呼吸器系

呼吸器系

2020/7/15

新型コロナを自宅で使える初期治療薬。事前手配を受け付けています。

無料相談はコチラ 新型コロナ、万一に備え、中医学の薬を事前に手配します。 色々検討したのですが、一般の方にも 新型コロナの初期治療を自宅で出来るようにお手配します。 本来は様々な病気の治療を上海の医師に依頼して中医学の治療をしています。 その方々に対して 新型コロナの初期治療をご自宅でできるようにお手配しているのですが、 もしそれ以外の方でご希望者がいるのであれば 同じように新型コロナの初期治療のお薬をお手配します。   新型コロナはワクチンが出来るまで、感染が続くのでは無いかと思われますので、 どうしても必要と思う人はご依頼ください。   中医学・大病院・名医に相談し、薬を決めます。 正規の医薬品ですので、医師の処方が必要です。 1)事前に体の状態を報告し、医師が判断して飲む薬を決めます。 2)感染の可能性がある時に、すでに入手した薬を直ちに飲みます。 3)必要な場合は直ちに上海の医師に連絡し、相談します。 これらは全てご自宅にいるままで出来ます。 弊社に来る必要は有りません、上海に出向く必要ありません。   医師への相談、医薬品の手配、アフターフォロー 全て弊社ビビッド・ライフがします。 このページは新型コロナに限定した治療のご案内です。 事前に名医の診断を仰ぎ、基礎疾患などをチェックします。 この治療もしたい人はお申し出下さい。 それ以外の方は新型コロナだけの治療をします。   新型コロナだけの治療用ですから 初期相談料は格安にしています。 3000円です 既存の病気の治療をご希望する方は 初期相談料の差額をお支払いいたがければ、医師相談の手配・治療薬手配が出来ます。   医薬品は感染したかな? 感冒かな? と思った時に即時に飲みます。 医療はいかなる薬でも必ず効くとお約束する事は禁じられています。 しかし、医師が指導する正規の医薬品ですから、相当な効力が有ります。 初期段階であれば、3〜5時間でウイルスを大幅に減らせる、消す可能性が有ります。 もちろん、数日間はダメ押しで継続して飲みます。   事実、すでに弊社ビビッド・ライフご利用者で治療中の方々の中には 感冒とは違う、感染の可能性のある方から連絡が入ってますが、 直ちにお手持ちの薬で正常に戻す事が出来ています。   この薬は妊婦さん、幼児、子供、大人、高齢者の全般に使えます。 薬は1箱が2000円〜3000円が多い。 国際郵便です、送料が2000円必要です。 弊社はネット通販では有りません。 治療の最初から終わりまで、全てフォローしますので、その諸経費が薬代の中に含まれています。 医師相談の費用も2回目以降はこの中に含まれます。 お受けになるフォローの内容からすると本当は10倍の値段がして良いはずです。   お受けする方々の条件 1)効く耳を持っている人 2)相談料、お薬代金は返金できない事、クーリングオフの対象でない事。 3)医師の指導に従う人 4)医師に迷惑が及ぶ行為をしない事 5)海外医薬品ですので、ネットに画像を出したり、転売をしない事。国内法の規定。 6)実際の治療中は酒・タバコを飲まない事 7)薬の効果は保証出来ない事 などを承諾してくださる人に対し、お取り次ぎをします   医薬品は世界の医学でも最高レベルの薬を使います。 1)国家が認可した安全性と効力を確認した、正規の医薬品を使います。 2)大病院・名医が常日頃使っている薬です。 3)このホームページに載っている様々な難病で実際に今でも多くの方が飲んでいるお薬です。   医薬品の扱いは難しく、しかも難病に対しては素人では無理です。 この為、正規の病院・医師が全て処方します。 安全、効果が最も優れた方法を取ります。   医師の初回相談の期間、薬の入手までの日数 1)通常、初回相談で医師が体の状態を調べます。 回答が来るのが平均1週間です。   2)お薬は船か飛行機で送って来ます。 普通、船は30日です。 飛行機は本来は1週間で来ますが、新型コロナが発生した為、飛行機が飛ばなくなっていますので 飛行機でも平均30日掛かる場合が有ります。 しかし突然早く着く場合もありますので、飛行機が使える場合は飛行機を指定しています。   具体的に、医師に相談して治療薬をお手配したい人は トップページに医療・薬の無料相談コーナーが有りますので、そこからご連絡下さい。 24時間以内に回答します。 その中でより詳しい方法をご説明します。   補足説明 武漢肺炎(新型コロナ)でも普通の肺炎でも 初日は軽くても一気に重症化します。 重症化すれば助かるとは限りません。 実際、肺炎の重症の状態に立ち会った事がありますが、余りにも酷い状態です。 数時間後に息を引き取りました。   この教訓から、中薬を初期の段階に使う事で、上手くいけば短時間で正常化出来ます。 武漢肺炎(新型コロナ)も同じです。   治療方法は中医学の中でも最も先進の中西医結合医学で行います。 1)基本的には中薬を使います。 2)部分的に西洋薬を使います。   医師が付く大きな理由は免疫です。 新型コロナに感染すると誰でも免疫がガクンと下がります。 免疫の余力が有る人が助かり 免疫の余裕が全くない人がお亡くなりになります。 あるいは非常に重篤な状態が続きます。   ですので、事前に名医に体の相談をする意味は、 いざと言う時に免疫を上げる薬が有るのか、あれば事前準備する 早めから飲んで免疫を上げる。 これが目的です。   どのような持病(基礎疾患)を持っているか? 新型コロナに感染すると基礎疾患を持っている人は体の余裕が有りません。 この中薬で感染の初期に即座に飲む事で、重症化を避ける必要が有ります。   しかしそれでも基礎疾患がある為に重症化に引きずり込まれる可能性が有ります。 ですから、本当は、免疫を上げる治療や、基礎疾患を中医学で治療でしておいた方が賢明です。   以上、概略を書きました。 主旨を理解し、必要と思う方はご連絡ください。  

呼吸器系

2020/7/15

新型コロナで医師・看護師・医療スタッフが命を掛けて戦っている、ウイルスによる世界大戦。

無料相談はコチラ 新型コロナ(武漢肺炎・covid-19)と戦っているのは最前線の医師。 武器を使った戦争は兵隊です。 世界中に新型コロナが広がり、多くの国で閉鎖、自粛になり 患者が病院に溢れています。 医師や看護師など医療スタッフが感染し、命の危険に晒されています。   新型コロナは非常に危険です 現在、世界に新型コロナが拡散し、世界大戦の状態です。 現在これに対して戦うのは兵隊ではなく、医師・看護師です。 医師・看護師の緊張・疲労・可能は計り知れません。 患者は生きるか死ぬか、意識不明の状態をさまよっています。 この時、医師・看護師も自分の命がくいつぶされる程の状態で、命を削って戦っています。 すでに体力・精神力の限界に近づいています。   患者は24時間、危篤状態です。 昼夜をてっして医師・看護師は戦っています。 肺呼吸が苦しいときは水で溺れ、水を飲んた時の様に、呼吸が苦しくなります。   医師・看護師の給料はそれで良いのか? 余計なお世話かも知れませんが、 医師・看護師に対する給料・手当ては今のままで良いのでしょうか? 看護師さんの給料は実際は非常に低いのでは無いでしょうか? 普段は残業や夜勤でまかなっているのでは無いでしょうか?  

呼吸器系

2020/7/15

新型コロナ(武漢肺炎・covid-19)今後は中医学で乗り越える。

無料相談はコチラ   新型コロナの治療の重要ポイント 1)感冒かな?と思った段階で治療薬を飲める体制にしている---個人が中薬で可能 2)感染した人は病院の治療も大事だが、中薬を併用した方が効果が大きい 3)ワクチンが出るまでは、感染は続く〜と見た方が良いのでは。 4)感染検査をクラスター単位で行い、感染者は早期に隔離して、感染を拡散させない。   まず4番のクラスター単位の押さえ込みについては行政側の仕事です。 防疫のシステムが非常に大事です。 一人感染者がでたら、周辺の人、濃厚接触者を見つけ検査し、感染が拡張しないような体制が必要ですが、 日本以外の国はこの方法を取っていないので、単に封鎖するだけで 家庭内に置いても次々感染している状態では無いかと思われます。   3番のワクチンが必要というのは、 新型コロナは自然消滅しないタイプだからです。 常に人から人に感染するタイプですから際限なく感染を繰り返します。 ですからワクチンが出て、ほとんどの人がそれを接種すれば、ウイルスが体内に入っても全て発症しないからです。   1番と2番は中医学で予防、治療、完治させ再発させない方法です。 中医学の薬は予防に使えます。 1)人混みに行った、外出して帰宅したらすぐに中薬を飲めば、体内のウイルスを大幅に消す事ができます。 2)普通の人は熱が出たり臭いがしないなどの症状が4日間続いた場合に 新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センターに連絡します。 つまり4日間の空白が有ります。 ご高齢者は2間で連絡して下さい〜となっています。 しかし入院した直後に危篤状態も有り、軽症者と言っても体の不調は大変なものです。   こうならないようにする為に、中薬を事前に持っていれば、おかしいな〜もしかしたら〜 と思った瞬間、中薬を飲めば、大幅にウイルスの力を弱めるか、中薬を継続服用する事で完全にウイルスを消すことも有ります。 まだ新型コロナを発症しました〜と確定する前に、弱体化させたり完全消滅させることも有り得ます。   再発防止、根底治療、免疫治療 中医学はこれらが出来ます 新型コロナは再発すると言われてます。 それを防ぐには根底治療をする事が大事です。 新型のコロナウイルスは体内に入ると体内の臓器を損傷したり、再発させるメカニズムを作る事が考えられます。 一旦は薬により体内のウイルスは消せても、次第に新規にウイルスを作り発症させます。 また他の病気を持っている場合はそれとウイルスが絡みついている場合が有ります。 これら全てを中医学は根底治療する事で再発しない体にします。   若い人でも再発した時に命の危険が有ると言われてます。 陰性になったから〜と安心して良いか分かりません。   上記の中で免疫を上げる治療が大事です。 実際に発病したら、この病気は免疫が急速に落ちます。 肺や肝臓、腎臓などの機能が急速に落ちると言われてます。 免疫を上げることをしないと命に関わります。 中医学は免疫の治療が優れているのは世界でも有名です。 免疫を上げる為の薬が各種有ります。 実際、多くの病気で免疫を上げる治療は常にしています。   大気汚染のひどい地域ほど重症化しやすい 新型コロナは呼吸器系統の疾患を持っている人ほど重症化しやすい 例えば中国は大気汚染のひどい地域ほど、日頃から呼吸器系統の悪い人が多く これに新型コロナが加わりますと重症化する率が高まります。 日頃からタバコを吸っている人も重症化しやすい。

呼吸器系

2020/7/15

新型コロナ(武漢肺炎)の盲点

無料相談はコチラ   新型コロナの本当の姿は違うかも 世界の医学は2種類有ります。 1)中医学 2)西洋医学 どちらも重要です。 各国とも新型コロナ(武漢肺炎)は西洋医学の国ですから、西洋医学の治療情報しか耳に入らないと思います。 それで治るのなら良いのですが、自分は死にたく無い〜家族を死なせたく無い〜 と思う方はこのページをご覧ください。   一般的に言われている事と実際は違うように有ります。 1)まず、消しても消しても再発する可能性が有ります。 2)再発したら、重篤化しやすく死亡する可能性が有るのでは無いか? 中国から多くの情報が流れていますが、この2点については日本や各国では二の次のように扱われています。 しかし完治するには非常に大事な点です。 これが出来ないと完治しないかも知れません。 自宅に戻って家族を感染させるかも知れません。     アメリカにお住まいの方は 途中ですが、先にお知らせします。 もしアメリカでお住まいの方はドラッグストアで漢方薬(中薬)で感冒の薬を買って飲んでください。 西洋薬でなく、漢方薬(中薬)です。 できれば流行性感冒(インフルエンザ)の薬が大変良い。 薬草はウイルスを殺します。   一番大事な事は感冒かな〜と思ったら飲んでください。 要するに初期が大事です。 このような薬は副作用有ません。 飲む時は西洋薬と1時間開けた方が無難です。   武漢肺炎(新型コロナ)は体がだるい、鼻が臭わない、味がしない 人によって熱が出るときと出ない時が有ります。 痰はあまり出ません。 咳が出ます。   コロナはウイルスですから、再発する可能性が多いに有ります。 話を戻します。 新型コロナはウイルスですから、再発する可能性が有ります。 断言は出来ませんが、ウイルスの似たような治療を弊社では一年中しているからです。 中医学で診断すると分かるのですが、体内に毒性の強いウイルスが入ると 体内に新規にウイルス・菌を増殖させる箇所が出来ます。   これが出来ると、いくら抗生物質、ステロイド、その他の薬でウイルスを殺しても 後から後からウイルス・菌が新規に作られます。 ですから1度、陰性になって退院しても、また陽性になります。   治りにくい人、完治するまでに非常に時間のかかる人 本当に良くなる、完治するまでに半年〜1年掛かる人も出て来ると思います。 その理由は体に不調な点が有るからです。 例えば、アレルギー、アトピー、蕁麻疹など皮膚病が有る場合はそことウイルスが絡み合います。 ですから一緒にアレルギー、アトピー、蕁麻疹など皮膚病を治さねばなりません。 しかしアレルギー、アトピー、蕁麻疹など皮膚病は西洋医学では治りません。 だから中医学では一緒に治療すると新型コロナも治ります。   同じように子宮内膜症や卵巣嚢腫などの人も治りにくいかも知れません これはあくまでも仮定ですが、実際に診断して見るとはっきり分かります。 実際、他のウイルスに感染すると、子宮・卵巣の悪い人は、それとの絡みでウイルスが治りにくい人が多く 子宮・卵巣を中医学で治療するとウイルスも一緒に良くなってきます。   免疫を上げる治療が大事 最も重要な事はウイルスを殺す事ですが、 並行して大事な事は免疫を上げる事です。 あるいは肺・腎・肝に良い薬を飲んだ方が良い。 これらの臓器の働きが良くなると、体に機能が上がり病毒と戦う力が増します。   4月に入ってもまだAVIGANを使わない日本の不思議 AVIGANはコロナウイルスなど新しい感染症が出て来たときの為に200万人分の備蓄をして来たのですが 明日には非常事態宣言が出るようなのですが、そのような大事体になっているのに、まだ病院では使って無い。 しかも死亡者が次々出ているのに最も有効率が高いとの裏付けがあるのにまだ使っていないのですが 何が原因なのか、不思議でならない。   副作用が心配と言うらしいが、それが本当の理由ではないかも 医薬品は利権が絡む。 それが大きな背景では無い〜と言い切れるのか〜と勘ぐっても不思議ではない AVIGANが普及すると困る連中が多いのでは無いだろうか? 元々日本はそのような国だからです。 丸山ワクチンが最も良い例です。   副作用が心配だからデーターを取っているので、まだ使えない〜と言っているが、 西洋薬はどの薬も副作用があります。 なぜ国家の重大時にそのような問題を放置しているのか不思議でならない。 副作用がでた場合、責任をどこが取るのか?と考えているのか?   西洋医学は基本的には妊娠すると危険 AVIGANが妊娠している人には影響ある〜と言っていますが しかし不思議です。 ほとんどの西洋薬は妊娠している人にはよく無いはずです。 それは常識では無いでしょうか?   妊娠が心配なら 患者に投与する前に可能なら患者、あるいは家族に承諾を取る。 妊娠している人には使わない。 妊娠していない人は、退院後、2~3ヶ月は妊娠しない事〜などを注意すれば良いのでは無いか? 大雑把な事を書きましたが。。。。   本当に不思議と思っていました。 AVIGANが相当の効果があるはずなのに、なぜ死亡者がこれほど多いのか? と毎日不思議に思ってました。 聞いてびっくり、今現在、まだほとんど使って無いとか。 使っていなければ、当然死亡者が出ますよ。 「死んでも良いから、AVIGANを使わない」と思っている本当の理由は何でしょうか?  

