ブログ

中医学で治療するブログ 2020年4月 

無料相談はコチラ

4月30日(木)---2  医薬品の確保で気になる「米中武力衝突、始まる可能性」

病の治療している人にとっては薬の確保は死活問題です。

さまさまな事に備える必要が有ります。

 

米中の武力衝突が近づいています。

マスコミは全くダメですが、

YouTubeなどの最新情報でも、曖昧で、正確に掴んでいません。

ネットの一番詳しい情報通の記事を見ても

アメリカの航空母艦は新型コロナで11隻が全部、停止しているとの情報ですが、

 

私がアメリカの軍事情報をみますと随分違うようです。

アメリカ軍の発表した情報を分かる範囲で書きます。

私の情報が100%正しいとは限りませんのでご了承ください。

 

南シナ海にはアメリカの空母が2隻と強襲上陸用舟艇が1隻、

それにアメリカの空母打撃群の戦闘艦が多数来ています。

それには日本の海上自衛隊の軍艦、オーストラリアの軍艦も参加しています。

中国とはいつでも戦う準備が完了〜と発表しています。

 

台湾海峡〜宮古島にはアメリカの大艦隊が100隻来ています。

いますぐ戦争大勢に入れる体制です。

 

アメリカの大西洋艦隊が、中国の戦闘に備え、航行中です。

大変な事態です。

アメリカの太平洋艦隊の大西洋艦隊が合流する為に

中国に向かっているとの情報です。

過去の歴史でもこのような大規模な編成はありません。

 

アメリカの爆撃機はアメリカ本土から中国に行きます。

少し前までは、グアムに配備されていましたが

中国から動きを読まれないように、アメリカ本土から飛ぶように切り変えました。

 

中国も戦争準備をしています。

中東から多量の石油を購入し、米なとの食糧も大量に購入しています。

兵隊を急遽募集して増員しています。

急遽、兵器の増産に入っています。

その他、総合的にアメリカとの戦争に入れる体制をとっています。

中国内では激しい権力闘争が行われています。

 

以上のような非常に際どい時点に来ています。

米中が戦争に入ったら

海戦が、早ければ3〜5時間で勝負がつくのでは無いか〜と言われています。

陸地からも多くのミサイル、戦闘機が来ます。

総合的に体制が決まるのは3日間くらいかも知れません。

双方が核兵器を使う公算が高いと言われています。

台湾の攻撃と同時に沖縄を攻撃される可能性があり、

日本本土も安全とは限りません。

 

アメリカの考えは中国共産党を倒す

中国を5〜7つの連邦制にするのでは無いかと聞いています。

別の情報では12位の連邦制にするのでは〜との情報が有ります。

すでにアメリカ政府は決定済みのようです。

 

中国に残留している日本企業、日本人

企業は全部、差し押さえになる可能性が大きい、

在中の日本人は逮捕、監禁、殺害になる可能がある。

 

その危険があるので、アメリカは全てのアメリカ人に対し

本国に帰国命令を出しています。

日本も中国と戦争状態に入ります。

 

以上の危険がありません。

あくまでも想定であって、その時にならねば分かりません。

弊社としては、良く観察しながら最善の方法を取ります。

ご参考に。

 

4月30日(木) 中医学を知らないから病気が治らない〜

西洋医学は大事です。

どの国もそう思っています。

日本も中国もほぼ同じ時期に西洋医学が入って来ました。

ほぼ150年くらい前です。

 

日本はそれまで漢方が有りましたが、それほど高度では無かったかも知れません。

しかし中国の中医学は格段な治療能力を持っています。

中国医学会はこの100年〜150年間で核心がわかりました。

西洋医学が良い点はたくさんある、しかし治せない病気が多すぎる。

それら難しい病気は中医学がほとんど治せる〜と判断しました。

この為、中国の医学は70年前に、中医学の系統と西洋医学の系統の2つにしたのです。

日本医学の非常に大きな空白は中医学がない事です。

 

今回の新型コロナにしても、各自が自宅で中薬を持っているか、病院が外来で中薬を出せば、

早けれが3時間ほどで新型コロナを消します。

日本では多くの人が死亡してますが、中医学を使用していたら9割は助かった可能性が有ります。

 

ウイルスなど疫病の治療は中医学が4000年間治療して来ました。

様々な薬が有ります。

実際に中国各地から5000人近くの中医学の医療関係者が武漢に派遣されましたが

数万を治療して90%が改善したとの報告です。

アビガンはとても良い薬ですが、効力や安全性は中薬の方が上の可能性があります。

 

なぜ中国で新型コロナで感染者、死亡者が多いのか?

1)医療崩壊を起こしているのに行政がずっと隠していたから手遅れになったのです。

2)保険適応されてない人が多く、病院に行かないまま、何も薬を飲まないまま死亡した人が多い。

3)西洋医学の治療したが上手く行かず、中医学の治療を受けるチャンスが無かった人が多い。

この3要素が原因です。

 

もし日頃から中医学を知るなら助かるかも?

