

脳卒中の原因、最も高度な中医学・大病院の治療方法を紹介。

無料相談はコチラ 脳卒中は漢方と現代医学は治療の仕方が全く違います。 漢方はさっと危険を回避させます。 また漢方が見つけた脳卒中の原因は現代医学と全く違いますので、多くの方がびっくりすると思います。   しかしそれをきちっと治療しないと後遺症の治りが悪い、再発の危険が高くなります。 脳卒中は、脳梗塞、くも膜下、脳出血などの総称です。 昔、脳卒中を「中風」と言ってたのをご存知ですか?   なぜ中風というのか? 実は脳卒中は状態が「風のように動き、変化するためです」これは2000年前の医学書にすでに出ていました。 実際、脳卒中は様々な症状になります。 脳卒中の主な症状は 突然意識を失って倒れる、半身不随、顔面の神経麻痺、言語障害など。   脳卒中時の危険を回避する高度な漢方の力とは 救急車で運ばれ「手遅れ、危篤、打つ手無い」と言われた場合でも、高度な漢方は意識を回復させることも可能です。 入院中の危険状態を回避するには高度な漢方が役立ちます。   脳卒中の原因とは 発病の下地---気・血・津液 人体を動かす三大要素は「気・血・津液」です。 気は体内を回っているエネルギーです。 血は血液。 津液(しんえき)は体の中の水分です。   この三つは常に体の中を循環しています。 もしどれか一つだけでも循環する力が弱くなると、やがて病気になります。 脳卒中を起こす人は下地として「気・血」が欠損している、虚弱な状態になっています。 つまり脳卒中にならなくても、別の大きな病気に確実になる状態です。   陰陽のバランス なぜ脳卒中になったか? それは陰陽のバランスが関係しています。体は全て陰陽があります。体の表面が陽で、体の内側が陰です。上半身が陽で、下半身が陰です。このように体のすべてに陰陽が有ります。(日本で漢方の難問は陰陽の判断です。この陰陽がわかれば優秀な漢方医になれます。) 知られていない原因とは 脳卒中は「心・肝・腎」の陰陽のバランスが壊れています。 脳卒中は確かに頭部の血液が関係する病気です。 日本では緊急の場合は頭部を手術します。   それは良いとして、実は「心・肝・腎」の病気なのです。 これは全く日本では知られていません。 漢方で治療すると医師が「心・肝・腎」のどれかの薬を出して来る時があります。 実は脳卒中を良くしようと思えば、「心・肝・腎」 の治療が必須になる時があります。   その他の発病のきっかけ 多いのは精神面です。 それに多いのは飲食です。 特にお酒は関係します。 これらは別に詳しい説明書にて、どのようなステップで発病するのか説明します。   間違った迷信 日本では血液をサラサラする薬を飲んでいるから脳卒中は大丈夫〜という人が多い。 では救急病院のドクターに確認してみてはいかがでしょうか? 有名病院のドクターに直接、聞いて見ましたらこんな答えが返って来ました。 「血液サラサラを飲んでも効果がない。それを飲んでいる人が次々と脳卒中で運ばれて来る」と。   サラサラがどれでけ良いかは担当外ですので、タッチしませんが、それだけ脳卒中は難しいと言う事です。 中医学でも血液を綺麗にする薬はよく使います。 しかし漢方はサラサラだけではなく、血液の質を改善する治療をします。   最先端の中医医学の治療 脳卒中は最も危険な病気ですから、必ず漢方の名医に相談する必要があります。   ①現在、危篤状態、昏睡状態で有っても、 中医学の薬を口に入れることが出来れば、助かる場合がある。 本当なら注射や点滴で漢方を体に入れれば、ほとんどの人が助かり確率が上がります。 手術しなくても良い場合が増えます。   ②あるいは手術するのが手遅れ 年齢的に手術が無理な患者でも、高度な漢方は短時間で危険状態を解消する場合がある。   ③あるいは片方の脳の全面に血液が充満した場合 植物人間になるので、現代医学では処置で、あるいは自然に死なせますが、この場合でも高度な漢方は2〜3時間で危険状態を乗り超え、復帰させる場合がある。 