呼吸器系

2020/7/15

武○肺炎(新型コロナ)マスクは必要、ウイルスの濃度の違い、中薬が良い。

無料相談はコチラ   外出する時はマスクは絶対に必要な理由が有ります。 日本では時々、医師や感染している人以外、マスクは不要と言っているバカな医療関係者がいます。 はっきり断言しますが、それは間違いです。 この時期はマスクは多目的に特に大事です。 それを説明します。   武漢肺炎(新型コロナ)は濃度が関係します。 街を歩いている時、食品を買うときにどうしても空気中に新型コロナウイルスが滞留しています。 今回のコロナウイルスは人工的に作られた物ですので非常に特殊で 粒子が非常に小さく、マスクの線維の間を通過すると言われてます。 しかしそれでも良いのです。 なぜなら、マスクがかなり防御しますので、一部がマスクを通過する事も有るかも知れませんが マスクがその他を可能な限り防ぎます。 これにより最悪でも濃度の低い量を吸うだけで済みます。 マスクなしだと鼻が掃除機のようにまともに吸い込んでしまいます。   発病した場合、濃度の濃いものを吸っている方が重症化しやすい。 濃度が薄い場合の方が圧倒的に有利です。 だからマスクは必ずして下さい。 マスクをして居れば、濃いまま吸引する事は少なくなります。   この時期、感冒・インフルエンザとダブらない為です。 感冒・インフルエンザともひどい病気です。 これと武漢肺炎(新型コロナ)がダブルと極めて重篤化します。 前々からの話ですが 感冒・インフルエンザはマスクで大幅に防げます。   私に良い体験があります。 私がいつも感冒やインフルエンザに感染するのは、 1)出張の時に新幹線や飛行機に乗った時です。 この時に他の乗客がひどい咳やクシャミをしています。 こんな人に限ってマスクをしてないのです。 横の席の人、前後の席の人〜が咳をすると感染します。 私はその日の内に熱が出ます。   ところが、次回より必ずバッグの中にマスクを持って乗るようにしました。 咳をする人がいたらすぐにマスクをします。 そうすると発病する事は一度もありません。 やはりマスクの力は大きいです。   2)会合、勉強会で感冒、インフルエンザらしき人がいます。 前々からの話です。 話をするのにマスクしてない人が居ます。 2.5m離れた席から話をしますが、1時間ほどの間にやはり感染しています。 その日の夕方には熱が出ます。 夜には完全に発病しています。   私は中薬を持ってますから、急遽飲み、次の日で治りますが 薬代金は自己負担ですから、本当に迷惑な話です。 ですから、会合・勉強会の時はマスク持参です。   感冒で咳している人がいる時はすぐにマスクします。 そうすると感染しません。 大成功です。   もし感冒・インフルエンザになっていると 免疫が非常に下がりますから、 薄く新型コロナが体内に入っても、免疫のよる防護が効きませんから 新型コロナが発症しやすくなり、重症化しやすくなります。 ですから、この危ない時期だからこを、感冒やインフルエンザは発症しない事です。   中医学の薬を準備していると治りやすい 中医学は元々、ウイルスの治療は世界トップです。 ウイルスを殺す薬は元々多種有ります。 今回の新型コロナの治療でもその事が中国の国家医療部門より発表されています。 ネットでも記事が出ていますのでご覧ください。 それによりますと、新型コロナの治療は西洋薬で効かない場合、中医学で治療すると治る、退院する人が多い〜と書いています。   今、中国のどの地域で中医学がどのように治療に使われているのか まだ情報が入って来ていません。 SARSも中国で発生し、これも人工的なウイルスと言われてますが、 中国全土で一番治りが良かったのは四川省でした。 四川省はこの時、中医学を徹底的に使ったそうです。 死亡者が一人も居なかった〜と聞いてます。   今回、四川省がどのように中医学を役立てているのか分かりません、 中国は秘密主義ですから、まだ情報が伝わって来ていません。 本当はこんな時期ですから、もっと多量の治療情報が流れて来て欲しいのですが。   私ども上海の先生方は新型コロナの患者も治療していると思います。 今回の新型コロナの治療に対してどのような薬を使ったら良いのかすでに聞いています。 何種類か有ります。 現在、その関係の薬は品薄で非常に手に入れにくくなっているとの情報ですが それでもほとんどの薬は平常通り手に入ってます。   中薬はいつ使ったら良いのか? そもそも、一般の肺炎でも死亡率は高いのです。 ですから日頃から肺炎の治療用に中薬を持っている方が良いのです。 肺炎にしても、今回の新型コロナにしても最初はまだ軽いのこの時が一番効果が大きい。 感冒かな〜と思ったら指定の中薬を飲みます。 その段階で大幅にウイルスを殺せます。 入院しなくても自宅で相当はウイルスを殺せます。   日本の病院ではAVIGANを使っています。 その他、喘息に使う霧状に喉に吹き出す薬、 エイズ薬も使い場合もあるかと思います。 しかしそれらの薬を使っても死亡者が多くいます。 日本では特にご高齢者が死亡する場合が多い。 もし中薬を用意していて、初期段階で飲んでいたら、助かった可能性が多い。   中国の中医学病院は入院中の重症患者に中薬を飲ませ、助かる人が多い。 日本では自宅治療の段階で飲まないと 入院すれば、手持ちの薬は全部、取り上げられます。 中薬の効力は日本の医師は知らないですから また隔離している部屋にご家族が入れないですから、 中薬は自宅で飲み、出来るだけ、自宅で治せるように考えた方が良いと思います。 もし入院しても治りが大変良いはずですし できれば入院時に中薬を持参し、病室で飲んで良いか医師と相談するのが良いと思います。  

呼吸器系

2020/7/15

新型コロナウイルスの治療

無料相談はコチラ   新型コロナウイルスの治療薬、事前準備。 新型コロナウイルスは自国が作ったウイルス兵器で有ると中国が発表しました。 しかし、その後、取り消していますが、いずれにしても世界中で死亡者が多数でており、 世界中に計り知れない損害を与えています。 日本もすでに多くの死亡者が出ています。 今後どのように感染が広がりるのか? せっかく良い薬を政府が200万人分も持ちながら、使用せず、 むざむざお亡くなりになった方々、ご家族は悔しい思いです。   このようなウイルスに対し中医学の治療薬を手配しています。 中薬は医薬品の生産工場が封鎖されたままですので、当面は関係する薬が品不足です。 (4月半ばには、正常に戻っています) 現在、通常の治療薬以外にも新型コロナウイルスの治療に使う薬も手配しています。   1)すでに中医学で病気の治療をしている人は、ご希望者に対して必要な薬をお手配しています。 2)新規ご希望者にも、中医学の医師の診断を出来るだけ早く受け、 必要な薬(体の悪い部分の治療薬とコロナウイルスの治療薬)をセットでお取り寄せ出来ます。(自宅に居るままで診断出来ます)   中国の武漢から発生し、世界中で多くの死亡者が出ています。 感染者、入院患者は膨大な数です。 まだ勢いは落ちていません。 治療方法は色々と見つかって来ていますが、それでも全く油断できません。 その病院の能力や体制で大きな影響を受けます。 人の命はほんの一瞬で消えます。 病院に行けば100%安心〜など絶対に有りません。     なぜなら元々、日本では通常の肺炎でさえ死亡者が非常に多いのです。 通常の肺炎でも一旦高熱が出ると、24時間もせず命を引き取ることは珍しく有りません。   武漢肺炎はそれよりも極端に難しい病気ですから、 病院の治療は必要ですが、それでも極端に難しい〜と思った方が賢明です。   危険度が高い人が多い。 1)高齢になる程、体の機能が悪く、ひどい菌やウイルスの感染すると、乗り越えるのが非常に難しくなります。 2)また現在、何らかの病気を持っている人はコロナウイルスに感染すると大変難しい事になります。   高齢者だから亡くなっても仕方ないね〜など軽く思われているのでしょうか? 1日も長生きしょう〜と頑張って来た方々をこのような事で命を失わさせた事は、大変な失策としか言えません。   年齢に関係なく、病気の人が多い。 この方達は、最も用心が必要と言われています。 この方々はいずれにしても根本治療したいのであれば中医学が優れています。 その根本治療をする事が、まず第一のコロナウイルス対策です。 それと並行して直接コロナウイルスの治療薬をする方法が有ります。 ビビッド・ライフでは新型コロナウイルスの治療薬を手配しています。 その相談を承っています。   懸念する点が有ります。 病気の人の問題点 1)この新型コロナウイルスは色々な病毒を混ぜ合わせた物と言われています。 それが体内に入ってどうのような作用をするのか? 多くの不明点が有ります。   2)中国でも再発する〜との話を聞きます。 これは、新規に感染した〜と言うよりも 最初から入っていたウイルスが表面的には一応消えた。 その時の検査では陰性になっている。   一旦は消えたが、しかしまた体内で増殖していないか? つまり、ウイルスはタイプによっては、体内で増殖する事が有るからです。 その時に陽性になります。   3)感染した事が分かった場合 体内から完全にウイルスを除去されているか中医学で確認する事が可能です。 もし増殖する機能が体内に作られているなら、中医学はそれを消滅させます。   また薄くウイルスが体内に残っている場合、本来は免疫がそのウイルスの働きを食い止めますが 免疫が著しく低下したままですと、再発する事が考えられます。 中医学では様々な方法で免疫を上げる治療をして、再発させない体にします。   完全にウイルスを除去するには、中医学は優れています。   感染したら、直ちに治療できるように事前に準備しておく 感染したら、1日目〜2日目が特に大事です。 1)即時に薬が飲めるように、必要な薬を事前に持って置くことが大切です。 2)体の不調が無いか、事前に中医師に相談して、必要な治療薬を手に入れ、治療を開始することが大事です。 それで免疫を上げ、ウイルスと戦う力をつけます。   参考ですが 全く別のウイルスでも、タイプによっては そのウイルスが体の悪い部分と絡み合い、治療してもウイルスが抜けにくくなっている場合が有ります。 ですから、事前に病気を出来るだけ改善して置くことは非常に大事です。   ご希望する人には無料ご相談に応じます。 メニュー画面より無料相談でお尋ね下さい。  

呼吸器系

2020/7/15

中国の新型コロナウイルスの対策について

無料相談はコチラ   中国でいろいろな発表がされています。 中国の政府や軍の関係者が発表していますが どうして日本では報道されないのでしょうか? 日本ではYouTubeなどSNSの方が正しい情報が出ています。   なぜ、武漢の市場でコウモリなど感染した動物がいたのか? それもSNSの情報を見ていると、経緯がはっきり浮かび上がって来ます。 どこからそのコウモリが運ばれて来たのか? どんな人物が持って来たのか? 良く考えれば分かります。 中国だけの問題なら、外国は関係ない〜と言って良い問題では有ません。   一番大事な事は、人工的なウイルスに対処するのと インフルエンザのような本当に自然発生の病気に対応するのとは 予防・治療・予後に対しては対策が違うと言う事です   では今 どうすれば良いのか? コロナウイルス----ウイルスです 感冒--------------ウイルスです インフルエンザ----ウイルスです どれも病原体はウイルスです 最初はどれも見分けが付きません しかし最初の治療が非常に大事です。   西洋医学はウイルスはワクチンが最大の武器です ワクチンが開発されると思いますが、臨床試験などが有りますので1〜2年掛かります。 それまで日本の病院は色々な手法で患者を治療し救うと思います。   中医学はウイルスの中薬が最初の治療薬です ビビッド・ライフで病気の治療薬を取り寄せている人は ウイルス対策の中薬を持っている人は多いと思います。 主に3種類を持って頂くようにしていただいています タイプ別に使い分けます。 病院に行く行かないに限らず、3種をすぐに飲みます。 最初が大事です。   新型コロナウイルス(生物兵器)も最初は感冒かな? と感じます。 この時、すぐに中薬を飲んで下さい。 ほとんど2~3日で何らかの改善があるはずです。 しかし油断できません。 すぐにビビッド・ライフにご連絡下さい。 お薬の飲み方などをチェックし 場合によっては中医師に連絡を取り判断を仰ぎます。 必要に応じ緊急に薬を取り寄せます。   中医学で現在、治療中の方は中薬の免疫の薬を飲んでいると思います それを予定通り飲んでください。 免疫を上げる事で病毒に勝ちます。   最初が大事です 1)感冒かな〜と思ったら、すぐに中薬を飲む 2)効き具合で中薬を変える 3)暖かい格好をする   4)汗を掻くほどいっぱい着る 5)布団をたくさん重ね汗をかく状態にする 6)下着を変えて体を冷やさない。 7)食べてはいけない食べ物が有ります。 ・アイスクリームなど体を冷やすもの ・油物や辛い物など消化の悪いものは消化する時に体の負担が大きく免疫が下がります ・酒・タバコは厳禁 ・生ものは食べない、雑菌が多く、感染している時は特に危険 ・その他は中医学で治療の人は既に知っていると思います。   8)体を温める食べ物、飲み物を飲んで下さい。 ・牛乳を使った食べ物は先ほどの油物に該当しますので、体を温める場合も食べないで下さい。 ・冷たい水でなく、熱いお湯の方が良い。 9)病院でコロナウイルスの検査を受けたい人は、まず病院に依頼してください。 あらかじめ電話してから行くと良いです。   中薬で相当の事ができます。 不明の点はいつでも連絡を下さい。   今でも感冒にしては変な状態の人がいます。 要注意です。     大事な事は、日本の報道が、言ってる誤報 これは感染力が弱い、心配しなくて良い〜との報道を流しています。 しかし海外では感染力は10倍も強い〜と言う情報も有ります。 日本の報道は根拠がはっきりしません。   感染力、死亡率の判断が全く違います。 実際にSARSの当時、担当した方々が武漢を視察したり調べています。 日本のコメンテーターや新聞・テレビから判断をするよりも もっと確実な情報をご自分で調べてはいかがでしょうか。  

呼吸器系

2020/7/15

新型コロナウイルスの治療薬について

無料相談はコチラ   特効薬が有りますか? ワクチンが有りますか? とのご質問にお答えします。 中医学では治療薬が有ります。   中医学ではワクチンと言う発想は有りません。 ワクチンの方法は西洋医学です。 現在、中国の医学会は新型のウイルスについて詳しい分析が続いていると思います。   もともと中医学はウイルスの治療を四六時中しています。 中医学ではウイルスの治療薬が非常に多種あります。 それらの薬でウイルスを殺します。   大事な点が有ります。 今回の新型コロナウイルスが何なのか? つまり人造のウイルスなのか? あるいは自然界の物なのか? これに寄って治療薬が違って来ます。   体内がどうなっているのか? 新型のコロナウイルスと戦うには免疫が高い必要があります。 また多くの人が何らかの体の故障があります。 元気そうであっても中医学の医師が診断すると体内の悪いところが見つかります。 この悪いところが新型のウイルスの様な超危険な病毒と戦うには非常に不利になります。 体内が悪くなっている〜これは免疫が低い状態です。   結論を言います。どの様にするか? 中医学で予防の事前準備をするには最初に中医学の医師から診断を受けて 体内の悪いところを治療する薬を出して頂く事が必要です。 その時に免疫をあげる治療薬も出ます。 さらにはそれぞれの人に合うウイルスの治療薬を決めてくれます。 無料相談コーナーをご利用ください。 お困りの方はご連絡ください。   補足情報 中国の一流の医療組織は前回のSARSを非常に大事な教訓にしています。 当時、どの様な治療が成果を上げたか、非常に詳しく研究されています。 中医学界では中西医結合医学と呼び、西洋医学を大幅に取り入れた治療をしています。 当然、前回のSARSについての西洋薬の効果はどうだったか? 中医学の薬は何がどの様に効果が有った非常に詳しく研究されています。 その様な研究が今回の新型ウイルスの治療に大きく役立つと思います。

呼吸器系

2020/7/15

喘息を根本的に治療、中医学・大病院・名医の治療、処方薬を個人輸入。総合情報

無料相談はコチラ   喘息の総合ページです。 喘息を根本から治療する薬を個人輸入代行します。 喘息が発生する深い原因があります。 それを根本から治療し、喘息を無くす為の治療薬です。 記事担当の後藤直伸です。 「こんにちは 喘息ほど苦しい病気は有りません。 喘息を治す薬が無いのか、ずっと調べていました。 中医学・大病院で使われている薬を個人輸入出来ます。 下記に情報を載せますのでご覧ください。」   喘息と気管支炎の違い 喘息は気管支喘息とも言います。 同じ病気です。 しかし喘息と「気管支炎」は違います。   気管支炎は急性と慢性があります。 気管支炎は気管支が炎症して咳・痰が続く状態です。 急性気管支炎はほとんど風邪ウイルスが原因です。 慢性気管支炎は痰・咳が何年と続きます。   毎年3ヶ月以上続きます。 タバコなどによる影響が多い。   「喘息」は気道が悪くなり、咳・痰もありますが、呼吸困難をおこす病です。 咳や痰、気道が狭くなり空気の通りが悪くなり、呼吸のたびにゼイゼイと音がして呼吸困難になり、動悸、息切れします。 重症発作では意識を失ったり、チアノーゼ状態になることがあります。 非常にひどい病気です。   呼吸困難で気を失う人、命を落とす人も大勢います。 どんなに苦しい事か、真にかわいそうな状態です。 この苦しみがなくなれば、人生が大変楽になります。 早く良くなるために、この記事を参考にしていただければと思います。 喘息の原因はなんでしょう? ダニやハウスダストなどが原因。過労やストレス、運動、喫煙、排気ガスなども原因と言われています。 確かにそれは正しいのですが、それ以外に重大が原因があります。 それは、一番下のダンロードボタンを押せば、詳しく書いています。   今、日本で、喘息が治らないのは「喘息は何が原因でどんなメカニズムなのか?」 今現在、はっきりしていないからです。 とにかく応急手当てとして薬の吸引などで、抑えていますが、それでも悪化し、年間の死亡者も相当います。 本当にお気の毒で、本当にいたたまれないです。   中医学では原因をはっきりつかんでいます。 実は、喘息の原因はすでに2000年前に分かっているのです。 その情報や治療方法が日本に入ってきていないのです。 原因を少し説明します。  咳をします。また痰が絡んでいる場合が多い。 実は喘息は咳と痰がベースとしてあります。 もっとも問題は痰です。 ところが、入院されたらわかると思いますが、痰は吸引しか方法はありません。   痰を元から消す。 痰が発生しないようにする。 これが喘息の非常に大事な治療ポイントです。   痰は咳の時、喉だけの問題のようにありますが、喉だけではありません。 実は体のかなりの部分で問題を起こしています。 それが喘息が治らない理由です。   中医学は痰を元から断つことができます。 これは止めるのでなく、根底から原因を治療する方法です。 相当の修練を積んだ医師ができる治療です。   咳・痰を出すので、肺が関係あります。 喘息は肺の治療が必要です。 肺には様々な病気があります。 肺炎、肺結核、気胸など色々あります。   それぞれ肺が悪くなっている現象が違いますので、喘息の時の治療をしなければなりませんが、その治療は中医学では可能です。 喘息は肺・痰があります。 その関係でそのほかに2箇所の臓器が悪くなっている場合が多い。   体の状態がシーソゲームのように変わります。 原因箇所を見つける事は漢方の専門医が診断すればすぐに分かりますが、喘息は体が非常に衰弱してますから、同じ人でも、常に一定の状態ではなく、非常に変化しやすい状態です。   病状・原因は段階により違います。 ここが原因の核心です。 1、発作期-----この中で5種類に分かれます。 2.  缓解期-----この中で3種類に分かれます。 喘息は合計8種類のパターンがあります。   それに応じた治療をします。 この8種類のパターンの理解は非常に難しい。 しかし、診断時にどのパターンなのか分かりますので、必要に応じ説明があります。 喘息の治療------中医内科 <発作期> 1)冷哮証の治療 ①肺の働きを良くする治療をします。 ②肺から寒を散らす治療をします。 ③痰を溶かす治療をします。 ④喘息の症状をおさめる治療をします。   2)熱哮証の治療 ①肺の熱を清める治療をします。 ②肺の働きを良くする治療をします。 ③痰を溶かす治療をします。 ④喘息の症状をおさめる治療をします。   3)虚哮証の治療 ①肺を補う治療をします。 ②腎を納める治療をします。 ③気が降りる治療をします。 ④痰を溶かす治療をします。   4)寒包熱哮証の治療 ①体表状態を解く治療をします。 ②寒を散らす治療をします。 ③熱を清める治療をします。 ④痰を溶かす治療をします。   5)風痰哮証の治療 ①風を取り除く治療をします。 ②痰を洗う治療をします。 ③気が降りる治療をします。 ④喘息の症状をおさめる治療をします。     喘息は五臓の診断が必要です。 紀元前200年前頃の医学書は非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。 現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。 すでにこの中で喘息に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。   この中で五臓六腑についての記述が特に大事です。 五臓六腑の不調・虚弱がベースとして有り、それが肺を痛め、喘息になっているとの説明です。 つまり貴女は必ず五臓六腑の診断を受ける必要があります。   喘息は五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 特に五臓が悪くなっている場合が大部分です。 五臓は(心・肺・脾・肝・腎)です。 貴女は喘息ですから勿論「肺」が悪くなっています。   しかし肺はその他の臓器と関係して喘息になっています。 心が関係している場合はあまり無いですが、残りは多くの人が損傷しています。 貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。   西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違います。 中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。 そこが原因です。そこを良くする必要があります。   喘息は何が五臓と関係しているのか? 「 痰」が問題です。貴女の知らない痰の秘密とは。    ①喉に痰が詰まっています。 それは理解していると思います。 しかし痰が肺に溜まっているのをご存知ですか? それだけでは有りません。   痰がもっと内臓の多くの箇所に溜まっている可能性もあります。 痰は怖い。 痰は非常に厄介です。   痰が喉だけにあると誰もが思っていますが、実は肺にも、内臓の多くの箇所にも痰が溜まっている事が多いのです。 貴女は痰を喉から吸引するか、痰を溶かす薬を使うだけで、痰を根本から消す、根本から痰を作らないようにする治療は何もしていないはずです。 だから永遠と痰が出続けるのです。   痰を作るメカニズムがあるのです。 そのメカニズムを解消する治療が必要です。 それは中国の中医学なら出来ます。   ②体内は血と水が流れています。 五臓は血に関係しますが、水にも関係します。 「痰」は水から出来ていますので五臓が作っています。   肺以外にどの臓器が痰を作っているのか診断で確かめる必要があります。 その臓器を見つけ治療すれば喘息は良くなって来ます。   ③五臓をつなぐ連絡通路(経絡) 特に「肺」と繋がる連絡通路(経絡)が「痰」で詰まっている場合が多い。 状態を診断で確認し、治療すると良い。   まだだくさんありますが、今まで書いたことが最も代表的ですので、その事を念頭に置いて治療すると良いです。   喘息を脱出する方法 1)喘息は極めて難しい病気です。 現在、世界では漢方だけは根本治療がされています。 早い内に治療して苦しい状況から解放されてください。   2)中医学治療してからは、虚弱体質を良くしましょう。 虚弱体質が一番問題です。 それが今後、喘息にならない予防になります。   3)中医学治療中に食べ物について医師からアドバイスが入ります。 食べて良いもの。食べない方が良いものがあります。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。   それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の喘息の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   喘息を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする喘息の治療は効果が大きい。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が喘息の治療でも出ています。   喘息の治療---実例---「中西医結合医学」 1)喘息は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 ...

