癌病

癌病

2020/7/15

知っている方が良い、癌の再発防止の方法。中医学大病院の情報。

無料相談はコチラ   癌がどうしても治らない人。漢方の医師に相談したい方の情報ページです。 お薬は勝手な判断は危険です。お薬手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。 高度な漢方を癌の補助治療として活用する方法 いかなる病気も同じですが、どのような病気でも完全に治るとは限りません。どのように治療しようとも治らない場合があります。 しかし漢方では不可能と言われている病気が奇跡的に大幅改善する場合もあります。漢方の場合、高度な理論に基づいて治療しますが、一旦良くなった場合は再発防止はどうするか? 説明します。 癌の再発防止 高度な漢方で強力に治療した場合に、 癌が一旦、完全に消滅した状態になる場合があります。この場合、必ず漢方の医師に相談をします。癌については一旦消滅したのであり、本当に完全消滅とは言えないからです。 漢方で癌が一旦、消滅したのと、西洋薬で消滅したのとは、対策の取り方が違いがあります。ここでは漢方治療で消滅した人の対策を書きます。 漢方で消滅した時に、今後の治療が必要なのか? あるいは予防をするのか? または何もしなくて良いのか? ①腫瘍マーカーが正常になった。 漢方で腫瘍マーカーも大幅に下がり、完全に正常数値になっていても安心できません。まだ危険状況がさっていない場合があります。漢方を何も飲まず放置すれば半年、1年後には腫瘍マーカーがまた上がりだし、手に負えない状態になる事がありますので、腫瘍マーカーだけに頼らず、漢方の医師と相談する事です。 漢方の医師は毎月、病院で定期検査をした方が良いとアドバイスする場合が多い。また漢方もゼロではなく、最低限の予防量を飲むのが良いと提案する可能性があります。この場合、これまでの漢方抗がん剤を大幅に少なくして飲む事が多いようです。これで正常を保っている人は多い。 ②漢方治療で癌が一旦、完全に消えているようにある時 やはり漢方の医師に相談するのが賢明です。消えた状況を判断して、漢方の抗がん剤を使わず、「免疫を上げる薬」を何種類か組みます。 通常、これで別の癌が出てくることはありません。もちろん病院の定期検査は必要です。 漢方で再発防止をしたが、それでも再発する事もあります。 人間は生き物です。常に体は動いています。体には様々な状況が発生しています。どんなに漢方薬で予防処置をとっても再発する大きなキッカケがあります。 それは最初に癌が発生した原因です。例えば精神的ストレスで癌になる人は非常に多い。 ①姑さんがずっといじめる。②夫が暴力を振るったり、訳がわからない人、無理難題を言う。③夫が浮気をした。離婚した。④子供の事で悩んでいる。 この四つが特に多い。この状態が続けば、再発します。ここが火元だからです。漢方で火を消そうと思っても、家族が火つけの犯人で、まだやめようしてなければ、また火災になるように、また癌が再発します。 精神ストレスから出る毒素は非常に強く、あらゆる毒よりも強い。その毒が癌を作ります。癌より怖いのは人間、特に家族の誰かが問題の場合が多い。 原因を絶たないと再発しやすい。 癌を治しやすい人 精神的に素直で、家族など周囲からの精神的ストレスがない場合は肉体だけの問題ですので、漢方薬が効きやすく、そのため治りやすいパターンです。 癌を再発させないその他の工夫 辛いもの、酒・タバコは再発しやすい。 脂っこい物を食べる。冷たい物を食べない。雨に濡れたり体を冷やさない。暴飲暴食しない。夜更かししない。過労しない。免疫が下がることをしない。 西洋薬や放射線などで治療して来た人 治療が功を奏して癌が完全消滅したような場合があります。その後、予防で漢方を飲みたい人の情報を書きます。 どんなに優秀な漢方を飲んでも再発しないとは言い切れません。癌は本当に厄介だからです。 しかし一つ言えることは、再発のリスクを可能な限り軽減することが大事です。 西洋医学では治療薬はありますが、予防の薬はありません。 高度な漢方では予防の薬があります。 高度な漢方を飲みだすと、体調が格段に良くなるときが多い。これは非常に大事なことです。からだの調子が良いということは漢方では癌が出てくるのを抑える働きがます〜と言います。 漢方では予防でも治療でも「免疫の薬」を使います。免疫をあげ、癌を抑える、あるいは予防をします。 これで再発のリスクは、何もしないのに比べ、格段にレベルが上がります。 しかし絶対安全というわけには行きません。 高度な漢方は補助治療として活用できます。     関連の記事があります。ご覧ください。 中医治療 何でもQ&A https://js-vivid.com/charyo-nandemo/   癌の相談方法。最先端の中医学を活用する方法。 https://js-vivid.com/gan-1/ 子宮頸癌を予め予防治療する 危険性を大幅に無くす https://js-vivid.com/sikyukeigan-1/      