これはビビッド・ライフだからでは無く、高度な漢方であれば国際的にも普通のことです。   救急車が来るまでの漢方治療 脳卒中を起こした場合、すぐ救急車を呼ぶのは正しいですが、搬送中に救急車の中で死亡したり、タクシーや家族が車に乗せて病院に駆け込んでも、待合室にいる間に急変し、死亡する場合も珍しくない。 このためビビッド・ライフでは希望者には脳卒中の治療薬を日頃から持たせています。 ハンドバックや自宅の救急箱に入れていつても使える方にしています。 脳卒中が発生した場合、直ちにその薬を飲めば、病院に着くまでに、病状は山場を越し、良くなっています。 このような薬は日本には有りません。   入院中、退院後の漢方治療 半年間ほど入院して退院後は車椅子の人でも、漢方の治療を早くした人は、治療が上手くいけば杖の必要も無く歩行できる人もいます。 その後は自動車の運転まで前と同じようにできる人もいます。 病状や個人差が有りますので一概には言えませんが、全く会話ができないほどヒドイ状態の重症の人でも回復が上手くいく場合が有ります。   治療の重要ポイントは早い時点で漢方を使うことです。 血が固まら無い内が有利です。 入院中に中医学の薬を飲むことを承諾してくださる病院なら良いですが、 そうで無い場合は退院後に飲ませる事になりますので、 その頃には血がほとんど固まっていますので、 それからの中医学の治療では非常に不利です。   退院後、年数が経っている場合 車椅子生活の人や寝たきりの場合、大概は病状は進みます。 つまり硬直が進みます。 .脳卒中の再発率は厚生労働省の統計を見ると、ほぼ50%の人が再発しています。   まず現状の体の状態を可能なかぎり改善するには高度な漢方治療なら改善する可能性があります。 またその治療自体が再発防止にもなりますので、漢方治療を試して見ると良いです。 身内に脳卒中の人がいる場合、よく分かると思いますが、病院から薬が出て毎日飲んでいます。   しかし長期で見た場合、だんだん進行している事がわかります。 手足が全く動かなくなったり、会話が一切できなくなった人をよく見ます。 発病後はずっとそれほどヒドくなかったのですが。。。 こうならないようにしたい人は高度な漢方を使ってください。   再発防止の方法 脳卒中の再発防止ですが、ここまですればもう大丈夫という確実に安全なラインはありません。 最善を尽くす事、あとは運を天に任せるしかありません。 しかし中医学の医学書を見ますと、予防する心がけや、生活の仕方、予防の体操の仕方などがあります。 実際に再発防止の治療する人には必要な事ですので、それらは教えます。   漢方の名医が必要です。 日本は明治政府の判断間違いで漢方が正規の医療から外されました。 江戸時代末期までは相当に高度な漢方が研究、治療されていました。 鎖国が解かれた明治には本来なら、さらに高度な漢方の知識やレベルの高い漢方の薬草が海外から日本に入り、格段に優れた漢方が発展するはずでした。 そのチャンスを明治政府が潰しました。   それからずっとですが、現代も日本には高度な漢方医学の大学制度はありません。 また漢方の医師免許制度はありません。 したがって中医学と同等の高度な漢方の治療をする病院はありません。   日本の病院用の漢方薬は138種類ほどで少ないです。 対策として、ビビッド・ライフは漢方の国際的な名医に相談・診断ができる体制をとっています。 病院用の医薬品は9000種類あつかえます。 もちろん名医からの処方箋に基づき薬剤部が薬を出してくれます。   脳卒中の関連の記事ができました。こちらをごらんください。 脳卒中の治療、漢方の取り寄せ方法。体験報告。 脳卒中の動画   さて、本気で治療に取り組みたい人に、日本人が誰も知らない「脳卒中の原因」について分かりやすく書きました。 下記をご覧ください。無料ですので、ぜひ参考にしてください。 予防方法や再発防止も書いています。   お困りのことがあればなんなりとご相談ください。無料相談お受けしています。   個人輸入代行の総合ページはこちら  

