肝・腎

肝・腎

2020/7/15

多発性嚢胞腎 嚢胞肝 悪化、腎不全の危険、体がだるい、根本治療する方法、安全・副作用のない方法。

無料相談はコチラ   多発性嚢胞腎の情報ページです。 中医学の大病院・名医は多発性嚢胞腎の状態を緩和し進行を停止する治療をします。 治療には個人差があります。   記事担当の後藤です。 「こんにちは 医学書、上海の先生の診断、 中国有名病院の情報を買いて居ます。」   「中国の中医学は多発性嚢胞腎はかなり良い治療をします。 もちろん大病院・名医が治療すればの話です。」   「多くの有名医療機関が多発性嚢胞腎の治療を行なって居ます」 下記に説明記事を書きますのでご覧ください。 早くお元気になります事を願っています。」   使用するのは海外のお薬です。 個人輸入代行で手配します。 病院用の薬ですので、必ず大病院・医師に病気・体の状態を相談し、処方していただき、薬剤部より薬を出していただく方法になります。 薬の代金は日本相場より安く手配、日本相場の2〜3割位の金額です。   情報の大事さ この病は一般的には非常に難しい病気です。 次第に悪化します。 もし良くなろうと思えば情報と判断力が大事です。 多発性嚢胞腎とは何? 1)多発性嚢胞腎は腎に水が溜まった袋が無数にでき、 腎が大くなり、そのため腎が機能低下する病です。 多発性嚢胞肝も同じように肝に水が溜まった袋ができ、肝機能が低下する病です。   2)多発性嚢胞腎は遺伝が原因です。 実際には胎児の段階ですでに始まっている可能性が高く、早い場合は3歳児でも発病します。 しかし普通は30〜40才以降に発病します。 腎不全になり多くの方が、60歳までに人工透析になります。   3)腎の損傷が激しい。 腎の肥大、腎からの痛み、血尿、高血圧、腎機能不全などが多い。 脳動脈瘤ができる場合もあります。   4)両方の腎以外にも障害が広がっています。 3つ以上の箇所を悪化させています。 多くは胆、肝、膵、脾、卵巣に水泡ができます。 つまり多発性嚢胞肝のように水泡が出来ます。 中医学で実際に治療する方法は3種類有ります。 1)多発性嚢胞腎は必ず「腎」を治療します。 腎を補い温める治療をします。 腎の熱を清める治療をします。 腎に影響している湿邪を取る治療をします。   2)血の治療をします。 血の熱を清める治療をします。 止血の治療をします。 血の働きを活発にします。 血の固まりやうっ血を溶かす治療をします   3)腎以外の臓器を治療します。 嚢胞肝は「腎と血」の治療をします。 肺を治療する時が有ります。 脾を治療する時があります。 その他の臓器も治療する時があります。 多発性嚢胞腎の原因になっているからです。   この治療は、副作用がありません。   中医学、治療時の問題点 多発性嚢胞腎や多発性嚢胞肝の患者を治療するときに一番の問題は、食欲が全くない、あるいは食べ物を吐き出す事もあります。 これは同じように薬を飲めない、薬を吐き出すことが多い。   つまり中医学の飲み薬による治療ができない状態です。 上海の病院に来院か入院するなら、中医学の注射や点滴で回復させます。 しかし日本ではそれが出来ないので、一旦、上海の医師にご相談ください。   治療の重要ポイント---中医学が良いわけ。 多発性嚢胞腎は腎に水が溜まった袋が無数にできます。 両方の腎以外にも障害が広がっています。 これだけでも大変な病気です。   そしてもっと困ったことに3つ以上の箇所を悪化させています。 多くは胆、肝、膵、脾、卵巣に水泡ができます。 つまり嚢胞が出来ています。   腎は神秘の臓器です。胆、肝、膵、脾、卵巣も同様です。 非常に難しい治療です。 しかし、この分析は中医学は解明済みです。 適切な治療法が2000年前からあり、治療薬が多種あります。 中医学(中国)は世界で最も歴史があります。 多発性嚢胞腎が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。 この医学者では、それよりもずっと前から多発性嚢胞腎が治療されて来た。 そして多発性嚢胞腎の詳しい原因や治療法がすでに存在する事を表しています。   (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915   現在、多発性嚢胞腎を根本治療しているのは中国の中医学だけです。 中国の優秀な大病院や名医なら正確な診断・治療が可能です。   医師と薬が一番大事な理由 中医学はどんなに良い治療方法であり、 どんなに良い薬がたくさん有っても、それを使いこなせる医師は居そうで居ません。 もともと中国の大学では中医師の免許は非常に厳しい試験で、大変優秀な人しか免許は与えてくれません。 それほど優秀な医師でも実際の治療となると、さらに高度な知識、経験、実力が必要となります。   世界でもっとも高度な知識が必要で、極端に言えば天賦の才能さえ要求されます。 多発性嚢胞腎は腎だけでなく胆、肝、膵、脾、卵巣のどれかに嚢胞ができています。 しかも3箇所以上に。   これは実際の医療を知れば知るほと難しい治療です。 これを根底から改善できる医師はそう容易くいません。 ビビッド・ライフは上海の大病院・医師と長いお付き合いをしているのはその為です。   多発性嚢胞腎の総合ページはこちらから   下記に多発性嚢胞腎の記事があります。ご覧ください。 多発性嚢胞腎の治療、高度な漢方で治療可能。ビビッド・ライフ。 多発性嚢胞腎を漢方で治療する重要な秘訣とは   多発性嚢胞腎と嚢胞肝で、どう判断して良いか分からない事。 腎不全と人工透析、腎の良い治療方法、高度な漢方。 多発性嚢胞腎は非常に危険な病気、費用を掛けてでも十分な治療が大事。   多発性嚢胞腎は名医なら良い治療が出来ます。 今すぐ多発性嚢胞腎を詳しく知りたい方に多発性嚢胞腎のより詳しい無料の資料を差し上げます。ご覧ください。 下記よりダウンロードしてください。   中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「多発性嚢胞腎」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。  https://baike.baidu.com/item/多发性肾囊肿 他にも有りますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。   上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。 この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。 個人輸入代行の総合ページはこちら   関連の記事をご覧ください。 多発性嚢胞腎 嚢胞肝 根本治療薬 総合情報。 https://js-vivid.com/noho-15-1/    

肝・腎

2020/7/15

「 IgA腎病」の根本治療。中医学・大病院・名医の治療情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報