癌病

2020/7/15

癌の相談方法。最先端の中医学を活用する方法。

無料相談はコチラ 癌がどうしても治らない人の情報ページです。 お薬は勝手な判断は危険です。お薬手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。 癌治療はどなたに取っても初めての事だと思います。 これまでも、癌治療を上海の漢方の先生にお願いして、 その後、大変良い状態を続けている方も多くいます。 癌は特殊です、どう乗り越えるかが大事。 1)癌は他の病気とは全く違います。最先端の漢方でも、最新の西洋医学の治療でも同じですが、いかに優れた治療をしても、油断できません。癌は、かいくぐって来ることが多い。 2)患者様、ご家族の意識が、治療を難しくします。 これらをどう乗り越えるか?それが最も大事です。 癌に関しての記事は大切な情報として御覧ください。 癌の特徴と漢方の力を知ることは大変大事です。 高度な漢方を活用し、大変お喜びの方は多くいます。 高度な漢方は驚くほど良い治療をします。 漢方の薬が順調に行き、その後、問題ない人もいます。それは幸いな事です。 有効率を見ても世界トップランクです。また免疫による治療でも世界トップランクです。西洋医学ではできない効果を出す場合が多い。 1)癌は治療は 癌は勢いの強いものと弱いものがあります。 問題は勢いがある時です。 癌自身は生き物です。癌は広がろうとする力を持っています。 これが他の病気とは全く違う事です。  2)患者やご家族は臨機応変に 一喜一憂することなく、どのような事態になっても適切に治療方法を切り替える必要があります。 癌の治療は他の病気とは全く違った感情が、患者やご家族でおきます。他にも命の危険のある病は多いのですが、中でも癌は特殊です。 患者やご家族の考えが複雑に絡んで来ますので、お薬を手配しても、家族の受け取り方でスムーズに有効活用されない場合が発生します。 これがビビッド・ライフから上海の医師に取り次ぐネックになります。ですから、その心配がない人は漢方を活用しても良いと思います。 そうでない人は病院だけの治療をお勧めします。 3)病院の方針がネックになる時があります。 特に入院している時が問題です。漢方を良く理解してくださる病院なら良いですが、漢方を飲んでいても、ほとんど無視し、大概の病院は終末療法に持って行きます。 やはり日本でも漢方で治療をする病院の制度ができることが望ましい。 ですから、漢方治療は自宅治療中に限定する事をお勧めします。 癌とわかって早めに漢方を使い出だすのが効果が良い。 大概の方が病院の治療で多量な薬を使って、その間に進行し、手がつけられなくなって、やっと漢方を検討します。しかしそれでは遅い。 その段階まで来ているなら漢方でも難しい状態です。   関連の記事をご覧下さい。 中医治療 何でもQ&A https://js-vivid.com/charyo-nandemo/   知っている方が良い、癌の再発防止の方法。中医学大病院の情報。 https://js-vivid.com/gan-bosi-1/   子宮頸癌を予め予防治療する 危険性を大幅に無くす https://js-vivid.com/sikyukeigan-1/  