呼吸器系

2020/7/15

テレサテンと中医学

テレサテンは中医学とはどんな関係が有ったのでしょう? 彼女が今居る 向こうの世界まで聞きに行けば答えてくれるでしょう。   ところで前々より、テレサテンが歌う中国の歌が素晴らしいと聞いていましたので、どんな歌を歌うのだろうと思ってました。   有名店で取り寄せを依頼してましたが、4ヶ月経っても連絡がないので、諦めてアマゾンから手に入れました。   聞いてみてビックリです。本当に綺麗な歌です。清楚な上品な〜と言う言葉が合うのでしょうか? 素朴な 何か日本が失った 昔の日本の良さがそこにあるのを感じました。もちろんその前に 今のアジアはもっと素直な時代なのだと感じました。   テレサテンはアジアでナンバーワンで大変多くのファンがいますが、アジアのファンが抱いているイメージは、日本人が思っているイメージとは全く違ったものです。 このCDを聞いた日本人は 全くイメージが違うではないか? 日本でテレサにあのようなイメージの曲を歌わせたのは良くないと言う方が大変多いと思います。テレサの本当の姿が中国語の歌の中で感じるからです。   私も最初はそう思ってました。しかし 時間を掛けてよくよく考えてみました。テレサに日本での大ヒット曲を書いた作詞・作曲の先生から見ると、あのようなイメージの曲を歌いこなせる歌手が現れるのを待っていたのかも知れません。それほどテレサは歌が上手、表現力は抜群なのです。   ですから 向上心があるテレサは可哀想ではなく、高度な表現力を評価され 大ヒットを連続して出したのです。だからテレサは歌手冥利に尽きたのだと思います。 ところで 中医医学のホームページになぜ長々とテレサテンの事を書いたのか言いますと、実かテレサの歌う 本来の中国の歌と中医学 あるいは中国医学会が同じイメージだからです。 日本の書店に行ってください。日本の医学界がいかに問題が多いか 内部告発の本が山ほど出ています。 片や 中国で私どもが多くの医師に会いますが 本当に純粋な先生方が多く、医学に携わるべき姿は 日本ではなく むしろ中国の方がまともではないかと思えるからです。   中国政府の表現と 中医学を携わる医療関係者の表現は全く違うものです。 今 日本人が思っている中国のイメージは 中国政府が作ったイメージです。 しかし 実際の中国社会は全く違います。   そして もし中医学の本当の姿がわからない人がいるのなら、テレサテンの中国語の歌を是非聞いていただきたいと思います。中国語がわからなくても フィーリングではっきり分かると思います。 彼女の歌を愛する多くのファンの心はどのようなのか あなたは汲み取れると思います。 個人輸入代行の総合ページはこちら  

呼吸器系

2020/7/15

テレサテンの喘息、中医学なら今も生きていたかも。

テレサテンはアジアの頂点に立つ歌手です。   喘息と漢方 亡くなった日は5月8日で、20年以上になります。 喘息で亡くなったと言いますが、本当は暗殺ではないかと言う話も相当流れていました。なぜあれ程の有名人がタイの奥地で亡くなったのだろう? おかしいな〜と思います。 一番確かな事は、ずっと前からテレサは喘息が悪かったと聞きました。 NHKでテレサの特集を見ますとテレサが日本で最後のテレビ出演の映像が出ていました。 前々から重い喘息を患っていて、無理を押してやっと歌っているところです〜との解説が有りました。 彼女の顔は病により浮腫んでいました。声もやっと出ている。体のパワーは全くない。その場で死ぬかもしれないほど、体が悪い状態はありありでした。 喘息は油断ならない。 テレサはこの後「夜来香イエライシャン」を最後に出した後に亡くなっていますが、あれほど悪い状態でテレビに出ているのであれば、やはり喘息で死亡したのは確かでしょう。あるいは前々から毒をもられていたのかも知れません。   テレサの念願は中国でのコンサートでしたが、天安門事件、文化大革命の為に、その夢は果たせないままでした。しかし、中国で最も人気度の高い人物はテレサテンです。テレサの歌「何日君再来」を聞いて中国の民衆が開かれた国を待ち望んだといいます。中国大衆を動かし、中国政府が恐れたほどテレサテンの歌は影響力が有りました。 上海で漢方治療 もし、この時代、テレサが予定通り中国でコンサートが出来ていたら、上海の中医薬大の病院で喘息の治療を受けられたと思います。あるいは上海に先に入れば、上海には中医学の名医が集まってますから、必ず彼女を救ったはずです。劇的に良くなったはずです。 台湾の漢方 台湾には漢方(中医学)は入っていません。中国に共産党が出来たため、中国にいた政治家や軍人は台湾に逃げ込みましたが、医学者は逃げ込んでいません。台湾には中国の本格的な漢方は入っていません。 テレサテンは台湾で生まれ育った人ですから、台湾には彼女の喘息を治す医学が無かったのです。当然、日本でも治療したはずですが、治せなかった。 時代のサイクルが少し違えば、彼女は中国に入れて中医学(漢方)の治療を受け、今日も生きていたはずです。 中国のラジオを聞きますが、やはりテレサテンの曲は良く流れています。姿はないですが、テレサテンの思い出や曲は今もこれからも、中国やアジア各国で生きています。     個人輸入代行の総合ページはこちら 咳喘息の総合ページはこちら   喘息の記事をご覧ください。 喘息を根本的に治療、中医学・大病院・名医の治療、処方薬を個人輸入。総合情報 https://js-vivid.com/zensoku-15/ 喘息を根底から治す治療の方法。中医学・大病院・名医の情報。最先端「中西医結合医学」の方法。 https://js-vivid.com/zensoku-1/ 喘息の咳は死ぬほどの苦しみ。中医学の大学病院に相談。 https://js-vivid.com/zensaku-2/ 喘息は痰が問題です。根本治療する大病院が有るのは上海です。大病院・名医の知識とは。 https://js-vivid.com/zensaku-6/ 喘息は中医学で予防が大事。中医学・大病院の情報。 https://js-vivid.com/zensoku-10/ 喘息の体験記、重度、70歳、上海の大病院・中医学・専門医に相談。 https://js-vivid.com/yama/      

呼吸器系

2020/7/15

喘息を根底から治す治療の方法。中医学・大病院・名医の情報。最先端「中西医結合医学」の方法。

無料相談はコチラ   医師監修:喘息 喘息を根本から治療し体質を変える中医学 中医学は中国15億人が使う画期的な医療です もしあなたが喘息になった時にすぐにこの治療をしていたら あなたの人生は大きく違っていたと思います。 医学構造的にこの治療は日本ではする方法が有りません。 できるのは中医学・大病院・名医です。 喘息と気管支炎の違い 喘息は気管支喘息とも言います。 同じ病気です。 しかし喘息と「気管支炎」は違います。   気管支炎は急性と慢性があります。 気管支炎は気管支が炎症して咳・痰が続く状態です。 急性気管支炎はほとんど風邪ウイルスが原因です。 慢性気管支炎は痰・咳が何年と続きます。   毎年3ヶ月以上続きます。 タバコなどによる影響が多い。   「喘息」は気道が悪くなり、咳・痰もありますが、呼吸困難をおこす病です。 咳や痰、気道が狭くなり空気の通りが悪くなり、呼吸のたびにゼイゼイと音がして呼吸困難になり、動悸、息切れします。 重症発作では意識を失ったり、チアノーゼ状態になることがあります。 非常にひどい病気です。   呼吸困難で気を失う人、命を落とす人も大勢います。 どんなに苦しい事か、真にかわいそうな状態です。 この苦しみがなくなれば、人生が大変楽になります。 早く良くなるために、この記事を参考にしていただければと思います。 喘息の原因はなんでしょう? ダニやハウスダストなどが原因。過労やストレス、運動、喫煙、排気ガスなども原因と言われています。 確かにそれは正しいのですが、それ以外に重大が原因があります。 それは、一番下のダンロードボタンを押せば、詳しく書いています。   今、日本で、喘息が治らないのは「喘息は何が原因でどんなメカニズムなのか?」 今現在、はっきりしていないからです。 とにかく応急手当てとして薬の吸引などで、抑えていますが、それでも悪化し、年間の死亡者も相当います。 本当にお気の毒で、本当にいたたまれないです。   中医学では原因をはっきりつかんでいます。 実は、喘息の原因はすでに2000年前に分かっているのです。 その情報や治療方法が日本に入ってきていないのです。 原因を少し説明します。  咳をします。また痰が絡んでいる場合が多い。 実は喘息は咳と痰がベースとしてあります。 もっとも問題は痰です。 ところが、入院されたらわかると思いますが、痰は吸引しか方法はありません。   痰を元から消す。 痰が発生しないようにする。 これが喘息の非常に大事な治療ポイントです。   痰は咳の時、喉だけの問題のようにありますが、喉だけではありません。 実は体のかなりの部分で問題を起こしています。 それが喘息が治らない理由です。   中医学は痰を元から断つことができます。 これは止めるのでなく、根底から原因を治療する方法です。 相当の修練を積んだ医師ができる治療です。   咳・痰を出すので、肺が関係あります。 喘息は肺の治療が必要です。 肺には様々な病気があります。 肺炎、肺結核、気胸など色々あります。   それぞれ肺が悪くなっている現象が違いますので、喘息の時の治療をしなければなりませんが、その治療は中医学では可能です。 喘息は肺・痰があります。 その関係でそのほかに2箇所の臓器が悪くなっている場合が多い。   体の状態がシーソゲームのように変わります。 原因箇所を見つける事は漢方の専門医が診断すればすぐに分かりますが、喘息は体が非常に衰弱してますから、同じ人でも、常に一定の状態ではなく、非常に変化しやすい状態です。 病状・原因は段階により違います。 ここが原因の核心です。 1、発作期-----この中で5種類に分かれます。 2.  缓解期-----この中で3種類に分かれます。 喘息は合計8種類のパターンがあります。   それに応じた治療をします。 この8種類のパターンの理解は非常に難しい。 しかし、診断時にどのパターンなのか分かりますので、必要に応じ説明があります。 喘息の治療、中医学---参考:中医内科学 <発作期> 1)冷哮証の治療 寒痰が肺に潜伏している、痰が気を阻む、肺の働きが悪くなった。 ①肺の働きを良くする治療をします。 ②肺から寒を散らす治療をします。 ③痰を溶かす治療をします。 ④喘息の症状をおさめる治療をします。   2)熱哮証の治療 痰熱が肺に温存され蒸されている、肺の働きが悪くなっている。 ①肺の熱を清める治療をします。 ②肺の働きを良くする治療をします。 ③痰を溶かす治療をします。 ④喘息の症状をおさめる治療をします。   3)虚哮証の治療 喘息がずっと続く、痰気が瘀になり流れを阻害する、肺・腎が両とも虚弱。 ①肺を補う治療をします。 ②腎を納める治療をします。 ③気が降りる治療をします。 ④痰を溶かす治療をします。   4)寒包熱哮証の治療 痰熱が肺を塞いでいます、風寒を何度も感じ、寒が火を包み肺機能が悪くなっている。 ①体表状態を解く治療をします。 ②寒を散らす治療をします。 ③熱を清める治療をします。 ④痰を溶かす治療をします。   4)風痰哮証の治療 痰ができ肺に溜まっている、風邪が引き込まれ、肺気が鬱閉し、肺気が動かなくなった。 ①風を取り除く治療をします。 ②痰を洗う治療をします。 ③気が降りる治療をします。 ④喘息の症状をおさめる治療をします。 喘息の治療、中医学---参考:中医内科学 <緩解期> 1)肺脾気虚証の治療 喘息になって日が経っている、肺が虚弱、気が虚弱、脾が虚弱、痰が多い。 ①脾臓を健康にする治療をする。 ②気を益す治療をする。   2)肺腎両虚証の治療 喘息がずっと続いている、精気が損傷している、肺腎の機能が常に悪い、気の働きが悪い、津液(水)が固まり痰になった。 ①肺を補う治療をします。 ②腎を益す治療をします。   喘息は五臓の診断が必要です。 紀元前200年前頃の医学書は非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。 現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。 すでにこの中で喘息に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。   この中で五臓六腑についての記述が特に大事です。 五臓六腑の不調・虚弱がベースとして有り、それが肺を痛め、喘息になっているとの説明です。 つまり貴女は必ず五臓六腑の診断を受ける必要があります。   喘息は五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 特に五臓が悪くなっている場合が大部分です。 五臓は(心・肺・脾・肝・腎)です。 貴女は喘息ですから勿論「肺」が悪くなっています。   しかし肺はその他の臓器と関係して喘息になっています。 心が関係している場合はあまり無いですが、残りは多くの人が損傷しています。 貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。   西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違います。 中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。 そこが原因です。そこを良くする必要があります。   喘息は何が五臓と関係しているのか? 「 痰」が問題です。貴女の知らない痰の秘密とは。    ①喉に痰が詰まっています。 それは理解していると思います。 しかし痰が肺に溜まっているのをご存知ですか? それだけでは有りません。   痰がもっと内臓の多くの箇所に溜まっている可能性もあります。 痰は怖い。 痰は非常に厄介です。   痰が喉だけにあると誰もが思っていますが、実は肺にも、内臓の多くの箇所にも痰が溜まっている事が多いのです。 貴女は痰を喉から吸引するか、痰を溶かす薬を使うだけで、痰を根本から消す、根本から痰を作らないようにする治療は何もしていないはずです。 だから永遠と痰が出続けるのです。   痰を作るメカニズムがあるのです。 そのメカニズムを解消する治療が必要です。 それは中国の中医学なら出来ます。   ②体内は血と水が流れています。 五臓は血に関係しますが、水にも関係します。 「痰」は水から出来ていますので五臓が作っています。   肺以外にどの臓器が痰を作っているのか診断で確かめる必要があります。 その臓器を見つけ治療すれば喘息は良くなって来ます。   ③五臓をつなぐ連絡通路(経絡) 特に「肺」と繋がる連絡通路(経絡)が「痰」で詰まっている場合が多い。 状態を診断で確認し、治療すると良い。   まだだくさんありますが、今まで書いたことが最も代表的ですので、その事を念頭に置いて治療すると良いです。   喘息を脱出する方法 1)喘息は極めて難しい病気です。現在、世界では漢方だけは根本治療がされています。 早い内に治療して苦しい状況から解放されてください。   2)漢方治療してからは、虚弱体質を良くしましょう。 虚弱体質が一番問題です。 それが今後、喘息にならない予防になります。   3)漢方治療中に食べ物について医師からアドバイスが入ります。 食べて良いもの。食べない方が良いものがあります。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。   それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の喘息の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   喘息を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする喘息の治療は効果が大きい。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が喘息の治療でも出ています。   喘息の治療---実例---「中西医結合医学」 ...