  無料相談はコチラ   IgA腎病の総合情報ページです。 中医学・大病院・名医は根本治療をします。 根本治療は正常な体に戻すのが目的です。   記事作成:担当の後藤です。 IgA腎病になり大変お困りと存じます。 腎の治療方法については中医学は古来より治療して来て、多くの実績が有ります。 中医学は根本治療します。   詳しい情報を書きますのでご覧ください。 お元気になります事を切に願っています。」     中国の中医学の大病院を調べますと 腎の治療は体にやさしく、根本治療をして体を本来の状態に戻す〜治療をしますので、大変良い成果を出しています。   IgA腎病とは 1)発作性肉眼血尿 子供に多い。肉眼で確認できる血尿、これは扁桃腺炎など、呼吸道に感染した後に起きる。 また尿路に感染、あるいは急性胃腸炎になった後に発生する。 肉眼で確認できる血尿は数時間・数日間続く。 大人は血尿が消えている場合も有る。   全身に感じる軽い症状 筋肉がだるい痛みがある。 腰が痛い。 尿をする時に痛い。 血圧や尿素が一時的に上がる場合がある。   2)顕微鏡で見える血尿、無症状性タンパク尿 これは児童や青少年のIgA腎病に多い症状です。   3)タンパク尿 普通、軽度のタンパク量です。   4)腎総合症など 一部の人は IgA腎病から腎総合症、急性腎炎総合症、腎機能の極度の衰弱 になる場合も有ります。   腰痛を伴う血尿、 あるいは腰痛があります。   IgA腎病の原因・メカニズム 総括として IgA腎病は陰虚あるいは気虚が本である。 風邪(フウジャ)・瘀血・湿熱が特徴。 気虚は瘀血がある。 陰虚は常に湿熱。   1)风邪外袭証 熱邪が風に乗って体を襲った。 熱邪が体に入り肺に達した。 熱邪が体の下に降り膀胱に達した。   体内の水の運行が悪くなった。 熱が下腹部に結するようになった。 これで体が水膨れしたり血尿が出てきた。 IgA腎病を発病した。   発熱か瞼が腫れている。 喉が渇き痛い。 のど仏が腫れて大きい。 喉が乾くので水を飲みたがる。     2)肝腎陰虚証 ①元々の体が陰が虚弱。 ②あるいは面倒な仕事をし過ぎた。 それで肝腎が陰虚になった。   陰虚は直ちに体内で熱を生む。 そして腎につながる経絡(血の通り道)を損傷する。 そして血尿が出る。 IgA腎病を発病した。   腰が怠く足がしっかりしない。 手足など五心が熱を帯びている。 めまい、耳鳴りがする。     3)脾腎気虚証 元々の体が気が虚弱。 あるいは労働をし過ぎた。   この為、腎・脾を損傷した。 これで腎・脾が気虚になった。   これが原因でタンパク尿がでて来た。 気が血をコントロールできないので血尿が出た。   膝腰が疲れやすく、しっかりしない。 精神的が疲労し、食欲不振。 夜間の尿が頻度が多い。     IgA腎病の状態 中医学診断  1)陰虚内熱の状態 陰が虚弱で体内に熱が出るタイプ。 鮮血の尿が出る、 あるいは顕微鏡で血尿が確認できる。   口が渇き喉が乾燥する。 手足など五心に熱が有る。 腰がだるく痛い。   2)気陰両虚の状態 気・陰の両方が虚弱の状態。 血尿が軽かったり重かったりする。 普通の血尿は顕微鏡で見れる程度がのケースが多い。 過労が積み重なると肉眼で見える血尿になる。   手足に心熱がある。 息使いが短く力が無い。 食欲が無く食べない。 口が渇き喉が乾燥する。   3)脾腎気虚の状態 脾・腎の気が虚弱。 血尿の人はほんのり赤い顔をしている。 血尿は必ず顕微鏡で見える程度。   手足が疲れて力が入らない。 膝・腰がだるくしっかりしない。 元気が無く物も言えないほど怠い。 味が分からない、食が細い。     IgA腎病の治療 1)陰虚内熱の治療 ①陰を滋養する治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③血の熱を落ちつかせる治療をします。 ④止血する治療をします。虚   この陰虚内熱型は治療が4つに別れます。 a)風熱がある場合の治療 b)湿熱がある場合の治療 c)風が腎の経絡(血の通り道)に入った場合の治療。 d)陰虚と瘀血の場合の治療。     2)気陰両虚の治療 ①気を益す治療をします。 ②陰を養う治療をします。 ③止血の治療をします。 ④気虚が主体の時と陰虚が主体の時の治療は異なります。     3)脾腎気虚の治療 ①脾を健康にする治療をします。 ②腎の働きを補う治療をします。 ③気を益す治療をします。 ④血液の生理機能を増加させる治療をします。 ⑤免疫を上げる治療をします。   4)共通する治療。 IgA腎病は止血の治療が優先されます。 血尿が多い場合、血が瘀血になっている場合が多い。 従って治療は血の働きを活発にし、瘀血を溶かす治療が大事です。 あるいは瘀血を溶かし経絡の通りをよくする治療をします。      医薬品が大事です。 中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。     IgA腎病の薬の方法 上記の薬の写真はイメージです。 原因や治療方法に書いているように言っても非常に広範囲です。 どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。   体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。         中医学に驚きの連続 上海の医師がどのような薬を提案してくるのか断片ですが説明します。 中医学はどのような力を持っているのか、常に観察しています。   IgA腎病 は非常に複雑で、中医学でも一流の医師でなければ治療は難しい。 中医学は幅広く治療方法があるので驚きです。   依頼する全部の人に役立っていただきたいと思います。 中国の中医学の病院の情報を集めますと、腎の病はよほどの例外は除いて、殆ど良い結果を出しているようです。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のIgA腎病の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   IgA腎病を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースが多い。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がIgA腎病の治療でも出ています。   IgA腎病の治療---実例---「中西医結合医学」 1)IgA腎病は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 ...