癌病

2020/7/15

脳腫瘍を中薬で消す 中医学・名医・大病院の治療

無料相談はコチラ   脳腫瘍の治療は西洋医学での治療は既に受けていると思います。 手術をしましたか? この病気は手術しても再発する可能性が大きい。 早い場合は4ヶ月後には再発しています。 実際は見えないだけで手術したその日から再発が始まり、目に見えるようになるのが4ヶ月の場合が多い。 数年して再発する場合も有ります。   中医学では脳腫瘍を中薬で消滅させます。 手術した場合も半分取れて、半分が残っている場合も有ります。 それも消す事が出来ます。 全部では無いですが、ほとんどの人で消える状況です。 この治療方法は日本には有りません。 医学、治療方法、医師、医薬品など全てが日本に有りません。   脳腫瘍を治療、中医学 大部分の患者は中薬を使うと短期の内に効果が見られる。 数ヶ月後には腫瘍は縮小か消失している。 手術後に中医学の薬で治療すれば、再発する率が極端に低くなる。 同時に手術後の仕事、栄養豊富な食べ物、体の鍛錬、心の保ち方などは患者の生存を伸ばす。 中医学で薬を飲めば 1)気血を調節し補う 2)五臓六腑の力を増す 3)脳腫瘍を消す力を蓄える この三つが脳腫瘍を消す元となる   中医学の薬による治療効果 1)脳に通じる経絡の通りを良くする。 2)  脳腫瘍組織の血液循環を封じ込める 3)  脳腫瘍の血中酸素の供給を封じ込める 4)脳の血流障壁を取り除き血流を良くする 5)脳腫瘍を攻撃する 6)脳腫瘍細胞を殺傷する物質を最大限に活性化させる 7)脳腫瘍の細胞を抑制し殺す 8)脳腫瘍の治癒、縮小、消滅を目指す。   脳腫瘍が出来た原因 1)気候・大気の影響が原因となっている 大気が体内に入ると臓器など体の仕組みを損傷させ、その影響で脳腫瘍が出来ます。 2)自身の感情が発病の原因となっている 喜怒哀楽など7種類の感情があり、それが内臓を傷め、その影響で脳腫瘍が出来ます。 3)飲食、労働、持病による衰弱が原因となっている これらが原因で内臓の機能を傷め、それが脳腫瘍を起こします。   4)先天的稟賦不足が原因となっている 先天的に体に核となる部分が弱く、それが脳髄を萎縮させ脳腫瘍を起こします。 5)頭部の損傷が原因となっている 頭部損傷により脳腫瘍を起こします。 この5種類の原因により下記のパターンの脳腫瘍が発生しています。   脳腫瘍の種類 1)大気・気候など外部要因が原因で脳腫瘍になった。 ①風寒タイプ----風・寒が体に侵入した事で脳腫瘍になった。 ②風熱タイプ----風・熱が体に侵入した事で脳腫瘍になった。 ③風湿タイプ----風・湿が体に侵入した事で脳腫瘍になった。 上記のそれぞれに応じた治療方法、治療薬が有ります。   2)体内の損傷が原因で脳腫瘍になった。 ①血虚タイプ----血が虚弱で脳にしっかりした血が行かず脳腫瘍になった。 ②気虚タイプ----血を誘導する気が虚弱で脳に血が行かず脳腫瘍になった。 ③津液タイプ-----津液が血の流れを塞ぎ、血が脳に行かず脳腫瘍になった。 ④五臓タイプ-----@五臓の損傷で血が脳に行かず脳腫瘍になった。 ⑤五臓が弱く脳髄が不足し脳腫瘍になった。 上記のそれぞれに応じた治療方法、治療薬が有ります。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の脳腫瘍の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   脳腫瘍を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 1949年以降「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。  副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。   脳腫瘍の治療---実例---「中西医結合医学」 1)脳腫瘍は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)脳腫瘍とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が脳腫瘍の原因になっている人が多い。 ②脳腫瘍から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。       患者・ご家族は必ずこちらをご覧下さい。 嚢腫瘍は非常に危険。 手術しても再発します。 安全度を上げる最も良い対策を研究して下さい。 無料資料です。         個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International is here.        

癌病

2020/7/15

子宮頸癌を予め予防治療する 危険性を大幅に無くす 中医学・大病院・名医の治療

無料相談はコチラ 1)去年の定期検診で子宮頸癌の疑いで引っ掛かった。 2)そして今年の検査でも引っ掛かった。 3)子宮頸癌の前段階で観察中。 4)前段階を病院でレーザーなどの治療をした。 しかしこれで大丈夫では無い場合が多い。 実は中医学の大病院・名医が診断すると 癌が進行中かハッキリ分かります。 逆に癌になる可能性は全く無いか分かります。 進行中の人は希望するならこの段階でほぼ完全に癌の進行を消滅させる事が出来ます。   たまたま別の治療を受ける為に上海の先生に相談する時に、 病状、病状の項目の中に子宮頸癌の疑い、前段階の治療を受けた事が書かれています。 レーザーなどの治療です。   当人はこれで、もう癌に進むことはないだろうと思ってます。 私たちビビッド・ライフのメンバーにとって非常に注視しているのは、上海の名医がどのように判断するか〜です。   基本的な事を先に書きます。 中国の大病院・医師は基本的に薬をなかなか出してくれません。日本とは真逆です。 大病院の医薬品部門の薬を見ますと、高度な薬の場合は「この薬は極力患者に出さないように〜」と書いている場合もあるほどです。 ビビッド・ライフは上海の病院・医師にお願いして、日本からの診断・治療依頼者には必要な薬は全部出して欲しいと要望しています。 このような状況ですから、不必要な薬、いい加減な薬を出して来ません。 さて子宮頸癌の前段階で、 まだ観察中の場合と、既にレーザーなので治療済みの場合、上海の医師が診断した結果、子宮の薬が出る場合と何も出ない場合が有ります。 薬が出ない場合は、再度診断を仰ぐ時に、子宮頸癌のリスクは無いか質問を入れますと、やはり薬は出ません。 これは「子宮の治療は必要無い、ガンが進む危険は無い」との判断です。   では子宮の治療薬は出たときはどうなのか? 上海の医師は確証を持って癌が進みつつあると判断しています。 中医学の最大の特徴は「癌が進みつつ有る、癌の原因が活発」との判断が確証を持って出来ます。 リスクで判断しているのでは無く「癌が育っている、癌を作る勢いが活発」の時点で薬を出します。   これは前癌段階で観察中だけで無く、既に前癌段階で何らかの手術をしていても、それに関係なく進行中、育っている事を確証を持って診断しています。 下記に関連の記事が有ります 中医治療 何でもQ&A https://js-vivid.com/charyo-nandemo/   知っている方が良い、癌の再発防止の方法。中医学大病院の情報。 https://js-vivid.com/gan-bosi-1/ 癌の相談方法。最先端の中医学を活用する方法。 https://js-vivid.com/gan-1/    