呼吸器系

2020/7/15

喘息の咳は死ぬほどの苦しみ。中医学の大学病院に相談。

無料相談はコチラ お薬は勝手な判断は危険です。 お薬手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。 まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。 適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れ、治療する方法です。 普通の人は喘息の大変さを知りません。 一つには今、病院が出す薬で、かなり病状を緩和出来ているのかも知れません。 しかしつい3日前?、テレビに出ている医師が「喘息でお亡くなりになる人が多い」と言ってました。 それを聞いて驚きました。まだそのような難しい状況なのかと。   お亡くなりになった方に本当にお気の毒に思います。 こうして記事を書いている間にも次々と命を落としていく人がいるのだと思います。 この記事を見て一人でも多くの人が助かって欲しいと思います。   10数年前、関西の新聞社の記者さんから ビビッド・ライフを取材させて欲しいと連絡が入りました。 たしか、記者さんが喘息と花粉症だったと思います。 お聞きすると、「ビビッド・ライフの漢方で病状が良くなったので驚いた。   実は喘息は非常に危ない病気で、亡くなる人が多い。」 「花粉症と重なった人は、春先から花粉が収まる5・6月頃まで苦しく、スプレータイプの薬を吸引しているが、その薬を使い続けることで、喉の軟膜がつまり死亡する。 それが5月・6月頃に集中する」との内容でした。 そのような状態が今でも続いているのでしょうか? あの時、取材の方は控えさせていただいたのですが、喘息は今でも難しい病のようです。   本日、漢方の医学書をじっくり見て驚きました。 原因やメカニズムを見ました。 非常に複雑な状態で、これでは喘息が治らない分けです。 喘息はすでに2000前の漢方の医学書にも詳しく説明があります。   その中で、三つの臓器が悪くなっていると書かれています。 現代の漢方の大病院・医療機関の説明を見ても、2000年前の医学書の説明は正しいとされています。 この2000年間、様々な超一流の名医が現れました。   それらの優れた医師により、喘息は広く研究され、実際にたゆまず多くの患者に治療してきました。 現代においても喘息の原因と治療結果が確実であることが書かれています。   喘息の咳は死ぬくるしみ。 私が子供だった頃、まだ今のような吸引スプレーもない時代でした。 幼友達が重症の喘息でした。 小学校には一緒に登下校していました。   彼は小学校に行く途中、喘息の発作が連続しました。路に座り込み、ゼーゼーいいながら、呼吸困難で苦しんでいました。 私はオロオロしながら彼をじっと見守るしかできません。 誰もがすでに小学校に登校し、路のどこにも生徒の姿が有りません。 学校の授業が始まるベルの音が聞こえますが、私たち二人は一歩も進めません。   大幅に遅刻してやっと小学校に着く毎日でした。 やがて彼は剣道を始め、少し体を良くしようとしていました。 父親が剣道の先生でした。 その後、彼が元気でいるのか?分かりません。   多くの人が今でも、大変苦しい思いをしているのだと思います。 今日、漢方の医大が使う医学書を見て驚きました。 喘息の原因がまさかそんな事だったのか? これでは治せなかっただろうな〜と思いました。 喘息になぜなったのか、そのメカニズムは、漢方の医学的な分析でないと説明がつきません。   喘息の原因は誰も知りません。しかし本当は2000年前に分かっている事です。 日本までそれが伝わっていなかっただけです。 高度な漢方ではどのように原因をつかんでいるのか知りたくは無いですか? これを読めば原因がわかります。治し方も当然あります。 早く良くなって、苦しい状態から解放されてください。 下記をご覧ください。   関連の記事があります。ご覧ください。 喘息を根本的に治療、中医学・大病院・名医の治療、処方薬を個人輸入。総合情報 https://js-vivid.com/zensoku-15/ テレサテンの喘息、中医学なら今も生きていたかも。 https://js-vivid.com/teresa/ 喘息を根底から治す治療の方法。中医学・大病院・名医の情報。最先端「中西医結合医学」の方法。 https://js-vivid.com/zensoku-1/   喘息は痰が問題です。根本治療する大病院が有るのは上海です。大病院・名医の知識とは。 https://js-vivid.com/zensaku-6/ 喘息は中医学で予防が大事。中医学・大病院の情報。 https://js-vivid.com/zensoku-10/ 喘息の体験記、重度、70歳、上海の大病院・中医学・専門医に相談。 https://js-vivid.com/yama/     下記はぜひご覧下さい。 喘息の総合ページはこちら  咳喘息の総合ページはこちら 個人輸入代行の総合ページはこちら    

呼吸器系

2020/7/15

咳喘息 (せきぜんそく)中医学 総合情報

  無料相談はコチラ   咳喘息の総合ページです。 中医学は咳喘息を根本治療します。 咳喘息は非常に難しく、何度も再発する病です。 根底から治療しようとするなら、中医学は画期的な治療をします。 この治療は日本では出来ない治療です。   記事担当の後藤です。 「私も数年前に咳喘息になった事が有ります。 本当に怖い病気です。 咳喘息になった時は大変な状態です。」   「これは早急に治療する必要があります。 繰り返す人が多いからです。 同時に根底治療する必要があります。 中医学・大病院の名医の情報を書きますのでご活用ください」   咳喘息の原因---中医内科 原因 1)外感六淫 ①大気が体に侵入し咳喘息を起こします。 大気の(寒・暑・燥・湿・風・火)の六つを六気と呼びます。 六気はどれも咳の元です。 これが鼻・皮膚から入り肺の関係に入り襲います。   ②タバコや煙が原因で咳喘息になります。 例えば質の悪い線香を毎日焚いていると咳喘息になります。 エアコンのフィルターが汚れていて汚れた空気を吸い続けた。 煙が肺の気を鬱滞させます。 そして肺は機能を失います。 そして咳喘息になります。   ③過労で肺の機能が落ち、肺の防衛機能が弱り咳喘息になった。   原因 2)内邪干肺 内傷により内臓機能が失われた。 体内に有る邪が肺の機能を失聴させ咳喘息になった。 ①飲食の不節制、タバコ、酒や辛い物を好む事で、肺・胃を焼け付くす程の状態にした。   ②甘く・辛く・濃厚な料理を食べてきた事で痰が出来た。 ③日頃より「脾」の働きが悪いので、食べた物が正しく処理できないので、痰が出来た。 出来た「痰」は肺の登り咳喘息を起こした。   ⑤日頃からの感情、鬱や怒りが肝を損傷し、肝気の働きを悪くした。 日が経つにつれ気の鬱が肝から肺に登り咳喘息になった。   ⑥肺が悪い人は肺の機能を失調しているので、肺気が逆流し咳喘息を起こします。   咳喘息の状態---中医内科   (1)外感咳喘息 状態 1)寒証 風寒により肺の気が機能を失っている状態です。   状態 2)燥証 風燥により肺が静粛と潤いを無くしている状態です。   状態 3)熱証 ①風熱により肺が静粛な働きをする事が出来なくなっています。   (2)内傷咳喘息 状態 1)津液熱証 ①息が荒い、痰が絡んだ咳をする、血痰が出る事がある、熱があり顔が赤い。 ②津液が熱を帯び肺を塞いでいる。   状態 2)津液蕴証 ①痰が大変多く咳が出る、痰が出ると咳が治る。 ②痰が肺に溜まっている。 ③痰が肺を塞ぎ肺気の流れを阻止している。   状態 3)五臓証 五臓から上逆し肺を犯している。     咳喘息の治療---中医内科 (1)外感咳喘息の治療 状態 1)寒証の治療 ①風を取り除く治療をします。 ②寒を散らす治療をします。 ③肺の通りを良くする治療をします。 ④咳を止める治療をします。   状態 2)燥証の治療 ①風を取り除く治療をします。 ②肺を清める治療をします。 ③肺を潤す治療をします。     状態 3)熱証の治療 ①風を取り除く治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③肺の通りを良くする治療をします。 ④咳を止める治療をします。   (2)内傷咳喘息の治療 状態 1)津液熱証の治療 ①熱を清める治療をします。 ②肺の流れを良くする治療をします。 ③津液の塊を引き裂く治療をします。 ④咳を止める治療をします。   状態 2)津液蕴証の治療 ①余分な津液を乾燥させる治療をします。 ②咳を止める治療をします。   状態 3)五臓の治療 ①肺を清める治療をします。 ②気の流れを良くする治療をします。 ③火を消す治療をします。   下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から喘息の参考になる部分を抜粋したものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は 上記は咳喘息について書いています。 少し訳と説明をします。 咳喘息は気候の影響を受けた場合が多い。 特に寒い時期の風が肺を犯します。 また熱風が肺を犯します。   <内径>と書いていますが、これは紀元前220年前の本格的な医学書で、その中の<素問>には咳がでるのは肺を傷めたから〜と書いています。 また寒風や熱風は必ずしも喉からでは無く、むしろ皮膚を通して体に入り、五臓六腑を犯した結果、それが肺に影響を与えていると書いています。 つまり肺が単独で悪くなっているのでは無く、五臓六腑が悪くなっていることを重視して下さい。   上記の医学書の中には他にも大医学者の名前と医学書が書かれ、咳喘息の原因・メカニズム・治療方法をさらに深く解明してきた事をあげ、咳喘息の高度な治療方法について、説明しています。 この説明は、咳喘息を治療する上で非常に大事ですので、下記でご説明します。   咳喘息の治療は紀元前200年から始まっている。 1)戦国時代(紀元前250年頃) 戦国時代・前漢時代に出て来たのは、上記の写真に出て来た医学書、つまり中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、発展する基礎となりました。 この時代はすでに人体の解剖が行われ、咳喘息に関係する診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、詳しい治療が書かれています。   書の中で、「咳喘息は病邪が皮膚から侵入、五臓六腑はどれも咳の原因になる、肺だけが原因では無い」「体外から咳喘息の原因が侵入し肺を犯した。あるいは五臓六腑が弱いため肺を犯して咳喘息になった」と書かれています。 今日の咳喘息の治療をはじめ、世界でもトップランクを行く医学にしたのは、この「内経」が最も大な切っ掛けとなっています。   2)秦の時代・漢の時代(西暦200年頃) 秦の時代は医学が飛躍的に発展した時代です。この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では咳喘息の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があります。   3)隋の時代(西暦600年頃) 名医学者の巣元方が50冊もの医学書《諸病源候論》を書きました。これは、あらゆる病気の総集、原因にも言及している貴重な資料です。咳喘息に関連して、咳は10種類ある事を説明しています。   4)明の時代(西暦1515年) 名医学者の虞抟は医学書《医学正传》で、咳喘息の治し方の手順を書いています。   5)明の時代(西暦1617年) 名医学者の赵献可は医学書《医贯》で咳喘息の治療をしなかればならない所は「肺では無く、脾か腎である」と説明しています。   6)明の時代(西暦1624年)   名医学者の張景岳は様々な病の治療を飛躍的に向上させた医師の一人です。 《景岳全書》の中で咳喘息の原因・メカニズムを細かく説明しています。 中でも咳の原因が多すぎるので、分類する方法を提案しています。 それは咳喘息の原因が「体外から原因が侵入、体内が原因」の2種類に分類しました。 これにより臨床との整合性が確認されました。   7)明時代(西暦1658年) 名医学者の俞昌は医学書《医门法律》で咳喘息のメカニズムを解説し、2種類の治療方法で良い結果を出している事を書いている。   8)清の時代(西暦1830年)  名医学者の王纶は医学書《名医杂著•论咳嗽证治》で虚証・实証や寒・火热・湿热について、長患いの場合は虚、气虚・血虚の場合の治療方法について説明している。   喘息は根の深い病気です。上記のように時代を経る毎に優れた医学的解明と治療方法が進化して来ました。 現代では非常に高度な治療がされています。喘息と咳喘息については詳しい原因やメカニズムが解明済みです。     自分の身を守る方法。 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか?によって治療方法が違い、結果も違ってきます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと、咳喘息は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。 喘息と咳喘息は似ているようで、実際は大きく違います。 上記の歴史の所で出ていましたが、咳喘息は2種類に分かれます。 体の内側から発生したものと、②体の外側から発生した物の2タイプが有ります。   結論①五臓の診断が必要です。 内側から発生する場合は五臓六腑についての診断が特に大事です。 五臓は(心・肺・脾・肝・腎)です。 多いのが、他の臓器で痰が発生して肺に影響したか、他臓器では痰が発生してないが、肺に影響して、肺で痰が出来た現象です。 貴女はまだ中医学の五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違います。 中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。     結論②体外からの影響で咳喘息になった診断。 咳喘息になる理由は多いのが気候・天気の影響が有ります。 春夏秋冬---乾燥・湿気・暖かさ・熱風・寒さ・暖かさ、急激な気温の変化・風などが呼吸道や皮膚から入り、肺に影響を与えると、何が入ったか、入った時期によって、肺が様々な不調状態に変化しています。   この様々な不調状態が尋常では治せない難しい状態になっています。 また季節・天候の影響だけでなく、砂埃や煙なども肺に入り難しい状態を作ります。 肺は一つですが、悪くなっている状態は様々です。   これを診断で正確に解明すれば適切な治療が出来ます。 この診断・治療は非常に難しく、中国の中医学の医師なら可能です。 まだだくさんありますが、今まで書いたことが最も代表的ですので、その事を念頭に置いて治療すると良いです。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。 中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。   中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません。個人輸入代行で対応しています。)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   ...

呼吸器系

2020/7/15

気管支拡張症 の根底からの治療 原因を詳しく治療 中医学・大病院・名医 処方薬 総合情報

無料相談はコチラ   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 難しい病で大変お困りと存じます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。   中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。         気管支拡張症の総合ページです 気管支拡張症を根本治療します。           気管支拡張症が非常に難しい病気であるのはあなた自身がよくご存知と思います。 中医学の大病院には甲状腺の名医が多くいます。 そこには根本治療するお薬が有ります。     記事担当の後藤です。 「こんにちは気管支拡張症で大変お困りと思います。 中医学は根本治療します」   「下記に中医学の大病院や医学書の情報を載せますのでご活用下さい。 早く良くなり元気にご活躍されて下さい。」     質問)気管支拡張症になった原因が分かりますか? 中医学 原因①  感染により発病。 多くは子供の時期や青少年の時期に発病しています。 気管支や肺に感染した。 子供の頃の百日咳、気管支肺炎、蕁麻疹に掛かった事が発端となっています。   原因②  肺など臓器が元々弱い。 このような人は特に「外気の影響」をまともに受けやすい。 例えば寒い時に呼吸で寒さが肺に入りますと、肺が損傷し弱ります。 或いは有害物質を吸った為です。   その影響がさらに元々弱い臓器にも行きます。 何度も何度も外気の影響を受ける事で次第に気管支拡張症が作られたのです。   原因③  長引く病気が原因。 人体には五臓六腑があります。 全て肺に繋がっています。 他の病気で長らく患っていると、病になっている臓器の影響が肺にきます。 そして気管支拡張症になります。   気管支拡張症の状態 中医学診断 状態①  傷肺 1)大気が体に侵入した。 肺を損傷した。 肺が正常な動作が出来なくなった。   2)咳が出るようになり、喉に痒みが出た。 痰に血を帯びている。   状態②  犯肺 1)五臓の悪化で肺が機能を失っている。 2)喀血、胸の脇の痛み、イライラ、怒りがある。   状態③  陰肺 1)陰陽のバランスが崩れ肺が悪くなっている。 2)咳・痰は少ない、痰に血が混ざり吐血することもある。 熱がある、口・喉が乾く。   状態④  津液雍肺 1)津液(水)の悪化で肺が悪くなった。 2)咳、喀痰、痰は黄色、あるいは血が混じる、胸の脇が急に痛みが出る。   気管支拡張症の治療 中医学 治療① 傷肺 大気が体に侵入し、肺を損傷した。 ①肺を潤す治療をします。     治療②  犯肺 肺が機能を失っている。 ①肺の流れを良くする治療をします。 ②止血の治療をします。   治療③  陰肺 ①肺を潤す治療をします。 ②血の通りを良くする治療をします。 ③止血の治療をします。   治療④  津液肺 津液(水)が肺に影響した。 ①熱を清める治療をします。 ②肺の流れを良くする治療をします。 ③咳を止める治療をします。   質問)気管支拡張症の薬を教えて下さい 中医学 基本的には肺の治療薬が出ますが、他の五臓の薬が出る事が有ります。   ですから五臓の薬が出た場合は、西洋医学の内臓の診断とは全く別ですので しっかり薬を飲んでください。   質問)他にどんな薬が出ますか? 経絡(血の通り道)が詰まっている事が多く、この治療薬が出る事が多い。   質問)その他に薬が出ますか? 気管支拡張症は「気・血・津液」の治療薬が出ます。 先ほどの経絡の中には「気・血」が通っています。   血を全身に回すのは気が牽引していますが、気のエネルギーが弱いために 血が回らず気管支拡張症になっている、   或いは「津液」に異常が起こり血流を病害し気管支拡張症になっている場合も有ります。 従ってこれらの薬がでた場合は必ず、しっかし飲んで下さい。   質問)気管支拡張症はどのような症状が多いですか? 気管支や気管支の周辺が慢性的に炎症し気管支壁が損傷しています。 この為、気管支が「歪み・変形・拡張」しています。   口が渇く、喉の痛み、喉が渇く、鼻が乾燥する、痰、血痰、吐血、息切れ、発熱、悪寒、 寝汗、肺音、貧血、痩せる、疲労、だるい、動悸、顔が赤い、目が赤い、便秘、尿が赤い、 顔面蒼白、口が渇き喉が赤い、脈が弱い、など。     質問)中医学は気管支拡張症をいつから治療していますか? 実質的には4000年前から治療しています。 気管支拡張症の原因や治療方法は紀元前200年の医学書「内経」に書かれています。 その本の中の<素問>に気管支拡張症についての説明があります。   この医学書は当時の行政が編纂した大医学書です。 素問の説明が非常に的確で、現在でも気管支拡張症の治療の基礎となっています。   隋の時代の医学者「巢元方」は医学書<諸病源候論>で、 また明時代の医学者「張介宾」は医学書<景宾全書>の中で 気管支拡張症のより深い原因・分類・メカニズム・治療方法が発表されています。   このような歴代の優れた医学者の研究蓄積で、こんにち気管支拡張症は大変優れた治療が行われています。       写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   上海の医師が関係する理由は二つ有ります。 1)医師が診断しないと、どのような薬の飲めば良いか判断できません。 大概3〜5種類の薬を組みます。 つまり中国の大病院しかこのレベルの薬は置いていません。   薬剤師では診断は全く無理です。 そのような資格、勉強、訓練を積んで居ません。 この為、医療用の薬は医師が診断・処方しない限り、薬剤師は薬を出すことは一切できません。   2)気管支拡張症は非常に難しい病気です。 よほどの名医でなければ良い治療は出来ません。   このような理由でビビッド・ライフは全て大病院・医師に相談します。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の気管支拡張症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   気管支拡張症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が気管支拡張症の治療でも出ています。   気管支拡張症の治療---実例---「中西医結合医学」 1)気管支拡張症は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   もちろん西洋薬を積極的に、主体的な治療に使うときも有るはずです。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)気管支拡張症とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が気管支拡張症の原因になっている人が多い。 ②気管支拡張症から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、気管支拡張症だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     気管支拡張症の情報 気管支拡張症は難しい病です。 無料資料を用意しました。 ...