肝・腎

2020/7/15

多発性嚢胞腎 嚢胞肝 根本治療薬 総合情報。

  無料相談はコチラ     ご覧いただきまして大変有り難うございます。 難しい病で大変お困りと存じます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。   多発性嚢胞腎の総合ページです。   中医学の大病院・名医は多発性嚢胞腎の根本治療をします。 初期・中期・後期が有り、病の深さが個人により違い、治療による改善度、治療期間は個人により違います。 早い段階の治療開始が大事です。     記事担当の後藤です。 「私は小学生の時に腎盂炎になりました。 あと数時間で命がないところでしたが近くの内科病院のお陰でたすかりました。 その後、長年、腎が虚弱な為、虚弱体質でずっと苦労しました。」   「多発性嚢胞腎は腎臓の病気の中でも最も難しタイプです。 中医学の大病院や名医は多発性嚢胞腎・嚢胞肝を根本治療します。」     多発性嚢胞腎の原因---中医学 原因 1)肝腎陰虚 肝・腎の両方の陰が虚弱。 肝の陽が旺盛。 目眩、耳鳴り、熱がある、膝・腰がだるく痛い。   原因 2)脾腎陽虚---多発性嚢胞腎の晩期。 脾腎の陽が虚弱。 湿と瘀血が互いに津液・血の流れを阻んでいる。 顔が白く浮腫んでいる。 寒がりで手足が冷え、腹・腰が冷えて痛い。 尿毒がある。   原因 3)温熱中阻---多発性嚢胞腎の後期。 湿熱が胴体の中位置くらいで津液の流れを阻いでいる。 吐き気が頻繁、食欲が無い。 目眩、皮膚が痒い、腰がだるい、動悸がする。 尿毒症。 多発性嚢胞腎の後期。   原因 4)陰虚内熱---血尿の人が多い。 陰が虚弱 体内に熱がこもっている。   原因 5)下焦湿熱---尿路から感染している人が多い。  下腹に湿熱が溜まっている。 熱尿、頻尿、急尿、湿尿、尿痛が有る。 発熱がある。 多発性嚢胞腎の治療---中医学 治療 1)肝腎陰虚 肝・腎の両方の陰が虚弱、肝の陽が旺盛。 ① 肝を滋養する治療をします。 ②腎を滋養する治療をします。 ③肝を落ち着かせる治療をします。 ④肝の陽の高まりを落ち着かせる治療をします。   治療 2)脾腎陽虚---多発性嚢胞腎の晩期。 脾腎の陽が虚弱、湿と瘀血が互いに津液・血の流れを阻んでいる。 ①血の働きを活発にする治療をします。 ②陽を温める治療をします。 ③津液(水)の流れを良くする治療をします。   治療 3)温熱中阻---多発性嚢胞腎の後期。 湿熱が胴体の中位置くらいで津液の流れを阻いでいる。 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。 ③血の働きを活発にする治療をします。 ④経絡の気血が通りが良くなるよう治療します。   治療 4)陰虚内熱---血尿の人が多い。 陰が虚弱、体内に熱がこもっている。 ① 陰を滋養する治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③血の熱を下げる治療をします。 ④止血の治療をします。   治療 5)下焦湿熱---尿路から感染している人が多い。  下腹に湿熱が溜まっている。 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。   多発性嚢胞腎の治療のステップ①〜⑦ 多発性嚢胞腎を中国の大病院・名医が行う治療。 ①  腎臓が損傷している部分に対し根本から治療します。 ② 損傷を受けた腎臓の細胞を修復する治療をします。 ③ 嚢胞の増大を抑えます。 ④嚢胞に溜まる水の元を抑制します。 ⑤嚢胞を次第に軟化させます。 ⑥嚢胞を次第に縮小させます。     中医学で実際に治療する方法は3種類あります。 1)多発性嚢胞腎は必ず「腎」を治療します。 ①腎を補い温める治療をします。 ②腎の熱を清める治療をします。 ③腎に影響している湿邪を取る治療をします。   2)腎以外の臓器を治療します。 ①肺を治療する時が有ります。 ②脾を治療する時があります。 ③肝の臓器も治療する時があります。 ④その他にも臓器を治療する時があります。   3)血の治療をします。 ①血の熱を清める治療をします。 ②止血の治療をします。 ③血の働きを活発にします。 ④血の固まりやうっ血を溶かす治療をします。   4)湿・津液(水)の治療をします。 ①湿を取り除く治療をします。 ②津液が痰を溶かす治療をします。     多発性嚢胞腎の症状 ・浮腫み、手足が寒く冷える、足腰がだるい、精神的に疲れる、体に力が無い、食欲不振、下痢、尿の量が少なく短いか長い。 ・手足が浮腫む、尿が出にくい、刺すような痛みがある、焼け付くような熱がある、背中・腰が張って痛い、食欲不振、口がべとつく、体が張って重たい。 ・排尿は短く赤い血を帯びている、耳鳴り、めまい、精神的疲れ、口が乾く、喉が乾燥している、膝・腰がだるい。   症状は診断で大事な判断材料です。     下の医学書は黄含教授や多くの医大の教官が 医学生やインターンに指導する時の医学書です。 世界の中医学の医師が持っている共通の医学書です。 見出しの太文字は「腎の病」の事です。   つまり人体の大元は実は「腎」なのです。 下の写真の2行目、中頃に「腎は人体の成長、発育、生殖の源であり、生命活動の根本」と書いています。   腎が全体の臓器の中心です。 ですから多発性嚢胞腎はもっと進むと肝・胆・膵・脾・卵巣にも嚢胞ができる場合があります。 これらの臓器は全て「腎」とつながっているからです。嚢胞腎が広がる理由がこれです。     治療によって結果が違って来ます。 多発性嚢胞腎は次第に腎不全に進む人が多い。 人工透析の治療が非常に多い。 腎の治療が難しいから悪化・進みます。   根本から良くしたい時は中医学・大病院・名医に相談すると事が大切です。 そのような病院は多発性嚢胞腎を根本治療する良い診断方法や優れた治療薬があります。 少しでも早い段階が良いです。   現実に中医学の診断受けた方は 腎・肝がすでに嚢胞になっている人が多い。 胆・膵・脾・卵巣については、嚢胞にはなっていないが、すでにポリープなどが出来て手術をしていたり、不調で既に治療中の人もいます。   それぞれの臓器はつながっていますので、中医学の専門医に診断を依頼し、総合の治療を受ける必要があります。 診断では脾・胃・腎・胆などや血、免疫などがどうなっているか詳しく分かります。 病状に応じた治療薬を出して下さいます。     多発生嚢胞腎の治療方法 中医学の情報 1)西洋薬による治療 安生要約だけでは薬の副作用が多い、悪化を止めることが出来ていません。 かならず中医学の薬と組み合わせて治療します。   2)手術による治療 手術6ヶ月前後で再発する場合が多く、腎機能が急速に落ちます。 この為、中医学の病院では、手術をする場合でも必ず中薬(漢方薬)の治療をして、再発させないようにします。   3)中医学(漢方)の薬による治療 どの優秀な中医師に聞いても、中薬(漢方)の服用による治療は非常に良い結果を出しているとの判断です。     中医学の治療ポイント ①腎が嚢胞を作る構造を持っています、その構造を無くす治療をします、これが最も大事です。 ②嚢胞には水が溜まった袋があります、これから水を出す理療をします。 ③これに従って嚢胞が縮小させる為の薬を使います。   この治療を中薬(漢方)でします。 副作用がありません。 病状により、医師判断で中医薬と一部に西洋薬を組み合わせる方法で治療する場合もあります。(中西医結合医学)     多発生嚢胞腎の水の出し方 非常に根の深い病気です。 嚢胞から水を出す薬を使いますが、袋に新しく水を作る構造がありますので、その構造がおさまり、最後の水が出終わるまでに4ヶ月〜1年掛かります。 期間が長いのは、腎や他の損傷した臓器の細胞に対して治療しますので、細胞が回復するのを待つ期間が必要です。 嚢胞から水を抜く薬は急激に抜くのでは無く、水が出てくる原因の治療をします。       中医学は世界で最も歴史があります。 多発性嚢胞腎が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。 この医学者では、それよりもずっと前から多発性嚢胞腎が治療されて来た。 そして多発性嚢胞腎の詳しい原因や治療法がすでに存在する事を表しています。   (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915   現在、多発性嚢胞腎を根本治療しているのは中国の中医学だけです。 中国の優秀な大病院や名医なら正確な診断・治療が可能です。   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   食事の指導 医師は必要に応じて食事の指導をします。 食事の影響が大きい場合があります。 治療中、絶対に食べてはいけないものがあります。 基本的に治療は中薬(漢方薬)だけでしますが、人によってはちょっとした食材を薬として使うときがあります。     多発性嚢胞腎とは何? 1)左右の腎臓に水分が溜まった袋が多数でき、腎が大きくなり、そのため腎が機能低下する病です。 多発性嚢胞腎だけでなく多発性嚢胞肝を伴う場合が多い。   2)遺伝性疾患です。 すでに胎児の時に多発性嚢胞腎になっています。 ...