癌病

2020/7/15

なぜ癌になったのか? ③

  嫁に来る家を間違えた事が癌になった原因 ③ 病気には必ず原因が有ります。 個人の生活環境を調べると〜必ずと言って良いほど原因が浮かび上がって来ます。 ビビッド・ライフの医療情報は中医学に基づいて居ます。 西洋医学とは理論が違います。   癌の原因も様々有りますが、心の負担が大きいと癌になります。 多くの実例を書きます。 1)会社の上司が常にいじめて癌になった人がいました。 2)ある奥様はこの世で最高に悲しい顔をしている人です 悲しみは肺をやられます、しばらくしてやはり肺癌になりました。 3)ある奥様はご主人の退職金を騙されて全額投資に回し、全てを失い、ショックで癌になりました。 4)ご主人・姑が非常に冷たい人で、ストレスで癌になりました。 5)乳癌で相談に来られる人は不思議と離婚かご主人の浮気によるショックが原因です。 6)普通では考えられないほど疑り深い奥様はやはり癌になって居ます。 これはビビッド・ライフで相談に来られた女性のほんの一部です。 この様に感情や思考は五臓「心・肺・脾・肝・腎」を損傷し、癌に発展します。 これは中医学の正規の医学理論です。   下記は、ある参考例です。 さてK様は従姉妹様に通れられてビビッド・ライフに来ました。 中医学の説明を聞いている時に大変おかしな症状をして居ます。 私の説明が何度も遮られるほど、痰が異常に絡んで居ます。 そこで本人が依頼して、上海の先生に相談して中薬を取り寄せ、 しばらく中薬を飲んでいましたが正常になりました。 その直後、A病院で検査したら「膵臓癌が崩れている、崩壊している」〜と言われました。 痰が異常に絡んだのは膵臓癌の症状の一部で、それを中医で治療したので膵臓癌が崩壊したのです。   検査したA病院は「手術した方が良い」と言います。 治って来ているのに何故手術する必要が有るのだろうか? 非常に用心深いK様からの依頼で上海の医師に診断を依頼しましたら、 再発する事は無い、手術不要との回答でした。 それ以外にK様は九州の鳥栖と鹿児島にある大きな癌治療センターまで行き診断を受け確認しました。 ここでも治療不要と判断されました。 K様は上海に2回行き、医師に直接診断を受け、手術は不要との診断を受けました。 全ての医師の判断を総合した上で、K様は自信で「手術しない」〜と判断しました。   この頃、k様に重大な情報が入っていました。 K様に関係あるルートからの情報です。 患者は40代の看護婦さん、お母様からのご相談です。 膵臓癌になり手術をしたく無かったが、病院の組織上、やむなく手術に応じた。 手術後、弱る一方で食べ物も薬も受付けられない状態になっている。   この看護婦さん・お母様によると膵臓癌の手術をすると手術の影響で誰でも死亡するそうです。 膵臓は奥の方にあり、取れないので手前にある色々な臓器を摘出しますので、体が機能せず死亡するそうです。 この看護師様の勤める病院でも膵臓癌の手術をした人は全て死亡している〜との話でした。 だから娘さんは手術をしたく無かったのですが、上位の病院の指導に逆えず、悲壮な思いで手術をしたそうです。 看護婦さんは中学生の男の子を残して亡くなりました。   これもK様は重大情報として判断に入れました。 もしK様が膵臓を手術していたら、もっと早く死んで居たと思った方が良い。 以上の総合判断でK様は結論を出し、「膵臓は手術不要」と判断しました。 注意:ビビッド・ライフは判断・決断には関与しません。 命に関わる事ですので、患者本人が決める必要が有ります。   この様な事がわからずK様の次男は大きな間違いを起こして居ます。 母親は非常に優れた人で優れた多くの医師に合い、何が一番良いか判断したのです。 これは次男に最初から何度も説明して居ますが、本当に頭に入らないです。 次男と話して居て感じましたが、思考レベルが低すぎます。 IQが極端に低いな〜と感じだ次第です。   医療判断は全て上海の医師と患者とでしていただきます。 