呼吸器系

2020/7/15

非結核性抗酸菌症  菌を消す事と体調を良くする治療 中医学・大病院・名医の情報、総合情報

  無料相談はコチラ   非結核性抗酸菌症の総合ページです。 この病気は非常に難しい病気で、 中西医結合医学(中医学と西洋医学を組み合わせた医療)て治療する場合も多い。 根本治療します。       「記事担当の後藤です。 「非結核性抗酸菌症は非常に難しい病気です。 長く患い、体の不調に大変お困りと思います。」   「この病気は菌を殺す事が大事です。 同時に五臓や血液、体液などの治療も必要です。 下記にお役立ち情報を載せますのでご覧ください。」     非結核性抗酸菌症はどこを治療するか?   1)菌が入ったのは肺ですから、肺は必ず治療します。 抗生物質は菌を殺す薬ですから、これで肺を治せることはありません。 漢方は菌が侵入していることで、肺が侵されていますから、中医学の医師はこの治療をします。   2)その他の臓器の治療をします。 漢方医がいったい非結核性抗酸菌症をどのように治療するか見ていますと、肺以外の治療のウエイトが非常に高いことに驚きます。 肺は単独で動いているのでありません。 肺は色々な機能を持っています。   機能ごとに 肺が関係する臓器があります。 医師はどの臓器が故障しているか克明に診断します。 どこが、どのように悪くなっているか、正確に掴みます。 つまり非結核性抗酸菌症は菌を殺すことも大事です。   そして肺を治療することも大事です。 さらに肺に関係する臓器が、どこと、どこが、どのように悪くなってを正確に掴み、治療する必要のある病気です。 非結核性抗酸菌症の治療---中医学 中医学の診断と治療方法を見ますと、驚きます。 治療する所、仕方が違うのです。   1)まず肺はもちろん治療します。 肺は菌を殺すだけでは有りません。   ①まず肺の「血」の治療をします。 血痰が出る人が多い。 肺は血に酸素・二酸化炭素の入れ替わる場所です。 非結核性抗酸菌症になる事で肺が損傷し、血の流れが阻害されたり血が滞留しています。 血がこびり付いたり、塊、毒性を持っています、瘀血です。   血の治療としては 血をキレイにする治療をします。 血の働きを活発にする治療もします。 詰まっている血の通り道をキレイに通るように治療します。   ②肺に溜まっている多量の「痰」を治療をします。 痰が肺の中で多量に溜まっています。 鼻から流れて来たものではありません。 これは肺の中で作られた物です。 肺は多量の水を全身に分配する役目があります。 肺が損傷しているので水の流れが悪くなり溜まって濃くなり痰になったのです。   痰の治療としては 痰を溶かす治療をします。 溶けて尿として出て来ますが、口から痰が出てくる場合もあります。   瘀血・痰の問題点 瘀血・痰があるとそこから瘀血や痰が通路を通って別の臓器まで流れ込みます。 そしてその臓器の働きを止めます。 あるいは瘀血・痰が臓器をつなぐ通路を塞ぎますので、やはり別の臓器の働きを止めます。   ですから、非結核性抗酸菌症は肺の治療、特に瘀血と痰の治療が必要です。   1)「肺」以外の治療が非常に大事です。 普通、肺だけが悪い病気と思われていますが、菌が体に侵入した事で、五臓六腑を損傷している場合が多い。 もちろん大概の方はす「でに病院で検査したが、どこも悪くないと言われた」と報告するかたが多い。 しかし、これとは違います。   肝臓と「肝」は違います。 腎臓と「腎」は違います。 脾臓と「脾」は違います。 つまり病院の診断と中医学の医師が診断する方法が違うのです。   菌が体に侵入する事で五臓を損傷している場合が大変多い。 菌を殺す事が非常に大切ですが、同時にこの五臓六腑の治療をしなけれなりません。 肺は「心・脾・肝・腎」と繋がっています。 このどれかを損傷している場合も多い。 例えば肺から心・腎と悪くしている場合もあります。 中医師(漢方医)が診断すれば、どの臓器が損傷しているか突き止める事が出来ます。   五臓・血・痰などは 中医学では根本治療しますので、よほどの例外は別にして、大概の人は大幅に良くなります。   これらの治療方法は中国・大病院・名医ならしています。 この治療に対応する薬はこれらの大病院が持っています。   非結核性抗酸菌症は種類が多く、 10種類を越します。 中でも肺MAC菌が一番多く マイコバクテリウム・アビウム・イントラセルラーレなどが菌です。 この治療は非常に難しいと言われて居ます。 上海は北京と並び、中医学の世界一の都市です。 難しい病気の治療について、上海からは非常に高度なコメントが来ます。 中国は医学は1万年の歴史がありますから、先生がたは高度な知識をお持ちです。   この非結核性抗酸菌症は上海の先生方は中医学を中心にした治療を勧めます。 実際、この病気で相談を入れますと、 単に肺に菌があるだけの問題ではない事が分かります。 菌の治療だけをしてもこの病気は改善しません。 この病気になったとき、いったい体の中がどうなっているのか? 菌が体に入ったのも原因の一つですが、体そのものが問題がある場合が多いためです。 咳が出て大変苦しい、しかも痰が絡んでいる。 実際は菌を殺しただけでは、体が元に戻ることは非常に難しい。   そこを中医学はどのように治療するか? それは高度な医学を学び、研究し、様々な習熟をして大ベテランの名医が判断します。   実際、肺マック病の漢方治療を見ますと、治療方針が違います。 実際、治療過程を見ていますと、的確なポイントを医師が掴んでいる事がよく分かります。 非結核性抗酸菌症は 世界中で治療方法が熱心に研究されている病気です。 国際的に見ても、この治療をすれば確実に良くなると言える段階ではありません。 現在、中医学界も活発な治療研究が行われています。   実際の治療ですが、長く患い、いろいろな治療をしたが病状は思わしくない人でも、 中医学の治療を加えると、大概の人は、弱々しい体が、元気が満ち溢れて来ます。 中医学が体に良いのは確かです。     1)この病気の特徴は結核でない事です。 それで非結核性と名前がついています。   2)菌が特徴があります。 土壌や水などから感染した菌です。 菌の種類は非常に多く150種類との報告もあります。   大部分がMAC菌です。 菌を殺す必要があります。       非結核性抗酸菌症は中医師に相談する場合。 非結核性抗酸菌症は実際には ①中医学と西洋医学の両方を組み合わせて治療する方が良い場合と ②中医学の単独でした方が良い場合があります。 個人個人、体の状況が違いますので、中医学の医師と良く打ち合わせてください。      医薬品が大事です。 中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。       日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の非結核性抗酸菌症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   非結核性抗酸菌症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする非結核性抗酸菌症の治療は効果が大きい。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学だけで治療すると治らない上に副作用が出ます。   実は中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 中医学(漢方)の医師と言っても、実際は西洋医学のプロです。   非結核性抗酸菌症の治療---実例---「中西医結合医学」 1)菌を殺す治療 非結核性抗酸菌症の治療では特に菌を殺す必要が有ります。 菌を殺すには2種類の方法が有ります。 ①中医学の薬---薬草など---の薬で菌を殺す。 ②西洋薬で菌を殺す---------上海の病院から手配   ③もう一つ方法は 日本の病院から菌を殺す薬が出ている場合は、それを活用する場合が有ります。   つまり菌を殺すには中薬だけの単独か、西洋薬だけか、あるいは両方使うか別れます。 それぞれの薬は種類が多いので、どれを使うかは上海の医師が判断します。   この菌の治療の治療で 中医学の薬(中薬)・西洋薬とも使用期間は一般的に10日〜30日です。 一番短いのは4日間の薬も有ります。 それ以降は状態を観察し、医師の指示を仰ぎます。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)非結核性抗酸菌症とは別の病気を持っている人。 ①別の病気を持っている人が多い。 ②非結核性抗酸菌症から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、非結核性抗酸菌症だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。       関連の記事があります。ご覧ください。 非結核性抗酸菌症 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/hikekaku-1/ 非結核性抗酸菌症 個人輸入 マサルの活躍 根本治療薬 https://js-vivid.com/hi-kekkaku-5/   個人輸入代行の総合ページはこちら  

呼吸器系

2020/7/15

花粉症 根本治療。中医学・大病院・名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

  無料相談はコチラ   花粉症の総合ページです。 中医学は根本治療します。 紀元前200年前には根本的原因が分かっていました。     記事担当の後藤直伸です。 「花粉症の大変な苦痛でお困りと思います。 中医学では根本治療します。 花粉症は脾・肺・腎を治療します。」   「下記は中医学の詳しい説明です。 原因や治療方法を詳しく書きますので活用されてください。 お元気になり楽しい生活をされますよう心よりお祈りします。」     花粉症の原因---中医学 原因 1)気虚血瘀証 ①気が虚弱になっている。---血の流れる力が弱い。 ②血が瘀血になっている。----血が固まり付着し、流れなくなっている。   原因 2)気虚寒証 ①気が虚弱。----体にパワーがなく、臓器の働きが悪く、全身の血流も悪い。 ②風(邪)の影響が原因。---大気の風が体に侵入した事が原因。   原因 3)外寒内熱証 ①大気の寒が体に影響した。----寒が体の働きを狂わせている。 ②体内に熱が発生している。----体内に熱が出たことで、気血津液の働きが狂っている。   原因 4)腎陰損虚証 ①腎の陰が損傷している。----腎の働きが大きく低下している。 ②腎陰が虚弱になっている。---陰陽のバランスが崩れ、体が弱っている。   花粉症の治療---中医学 1)気虚血瘀証の治療 気が虚弱、血が固まり付着し流れなくなっている。 ①血の働きを活発にする治療をします。 ②瘀血を溶かす治療をします。   2)気虚寒証の治療 気が虚弱。風邪の影響が原因。 ①肺を温める治療をします。 ②寒いを散らす治療をします。   3)外寒内熱証の治療 大気の寒が体に影響し、体内に熱が発生している。 体内に熱が出たことで、気血津液の働きが狂っている。 ①寒を取り払う治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③気・血・津液の働きを調節する治療をします。   4)腎陽損虚証の治療 腎の陽が損傷し虚弱になっている。 ①腎の陽を温める治療をします。 ②腎の働きを補う治療をします。     花粉症が治らない理由 花粉症が治らない理由は五臓を治療していないからです。 日本では誰も花粉症が五臓が悪くなっていると気付いていません。 五臓の一つは肺です。ここは花粉症は全員が悪くなっています。 ですが、肺さえも完全に治療していません。 これでは花粉症は治りません。   五臓とは肺・心・脾・肝・腎です。 花粉症はこの全般と関係します。   これについては中国の2000年以上前の多くの医師がすでに突き止めていました。 それ以降、各王朝を代表する多くの大医学者が花粉症のメカニズムを詳しく解明して来ました。 ですから現代では中国の優秀な医師であれば、ほとんどの場合、花粉症は完治します。     花粉症の下地 原因は二つあります。 1)一つ目は花粉症になりやすい体の下地があります。 2)二つ目は体外から花粉などが侵入したことが原因です。 この両方が重なって花粉症を作ります。   1)花粉症になった体の下地 ①特に脾・腎が元々弱い。 ②胴体の上部が熱がこもっている。 ③血の力が弱く、血を全身に回す力が弱い。 ④二つの主要な「気の力」が不足している為に体が正常に働いておらず、免疫が低下している。 ⑤皮膚の表面の機能が悪く、皮膚から花粉・大気が体内に侵入しやすい。 以上が花粉症になりやすい体の状況です。   2)花粉だけではない 花粉だけが大きな原因と思われていますが、実際はそれだけでは有りません。 実際は花粉が飛び交う時期に、気候の影響が体に侵入するのです。 気候には「風の影響、寒さの影響、乾燥の影響、時には熱の影響」が有ります。 花粉だけが目立ちますが、実際は花粉と気候がセットで体に侵入して花粉症を起こします。   このように体内の下地と、花粉・気候の影響が体に侵入し花粉症を発症させます。     花粉症 医学書が指摘する五臓 中国は花粉症の治療については2000年以上の歴史があり、臓器の関係について書いています。   1)臓器について書いた最初の医学書は紀元前200年の【内経】です。 これは当時の政府が編纂したものです。 【内経】では「素問や 灵枢」と言う専門分野の説明書の中で「心・肺・脾・腎・肝」のそれぞれを取り上げ、花粉症との関係を詳しく説明してます。   2)北宗の時代の【太平圣惠方】は100巻もの大医学書ですが、肺と花粉症(鼻)の関係を詳しく説明しています。 3)唐の政府が編纂した【外台秘要】は臨床医学書ですが、この中で花粉症が肺のメカニズムについて説明しています。   現代、多くの大病院の臨床データーを見ても「花粉症は必ず五臓との関係の病」であることを説明しています。   花粉症が発生するメカニズム---中医学 第一メカニズム 花粉は病毒です。 これが繰り返し何度も体に入ります。 これが「肺」の機能を壊します。   肺は全身に水を配分する作業をしていますが、この働きが妨げられます。 体内の水は正常に流れる事ができなくなり、肺に逆流します。   肺から鼻に水が上がり、鼻の機能が損傷し、鼻詰り、くしゃみや、目・耳・舌・アゴの痒み、皮膚に湿疹が出ます。 この 痒みは「心」と関係していると上記の【内経】では説明しています。   第二メカニズム 元々「脾」が弱い。 「脾」は津液(水分)を肺に送る役目をしますが、元々「脾」が虚弱な為、津液を正常に流す力がなく、その為、津液(水分)は鼻の働きに悪影響を与え鼻水が出ます。   第三メカニズム 元々「腎」が弱い。 腎は体内の津液(水分)と関係します。 腎が弱いので鼻に影響を与え鼻汁が大量に出ます。 またクシャミが出たり、手足が異常に冷えたり、膝腰が痛い、夜間トイレに行く回数が多いなどの症状が出ます。   このように五臓は鼻に影響を与える関係があり、五臓が花粉症を起こす原因となっています。     根底治療 根底からの治療は「五臓」が重点です。 「腎・肝・脾・心・肺」を五臓と呼びます。 元々、五臓が不調です。 五臓のどれが損傷しているかを中医学の専門医がします。 花粉症は複雑な病気ですので、中医学の医師でも余程の名医でなければ治療は無理です。         花粉症・気管支炎・気管支喘息・肺気腫の関係 花粉症は「鼻水・クシャミ・涙」が出る、眼や「鼻・耳」が非常に痒い事が特徴です。   病状が重くなると「気管支炎・気管支喘息・肺気腫」を誘発します。 「気管支炎・気管支喘息・肺気腫」は病の構造メカニズムが花粉症とほとんど同じですから、病は広がりやすい。   気管支炎・気管支喘息・肺気腫は中国の医師は非常に良い治療をします。     医薬品が大事です。 中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。       日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の花粉症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   花粉症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする花粉症の治療は効果が大きい。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が花粉症の治療でも出ています。   花粉症の治療---実例---「中西医結合医学」 1)花粉症は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから西洋薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)花粉症とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が花粉症の原因になっている人が多い。 ②花粉症から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、花粉症だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。       費用と効果を考える ...