肝・腎

2020/7/15

B型肝炎 驚きの情報 治療で消滅している人がいます。中医学・大病院・名医の情報 。総合情報。

  無料相談はコチラ   B型肝炎の総合ページです。 B型肝炎は治ることは無いと言われています。 しかし中医学で治療して、B型肝炎が消えた人もいます。   記事担当の後藤直伸です。 「B型肝炎で非常に難しい病気です。 A様は上海の先生に診断をお願いしましたが、果たしてどこまで 良くなるのか、大変心配しました。」   「先生方は当然のごとく、治るだろう〜など一切言ってくれません。 ところがつい最近の検査で、 B型肝炎が完治していました。 下記に詳しく説明しますのでご覧ください。」         上記の写真は本人から許可を得て出しています。 A様は戦後のベビーブームの生まれです。 15年前に保健所が飛んで来て、B型肝炎に感染している事を知らされたそうです。 その後も体調的には何も問題がなく、普通の生活をしていました。 B型肝炎のキャリアです。   中医学の治療を上海の先生に依頼したのは2015年です。 上海、大病院の名医に相談し、中医薬をしばらく飲みました。 その結果がどうなったか分からずじまいでした。   A様は病院に行って検査して欲しいと言っても、取り合ってくれないと言っていました。 一度、B型肝炎になった人は、どんなことをしても B型肝炎は消えることは無いので、検査しても無駄だから。 もう一つは通常の血液検査とは違い、別扱いの検査だから、その関係でなかなか検査してくれなかったのでは〜と言ってました。      8月に検査をしてくれたそうです。 医師はA様に検査報告で「B型肝炎は全部消えています」と告げたそうです。   どうやら本人も実感がわかなかったようです。 多分、医師が大喜びした風でもなく、なぜB型肝炎が消えたのか 不思議に思ったからかも知れません。 しかし、大変おめでたい事です。   A様はどのような経緯で中医学の治療をしたか? 実は健康管理に熱心な方で、最初◇百宝元を飲んだ事がきっかけです。   ◇百宝元は栄養補助食品です。 健康維持にお勧めしています。 A様は今も◇百宝元をずっと大事に飲んでいます。 これを飲んでいて、良さが分かり、良く中医学を勉強するようになりました。     2015年までに上海に団体で旅行に 何度か旅行に行く機会がありました。 現地で先生に診断を受けました。 もちろん、日本に帰ってからも先生に連絡を取りました。   キャリアですので、特に体が悪い訳でも無かったのですが 非常に心配ですので、とにかくしっかり治療しておいたほうが良いとの思いでした。   周囲のB型肝炎の人が肝硬変になり肝臓癌でお亡くなりになった事もあり、中医学で治療する気になられたそうです。   上海に行ったので、せっかくなら先生に会ってご挨拶したい、できたら診断も受けたいとの思いがありました。 しかし実際には上海に行かなくても連絡方法が有ります。 相談は日本にいながら資料を上海に送れば出来ます。   B型肝炎が消えた。 日本ではA様が初めての人かも知れません。 生きている限り、消えることのない病気と言われますので。   もちろん 中国では B型肝炎が消える例は多いのかも知れません。 B型肝炎はウイルスです。 実はウイルスは中医学の薬---薬草は大変良く殺せるのです。 どんなウイルスであれ、中医学の薬はウイルスを消滅する事ができます。   かと言って適当に薬を飲めば良いものでもなく どの薬を飲めば良いかは余程の上級の医師に診断を仰いで治療しなければうまく行きません。   とにかくA様は「B型肝炎が消えた」 これは快挙であるのは間違いありません。 おめでとうございます。   こんな事もあるのだと教えてくれただけでも大変ありがたく思います。     B型肝炎 B型肝炎は日本は非常に少ない地域です。 アジア全域では日本が唯一、B型肝炎が少ない地域です。 アジア全域、ロシア、中近東、アフリカ、カナダ、南米の上半分がB型肝炎が非常に多い地域です。 西ヨーロッパ、北ヨーロッパ、日本、カナダ、アメリカ、オーストラリア、アルゼンチン、チリなどが少ない地域です。   日本では注射の打ち回しで感染した事が大きな原因です。 注射は原因の一つです。 海外はそれ以外の原因が大変多い。 B型肝炎の原因---中医学 外因---外部が原因 外因①外邪の影響 大気の湿熱、疫病の毒による邪。 大気の寒湿、湿邪。 大気の暑湿、湿熱。   これらが体に入り「中焦」の流れを阻害した。 このため脾胃の運化機能は失われ、 よって湿熱が蒸され排泄されない状態になった。   その為、肝の流れ排泄が出来なくなり、 胆汁が外に溢れ、B型肝炎を発症する。 熱毒が非常に盛んで営血を損傷した場合は「黄疸」が出る。    ②飲食が不節制 飲食の限度が無く、飲酒が過ぎた為に「脾胃」を損傷した。 それで湿が体内で発生し、熱になり、肝胆を蒸した。 この為、肝気の流れ排泄ができなくなり、B型肝炎になった。 この場合は黄疸が出る。   内因----内部が原因 内因①----脾胃虚寒 脾胃が虚弱で冷えている。   元々の体が脾胃が虚弱。 過労。 病後に脾の陽を損傷した。   これにより脾の運行が失われ、湿が寒に変わった。 寒湿は「中焦」を阻滞させた。 胆汁の流れが阻まれ溢れだした。 B型肝炎になり黄疸が出た。   内因②---気滞血瘀 情緒が抑鬱か、激しい怒りで肝を損傷した。 そして肝が排泄や流れが出来なくなった。 それが経絡の気の流れを阻み気が滞留した。   血瘀が止まりB型肝炎を発病した。   B型肝炎の診断---中医学 中医学・大病院・名医の診断 中医学は医師免許が何段階も有ります。 最上位の医師免許を持っている名医は診断が非常に的確です。   診断では黄疸の判定を最初にします。 B型肝炎は病毒性肝炎の一つです。 診断で一番最初にする大事な判断は「黄疸」が有るか? 無いか? その違いで体内の状態の判断が違って来ます。   1)「血」が悪くなっている。 B型肝炎で毒性を持っている。 ウイルスが居る。   2)B型肝炎が侵入して臓器が損傷している場合が多い。 特に五臓六腑が悪くなって居る場合が多い。 肝と脾・胆・胃・腎が悪くなっている。 一般的に「脾・胃」の虚弱が最も多い。   重傷者は 「肝腎陰虚」あるいは「脾腎陽虚」になっている。 B型肝炎---診断で区分けします。 B型肝炎の状態は複雑です。 診断ではまず黄疸が出ているか、出ていないかで分けます。 急性と慢性は異なります。 虚実---陽熱、陰熱の違いが有ります。   1)急性肝炎 ①急性黄疸性肝炎 ②急性無黄疸肝炎 注射針による感染。 肝臓が腫れ、触ると痛い。 脾が少し大きくなっている。   2)慢性肝炎 ①慢性遅延性肝炎 ②慢性活動性肝炎   3)重症肝炎 ①急性重症肝炎 精神に異常があらわれる。 ②亜急性重症肝炎 肝性の脳病症状がでる。 ③慢性重症肝炎 重症肝機能障害。   4)胆汁鬱帯性肝炎 梗塞性横断が3週以上続いている。   5)肝硬変 ①静止性肝硬変 ②活動性肝硬変   B型肝炎の治療---中医学 治療 1)急性黄疸肝炎 熱がひどく湿に及ぶ、「脾・胃・肝・胆」が関係。 ①熱を清める治療をします。 ②解毒の治療をします。 ③濁りを溶かす治療をします。 ④湿の流れを良くする治療をします。   ⑤肝の働きをスムーズにする治療をします。 ⑥気の流れを良くする治療をします。 ⑦血の熱を清める治療をします。 ⑧止血の治療をします。   湿熱阻滞 ①湿の流れを良くして出す治療をします。 ②濁りをきれいにする治療をします。 ③熱を清める治療をします。     治療 2)急性無黄疸肝炎 脾胃湿阻 ①脾の働きを活発にさせる治療をします。 ②湿の流れをスムーズにして出す治療をします。   肝鬱気滞 ①肝の働きをスムーズにする治療をします。 ②気の流れを良くする治療をします。     治療 3) 慢性肝炎 湿熱内蕴 ①肝・胆に有る湿熱を流し出す治療をします。 ②脾と胃が調和する治療をします。 ③気の流れを良くする治療をします。 ④肝の働きをスムーズにします。 ⑤血の働きを活発にする治療をします。   肝鬱脾虚・脾腎気虚 ①肝のうつ状態を解く治療をします。 ②肝の働きをスムーズにする治療をします。 ③湿を取る治療をします。 ④脾を健康にする治療をします。 ⑤腎の気を高める治療をします。   治療 4)重症肝炎 ①熱を清める治療をします。 ②解毒の治療をします。 ③血の熱を下げる治療をします。 ④血の通り道の詰まりを取りのぞき血が流れるように治療します。 病状がひどく薬が飲めない場合は、病院で点滴・注射します。   治療 5)胆汁鬱帯性肝炎 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。 ③血の熱を下げる治療をします。 ④瘀血を取り除く治療をします。   B型肝炎の治療---補足説明 1)血の治療 ...