ビビッド・ライフが口を挟む事は有りません。 関与しません。 あくまでも両者の情報の伝達までが業務です。   さらに参考例は続きます。 K様は何故、膵臓癌になったのか? K様は膵臓癌になった事は知らずにビビッド・ライフに来ました。 異常な痰の絡みなでしたが、痰の原因箇所(膵臓)を治療したら、膵臓癌が良くなったのです。 異常な痰の絡みはそれ以降、全くありません。   K様はその後、家庭内の困った事を相談して来ました。 ご主人がパーキンソン病で酷くなる一方だ。 夫と姑が似た者同士で、長年非常に困っている。 次男が家から物を持ち出す、変な宗教に入っている、定職につかず困っている。   どの家にも何らかの問題があるので〜と思って居たのですが 実際は並大抵の状況では無かった様です。 後でK様の友人達にお話を聞くと、離婚する様に相当勧めたと言います。 次男については他の方も既に相談を受けて居たそうです。   ご主人ですが、 私も車の後席に乗っているご主人を1〜2度見ましたが、尋常な人相では無かったです。 つまりこれらがK様の心身を長年、蝕んで来たと思われます。 他に原因が無いとは言えませんが、やはり家庭内の事が最大の原因と思います。 次男の資料を見ても両親は常に言い争って居た様です。   K様は上海の先生から中薬を出していただき、飲んで居ました。 癌が再発しないようにする為に体がしっかりする為のお薬です。 免疫が非常に上がり、癌は普通出て来ません。 なのに何故、身体に痛みが走るのが? 一体どうしたのか? 不思議に思って居ました所、緊急入院したA病院が数日間掛けて検査したところ 「骨癌」余命半年〜と宣告しました。   しかし不思議です。 なぜ骨癌になったのだろう〜不思議で溜まりません。 ある事を思い出しました。 K様が3月位に写した写真が今でも有るのですが、これまでと違い、急に痩せて体が弱く感じました。 そして5月に体に痛みが走り緊急入院しました。 つまり3月には骨癌が既に始まって居たのです。   もう一つ重要な事が有りました。 ご主人がパーキンソン病で1年中よく無いのすが、 毎年2月がほぼ毎年の様にひどい発作が起きます。 鉄板の様に体が反り返り、動かす事もままならないのです。 2月に大変な状況をK様が電話して伝えて来ましたので パーキンソン病の中薬の飲み方を教えました。 こんな時はK様は一人では手に負えないので、実の妹様を呼び出して手伝ってもらっていると言ってました。 重たい男の体を女性二人で抱えるのは並大抵で無いと聞きました。   もう一つ大変なのは姑です。 この人も体が悪く、K様としては大変だった様です。 しかも感情的に非常に難しい夫と姑です。   2月はK様はこの件で大変忙しく全く会えませんでした。 つまりこの2月が心身とも大変な負担がかかり、ここが骨癌発症のスタートとなったと思います。 K様とは業務の関係で毎月相当回数会っていますので、体の変化が良くわかります。   癌の発生原因は色々ですが上記の例も参考にしてください。 「渡る世間は鬼ばかり」のドラマが有りましたが 人が生きて行くのは大変です。 病院だから〜と油断しないで下さい。 特に入院は油断なりません。 病院は大事ですが、丸投げは危険です。   この件の関連記事はこちらです。 ①親の命を守るには、やはり中医学は大事です。(メイン) https://js-vivid.com/tire-daiji/ ②お薬のご注文、◇百宝元のご購入は自分の意志でご注文されて下さい。 https://js-vivid.com/natume-1/   ④親を粗末な死に方をさせてはならない  https://js-vivid.com/sekitei-1/ ⑤完全看護でも家族が着くべきです https://js-vivid.com/tango/   ⑥素行不良の子供は親の治療で大きな判断ミスをします https://js-vivid.com/jinkaku/

© 2020 Powered by AFFINGER5