呼吸器系

2020/7/15

扁桃腺炎の根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

  無料相談はコチラ   扁桃腺炎の総合ページです。 扁桃炎は、高熱が出ます。 慢性は年に何回も扁桃炎を繰り返し高熱が出ます。   扁桃腺炎は、日本の医学では ウイルス、細菌が原因となり炎症を起こす病気とされています。 1)溶連菌感染の場合は合併症を起こしやすいとされています。小児の時期に起こりる場合が多い。大人になっても発症する例もあり、体力が低下すると再発あやす。 2)ウイルス性の場合、基本的には治療薬はない。 3)細菌が原因の場合、治療は抗生物質を主に使う。 再発が多い場合は扁桃腺を摘出の手術をする。 以上が日本の病院で発表されている内容です。   扁桃腺は手術をしないで正常にする方法が良い 手術すると後遺症が出るからです 1)喉が痛い。 2)味覚障害、臭いが無い。 3)舌が変な感じがする 4)食べた物が逆流する。 5)発音が正常に出来ない。 6)口蓋垂の付近が肥大し違和感が有る   扁桃腺は大事な所で、できれば手術・摘出しない方が良い 扁桃腺は大変重要な役割を果たす所です。 扁桃腺は呼吸器から進入した細菌やウイルスなどをリンパ球で食い止める所です。 一番初めに防御する、第一関所です。 第二、第三のリンパ節の関所が有りますが、やはり扁桃腺が最も重要ですので、あまり手術をしなくなっています。 つまり扁桃腺は出来るだけ取らない方が良い〜との判断を日本の病院も取っています。   記事担当の後藤です。 後藤直伸 扁桃腺炎は日本では本当の意味で治る事はないと言います。 しかし中医学ではほとんどの人が良くなるか大幅に改善します。 根本治療が出来るからです。   一番最初に日本の医学では扁桃腺炎は「ウイルス、細菌が原因となり炎症を起こす病気」とされています。 確かに菌・ウイルスが原因の場合も有ります。 しかしそれ以外にたくさんの原因があります。 それは中医学では解明されています。   扁桃腺炎の名称は西洋医学の名称です 中医学では「乳蛾」が正式な名前です。 扁桃腺炎の原因 体の外部からの原因 1)気候による六種類の原因 2)飲食が不適切(濃い味の食べ物や酒タバコなどを取り過ぎた)   体の内部の原因 臓腑の失調(熱蒸、気虚、陰損) この状態では外邪(体の外からの影響)を受けやすい。 急性扁桃腺炎になりやすく、体内に入った邪毒が抜けない。 扁桃腺炎が長期に治らない原因はこの為です。     体がどうなっているか? 中医学の説明 1)風邪(ふうじゃ)が体に侵入 風熱の毒邪が鼻から侵入し「肺系」を犯している。   2)肺胃に熱がこもっている 外邪の影響を受け、「肺・胃」が悪くなっている。   3)気虚で邪が滞留している 喉仏の状態が不完全。 元々が「脾・胃」が弱い。   4)陰虚で邪が滞留している 邪毒が滞留している。 「肺・腎」を損傷している。 津液が不足している。   5)痰と瘀血が結合して固まっている 余分な邪が体に長期滞留しています。 気・血が固まり長期良くなら無い。     扁桃腺炎の治療を中医学でする 1)風邪(ふうじゃ)が体に侵入している時の治療 風を取り去り、熱を清めます。 腫れ物を取り喉の通りを良くする治療をします。   2)肺胃に熱がこもっている時の治療 熱を強く流し取り、解毒します。 喉の腫れ物を取り、通りを良くする治療をします。   3)気虚で邪が滞留している時の治療 脾を健康にさせ、胃の働きを良くする治療をします。 湿を取り喉の流れを良くする治療をします。   4)陰虚で邪が滞留している時の治療 肺・腎を滋養します。 喉を清め通りを良くする治療をします。   5)痰と瘀血が結合して固まっている時の治療 瘀血を溶かし、血の働きを活発にさせます。 痰を取り除き、喉の流れを良くする治療をます。   以上の治療でほとんどの場合、正常になります。   中医学(中国)は世界で最も歴史があります。 紀元前200年の医学書「内経」は 非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 中国の医学書では黄帝内経(こうてい だいけい)と呼ばず、短く「内経」と呼ぶ場合が多い。   「内経」ではすでにこの時、多くの皮膚病を説明しています。 現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。 すでにこの中で皮膚病に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。     医薬品が大事です。 中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。     扁桃腺炎の薬の方法 上記の薬の写真はイメージです。 原因や治療方法に書いているように言っても非常に広範囲です。 どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。   体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。 体内が正常になれば、皮膚も自然と正常になります。   極端な言い方をすれば、外見的には皮膚科ですが、治療は内科でしなければ、根本治療ができません。 ですから、中国の医師は内科のエキスパートです。       日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の扁桃腺炎の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   扁桃腺炎を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする扁桃腺炎の治療は効果が大きい。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が扁桃腺炎の治療でも出ています。   扁桃腺炎の治療---実例---「中西医結合医学」 1)扁桃腺炎は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)扁桃腺炎とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が扁桃腺炎の原因になっている人もいます。 ②扁桃腺炎から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、扁桃腺炎だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     費用と効果を考える よく計算してみると、この方法は非常に安価です。 費用と効果を考える、 実際に使うお金を比較してみる、 結局、一番割安です。   すでに病院の漢方薬は飲んだはずです。 それ以上の漢方薬は日本にはありません。 当初、ビビッド・ライフは皆様に日本での治療を勧めていました。   しかし多くの方から漢方は飲んだが良くならないと言われます。 中国も様々と問い合わせ、上海も色々な医師に当たり、やっと最も腕の立つ名人の先生方に出会えたのです。 これには10年以上掛かりました。 一般人では及ばない情報収集を繰り返して10年以上掛かりました。       中国医療機関のネットの参考情報 中国の大病院が「扁桃腺炎」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。   色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。 上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。 個人輸入代行の総合ページはこちらです。  治療中・治療後も、健康管理に◇百宝元をご愛用される方が多いです。 体が元気であるためには◇百宝元は大事な役目をします。 ◇百宝元は薬ではありません、薬とは違う役目です。 一般的な健康食品とは異なります。 可能な限り飲まれた方が良いと思います。 ...

呼吸器系

2020/7/15

喘息は痰が問題です。根本治療する大病院が有るのは上海です。大病院・名医の知識とは。

  無料相談はコチラ   喘息の情報ページです。 記事担当の後藤です。 喘息は体力が弱る一方です。 本当に苦しい状態が何年も続きます。 このような状態からひと時も早く解放されていただきたいと思います。 参考になる情報を書きます。   昔と違って良い薬が出たと思っていたのですが、期待とは裏腹ですが、昨日のテレビでの医師の説明によりますと死亡者は以前多いそうです。 これは実際には良くする方法がまだないのだと思います。 どうすれば良くなるのか? 喘息の治し方---最も大事な知識 非常に大事な事を説明します。 痰の問題----体液の問題----津液の問題 喘息は普通、咳と痰です。 痰が絡んでいるから苦しいのです。 しかしそれだけでは有りません。   日本人が誰も知らない事。 それは痰は喉にあるものと思っている事です。 実はこの痰の本当の事を知らないと喘息は絶対に治せません。   痰は水分です。 中医学では水分を津液(しんえき)と言います。 体の中は津液(水分)は70%と言われています。   この70%ある津液は実はいつでも「痰」になるのです。 この痰は非常に怖いものです。 喘息の場合、痰は全身の様々なところにあります。 きれいな津液(水分)が体内を流れねばならないのに、ベタベタ、ネバネバした痰が体内のあちこちに溜まっている状態です。 体の津液(水分)は非常に重要な役目を果たしています。 体は ①気のエネルギー  ②血   ③津液(水分) の3つで動いています。   人体はご飯を食べ、呼吸をすると「気・血・津液」が作られます。 この3つを回して体が動いているのです。   ところが津液(水分)がネバネバの痰になると、そこがつまり、その関係の臓器は働かなくなります。 つまり痰が体のあちこちに広範囲にできると、全身は機能しなくなります。 大概、喘息になる人は、元々が痰が体内の色々なところに溜まり、体の五臓六腑の機能が落ち、虚弱体質になった場合が多い。 津液(水分)が痰になるとどうなるか? 例えば、子宮付近に痰が溜まった人は「子宮ガン」になる場合があります。 若い女性ですが現実になった人がいました。 頭部に溜まると認知症になります。   若い人なら若年性認知症です。 認知症の原因はもっとありますが、痰で認知症になる事は知られていません。 このように痰は非常に怖いものですが、このようなことは西洋医学では全く把握されていません。   喘息の根底の原因は「痰」が全身に回っている状態なのに。。。。。 ですから、痰がどのような状態なのか? どうやれば全身の痰を消せるのか? これが出来ない限り、喘息は絶対に治ることはありません。 下記に医学書に基づき詳しく説明します。 喘息の原因、きっかけ。参考:中医内科学 1)外邪侵襲 外気の風寒か熱邪が肺に入りこもり蒸された状態になった。 肺の働きが阻害され、肺内の津液(水)の流れが悪くなり、肺内で痰になった。 これが「喘息」になる原因である。   2)情志刺激 鬱、イライラ、怒り、思い込みなど、精神的な面が原因となり、 ①「肝」の気が鬱結し、肝と肺の間の上下の動きが悪くなり、肺気が上に逆流した。   ②あるいは「肝」の気が鬱結した為、津液(水)の配布が出来なくなり 固まり痰が出来た。   ③または「肝」の気が鬱滞し、脾の働きを失わせた為、痰が出来た。   痰が肺に溜まり、肺気が上下出来なくなり「喘息」になった。   3)飲食不当 ①生物や冷たい物を食べ過ぎた。 酢物、塩辛い物、甘い物、味の濃い物などを食べ、痰が出来た。 病気を誘発しやすい食べ物を食べた為、「脾」が悪くなり痰が出来た。   ②痰が肺に上がり気道を塞ぎ、「喘息」を誘発した。   4)体虚病後 ①体質が弱い、邪の侵入がし易い。 幼い時に喘息になるのは往往にして天賦不足による。 このケースは腎が悪い人が多い。   ②もし病後体調が弱り、幼い時に蕁麻疹になり咳や感冒を繰り返し肺虚になる、 肺気が不足し、津液(水)の動きが悪くなり、痰飲が内生し、喘息の原因になる。 このケースは肺が割る人が多い。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の喘息の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   喘息を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が喘息の治療でも出ています。   喘息の治療---実例---「中西医結合医学」 1)喘息は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)喘息とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が喘息の原因になっている人が多い。 ②喘息から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、喘息だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     なぜ中医学で改善するのか? それは五臓の診断、治療ができるからです。 その他、治療に必要な重要な知識があります。   下記をご覧ください。 そして、一刻もはやく、安全な状態になりますようにお祈りします。 人生を楽しく過ごせるようにしてください。 関連の記事があります。ご覧ください。 喘息を根本的に治療、中医学・大病院・名医の治療、処方薬を個人輸入。総合情報 https://js-vivid.com/zensoku-15/ テレサテンの喘息、中医学なら今も生きていたかも。 https://js-vivid.com/teresa/ 喘息を根底から治す治療の方法。中医学・大病院・名医の情報。最先端「中西医結合医学」の方法。 https://js-vivid.com/zensoku-1/ 喘息の咳は死ぬほどの苦しみ。中医学の大学病院に相談。 https://js-vivid.com/zensaku-2/   喘息は中医学で予防が大事。中医学・大病院の情報。 https://js-vivid.com/zensoku-10/ 喘息の体験記、重度、70歳、上海の大病院・中医学・専門医に相談。 https://js-vivid.com/yama/     個人輸入代行の総合ページはこちら

呼吸器系

2020/7/15

花粉症を元から治療。完治を目指す。病状悪化、喘息も併発、本当に直す方法を知りたい。

  無料相談はコチラ   花粉症の情報ページです。 筆者:「こんにちは 後藤です。 花粉症で大変苦しんで居られると存じます。 根底から治療したい人に正式な方法が有りますので詳しく説明します。」     ここに出ている情報は まだ日本には伝わっていない内容です。 この治療は一時しのぎでは無く、根底から治療するのが目的です。 世界で最も治療実績があります。 なんと2000年以上あります。 無事、良くなられる事を心より願っています。     花粉症が治らない理由 花粉症が治らない理由は五臓を治療していないからです。 日本では誰も花粉症が五臓が悪くなっていると気付いていません。 五臓の一つは肺です。ここは花粉症は全員が悪くなっています。 ですが、肺さえも完全に治療していません。 これでは花粉症は治りません。   五臓とは肺・心・脾・肝・腎です。 花粉症はこの全般と関係します。   これについては中国の2000年以上前の多くの医師がすでに突き止めていました。 それ以降、各王朝を代表する多くの大医学者が花粉症のメカニズムを詳しく解明して来ました。 ですから現代では中国の優秀な医師であれば、ほとんどの場合、花粉症は完治します。 花粉症の原因 原因は二つあります。 1)一つ目は花粉症になりやすい体の下地があります。 2)二つ目は体外から花粉などが侵入したことが原因です。 この両方が重なって花粉症を作ります。   もう少し詳しく説明します。 1)花粉症になった体の下地 ①特に脾・腎が元々弱い。 ②胴体の上部が熱がこもっている。 ③血の力が弱く、血を全身に回す力が弱い。 ④二つの主要な「気の力」が不足している為に体が正常に働いておらず、免疫が低下している。 ⑤皮膚の表面の機能が悪く、皮膚から花粉・大気が体内に侵入しやすい。 以上が花粉症になりやすい体の状況です。   2)花粉だけではない 花粉だけが大きな原因と思われていますが、実際はそれだけでは有りません。 実際は花粉が飛び交う時期に、気候の影響が体に侵入するのです。 気候には「風の影響、寒さの影響、乾燥の影響、時には熱の影響」が有ります。 花粉だけが目立ちますが、実際は花粉と気候がセットで体に侵入して花粉症を起こします。 このように体内の下地と、花粉・気候の影響が体に侵入し花粉症を発症させます。     花粉症 医学書が指摘する五臓 中国は花粉症の治療については2000年以上の歴史があり、臓器の関係について書いています。   1)臓器について書いた最初の医学書は紀元前200年の【内経】です。 これは当時の政府が編纂したものです。 【内経】では「素問や 灵枢」と言う専門分野の説明書の中で「心・肺・脾・腎・肝」のそれぞれを取り上げ、花粉症との関係を詳しく説明してます。   2)北宗の時代の【太平圣惠方】は100巻もの大医学書ですが、肺と花粉症(鼻)の関係を詳しく説明しています。 3)唐の政府が編纂した【外台秘要】は臨床医学書ですが、この中で花粉症が肺のメカニズムについて説明しています。 現代、多くの大病院の臨床データーを見ても「花粉症は必ず五臓との関係の病」であることを説明しています。 上記の歴史的重要な医学書に基づき説明します。 花粉症が発生するメカニズム 第一メカニズム 花粉は病毒です。 これが繰り返し何度も体に入ります。 これが「肺」の機能を壊します。   肺は全身に水を配分する作業をしていますが、この働きが妨げられます。 体内の水は正常に流れる事ができなくなり、肺に逆流します。   肺から鼻に水が上がり、鼻の機能が損傷し、鼻詰り、くしゃみや、目・耳・舌・アゴの痒み、皮膚に湿疹が出ます。 この 痒みは「心」と関係していると上記の【内経】では説明しています。   第二メカニズム 元々「脾」が弱い。 「脾」は津液(水分)を肺に送る役目をしますが、元々「脾」が虚弱な為、津液を正常に流す力がなく、その為、津液(水分)は鼻の働きに悪影響を与え鼻水が出ます。   第三メカニズム 元々「腎」が弱い。 腎は体内の津液(水分)と関係します。 腎が弱いので鼻に影響を与え鼻汁が大量に出ます。 またクシャミが出たり、手足が異常に冷えたり、膝腰が痛い、夜間トイレに行く回数が多いなどの症状が出ます。   このように五臓は鼻に影響を与える関係があり、五臓が花粉症を起こす原因となっています。     花粉症 世界唯一の根底治療 根底からの治療は「五臓」が重点です。 「腎・肝・脾・心・肺」を五臓と呼びます。 元々、五臓が不調です。 五臓のどれが損傷しているかを中医学の専門医がします。 花粉症は複雑な病気ですので、中医学の医師でも余程の名医でなければ治療は無理です。       花粉症・気管支炎・気管支喘息・肺気腫の関係 花粉症は「鼻水・クシャミ・涙」が出る、眼や「鼻・耳」が非常に痒い事が特徴です。   病状が重くなると「気管支炎・気管支喘息・肺気腫」を誘発します。 「気管支炎・気管支喘息・肺気腫」は病の構造メカニズムが花粉症とほとんど同じですから、病は広がりやすい。   気管支炎・気管支喘息・肺気腫は中国の医師は非常に良い治療をします。   治療薬は 花粉症は五臓の治療をしますので難しい病気です。 これを根底から治療するには優秀な薬が必要です。 この根本治療に使う薬は中国の大病院にあります。   そのようなクスリは9000種類あります。 その中には病状に合う薬が多種あります。   これらは全て医師の承諾・指導が無いと使えません。 花粉症は難しい病ですので、相当な名医クラスで無ければ中医学の治療は無理です。 中国の医師の指導で処方していただき、その病院から薬を手に入れる事が出来ます。   花粉症は種類あります。 花粉症は単一ではありません。 中医学では基本的に3種類に分ける場合が多い。 その中にあなたに当てはまるタイプがあります。 病気のタイプが非常に複雑ですが、優秀な医師なら的確に判断します。   関連の記事が有ります。 花粉症 根本治療。中医学・大病院・名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。 https://js-vivid.com/kafunsyo-15/       個人輸入代行の総合ページはこちら 花粉症の人は是非、普段から◇百宝元を飲んでいただきたいと思います。 ◇百宝元を飲みながら健康維持が出来ます。 また中医学に興味を持つようになると思います。    