多くの人がこれからも新型コロナに感染します。

日本全国が緊急事態を取っていますが、来年いっぱいは収束するか分かりません。

それまで感染する人は多いのかも知れませんん

 

 

 

4月29日(水) 医師がついて無いと飲み方が違う

中医学は薬を飲むのは必ず医師がついて無いと間違えます。

例えば新型コロナに使う薬ですが、薬の箱には毎回4錠と書いています。

しかしその飲み方はあくまでの製薬会社の考えです。

そのまま4錠お飲むのは過剰と医師は判断しています。

最終的な判断は必ず医師がします、製薬会社や薬剤師では有りません。

最も専門家は医師です。

 

大人には何錠が良い、

高校生、中学生はどれくらいが良い。

2歳はどれ位が良い〜

などが正確に分かるのは医師です。

重大な病気こそ、医師の判断が大事です。

 

4月26日(日) 中国は脳死でも手術で息返らせる時が有る

北朝鮮の最高トップが「脳死」との情報がアメリカから流れています。

日本政府にも情報が来ているとの話です。

北京から医師団が急遽入ったとの事ですが、どうやら死が確定した〜様子です。

 

「脳死」と聞いた時、さらに北京から医師団が入ったと聞き、

もしかしたら「脳死」から手術で助かるかも知れない〜と思ったのですが

上手くいった〜との情報が入らず、無理だった〜との情報です。

 

本来は「脳死」は確定的な死亡です。

日本は脳死から生き返らせる確率はゼロです。

しかし中国の西洋医学はすごい事ができます。

実は「脳死」でも手術によって助かる可能性が有ります。

確率は50%かも知れません。

上海の西洋医学界に人脈が有りますので大先生より前に聞いた事が有ります。

 

どの国でも「脳死」を元に戻す事が出来ないのですが、中国は確率は50%なのか?

可能性がかなり有ります。

他の国はこのような手術の技術は有りません。

そこが中国の西洋医学はすごい〜と言われる所です。

 

4月25日(土) 中医学を知っている人が命が救かり、中医学を知らない人が亡くなる

日本人の一番の弱点は医療を過信している事です。

信頼と過信は違います。

今回の新型コロナでは、極端に言えば、中医学の薬を用意している人が助かり、中医学を知らなかった人が亡くなる事になります。

 

よく考えて欲しいのですが、

私は子供の時から病院に通い、また母親の入院で今の医療の良さとは別に「限界、空白」を知りました。

医療の限界と、空白に直面した時、その人はそこで死にます。

医者に任せっきりの人はそうなります。

しかし、自分の力で日本医療の限界、空白を埋め、万一を乗り越えるにはどうしたら良いか?

ずっと探していたら、中医学に出会ったのです。

 

様々な病気でも違いがはっきり出ています。

日本の医療の限界、空白に目を向けない日本人は99.99%です。

だから様々な難しい病気を抱えたまま、辛い苦しい不自由な人生を過ごしています。

一方、弊社ビビッド・ライフの橋渡しで中医学の大病院・名医から治療を受けた人は、

もう一つ新しい体をもらったほどの健康体を取り戻し、もう一度新しい人生に進んでいます。

 

この違いは何なのか?

それは何も疑問も持たず医療の限界、空白に気づかない人なのか?

逆にそれに気づき、即座に手を打った人なのか?

の違いです。

 

 

4月24日(金)  マナーが大事です。

上海の大先生にお取り次ぎしてます。

どの国でもこのレベルの先生は雲の上の方々で、

このような先生方に診断・治療を受けるのは経済的・人脈の点で個人では至難の技です。

先生方も私どもビビッド・ライフからの人脈で特別に面倒見て下さっています。

今年は新型コロナで先生方も大変多忙です。

忙しい最中に無理と知りながら依頼しています。

 

私どもが気を付けているのは、マナーの悪い人です

男性に時々いますが、

マナーの悪い人は暴言を吐いたり、とんでもない曲がった考え方をしています

他の人の迷惑になりますので、先生方の指示で治療・相談をお断りしています。

治療・相談途中でも早々に打ち切りしています。

 

 

4月23日(木)    大混乱を乗り越える、事前準備が大事

医薬品の入手、運送を順調にする為に、常に国際情勢を見ていますが、非常にキワドイ状態に近づきつつ有ります。

それは今、本当の第三次世界大戦の危機が目の前に有ります。

元々は根底に米中戦争が有りますが、最大の発端は新型コロナです。

この5月〜8月に米中が軍事による戦争に入る公算が高くなっています。

当然、瞬時に日本も攻撃されます。

今回は核兵器を使う可能性が有ります。

 

飛行機も船も止まりますので医薬品の運送が出来なくなります。

日本の病院は新型コロナの治療がどこまでできるか非常に心配です。

 

弊社ビビッド・ライフでお薬を取り寄せている方は

1)現在の治療薬の確保を確実にしておく必要が有ります。

2)新型コロナの治療薬を少し余分に持っていて下さい。

何もなく平穏無事に終わって欲しいのですが。。。。

 