肝・腎

2020/7/15

慢性腎炎 腎不全や人工透析に持ち込まない  早期に改善 中医学・大病院・名医の治療

無料相談はコチラ   慢性腎炎を中医学で治療する時は、治療のポイントが西洋医学とは全く違います。 まず先に腎病の全てに関係する実例を説明します。 筆者は子供の時に腎盂炎で緊急入院して命を取り留めました。 その時はもちろん西洋医学の病院です。 西洋医学のお陰で今日、命が有ります。 ①これについて、②なぜ中医学が必要なのかを、どの「腎病」にも関連ある事ですので書きます。   私が腎盂炎で助かり、腎盂炎は完全によくなりました。 しかしなぜか体が弱く、常に虚弱体質状態で、学業は問題無かったのですが、問題は仕事についてからです。 とにかく体力が無いので目眩を起こし倒れるか、動けない人生でした。   ここが最も重要な点です。 腎盂炎は治っても腎は基本的に弱すぎて、どんな一般的な仕事にも耐える事が出来ないのです。 この状態は48歳になるまで、その状態が続きました。 実は48歳で中医学に出会ったのです。   あなたは中医学は知らないはずです、私もその時に初めて出会いました。 中医学に出会って腎の状態が良くなり、お陰で人並みの仕事が出来るようになりました。   「腎」を良くする事は西洋医学は出来ません。 慢性腎病が良くらないで、腎不全、そして人工透析に進むのはその為です。   ①西洋医学の「腎臓」の治療と、 ②中医学の「腎」の治療〜との違い。   上記の腎臓と腎は違います。 腎臓は物体です。 腎は機能です。 西洋医学は物体として考えていますから、なぜ良くならないのか分かりません。 つまり物体をいかに治療しても良くならないで困っているのです。   しかし中医学は腎臓と言う物体だけで無く、腎臓には様々な機能が有るのか知り尽くしています。 それが「腎」と言う表現です。 腎の様々な機能の内、どれが悪くなっているのか分かります。 そしてその機能を治療する薬が有ります。 慢性腎炎の驚く情報 普通、一般人なら腎病はどれも腎が悪いだけ〜と思いがちです。 しかし「慢性腎炎」は全く違うのです。 なんと「腎・肝・肺・脾」が関係している病気なのです。   つまり慢性腎炎は腎を単独で治療しても良くなりません。 腎と肝・肺・脾がどの様にリンクして悪くなっているのか見極める事が大事です。 これはすごい事です。 優秀な日本の医学もここまではとても出来ません。   中国の中医学界の評価を調べましたら 腎と肝・肺・脾の関係を診断し治療すると大抵の場合は慢性腎炎は良くなるとの事です。 これは中国の医学会の一般的な評価です。 良くなる可能性が大きいですから手遅れにならない内に早く治療を開始する事が大事です。 ビビッド・ライフは上海の大学病院など大病院の名医に相談しています。 それには理由が有ります。 ビビッド・ライフに寄せられる患者様の状態は最も難度の高い、つまり最も難しい相談が寄せられます。 これを治すには中国でもトップランクの病院・名医の力が必要だからです。 医師単独の能力がズバ抜けていますが、それだけで無く、大病院の持つ様々な医療情報を使う事が出来ます。 さらには上海の大病院は中国の代表格の病院です。 中国全土の医療情報が入ります。 これが治療に大きく役立つからです。     ぜひ◇百宝元を飲まれて下さい。 まず◇百宝元を飲んでみれば良さが分かります。 その上で上海の医師に相談するのも非常に良い流れです。   診断と治療は上海に行く必要は有りません。 自宅にいるままで良いです。 お気軽に無料相談をご利用ください。            

肝・腎

2020/7/15

目が見えない、治す方法を知る。漢方の大学病院に相談。

無料相談はコチラ お薬は勝手な判断は危険です。お薬手配の依頼者には安全な方法を取っています。まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れ、治療する方法です。 目が見えないで困っている人が多い。 どの程度、見えないのか?いつから見えないのか? なぜ見えなくなたのか? などによって違いがあります。 漢方では見えるようになる場合もありますが、全部のパターンではありません。   目が見えない状況は色々あります。 目が見えない状態は 1)見えにくいのか? ほどんど見えないのか? 失明しているのか? 2)糖尿などで手術をしてから目が見えなくなったのか? 3)生まれながら見えないのか? 4)高熱の後、見えなくなったのか? 5)悪くなってなん年くらい経過しているか? 6)これまで、他にどんな病気をしたか? 7)今、他に病気を持っているか? などの情報があると思います。 目が見えない ---色々なタイプ 目が見えないのでネットで色々と情報を集めている人は、下記のような内容が多い。 1)赤ちゃん、 乳児、 子供 2)妊娠、妊娠中毒症 3)ギザギザがある、チカチカする、ぼやける、目やに、真っ暗、フラッシュ、 真ん中、真っ白、眩しい、半分、左目、眼底出血、眼精疲労、緑内障、白内障 4) 頭痛、頭が痛い、偏頭痛、しびれ、立ちくらみ、のぼせ、吐き気、 首を振る、耳が聞こえない、めまい、吐き気 、嘔吐、脱水 、冷や汗、貧血 5)髄膜炎、腎臓、脳梗塞、てんかん、自律神経失調症、低血圧、低血糖、 認知症、糖尿病、脳、 脳腫瘍、膠原病、脳貧血、 脳梗塞、脳出血 6)事故、打撲 、脳震盪 目の治療方法 上記の色々なタイプを見ますと、どれもすでに眼科では治療が難しい内容が多いです。例えば緑内障、白内障では、上手な眼科さんに行けば目が見えなくなることはほとんどありません。 しかし、緑内障、白内障は漢方から見ますと漢方内科の治療が必要です。漢方内科の治療を加えないと目がそのまま見えなくなる人もいます。 また目を何度も手術している場合、視神経やその他をかなり切り刻んでいますので、漢方で正常に戻そうにも、不可能はことがあります。手術は基本的に1回までとした方が無難です。それ以降は優れた漢方医に相談する事が大切です。   目が見えなくなるのはなぜ? 目は基本的に「肝」が関係します。肝臓ではなく、肝臓系統を漢方では「肝」と呼びます。色々な状況で「肝」に影響が来て目が見えなくなります。 1)赤ちゃん、  子供 2)妊娠、妊娠中毒症 3)目にギザギザ、フラッシュ、眩しいなど 4)眼底出血、緑内障、白内障など 5) 頭痛、吐き気など 6) 首を振る、耳が聞こえない、貧血など 5)髄膜炎、 認知症、糖尿病など 6)事故、打撲 、脳震盪など これらはすでに病院では治療してきたが、改善がないのであれば、基本的には方法がないのだと思います。 漢方では、かなりのウエイトで良くなる人が多い。 高度な漢方を使うと、目が見えるようになる人も非常に多い。しかし、全部の人が良くなるのではありません。 過去、不可能と言われた状態でも、非常によく見えるようになった人は多数います。どなたも白くぼんやり光が見える程度に悪かった人たちです。 これを治せるのだろうか?と非常に心配した事が多くありますが、案外、あっさり良くなりました。高度な漢方の素晴らしさには驚きです。 もちろん、治らなかったケースもあります。目の手術を4〜5回していました。これは治療は難しかったです。 目を見えるようにするには秘訣があります。 目が見えなくなれば一生、大変です。西洋医学では不可能な場合、深入りして、先ほどのように手術をくり返さない方が良い。 それよりも、高度な漢方医学では、「なぜ目が見えなくなったか?」その原因がほとんどはっきり分かります。そこを治療しなければ、永久に目が見える事はありません。 また体の状態が悪化するほど、治療が難しくなりますので、下記の説明を参考にされてください。資料は無料です。何度でもご覧できます。     個人輸入代行の総合ページはこちら  