頭痛・脳・認知症・神経・精神

2020/7/15

てんかん 中医学 安全な薬を手に入れる。

無料相談はコチラ  ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。   「てんかん」で困っている人がいます。 治らず困っている。 なぜなのか? てんかんについて説明します。   「てんかん」には種類があります。 1)生まれながら、あるいは幼児の時に「てんかん」が始まるケース、 さらに人によっては、もっと大きくなって、いつの間にか「てんかん」になる場合があります。 青年・成人・高齢者などです。 これらは多くは基本的な「てんかん」です。   2)事故やケガ、病気で脳の損傷を負って、その影響で「てんかん」になっている場合があります。   前者は今からここで説明する内容で、原因が分かります。 後者は、状態が様々です。 詳しい事は診断で分かります。 両方ともまず 以下をご覧ください。    信じられないことがです。 「てんかん」は頭部の神経の問題と思われて居ます。 しかし「頭部」が原因ではなく内臓の故障が原因です。 大概の人は信じられないでしょう。 「脳の電気信号の問題」と反論する人もいます。 しかしこの2000年間、歴代の多くの医師が治療し検証した内容です。 てんかん は4000年間の治療実績があります。   てんかんは、ほぼ4000年・3000年前から治療して来たと推測されます。 なぜなら中国各地で行われていた治療方法が医学書にまとめられたのが2000年前です。 その医学書が「内経」で、その中の「素問」にてんかんの原因、メカニズムが詳しく書かれています。 その後、この2000年間に渡り、より詳しい分析と検証がされて来ました。 今日の治療の根本になっています。   診断で治療が必要な所を見つけます。 根本から治療します、つまり原因箇所を治療します。 五臓六腑の故障の影響が脳に来ることで「てんかん」発作をしますので、まず先に診断でどの臓器が損傷しているのか見つけます。    脳の働きについての知識。 脳は単独で動いているのでは有りません。 脳は常に腎の支えが有って活動できています。 もし腎が弱くなったり損傷を受けると脳は大打撃が来ます。 さらにいえば、腎は単独で働いているのでは無く、他の臓器と関連しながら働いています。   つまり脳は多くの臓器に支えられながら動いています。 ところが内臓が何らかの影響で損傷したり、働きが低下すると、脳を正常に支える事が出来なくなります。 その時に発作が起きます。それが「てんかん」です。 このように内臓(五臓六腑)の故障・損傷は「てんかん」の根本原因です。 もちろん五臓六腑それぞれによって病状が違います。   貴女の「てんかん」を良くするには、内臓(五臓六腑)を治療します。   五臓六腑のどこが故障しているか、診断して特定する。 「五臓」は心・肝・腎・肺・脾です。 このどれかが故障・損傷しています。 「六腑」は胃・胆・大腸・小腸・膀胱・三焦ですが、このどれかが大きな故障・損傷を受けています。   どこが悪くなっているか?専門医が診断すれば的確な事がわかります。 五臓六腑の機能が違います。 肝臓と書かずに「肝」と書いています。 腎臓と書かずに「腎」と書いています。   西洋医学とは臓器の機能の見方が違うからです。 例えば肝臓は正常で有っても肝は故障・損傷しています。 ですから専門医が診断しないとどこが悪いのか?見つける事ができません。 「てんかん」は五臓六腑の診断は欠かせません。   診断で分かること 内臓(五臓六腑)から「脳」につなげているのは「気・血・津液」です。医師が診断すれば「気・血・津液」が全て悪くなっている。 それが「てんかん」発生の原因になっている事が分かります。   「気血津液」について知る 1)気・血が不調で流れなくなる。 2)津液(しんえき)が不調で流れなくなる。   この現象は大変な事なのです。実はこの三つが流れる事で全身が動いているのです。 自動車で言えば「電気・ガソリン・水」です。 自動車でも人体でもこの内の一つが上手く流れなくなれば、全体の働きが悪くなります。 それが三つとも全て悪くなったのが「てんかん」です。   「てんかん」は「気・血・津液」を治療する必要があります。 以上で治療する方向は説明しました。 まだピンと来ないのではないでしょうか? 少し補足説明します。 てんかん は「気・血・津液」が大事な要素です。   ①中でも「気」は特殊です。 人体には「気」と言うエネルギーがあります。 日本では元気、やる気、雰囲気など気を使う言葉はたくさんあります。 これはただの言葉ではなく、実際に人体に有る物です。   気は人体の様々な臓器を動かすエネルギーです。 もう一つの役目は「気」は血を全身に回す役目をしています。 気の力が弱いと血が全身を回りません。   脳に血が来ないので脳が正常に働かないのです。 それが「てんかん」となっています。 ですから「気」の治療が非常に大事です。   ②同じように「血」の働きが大変大事です。 「気」を正常にしても「血」の質がどうなのか? 正常な血なのか確認する必要があります。 血の質が悪くないか? 血の通り道でスムーズに流れているか?   特に脳につながる通り道はどうか? のチェックを診断します。 この診断と治療が必要です。 気と血が正常に流れてくれば、脳の働きは急速に回復します。   ③てんかん は津液が特に問題です。 津液(しんえき)とは体の中に有る水分です。 血の元になるものと、水分のまま全身に回って潤いを作ったり、関節などの接合部でクッションの役目をするものとがあります。 両方を津液と言います。   ところがこの津液が濃すぎると流れなくなります。 そして間違って血の通り道に入り込み、脳の働きを止めます。 これが「てんかん」です。 ですから「てんかん」治療には津液の治療が欠かせません。 いかがですか? どれも治療が必要です。    2)事故やケガ、病気で脳の損傷を負っててんかんになった。 事故・病気で「てんかん」になっている場合があります。 診断でいろいろな事が分かります。 まずどの臓器が故障しているか直ぐに分かります。 そこと脳との関係も診断で分かります。   脳の状態を診断します。 内臓の状態も診断します。 臓器によって脳とつながるルートが違いますので、どのルートなのか確認します。   「気・血」が悪くなっていないか? どの辺りで詰まっているか?診断します。 同時に「津液」がどこで詰まっているか? 診断します。   以上、概略説明しました。参考にされて下さい。   関連の記事があります。ご覧ください。 てんかん 中医学・大病院・名医 根本治療薬 総合情報。 https://js-vivid.com/tenkan-15/ てんかん 医師処方 子供の健康・安全 https://js-vivid.com/tenkan-5/ てんかん 個人輸入 ミツコ&姉 根本治療薬 https://js-vivid.com/tenkan3/ 「てんかん」のあれこれ、問題点、疑問点を説明します。 https://js-vivid.com/tenkan2/   個人輸入代行の総合ページはこちら  

© 2020 Powered by AFFINGER5