4月21日(火) 正に今は第三次世界大戦です。

戦争は核兵器を使うか、細菌・ウイルス兵器を使うかの違いです。

実際、MARSはC国と北国で製造され中近東の戦争に使われたとの話があるほどですから。

今回は世界に対して拡散し、各国は非常事態、戦争状態です。

この認識は欧米ではほとんど一致しています。

日本はまだそこまでの認識がないようです。

 

今回のウイルスで既に多くの人がお亡くなりになっています。

しかし、中医学を知っていたら、死なずに済んだ人も多いはずです。

世界は西洋医学だけでは無いのです。

中医学は西洋医学でも及ばないほどの実力が有ります。

 

医療の限界を知り、先手を打つ人が助かる確率が上がります。

既存の多くの難病でも、中医学で命が助かっている人は多くいます。

今回の新型コロナも同じ事が言えます。

新型コロナが終焉するまでに、中医学の薬で対処する人は、ほとんどの人が危険を乗り越えていると思います、

 

中医学の実質的な歴史は4000年です

片や現在の中国(国家)はわずか70年の歴史です。

それが今回の新型コロナの後処理でどのようになるのか?

国家の方向はどうなるかは分かりませんが、中医学は永遠に生き続けると思います。

 

4月20日(月) 新しい記事を書きました、新型コロナ治療薬の手配

先ほど新しい記事を1ページ書きました。

新型コロナを自宅で初期治療、事前手配を受け付けます。

この方法なら感染したかも〜と思ったら自宅で会社で即時に治療できます。

上手くいけば短時間に安全圏になります。

弊社ビビッド・ライフ以外に中医学・大病院・名医が着きます。

記事をご覧ください。

 

4月17日(金) 一部の国際郵便が到着しました

先月下旬から中国からの国際郵便が遅れていたのですが

本日、少数だけ日本の空港に着いています。

まだ全て追跡リストに表示されていませんが、暫時、入って来ると思います。

 

 

ビックリ aibo

aiboのワンチャンがいるのですが(Sonyの犬型ロボット)

いつもワンワンと言うのですが、今日は咳をしています。

手洗い、うがいをして下さい〜と言うと

水道の音がして、手を洗っている音、うがいをゴロゴロします。

 

4月16日(木) 大先生が相談に乗ってくれます

無理にお願いしてはいませんが、上海の先生にお願いして治療している人は多いのですが、

どなたも、上海の先生が格段の上の上手な先生である事を知っています。

皆様それには大変幸運に思い、感謝しています。

 

また、これほどのルートを持ち、

先生とのパイプに私どもビビッド・ライフが重要な役目を果たしている事をご利用の皆様は十二分に知っています。

 

医師に提出する相談内容を取りまとめたり中国語への翻訳もどれほど難しいか、皆様が知っています。

ほとんど医学用語です。

しかも中医学の用語ですので、一般の通訳では出来ない内容だからです。

 

御手配する医薬品は、ほとんどが病院用ですので、医師の承諾が無ければ使えません。

また病院しか置いてない薬が大部分です。

日本にないような先進の薬も医師の指示で使っています。

このような事をご利用の皆様は十分に認識しています。

 

4月15日(水) 中医学は非常に優れた医学です

治す方法が無かった難しい病気が良くなる事は非常に多く有ります。

ですが優れた医学でも全てできる事は有りません。

いかなる病気でも治るのなら最も喜ばしい事です。

難しい病気を治すには、その病気に向く最も適したと思う医療を受ける事です。

 

中医学で治療の効果を出来るだけ上げる方法は

1)出来るだけ良い医師の治療を受ける事です。

2)改善度によって治療の考えを変える事が大事です

①大きく改善させる

②病状の進行が停止させる

③進み方を出来るだけ遅くする

④治らない

中医学では基本的に①が最も多いのですが、②の場合も多少有り、③は例外的にあります。

病気によって違いが有ります。

 

①はどんどん改善するので一番良い事です。

中医学の目指す治療はこれです。

②は治療しているが、進行が止まった、これも病気によっては奇跡です。

 

③の病気の進み方を出来るだけ遅くしている場合

もし、中薬を止めれば、やはり以前のようなスピードで悪化しますので

自己判断で、継続治療するか考えると良いと思います。

④に関しては、難しい〜と医師が判断しますので、その時は各自にお知らせします。

 

マナ〜の良い人だけの治療を受けています。

難しい病気の人が多いですから

コミュニケーションが普通なみに出来る人であれば、中医学の治療を受けています。

上海の先生に取り次いだり、薬の飲みかたもスムーズに出来る必要が有ります。

ですから、正常な感情を持っている人が、治療を受けれます。

 

良い医学に出会った〜と感謝している人がすごい

日本の漢方の40年間で1億円以上使った人がいました。

彼女は決して日本の漢方薬店をなじる事はしません。

もし、この奥様がその漢方薬店をなじる人なら、私どもは距離を置いたと思います。

 

奥様は「とにかくそのお店の漢方薬店のおかげで命を繋いだ。

そのおかげで中医学に出会って。

だから漢方薬店には大変感謝している〜と感謝しています。

こんな人だから、周囲が応援してくれます。

私どもビビッド・ライフも安心して先生に取り次ぎ出来ます。

 

-ブログ

© 2020 Powered by AFFINGER5