肝・腎

2020/7/15

非代償期肝硬変は危険な状態。中医学・大病院の最先端の情報。

非代償期肝硬変をご存知ですか? 肝硬変が進み、正常な肝細胞が少なくなっている。肝の働きが余裕がなくなり限界に達している段階です。残りの正常な幹細胞で、やっと肝が機能しています。治療方法は非常に難しい状況です。 肝臓・肝硬変には最先端の漢方はどのような治療するのかご紹介します。   このような段階で気づくことがあります。 まず腹水が溜まり出します。 しかも急速に増えます。1週間もしたら、大きな腹になります。 肝臓が元々悪い人、肝硬変の人、C型肝炎の人は日頃、治療を受けていると思います。ですから、腹水は経験したこともあるかもしれません。 もしお腹が大きくなり出したら、腹水を疑ってください。即、医師に相談してください。   もう一つ肝臓の悪い人は観察する所があります。それは顔です。 いつも顔を観察することが大事です。黄色っぽい顔色になり出したら黄疸です。 顔がやけに黒くなって来たなら〜と思った時は、肝臓は相当に悪くなっています。 数ヶ月前はきれいな顔をしていたのに、すごく黒くなって来る時があります。それは肝臓を疑った方が良い。 実際、非代償期肝硬変になった場合、顔は相当に黒くなっています。   体が非常にきつくなります。 お友達と遊びに出られたのに、体がやけに重たい、息が上がる、だるいなど〜異変を感じます。 いきなり非代償期肝硬変になるのでなく、それまでに、肝硬変を経験してますから、おかしいな〜と気づくはずです。その時は直ちに漢方の医師の相談しましょう。 この非代償期肝硬変になると命の危険がかなり高くなります。ご高齢者の場合、体力が元々弱っているので、特に影響は大きいと思います。 おかしいと感じたら直ちに漢方の医師に相談し、治療をする必要があります。   非代償期肝硬変の治療 ビビッド・ライフの場合、肝硬変になり、漢方で治療したら、その後は少量でも予防薬を飲むのように勧めています。健康維持も大事ですので、◇百宝元を飲む人も多い。 しかし、予防体制が弱かったり、体を無理したり、加齢による体力が落ちると、非代償性肝硬変に進む危険が出てきます。 例えば真夏は体力を消耗しますので、肝臓・腎臓に負担を掛けます。再発しやすい時期です。 肝硬変の危険な状態から脱出は非常に難しい。悪くなっている箇所が漢方しか治療できないところが多い。最先端の漢方を活用して、安定した健康状態にする方法を研究されてください。 高齢者になりますと、誰でも同じですが、人の命は永遠ではありません。年齢が行くと体の弱いところが前面に出てきます。肝硬変を以前した人なら、そこが人生最後の命に関わる問題に浮き出て来ます。それが非代償期肝硬変です。   最先端の漢方薬は病院用だけでも9000種類あります。 ビビッド・ライフの扱う高度な漢方薬は、病院用だけでも9000種類あります。これらは高度な漢方が扱える医師免許が必要です。日本にはその制度がありません。 ビビッド・ライフは最先端の漢方を扱う名医に、皆様を取り次ぐことができます。色々な相談ができます。 漢方医は非代償期肝硬変の治療をする薬を選考してくれます。 治療薬は基本的には三方面方面の薬が主になります。 1.肝の薬 2.腎の薬 3.水を抜く薬 の3つです。最先端の漢方は軽症用、中度用、重度用がありますが、非代償性肝硬変は重症用です。病状として非常に危険な段階ですので、躊躇せずに漢方の実力のある医師にご相談するのが賢明です。特に時間との勝負になりますので、別の治療してみて悪かったらビビッド・ライフの相談しよう〜と言う余地が残されているか?手遅れになってから治療は難しいです。   3番目の水を抜く薬ですが、最も力の強い薬を使います。 水を抜かなけばならない病気は他にもあります。例えば多発性嚢胞腎や嚢胞肝です。腹水が相当溜まる病気です。腎不全で人工透析している場合もあります。 多発性嚢胞腎や嚢胞肝の場合、最先端の漢方は、かなり効果的な薬を使います。 しかし、火同じ水出しの治療ですが、嚢胞肝と非代償性肝硬変は同じ肝を治療しますが、病気のタイプは全く違いますので、使用する薬は違います。   個々人の中医学の薬が違って来ます。 基本方向は3種の薬を組むと思いますが、その他に体がどうなっているか?などが全ての人で違いますので、漢方薬は全面的に個々人によって違うとお考えください。 しかし、医師のすごい能力が要求されます。 ビビッド・ライフは世界の漢方を指導する立場の先生方が多く関係しています。最も高度な漢方の知識を持っている先生方です。お困りにことはご相談ください。 関連の記事があります。ご覧下さい。 非代償期肝硬変で漢方しか治せない所とは? 非代償期肝硬変は最先端の漢方で安全度を高めた治療ができる。 肝硬変、C型肝炎、非代償期肝硬変の間違った治療してませんか? 名医が治療する非結核性抗酸菌症の実際とは 非代償期肝硬変はどのような所が原因でしょうか? 肝硬変の中で最も悪化したステップです。漢方しか治療できないポイントは何なのか? 早急に知っている方が良いと思います。下記のボタンを押してご覧ください。無料。何度もご覧頂けます。     個人輸入代行の総合ページはこちら  

肝・腎

2020/7/15

髄膜炎を治療する方法。漢方大病院の情報。

無料相談はコチラ   お薬お手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。 まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。 適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。   髄膜炎は非常に難しい病気です。 大人だけでなく新生児・幼児もかかる場合が多い。 命に関わる非常に難しい病気です。 しかも極めて急速に進行します。 どのような体になるのか? ネットでも写真が出ていると思いますので、発病したら大至急、探してご覧ください。 髄膜炎は感染による病気です。   特にウイルスによる感染が一番多いようです。 しかしウイルスは従来、消滅させる方法がありません。   しかし中医学はウイルスを消す優れた薬が色々とあります。 改善率を上げる、救命率を上げるには漢方を大至急、研究することが絶対条件です。 治療は漢方だけでするのも良いですが、 病院の治療との併用が安全度が高く賢明のようです。 一般人は髄膜炎についてはほとんど知識がありません。 職業的に看護師さんや医師、病院スタッフが知っているくらいです。 実は病院としても極めて難しい病気で、命が関わる場合が非常に多く、西洋医学しかない日本では治療は他に方法がないのが現状です。 医療関係者でも、ご家族から髄膜炎がでた場合、驚きで顔色が変わるほどの難しい病気です。 髄膜炎の種類 髄膜炎は何種類かあります。 1.細菌性髄膜炎 2.結核性髄膜炎 3.病毒性髄膜炎 4.急性化膿性髄膜炎 5新生児髄膜炎 6.インフルエンザ髄膜炎 7.クリプトコッカス髄膜炎     個人輸入代行の総合ページはこちら  

