未分類

未分類

2020/3/30

中医学の治療は通常通り行っています

中医学で従来通り治療出来ます。 コロナウイルスは大変な困り物ですが 他の病気の治療には何も支障はありません。 中国の薬の手配先に状況を聞きますと、 地域的に全く関係ない状況で、普通通りの生活・業務が行われています。 普段どおりの治療をされるのが一番大事です。        

未分類

2020/3/30

非結核性抗酸菌症 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬の「個人輸入」を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 非結核性抗酸菌症に使う医薬品は病院用ですので医師が処方します。 中医学と西洋医学は全く違う点が多い為、あらかじめ少しでも知識を持っている方が便利です。   質問)菌を殺す薬はありますか? 非結核性抗酸菌子症は菌の種類が大変多く、 菌を殺す治療としては色々な種類の薬が有ります。 地元の病院で治療を受けている場合が多いと思います。 その治療は大変重要です。 中医学でも薬は有りますが、その判断は中医学の医師がします。 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。   質問)肺の治療薬が出るのですか? 菌を殺す薬とは別に肺の治療薬も出ます。 非結核性抗酸菌症は肺に菌が入った事で、体を色々と損傷させています。 まず肺の損傷がひどい。   質問)痰の治療薬はどのような役目ですか? 肺が炎症し痰がたくさん出ます。 この痰が全身に回り体の働きを悪くさせます。   非結核性抗酸菌症になると痰が出る場合が多い。 大概の人は痰は鼻汁が喉に溜まった為だろうと思っています。 それは間違いです。 この点が非常に大事ですので、本に書いていますので説明します。 体内で熱が発生すると津液(体液)が煮詰められて「痰」になります。   非結核性抗酸菌症の場合、 菌が肺に入る事で熱が発生し、津液(体液)が煮詰められ多量の痰が作られます。 肺から全身に津液(体液)が流れる仕組みになっています。 多量の痰が全身に流れる事で、正常な体液が流れなくなり、体の働きが悪くなります。   質問)五臓の薬も出るのですか? 菌が体内に入り五臓を損傷しています。 非常に強い菌ですから、これが五臓を壊します。   中医学の歴史は4000年が正しいのですが、 上海中医薬大学の資料館を見ますと、 実際には中国で文明が始まった頃より 医学が始まっている、 従って1万年の歴史が有ります。   江戸時代、日本に西洋医学が入りました。 杉田玄白が翻訳するときに、漢方の五臓六腑の名前を使った事から、混乱が始まっています。     中医学の五臓とは「心・肺・脾・肝・腎」です。   非結核性抗酸菌症は菌が体内に入った事で 五臓を損傷している場合が多く見られます。 五臓のそれぞれには様々な機能が有ります。 この病気ではどの機能が損傷されているのか? それを知る必要があります。   この病気は次第に体が衰弱して行くのは五臓が弱ってくるからです。   以上、非結核性抗酸菌症に使う重要な治療薬について 説明しました。 個人輸入にお役立てください。     もっと詳しい情報が欲しい方に 中医学の原因説明をもっと見たい人、 一流の中医学の医師の考えを知りたい人 下記をご覧ください、無料でご覧いただけます。 「非結核性抗酸菌症」もっと詳しい情報はここです。   関連の記事が有ります。 個人輸入 #非結核性抗酸菌症 マサルの活躍 総合ページ 個人輸入 非結核性抗酸菌症 中医学 治療薬の内容。  

未分類 精神病

2020/3/30

鬱病を中医学で根本治療する。原因を治療する事で大幅な改善を目指す。中医学・大病院・名医の処方薬。

うつ病の治療は ①原因の治療 ②体内の損傷箇所の治療 ③神経調節の治療 が必要です。 現在、あなたは③番だけの治療ですから余り改善は無いかも知れません。 中医学の場合、上記の三つを治療しますので、大幅な改善をする事が多い。   但し中医学の薬を医師の指示通りにどれくらい飲めるかが有ますので、 ご家族の協力が有った方が良い。 また既に病院の薬を多量に飲んでいると思いますのでそれとの関係が有ります。 鬱病は体内がどうなっているのか?----中医学 1)肝と気で問題が起きている 症状:精神的抑鬱、情緒不安定、ため息、胸苦しさ、脇腹が痛い。月経不調。   2)気のエネルギーが鬱になっている 病状:性急な感情で怒りやすい、胸が張って胸の脇が苦しい、口が苦くて乾燥している、頭痛がする、耳鳴り、目が赤い。   3)津液と気が鬱滞し絡んでいる 症状:精神抑鬱、胸が苦しい、脇腹が張って苦しい、喉に何か詰まっている感じ。   4)心神が栄養を失っている 症状:精神が恍惚としている、心神不安、悲しんだり涙が出たりする、喜怒が一定ではない。手足踊っている感じ。 これは女性に多い。精神的に刺激すると誘発される。   5)五臓の内二つが弱っている 症状:色々と考え疑う、心臓がドキドキ、オドオドしている。不眠、物忘れ、めまい。   6)五臓の内、別の二つが弱っている 症状:情緒が不安定、動悸、目眩、不眠、物忘れ、夢が多い、すぐ怒る。 女性は生理不順、男性は遺精したり腰が痛い。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「鬱病」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「鬱病」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「うつ病」の治療でも出ています。  「うつ病」の治療---実例----「中西医結合医学」 1)「鬱病」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 もちろん飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)「鬱病」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「鬱病」の原因になっている人が多い。 ②「鬱病」から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、「鬱病」だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。   うつ病を中医学で治療する時、2つの方法が有ります。 1)ご家族の協力を得て積極的に薬を飲む------治りが一番良い 2)余り慌てず、マイペースでぼちぼち飲む---治りは遅いですが少しずつ改善します。  根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。           個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.   ビビッド・ライフ福岡、信用、評価、◇百宝元、治療中の皆様の感想。 「こういう点は注意が必要」人ごとでは無い重要な治療。            

Copyright© ビビッド・ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.