呼吸器系

2020/7/15

喘息は中医学で予防が大事。中医学・大病院の情報。

  無料相談はコチラ   喘息は体が非常に疲弊してます。 本当に苦しい状態と思います。一日も早く完全されてください。 長年悪い状態ですから、治す方法は無いと思っていると思います。それは事実です。しかし、ここで説明する治療方法はまだ日本には入っていません。しっかり読んで検討してください。 どの程度まで治るかはまず治療しなければなりません。大概の人は良い結果に繋がるとは思いますが、体の疲弊状態などに影響されます。 しかし、いま世界の医療では喘息治療は高度な漢方が最も力があります。ほとんどの人に良い反応が出ます。どの程度までの改善かは、まず治療して出来るだけ多く改善した方が良いです。 喘息は子供や若い人がいます。 1)子供や若い人の方は良い結果を出しています。 2)ビビッド・ライフでは中高年も皆さんが良い結果を出しています。 参考ですが---- 一番ひどかった人ですが、以前は毎年、入院していたが、ビビッド・ライフと出会ったのは10年以上になりますが、一切、入院することがなくなり、極めて元気とのことです。かなり重症だったようです。その他にも病気を持っていましたが、現在それも問題ないそうです。現在はきわめて良い状態です。 まず3〜4ヶ月 しっかり薬を飲んで治療する事が大事です。 最も関係する事は 1)中高年になると老化し、臓器が弱っています。 2)他に病気がある人。 これらが喘息治療でどのようになるか、その状況により、治りが違ってきます。漢方で治療する場合、加齢の問題、他の病気の治療も同時にします。 喘息治療には秘訣があります。----予防が大事。 それは漢方治療しながら体を作る事。そしてその後、悪くならないように予防する事です。今のような苦しみから脱し、2度とならないように対策が必要です。 1)根底の体が虚弱です。この状態があるかぎり、風邪をひいただけでも、すぐに肺に影響がきます。喘息になりやすいので、まず体を元気にする対策が必要です。これは医師が教えます。 2) 寒さに用心。少し厚めの服を着る。暖かくする。 3)タバコは厳禁。埃や煙を吸わない事。 4)食べ物のを注意しましょう。食べ物によって誘発されないように。どの食べ物かは、医師が指定します。逆に元気になるための食べ物もあります。 5)過度の疲労などを避ける。 まず漢方治療することで、体の状態を良くしましょう。 漢方には二つの方法を勧めます。 ①体を治療する ②体を栄養する 喘息には特に大事です。   下記は喘息の原因を分かり易ところを書いています。高度な漢方では良い治療ができます。しっかり読んでください。苦しく、危険な状態から早く解放されてください。ビビッド・ライフがしっかりバックアップします。 資料は下記のボタンを押してください。   関連の記事があります。こちらをごらんください。 喘息を根本的に治療、中医学・大病院・名医の治療、処方薬を個人輸入。総合情報 https://js-vivid.com/zensoku-15/ テレサテンの喘息、中医学なら今も生きていたかも。 https://js-vivid.com/teresa/ 喘息を根底から治す治療の方法。中医学・大病院・名医の情報。最先端「中西医結合医学」の方法。 https://js-vivid.com/zensoku-1/ 喘息の咳は死ぬほどの苦しみ。中医学の大学病院に相談。 https://js-vivid.com/zensaku-2/ 喘息は痰が問題です。根本治療する大病院が有るのは上海です。大病院・名医の知識とは。 https://js-vivid.com/zensaku-6/   喘息の体験記、重度、70歳、上海の大病院・中医学・専門医に相談。 https://js-vivid.com/yama/     咳喘息の総合ページはこちら   個人輸入代行の総合ページはこちら  

呼吸器系

2020/7/15

幼児の扁桃腺炎と風邪の治療。中医学・大病院・名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。

無料相談はコチラ   幼児の扁桃腺炎と風邪の治療情報について。 幼児がカゼを引くと治りにくい。 扁桃腺炎になる場合も有ります。 この二つをどう乗り越えるか、非常に大事な情報を書きます。   風邪だけでも困っているのに扁桃腺炎になると大変です。 熱が39度を越している。   病院に行ったら扁桃腺が赤くなっている。 飲み薬と座薬を出しますが、熱は当面は下がらないでしょう〜と言われる事も有ります。 どうやって熱を上げるか? 高熱は非常に危険です。 長引くと、 1)脳を損傷する場合が有ります。 2)目を悪くする事も有ります。 3日以上の高熱は危険です。   薬を当てにせず、額に「氷」を乗せて下さい。 薬局に行けば氷を入れる袋が有ります。 間に合わねば、ビニール袋を重ね、その中に氷を入れましょう。 あるいは氷水にタオルを入れ、タオルを絞って額に当てましょう。   3歳以下の子供に対する治療 中国では3歳以下の子供には薬は飲ません。 しかし、それでは熱は下がりません。   子供に安全に薬を飲ませる方法は、 母親が薬を飲んで、母乳で子供に薬の成分が入るようにします。   授乳が終わっているときは この時は子供用の薬が有ります。 風邪から扁桃腺炎になっている時の薬は この時の治療は風邪薬でします。 1)母親が飲んで母乳で子供に飲ませる時は、 状態によって3種類の中薬が有ります。 状態によってどれかで風邪はおさまり、熱は正常になります。   2)子供に直接、薬を飲ませる場合。 この時は2種類の薬が有ります。 一つは中薬(漢方)です。 もう一つは西洋薬です。 両方とも幼児・子供用です。 風邪のタイプで使い分けます。 1歳児から保育園に預ける場合が多い時代です。 寒い日に園の外に出させた事で風邪をひくケースが有ります。 園の教育方針によっては子供が風邪を引きやすい環境の所も有ります。   また風邪が移ったり、雑菌が入り扁桃腺炎になる場合も有ります。 本来の扁桃腺炎はブドウ球菌など4種類の菌が関係しています。   独身の時から中医学を取り入れ子育てに役立てている 乳児、幼児が熱を出した時、非常に危険な状態になります。 病院でも対策の効果が無い場合が一番困ります。   こんな時に、日頃から中医学を取り入れているお母様は 対策の取り方が大変上手です。   お子様の様子がオカシイ時は ビビッド・ライフに緊急で連絡してきます。 至急、上海の医師に取次、対策を取り無事、乗り越える方法も有ります。 しかし、これでは間に合いません。 上海に相談を入れたり、上海から薬を取り寄せるのに、7〜10日掛かります。   対策として 風邪は引くことが有りますので、ご家庭で日頃から中医学のお薬を用意しています。 風邪をひいたな〜と思ったら、早めから中医学の風邪薬で対処することが大事です。 薬はわずかな金額ですから、それほど費用負担になりません。     独身・妊娠・授乳を通じて この期間、ずっと◇百宝元を活用している女性が多い。 独身時代の健康に中医学を活用、妊娠に中医学を活用、授乳に中医学を活用する方が多い。 中医学だけでなく健康管理をずっとするために◇百宝元を愛用する女性が多い。    日頃の中医学の活用が子供の健康を守っている。 「備えあれば憂いなし」 勉強している人は打つ手が正確です。 ◇百宝元を日頃から飲んでいる方は、日頃から中医学の大人・子供用の風邪薬を持っています。 幼児がいるご家庭は幼児用の風邪薬を持っています。   風邪は油断ならないのは「肺炎」になる可能性もあります。 非常に危険です。    

呼吸器系

2020/7/15

咳喘息を根本治療する。中医学・大病院・名医の治療。「中西医結合医学」の方法。

  無料相談はコチラ   咳喘息を説明します。 この情報は、正規の漢方医学界(中医学)に基づくものです。 しかも実際に上海の漢方名医の指導に基づくもので、現実、漢方医学界(中医学)は4000年に渡って治療し、実際に優れた治療成果を上げている方法です。 咳喘息の特徴。 感冒から咳喘息に移行するケースも多い。 あるいは感冒でも無いのに咳だけが続く。 咳喘息は何日経っても軽くなる兆候が有りません。   むしろ日が経つにつれヒドくなります。 特に夜中にずっと咳が出ます。 痰が絡んだ咳をします。 寝ることが出来ません、徹夜状態です。   しかも昼間も夜中も連続して鼻汁、痰が出ます。ティッシュ箱は1日で空になります。 これは子供も大人も同じです。 最初は感冒の人も、咳喘息に移ってからは風邪薬は全く役に立ちません。 当然、抗生物質も効きません。 お手上げ状態です。   漢方(中医学)では 今や常識の話ですが、感冒は抗生物質では治りません。 抗生物質は菌を殺しますがウイルスは殺せません。 ところが漢方薬(中医学)はウイルスを殺す薬は多種あります。 見事にウイルスを殺せます。   最初は感冒で、それから咳喘息に移行するパターンがあります。 この時は最初に漢方(中医学)を使えば治ったかも知れません。 しかし咳喘息に移行した段階では、格段に難しくなっています。 なぜならウイルスとは関係ないからです。   治療方法を変えなければなりません。 つまり咳喘息とは思わずに感冒と思っている。 抗生物質や漢方の風邪薬を飲み続けている。 これでは全く改善はありません。   しかし咳喘息と気付いても、 咳喘息の原理・メカニズムを知らないで治療すれば出口は全く見えない。 その理由は治療しなければならないポイントが全く違うからです。 咳喘息は気道を拡張すれば呼吸がしやすくなります 。 応急処置として正しい方法です。 しかしそれで咳喘息が治ったわけでは有りません。 実際は丸ごと咳喘息は残っています。   咳喘息は子供に多い。 大人にも多い病ですが、実際は小さな子供さんに多い病気です。 幼児の時期に多い。 特に3才から7才くらいまでが特に多い。   しかも一度、咳喘息が出ると、発作的な咳が朝や夜中にずっと続き、状態は日増しに悪くなります。 それが1ヶ月以上続きますので、非常に苦しい状態が続きます。 しかも一過性でなく、その後も何度も再発します。   胸部X線検査では異常無し。 家族や本人にアレルギーがある場合が多い。 咳喘息は季節に関係なく発生します。   ではどうすれば治せるのか? 実際に咳喘息を良く治している医学があります。 それは中医学です。 どのように咳喘息を扱っているのか極秘情報を可能な範囲説明します。   中医学では「咳嗽」の部類に入ります。 医学書の原点を見ましょう。 咳喘息は中医学では「咳嗽」の部類に入り肺系の病気にです。 2000年前の医学書、黄帝内経(こうていだいけい)の素問によりますと「外邪が犯し、肺や臓腑を失調させた病」 と説明しています。   つまり体の外部から、病気の原因が体に侵入し、肺や五臓六腑の働きを悪くした病気です。 この医学書にはさらに注意書きが有ります。 「咳は肺単独で出ているのでは無く、五臓六腑が関係している」と書いている事です。 いきなり答えが出て来ました。 解説します。   上記は咳喘息の全貌です。 あなたの咳喘息が良くならない理由は、上記に基づく治療をしていないからです。   1)体の外から何が体に入ったのかを確認する必要があります。 それが体内に入ると変化します。 例えば熱が発生したり毒素を作ったりします。   2)そこから入ったものは次に内臓を傷めます。 つまり五臓六腑をあれこれ傷めています。 どこを傷めているかは咳のタイプによっても分かります。   咳にも色々ある。 心咳・肝咳・脾咳・腎咳など、全ての五臓から来る咳が有ります。 その他にも風咳・寒咳・久咳など有ります。 何処から来た咳かによって特徴が違います。   では、傷めた臓器の違いで、どのような症状になるのか、次に説明します。 ①肺が単独で悪くなっている場合と、 ②臓器が悪くなって、それが肺に影響しているのと、二通り有ります。 この違いに応じた治療が必要です。   咳喘息を漢方で分類する。症状の説明。 このタイプ分けにより治療しなければならない事が違っていますので、良くご覧ください。 ①肺に熱が関係するタイプ 咳が激しい、呼吸が粗い、喉が乾き痛い、痰は粘く黄色、咳をすると汗が出る、いつも黄色の鼻汁がでる。頭痛。   ②肺に寒が関係するタイプ 喉が痒い、痰が白く希薄、鼻が常に塞がり、鼻汁が出る、頭痛、肢体が怠い、悪寒、汗が出ない。   ③肺に五臓が関係するタイプ これは三種類あります。五臓は「心・肺・脾・肝・腎」です。肺はすでに悪くなっているので、残りのどれか三種が関係する。つまり三種類のパターンが有りますので、それごと症状が違います。   上記の三つについての考え方、治療の仕方 ①は肺に熱がある ②は肺に寒(冷え)が有る 真逆の2パターンです。 熱や寒があるのに放置していては治りません。なぜ熱がでたのか? それを調べ、適切な治療をする必要があります。   逆に冷えがある場合は、何故、肺に寒があるのか? それを調べる必要があります。 原因や発病のメカニズムが違うので、当然、治療の仕方も違って来ます。   ③についてですが、特にここで関心を持っていただきたいのは、 例え中薬でも肺の治療薬を使うだけでは治らない点です。 つまり三種類の臓器が悪くなっていますので、どの臓器なのかを見つける事が大事です。 何が体に侵入して、どの臓器をどのようなメカニズムで痛めたのか、詳しく調べる事です。 以上のようなしっかりした診断が必要です。 咳喘息は原因、メカニズムを解明しなければ、適切な治療ができません。   原因、メカニズムごとに薬が違います。 単独方向の治療薬で咳喘息が良くなるのはあり得ません。 そのような包括的な治療は漢方は有りません。 何故なら、パターンが基本的に五通り有りますので、全く逆方向の治療が多いのです。 以上を参考にされてください。 正確な診断、正確な治療が必要です。      日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「咳喘息」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「咳喘息」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。      西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「咳喘息」の治療でも出ています。   「咳喘息」の治療---実例---「中西医結合医学」 1)「咳喘息」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 もちろん飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)「咳喘息」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「咳喘息」の原因になっている人が多い。 ②「咳喘息」から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、「咳喘息」だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     関連の記事があります。ご覧ください。 咳喘息 (せきぜんそく)中医学 総合情報 https://js-vivid.com/sekizensoku-15/   咳喘息 中医学による根本治療の方法があります。中医学・大病院・名医の情報。 https://js-vivid.com/seki-zensoku-1/     喘息の総合ページはこちら     個人輸入代行の総合ページはこちら  

呼吸器系

2020/7/15

咳喘息 中医学による根本治療の方法があります。中医学・大病院・名医の情報。

  無料相談はコチラ    咳喘息は小さな子供の時から発生します。 咳喘息は大人だけでなく、小さなお子様に大変多い。 しかも季節に関係なく再発します。   一度発生すると一ヶ月以上、寝ることもできず苦しみます。 それが大人になってもずっと続く人が多い。 ここに書く記事は大変貴重な記事です。   私も咳喘息になった事があります。 最近、知り合いが何人も咳喘息になってます。 知人の中には初めて咳喘息になった人もいますが、子供の時からのキャリアの人もいます。   中には現職の看護婦もいます。 彼女は咳喘息は治す方法が無いことを良く知っています。   はじめての人は咳喘息に気付くまで時間が掛かります。 風邪は知っていますが、自分がおかしな感冒になって初めて気づきます。 熱や頭痛もなく、日増しに悪くなります。   体験した事のない咳・痰が連日、連夜続きます。 夜通し咳痰が出て、毎日ティッシュを一箱使う状態です。 この状態が1ヶ月以上続く、あるいは際限なく続く人が多い。 風邪だろうと思っている人 咳喘息が初めての人は、風邪かな〜と思います。 咳・痰が出だした、熱がない。 普通の風邪とは違うな〜と感んじ出します。   風邪薬を飲んでも効きません。 病院に行ったら咳喘息ですね〜と言われても効果的な薬はないようです。 中医学で咳喘息を治療する方法 1)初めて咳喘息になった人の治療 咳喘息と知らないで風邪かな〜と思い、中医学の薬を飲みます。 常備した方が良い薬が有りますのでそれを飲みます。   一般的な風邪には1〜2回飲めば効きます。 しかし、それが咳喘息には全く効果がないのです。 それで、これはただの風邪では無いと気付きます。   一つの中薬を2日飲んで効果がないなら、別タイプの中藥に切り替えた方が良い。 中薬は本来、早く効き目があるからです。 この中にはインフルエンザ・タイプの中薬もあります。 これで大部分の咳喘息は良くなります。   この時はもっとひどい風邪向きの薬を飲みます。 この中医学の薬は、風邪やインフルエンザに非常に効力があります。 大概の咳喘息にも効きます。 1〜2日で咳喘息の勢いがガクンと下がります。 飲みだして2〜3日で次第に普通の生活に戻れます。   このような中医学の薬は上海の医師が指定した常備薬です。    2)上記の薬を飲んでも何も改善がない人、前々から咳喘息を繰り返している人 この場合は、体内がよほどの状況ですので、上海の医師に正式に相談する必要が有ります。 咳喘息は喘息と同じで、繰り返す人がいます。 これは早めに中医学の診断を相談するのが賢明です。   そうすればどこが原因かわかります。 咳喘息のメカニズムが、5種類くらいありますので、 どのパターンか診断で見つけていただく必要があります。   5種類のパターンの内、 2つは肺の状態です。 後の3種類は五臓六腑の損傷です。     関連に記事があります。クリックしてごらんください。 咳喘息 (せきぜんそく)中医学 総合情報 https://js-vivid.com/sekizensoku-15/   咳喘息を根本治療する。中医学・大病院・名医の治療。「中西医結合医学」の方法。 https://js-vivid.com/seki-5/     咳喘息の原因、詳しい資料を作りました。 無料で何度でも見れます。 下記のボタンを押してご覧ください。 一日も早く良くなってください。 概略がわかるだけでも大変役立つと思います。   個人輸入代行の総合ページはこちら 喘息の総合ページはこちら  咳喘息の人は日頃から◇百宝元をご利用ください。 これは医薬品ではありません。 咳喘息を治すためのものではありません。 しかし非常に大事です。 咳喘息のキャリアの人は体が大変弱い人が多い。 日頃から◇百宝元で健康管理を大事にされてください。 その上で中医学の治療を考えてはいかがでしょうか。  