肝・腎

2020/7/15

膝痛(膝関節痛)を中医学の薬だけで根本治療する方法。中医学・大病院・名医の情報。

無料相談はコチラ 中医学のクスリ(中薬)は根本治療できます。   記事担当の後藤です。 「膝痛で大変お困りと存じます。 膝痛を唯一根本治療しているのは中医学の薬により治療です。 下記に中医学の治療方法について書きます。 痛みが解消しますことを願っています。」     膝関節痛の治療-----参考:中医内科学 1)風寒湿痹証の治療 風寒湿邪が経絡(気・血の通り道)に滞留している。 膝関節につながる経絡が閉鎖され気血が通れないので膝関節痛になった。   ①風を取り除く治療をします。 ②寒を散らす治療をします。 ③湿を取り除く治療をします。 ④経絡の通りをよくする治療をします。   2)寒熱錯雑証の治療 寒鬱で熱が出ている、あるいは経絡に熱が溜まっている。 膝につながる経絡が詰まって気血が流れなくなり膝関節痛になった。   ①経絡を温める治療をします。 ②寒さを散らす治療をします。 ③熱を清める治療をします。 ④湿を取り払う治療をします。   3)風湿熱痹証の治療 風湿熱邪が経脈を塞いでとどまっています。 経脈が塞がれ気血が流れる事が出来ない為、膝関節痛になっています。   ①熱を清める治療をします。 ②経絡の通りを良くする治療します。 ③風を取り除く治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。   4)気血虚痹証の治療 風寒湿邪が長く経絡に留まっている。 気血が損傷し弱っている。 膝につながる経絡が栄養されないために膝関節痛になった。   ①気を益す治療をします。 ②血を養う治療をします。 ③営気を和らげる治療をします。 ④経絡の流れを良くする治療をします。   5)痰瘀痹阻証の治療 痰と瘀血が互いに絡んで固まっている。 絡まった痰と瘀血が筋肉にとどまっている。 膝につながる経脈が塞がれ膝関節痛になった。   ①痰を溶かす治療をします。 ②瘀血を溶かす治療をします。 ③痛みや痺れを取り除く治療をします。 ④経絡の通りを良くする治療をします。   6)肝腎虚痹証の治療 肝腎が力を失い、筋・筋肉が栄養を失い、膝関節痛になった。   ①肝の力を養い補う治療をします。 ②腎の力を養い補う治療をします。 ③経絡の流れを良くする治療します。 ④痛みを止める治療をします。 治療薬の効果 膝関節痛を中医薬で治療した場合、 膝局部の血流が良くなり、 膝局部組織の栄養状態が大幅に改善し、 膝の炎症が吸収され、 膝の状態が回復されて来ます。 非常に優れた効果が出ます。 中医学(中国)は世界で最も歴史があります。 紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」では、腰痛が腎と関係している事を詳しく説明しています。 (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して内経と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915   現在、腰痛と「腎・気・血・湿」をセットで治療する事ができるのは中国の中医学だけです。 中国の優秀な中医師なら正確な診断・治療が可能です。   膝関節痛の治療の大事な点 既にあれこれ治療したと思います。 一向に良くならない、あるいは何かの治療で一時的に軽くなったが、短期間しか持たなかった。 これは根本治療をしていないからです。   腰通の治療で根本治療が出来るのは、中医学の薬による治療です。 上のページで説明しましたように、「湿熱・寒湿・瘀血・腎虚」を根本治療することは中薬による治療だけが出来る事です。       中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「膝」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。  https://baike.baidu.com/item/膝关节病 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。   上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   関連の記事はこちらです。 膝の痛み中医学の治療。膝痛・腰痛、漢方大病院の情報。 https://js-vivid.com/hiza/ 膝痛(膝関節痛)が漢方薬だけで治ったら良いですね。痛みの原因。中医学・大病院・名医の情報。 https://js-vivid.com/hiza-1/ 膝関節痛 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報 https://js-vivid.com/hizatu-15/     個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International is here.    