呼吸器系

2020/7/15

非結核性抗酸菌症 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

  無料相談はコチラ   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬の「個人輸入」を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 非結核性抗酸菌症に使う医薬品は病院用ですので医師が処方します。 中医学と西洋医学は全く違う点が多い為、あらかじめ少しでも知識を持っている方が便利です。   質問)菌を殺す薬はありますか? 非結核性抗酸菌子症は菌の種類が大変多く、 菌を殺す治療としては色々な種類の薬が有ります。 地元の病院で治療を受けている場合が多いと思います。 その治療は大変重要です。 中医学でも薬は有りますが、その判断は中医学の医師がします。 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。   質問)肺の治療薬が出るのですか? 菌を殺す薬とは別に肺の治療薬も出ます。 非結核性抗酸菌症は肺に菌が入った事で、体を色々と損傷させています。 まず肺の損傷がひどい。   質問)痰の治療薬はどのような役目ですか? 肺が炎症し痰がたくさん出ます。 この痰が全身に回り体の働きを悪くさせます。   非結核性抗酸菌症になると痰が出る場合が多い。 大概の人は痰は鼻汁が喉に溜まった為だろうと思っています。 それは間違いです。 この点が非常に大事ですので、本に書いていますので説明します。 体内で熱が発生すると津液(体液)が煮詰められて「痰」になります。   非結核性抗酸菌症の場合、 菌が肺に入る事で熱が発生し、津液(体液)が煮詰められ多量の痰が作られます。 肺から全身に津液(体液)が流れる仕組みになっています。 多量の痰が全身に流れる事で、正常な体液が流れなくなり、体の働きが悪くなります。   質問)五臓の薬も出るのですか? 菌が体内に入り五臓を損傷しています。 非常に強い菌ですから、これが五臓を壊します。   中医学の歴史は4000年が正しいのですが、 上海中医薬大学の資料館を見ますと、 実際には中国で文明が始まった頃より 医学が始まっている、 従って1万年の歴史が有ります。   江戸時代、日本に西洋医学が入りました。 杉田玄白が翻訳するときに、漢方の五臓六腑の名前を使った事から、混乱が始まっています。     中医学の五臓とは「心・肺・脾・肝・腎」です。   非結核性抗酸菌症は菌が体内に入った事で 五臓を損傷している場合が多く見られます。 五臓のそれぞれには様々な機能が有ります。 この病気ではどの機能が損傷されているのか? それを知る必要があります。   この病気は次第に体が衰弱して行くのは五臓が弱ってくるからです。   以上、非結核性抗酸菌症に使う重要な治療薬について 説明しました。 個人輸入にお役立てください。     もっと詳しい情報が欲しい方に 中医学の原因説明をもっと見たい人、 一流の中医学の医師の考えを知りたい人 下記をご覧ください、無料でご覧いただけます。 非結核性抗酸菌症  菌を消す事と体調を良くする治療 中医学・大病院・名医の情報、総合情報 https://js-vivid.com/hikekaku-50-1/   非結核性抗酸菌症 個人輸入 マサルの活躍 根本治療薬 https://js-vivid.com/hi-kekkaku-5/      

呼吸器系

2020/7/15

テレサテンは天才歌手だった。

記事担当の後藤です。 テレサテンの歌を時間があるときに良く聞きます。 最近はYouTubeの動画で見るのが楽しみです。 私はPOPやジャズ、クラシック、カントリーなど色々楽しんでいますが、 やはり上手な歌手、ミュージシャンが好きです。   テレサテンが亡くなった後から中国語の歌を多く聞くことが増え、 どうしてあんなに感情豊かに表現できるのか、毎回聞きいっています。   最近は休み時間にアイフォンでYouTubeを見ています。 アイフォンは結構、音が良い。 もちろステレオには及ばない物の、映像がたくさん見れますので、 舞台や観客とのやりとり、いつ頃かなど、たくさんの情景が見れます。     何気なく楽しみながら見ているのですが、 とても元気で、なぜ死ぬような事になったのか不思議です。 体が元気だからあれだけ素晴らしい歌声が出たのです。   お亡くなりになる直前に出ていたのはNHKの歌番組だったと思いますが すでに重症になっていました。 こんなひどい状態で歌うなど、一体どうしたのだろうかと思いました。   私は、ずっと仕事で多くの難病、多くの患者さんと接しています。 テレサテンさんの場合、健康そのもので、多くの動画を見ても病気と全く関係ない状態です。     彼女の死因については謎が多く、当時から噂が有りました。 その噂通りかも知れないな〜と思います。   亡くなった場所は分かっていますが、 実際は、その数ヶ月前から何か彼女の体を悪くする事が有ったはずです。 そうでなければ亡くなる前のNHKの歌番組であのような体調にはなっていないはずです。 つまり、数ヶ月前から体に異変が発生していたからです。   当時よく耳に入ったのは、喘息の持病があった〜との事です。 本当に喘息があったのかは疑問です。 本当に喘息が悪ければあれほどの歌は全く歌えません。   喘息があれば、あれほどのスタイルは保てません。 喘息は体のエネルギー消耗がひどく、とても歌手は無理です。 ですからテレサテンは喘息は全く無かった〜と言える状態です。   本当に何百年に一人と言う素晴らしい歌手がいなくなって残念です。   テレサテンは大変人気が有りますので、 多くの映像、動画が残っています。 今でも多くの国の人が彼女の歌声を楽しんでいると思います。

呼吸器系

2020/7/15

非結核性抗酸菌症 個人輸入 マサルの活躍 根本治療薬

無料相談はコチラ   (非結核性抗酸菌症) マサル:おじさん、おばさん、こんにちは、マサルです。 上がりますよ〜。 あれ、おばさん、前よりかなり良さそうだね。 どう、中医学が役に立ったのかな〜。 オジさん:や〜マサル、よく来たね。 オヤ、今日は彼女さんと一緒だな。 それはようこそ、ま〜ゆっくりしてください。 マサルのお陰でね〜、オバさんはご覧のようにずいぶん良くなってるよ。 中医学の薬と病院の薬を併用しているよ。 相乗効果で良いようだよ。 中医学を良く見つけてくれたね〜、この5年で最高に調子が良いよ。 去年の今頃は最悪だったからね。 その時とは大違いだよ。 食事も美味しくなって、体がずいぶん楽になって、散歩もするようになった。 10キロ以上痩せていたが、今はだいぶ体重が戻ってきている。   マサル:前に来た時は痰がずいぶん絡んで、かなり苦しそうだったね。 だけど今日はかなりスッキリしているね、それだけ良くなったんだね。 病院の薬は抗生物質だね、確か2種類飲んでるって言ってたけ。 僕もドキドキ、上海の先生に連絡とって聞いているのだけど、 オバさんは痰と血の両方の薬を飲んで居るそうだね。 体液が体内の熱で煮詰まり痰になって、体液の流れが悪くなって、体調がぐっと悪くなっている。それに瘀血と言って、血の塊が出来て、血の流れが悪くなって、臓器が動かなくなっている、と言ってたよ。 それとオバさんは「腎」が悪くなっている、これも大事な治療で、非結核性抗酸菌症になって体がひどくきつい理由だったそうだよ。 去年と比べて随分と良くなったね。 薬はどう? 飲みやすい?   オバさん:マサルありがとうね。彼女さんはミツコさんだったね、美しいね。 マサルがいつもお世話になって、ありがとうね、これからもマサルと仲良くしてね。 私は、この5年、本当に大変だったの。 本当に苦しくって、この菌はなかなか消えなくって、体のがどんどんなくなって、だるくて、頭がはっきりしなくって、それがこの1〜2ヶ月、かなり良くなって来たよ。 こちらの病院で抗生物質をもらっているのだけど、私が元気になって来たので先生も喜んでくれてね。 右耳がほとんど聞こえなかったんだけど、少しずつ聞こえるようになっている。 マサル、本当にありがとう〜。 マサル:オバさんに役立って嬉しいよ。 まだ治療としては途中だからね、やっぱり中医学は良かったね。 僕もなぜ中医学は日本の医療と違うのだろう〜と色々調べたんだ。 日本の医療は西洋医学が中心で、漢方は少し使っている。 中医学は本格的な難しい治療ができる。   西洋医学と中医学は人体をかなり違った方向から見ているそうなんだ。 だから良いのかも知れない。 西洋医学では血液検査やCT,MRIなどすごい設備で詳しい検査ができるから、これは大事だね。 中医学は内臓についての見方、考えかたが違うんだよ。 西洋医学は内臓を物体として見ているんだ、 ところが中医学は体を「機能」で見ているんだ。   それぞれの「機能」に対して付けた名前が五臓六腑なんだ。 だから治療方法が全く違うんだ。 オバさんの場合、両方の良いところで治療している状態だね。 かなり良くなって来ているから、もうしばらくしたら個人輸入の所に聞いたら良いよ。   先生に相談するようになるらしいよ。 その時に次のステップの治療になるらしいよ。 多分、2〜3回は薬が切り替わるかも知れない〜て言っていたよ。   オジさん:良い方向で嬉しいよ。 マサルはこの美しいお嬢さんとはいつ結婚するんだい。 その時はオバさんもオジさんも出席するからね。 オバさんがそれまでに良くなっているように頑張るよ。 ま〜今日はゆっくりしなさいよ。 お昼を一緒に食べよう〜、寿司好きかな? 出前頼むから〜。   関連の記事が有ります。 非結核性抗酸菌症  菌を消す事と体調を良くする治療 中医学・大病院・名医の情報、総合情報 https://js-vivid.com/hikekaku-50-1/ 非結核性抗酸菌症 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/hikekaku-1/  

呼吸器系

2020/7/15

喘息の体験記、重度、70歳、上海の大病院・中医学・専門医に相談。

無料相談はコチラ 私は◇百宝元を15年間 飲んでいます。 ビビッド・ライフをネットで見つけました。 もう15年以上前の事です。以降、ビビッドライフを高く評価し、信用しています。 それからずっと◇百宝元が健康管理に役立っています。 実は、それまで、本当に困っていました。   何か良い方法は無いかと思い、健康管理の大事さを思い、まず◇百宝元を購入するようにしました。 これが私にはピッタリ合いました。 ネットで真剣に探して良かったと思います。   妻も途中から購入しています。 二人で毎月2箱を定期購入しています。 内容から言って随分お得と思います。 毎月、送ってくるのを楽しみに飲んでいます。   ビビッド・ライフはもう15年のお付き合いですから、 流れはよく分かっています。 ◇百宝元については、誰に対しても普通の購入の仕方です。 欲しい時だけ自分から注文して購入する方法です。   あるいは、私のように毎月の定期購入の2種類です。 それ以外には方法はありません。 今、ビビッドライフで皮脂を15年も購入しているご家庭が何件かあるようですが、どのお家も私と同じく、ビビッド・ライフと長い良いお付き合いをしています。 大変助かったのは漢方の薬も上海から手配していただいた事です。 全て医師が判断して下さいますので、最も信頼おける薬が手に入ります。 これは大変役立ちました。 それまでは体調の良い時と悪い時がありましたが、ビビッド・ライフに本当に感謝です。 おかげで以降、元気です。   健康状態が良いので、楽しい毎日です。 本当に良いところに出会えたと喜んでいます。 今はずっと良い体調が続いています。 ペースを崩さず、これからも◇百宝元を大事に続けようと思います。   感謝しています。 今後もビビッド・ライフを高く評価します。 今後ともよろしくお願いします。 合掌。   ビビッド・ライフには長年ご利用のお客様がたくさんいらっしゃいます。 左側のブログカテゴリーの中の「お客様の声」をご覧ください。     関連の記事があります。ご覧下さい。 喘息を根本的に治療、中医学・大病院・名医の治療、処方薬を個人輸入。総合情報 https://js-vivid.com/zensoku-15/ テレサテンの喘息、中医学なら今も生きていたかも。 https://js-vivid.com/teresa/ 喘息を根底から治す治療の方法。中医学・大病院・名医の情報。最先端「中西医結合医学」の方法。 https://js-vivid.com/zensoku-1/ 喘息の咳は死ぬほどの苦しみ。中医学の大学病院に相談。 https://js-vivid.com/zensaku-2/ 喘息は痰が問題です。根本治療する大病院が有るのは上海です。大病院・名医の知識とは。 https://js-vivid.com/zensaku-6/ 喘息は中医学で予防が大事。中医学・大病院の情報。 https://js-vivid.com/zensoku-10/     個人輸入代行の総合ページはこちら   咳喘息の総合ページはこちら

呼吸器系

2020/7/15

気管支拡張症 中医学・大病院、治療ポイントを知る

無料相談はコチラ   気管支が広がったままの状態を気管支拡張症と言います。 気管支拡張症は気管支壁や肺を損傷し変形している、塞がれています。 原因は先天的と感染、幼児期の肺炎と言われています。 しかし実際はもっと別に重要な原因があります。   例えば外部からは感染が原因ですが、 知られていない原因の一つに「気候の影響が体に入ることで気管支拡張症になります」。 これ以外にも、重要な原因がありますので、それらの治療方法を説明します。     気管支拡張症の症状 口が渇く、喉の痛み、喉が渇く、鼻が乾燥する、痰、血痰、吐血、 息切れ、発熱、悪寒、寝汗、肺音、貧血、痩せる、疲労、だるい、 動悸、顔が赤い、目が赤い、便秘、尿が赤い、顔面蒼白、 口が渇き喉が赤い、脈が弱い、など。   大きく分けて二つのパターンがあります。 気管支拡張症は体の外から入ったものと、体の内から出来るものの二つあります。 これを外因、内因と言います。 病気の原因は邪魔物です。 だから漢方では病気になる発端を「邪」と言います。   体の外から来るものを「外邪」、体の内から発生するものを「内邪」と言います。 体の外から病気の原因要素が入る場合は「体が弱っている時か体が無防備な状態の時」が多い。 気管支拡張症は5種類の原因があります。 原因1)外邪----体の外から入り気管支拡張症になる 気候が人体に響をあたえ、気管支拡張症の原因になります。 住環境や職場の環境が原因となる場合があります。   風寒---寒い風に当たると、それが鼻から肺に入り、肺を傷め、気管支拡張症になります。 風熱---熱風に当たると、それが鼻から肺に入り、肺を傷め、気管支拡張症に発展します。 風燥---乾燥した風に当たる場合です。それが肺を傷め、気管支拡張症に発展します。 近年、エアコンの乾燥した風が流れ、それを毎日吸っていると、痰が絡んだ咳がずっと続く人が多い、要注意です。 感染---鼻から肺に菌が入り、肺の組織を傷め、気管支拡張症になるパターンです。   原因2)肺・脾が元から弱い。---内因・外因 「肺と脾」が元々弱い事が原因。 外邪の侵入による影響を受けやすく、侵入してきても打ち消す力が無い。 外邪の侵入を繰り返し、次第に気管支拡張症を形成した。   原因3)肺の状態が非常に弱い---内因 長引く病気の影響や外邪の影響で、肺を損傷し弱らせ、気のエネルギーの向きを逆流させ、肺につながる経絡を弱らせ気管支拡張症になった。   原因4)瘀血---内因 「血」が肺の正常な位置から漏れたり滞留し、ドロドロの塊の状態を作っている。 肺の気の流れが悪るくなっている。 血流が停滞している。 病状が非常に悪い。   原因5)感情が原因---内因 感情によって「肝」が悪くなっている。 気のエネルギーが逆流し、「肺」の経絡で出血する。 気管支拡張症は5種類の治療方法が有ります。 難しい病気が多い時代です。 中医学の知識をつけ治療するなら道が開けます。   治療① 感染については菌を殺す薬を使います。   治療②---肺・脾が元々弱い。 寒風や熱風が体に入ったためですが、例えそれらが体に入っても、肺・脾が健全であれば、大概は防げた状態です。 まず肺・脾の治療をしなければなりません。 肺・脾には色々な機能があります。   肺は呼吸によって入った空気で血をきれいにする場所です。 では血はどこから来ているか? 脾から新しい血が肺に来ています。   脾は血を作る所です。 骨髄が血を作っているのでなく脾が作っています。   脾は脾臓とは違います。 脾とは脾臓と膵臓を合わせたものです。 しかし、胃、腸が一体となって悪くなっている場合があります。   中医学の名医は脾を脾臓・膵臓・胃・腸とセットで見た方が良いと言います。 気管支拡張症は肺・脾を正常になってなかったので、血の生産が不十分で酸素交換が肺で十分にできていない状況です。 これを健全にすることが、気管支拡張症の治療の大事な点です。 この薬・治療は中国の大病院・名医ならできます   治療③----長引く病気などの原因で肺を弱らせていた。 人体には五臓六腑があります。 これは全部つながっています。 そのパイプを経絡(けいらく)と言います。   肺につながる経絡がありますが、この中を「血と気」が流れています。 この「気」が逆流をしている状態です。 当然、血も順調に流れなくなります。 「気」とはエネルギーです。   人体は「気・血・水」の三つで構成されています。 「血・水・気」がなければ人は生きることはできません。 気のついて医学的に把握・治療しているのは中医学(漢方)だけです。 この薬・治療は中国の大病院・名医ならできます   治療④---瘀血 瘀血とは血のドロドロした塊ですが、ではサラサラにすれば良いか、実はそれほど安直ではありません。 瘀血とは血が毒性を帯びている状態です。 単にサラサラにすれば良いだけはありません。   血を解毒する必要が有ります。 血の質を改善する必要があります。   また瘀血とは正常な場所以外に血がある状態です。 そこに血がたまらないようにするする必要が有ります。 この治療は中国の大病院・名医ならできます。   治療⑤----感情が原因で肝を痛めている。 気管支拡張症になぜ肝が関係するのか不思議に思いませんか? 実は密接に関係あるのです。 肝は心(心臓)から送り出された血を全身に供給する重要なところです。   肝から肺に血が送られ、肺で酸素交換します。 肝と肺は経絡でつながっています。 しかし肝が故障すると経絡で出血を起こします。   まず肝を治療する必要が有ります。 肝臓と肝は違います。 肝臓が正常でも肝が悪い時が有ります。   治療の歴史 気管支拡張症は非常に難しい病です。 中医学は4000年前にすでに治療がなされ2000年前には治療に関する詳しい医学書があります。 この2000年間、治療がなされて来ました。   中医学は世界でも最も歴史と実績のある医学です。 皮膚病の治療は紀元前14世紀から始まっており、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」では、現在のほとんどの病の関して詳しく説明しています。 (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して内経と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915 現在、根本治療するために、気管支拡張症と五臓、気血津液をセットで治療する事ができるのは中国の中医学だけです。 中国の優秀な中医師なら正確な診断・治療が可能です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の気管支拡張症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   気管支拡張症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が気管支拡張症の治療でも出ています。   気管支拡張症の治療---実例---「中西医結合医学」 1)気管支拡張症は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   もちろん西洋薬を積極的に、主体的な治療に使うときも有るはずです。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)気管支拡張症とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が気管支拡張症の原因になっている人が多い。 ②気管支拡張症から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、気管支拡張症だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。   どのようにすれば安全に治す事ができるでしょうか? 下記に漢方の無料資料を用意しました。ご覧ください。     下記の総合ページは重要な事を書いていますので、このページと合わせてご覧ください。 気管支拡張症 根底からの治療 原因を詳しく治療 中医学・大病院・名医 処方薬 総合情報 https://js-vivid.com/kikansi-15/       個人輸入代行の総合ページはこちら  

© 2020 Powered by AFFINGER5