肝・腎

2020/7/15

「IgA腎病」の根底治療。世界で最も歴史の有る治療方法。中医学・大病院・名医の治療。

無料相談はコチラ IgA腎病の情報ページです。 「IgA腎病」は根底治療できます。 中医学・大病院・名医は根底治療をしています。」   「IgA腎病に限らず腎の難しい病気は色々有ります。 腎病の治療は2000年に渡り習熟を積んでいます。 情報を集めますとよほどの例外は別ですが、 大部分の人は大変良い結果になっています。」 記事作成:担当の後藤です。 IgA腎病になり大変お困りと存じます。 腎の治療方法については中医学は世界で最も長い歴史が有ります。 中医学は根本治療します。」   「医学書や大病院の情報がたくさんあります。 詳しい情報を書きますのでご覧ください。 正常になります事を切に願っています。」   中国の中医学の大病院では 腎の治療は体にやさしく、体を本来の状態に戻す〜治療をします。   IgA腎病とは 1)発作性肉眼血尿 子供に多い。 血尿が扁桃腺炎など呼吸道に感染した後に起きる。 また尿路に感染、あるいは急性胃腸炎になった後に発生する。 大人は血尿が消えている場合も有る。   全身に感じる軽い症状 筋肉がだるい痛みがある。 腰が痛い。 尿をする時に痛い。 血圧や尿素の数値が一時的に上がる場合がある。   2)顕微鏡で見つかる血尿、無症状性蛋白尿 これは児童や青少年のIgA腎病に多い症状です。   3)タンパク尿 軽度のタンパク量です。   4)腎総合症など 人によっては 「IgA腎病」から腎総合症、急性腎炎総合症、腎機能の極度の衰弱、 に進む場合も有ります。   IgA腎病、発病のメカニズム 特徴 IgA腎病は陰虚か気虚が基本である。 風ジャ・瘀血・湿熱が特徴。 気虚は瘀血がある。 陰虚は常に湿熱。   1)风邪外袭 熱邪が風に乗って体を襲った。 熱邪が体に入り肺に達した。 さらに熱邪が体の下に降り膀胱に達した。 体内の水の運行が悪くなった。   熱が下腹部に結するようになった。 これで体が水膨れしたり血尿が出てきた。 IgA腎病を発病した。   2)肝腎陰虚 ①元々の体が陰が虚弱。 ②あるいは面倒な仕事をし過ぎた。 それで肝腎が陰虚になった。   陰虚は直ちに体内で熱を生む。 そして腎につながる経絡(血の通り道)を損傷する。 そして血尿が出て来た。 「IgA腎病」を発病した。   3)脾腎気虚 元々の体が気が虚弱。 あるいは労働をし過ぎた。   この為、腎・脾を損傷した。 これで腎・脾が気虚になった。   これが原因でタンパク尿がでて来た。 気が血をコントロールできないので血尿が出た。   IgA腎病の状態 中医学診断  1)陰虚内熱の状態 陰が虚弱で体内に熱が出るタイプ。 鮮血の尿が出る、 あるいは顕微鏡で血尿が確認できる。   口が渇き喉が乾燥する。 手足など五心に熱が有る。 腰がだるく痛い。   2)気陰両虚の状態 気・陰の両方が虚弱の状態。 血尿が軽かったり重かったりする。 普通の血尿は顕微鏡で見れる程度がのケースが多い。 過労が積み重なると肉眼で見える血尿になる。   手足に心熱がある。 息使いが短く力が無い。 食欲が無く食べない。 口が渇き喉が乾燥する。   3)脾腎気虚の状態 脾・腎の気が虚弱。 血尿の人はほんのり赤い顔をしている。 血尿は必ず顕微鏡で見える程度。   手足が疲れて力が入らない。 膝・腰がだるくしっかりしない。 元気が無く物も言えないほど怠い。 味が分からない、食が細い。     IgA腎病の治療 1)陰虚内熱の治療 ①陰を滋養する治療をします。治宜滋阴清热,凉血止血。 ②熱を清める治療をします。 ③血の熱を落ちつかせる治療をします。 ④止血する治療をします。虚   この陰虚内熱型は治療が4つに別れます。 a)風熱がある場合の治療 b)湿熱がある場合の治療 c)風が腎の経絡(血の通り道)に入った場合の治療。 d)陰虚と瘀血の場合の治療。     2)気陰両虚の治療 ①気を益す治療をします。 ②陰を養う治療をします。 ③止血の治療をします。 ④気虚が主体の時と陰虚が主体の時の治療は異なります。     3)脾腎気虚の治療 ①脾を健康にする治療をします。 ②腎の働きを補う治療をします。 ③気を益す治療をします。 ④血液の生理機能を増加させる治療をします。 ⑤免疫を上げる治療をします。   4)共通する治療。 IgA腎病は止血の治療が優先されます。 血尿が多い場合、血が瘀血になっている場合が多い。 従って治療は血の働きを活発にし、瘀血を溶かす治療が大事です。 あるいは瘀血を溶かし経絡の通りをよくする治療をします。    医薬品が大事です。 中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。     IgA腎病 は非常に複雑で、中医学でも一流の医師でなければ治療は難しい。 中医学は幅広く治療方法があるので驚きです。 治療ですから全部が全部、良くなるとは限りません。   依頼する全部の人に役立っていただきたいと思うのですが、いまの所、皆様が喜んでいます。 中国の中医学の病院の情報を集めますと、よほどの例外は除いて、殆ど良い結果を出しているようです。 中医学(中国)は世界で最も歴史があります。 紀元前200年の医学書「内経」は 非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 中国の医学書では黄帝内経(こうてい だいけい)と呼ばず、短く[内経]と呼ぶ場合が多い。   [内径]ではすでにこの時、多くの腎病を説明しています。 現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。 すでにこの中で腎病に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。   IgA腎病、多くの中国・中医学・医療機関の情報 誰にとっても一番関心があるのは、自分の病気がどの程度、治るのか?という事です。   中国の多くの中医学・医療機関の情報を集めますと、 「腎病には主には糸球体腎炎、腎不全、腎総合症、IgA腎病など有りますが、その症状は浮腫み、尿蛋白、血尿など腎機能が損害を受けた病気があります。 中医学は弁証論治で診断・治療方針をくだし、腎の病は多くの場合、大変良い治療結果を出している。」と結論ずけています。     中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「IgA腎病」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 https://baike.baidu.com/item/IgA肾炎 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。 上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。   費用と効果を考える よく計算してみると、この治療方法は非常に安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。   関連記事が有ります。  「IgA腎病」の総合ページはこちらです。   個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.      

肝・腎

2020/7/15

驚く情報。B型肝炎が消滅しています。中医学・大病院・名医の治療。 

無料相談はコチラ B型肝炎の情報ページ B型肝炎は治ることは無いと言われています。 しかし、B型肝炎が消えた人もいます。   記事担当の後藤直伸です。 「B型肝炎で非常に難しい病気です。 A様は上海の先生に診断をお願いしましたが、果たしてどこまで 良くなるのか、大変心配しました。 先生方は当然のごとく、治るだろう〜など一切言ってくれません。 ところがつい最近の検査で、 B型肝炎が完治していました。 下記に詳しく説明しますのでご覧ください。」         上記の写真は本人から許可を得て出しています。 A様は戦後のベビーブームの生まれです。 15年前に保健所が飛んで来て、B型肝炎に感染している事を知らされたそうです。 その後も体調的には何も問題がなく、普通の生活をしていました。 B型肝炎のキャリアです。   中医学の治療を上海の先生に依頼したのは2015年です。 上海、大病院の名医に相談し、中医薬をしばらく飲みました。 その結果がどうなったか分からずじまいでした。   A様は病院に行って検査して欲しいと言っても、取り合ってくれないと言っていました。 一度、B型肝炎になった人は、どんなことをしても B型肝炎は消えることは無いので、検査しても無駄だから。 もう一つは通常の血液検査とは違い、別扱いの検査だから、その関係でなかなか検査してくれなかったのでは〜と言ってました。  8月に検査をしてくれたそうです。 医師はA様に検査報告で「B型肝炎は全部消えています」と告げたそうです。   どうやら本人も実感がわかなかったようです。 多分、医師が大喜びした風でもなく、なぜB型肝炎が消えたのか 不思議に思ったからかも知れません。 しかし、大変おめでたい事です。   A様はどのような経緯で中医学の治療をしたか? 実は健康管理に熱心な方で、最初◇百宝元を飲んだ事がきっかけです。 ◇百宝元は栄養補助食品です。 健康維持にお勧めしています。 A様は今も◇百宝元をずっと大事に飲んでいます。 これを飲んでいて、良さが分かり、良く中医学を勉強するようになりました。   2015年までに上海に団体で旅行に何度か旅行に行く機会がありました。 現地で先生に診断を受けました。 もちろん、日本に帰ってからも先生に連絡を取りました。   キャリアですので、特に体が悪い訳でも無かったのですが 非常に心配ですので、とにかくしっかり治療しておいたほうが良いとの思いでした。   周囲のB型肝炎の人が肝硬変になり肝臓癌でお亡くなりになった事もあり、中医学で治療する気になられたそうです。   上海に行ったので、せっかくなら先生に会ってご挨拶したい、できたら診断も受けたいとの思いがありました。 しかし実際には上海に行かなくても連絡方法が有ります。 相談は日本にいながら資料を上海に送れば出来ます。   B型肝炎が消えた。 日本ではA様が初めての人かも知れません。 生きている限り、消えることのない病気ですから。   もちろん 中国では B型肝炎が消える例は多いのかも知れません。 B型肝炎はウイルスです。 実はウイルスは中医学の薬---薬草は大変良く殺せるのです。 どんなウイルスであれ、中医学の薬はウイルスを消滅する事ができます。   かと言って適当に薬を飲めば良いものでもなく どの薬を飲めば良いかは余程の上級の医師に診断を仰いで治療しなければうまく行きません。   とにかくA様は「B型肝炎が消えた」 これは快挙であるのは間違いありません。 おめでとうございます。   こんな事もあるのだと教えてくれただけでも大変ありがたく思います。 関連の記事をご覧ください。 B型肝炎 驚きの情報 治療で消滅している人がいます。中医学・大病院・名医の情報 。総合情報。 https://js-vivid.com/bgatakanen-15/  

© 2020 Powered by AFFINGER5