風湿病(膠原病)線維筋痛症

ベーチェット病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

 

無料相談はコチラ

 

ご覧いただきまして大変有り難うございます。

ご希望のお薬の個人輸入を代行します。

安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。

中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。

お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。

 

2_15_07c

 

ベーチェット病になった人は本当にショックだったと思います。 

「記事担当の後藤です。

ベーチェット病は一時的に治ったり、また数ヶ月したら再発する。

その繰り返しです。」

 

「単に繰り返すだけでなく、次第に悪化します。

初期、中期、末期と進みます。」

 

「医学書を送って来ていますので、それに基づいて説明します。

記事をご覧になりお役立ていただけばと思います」

 

8Nka1Xf5TCyuhLEMq546Uw_thumb_8613

ベーチェット病の原因は実は1800年前にはすでにわかっていた事です。

中医学ではベーチェット病は 狐惑病(こわく病)と言います。

この病の原理をすでに1800年前の医学書「傷寒雑病論」では詳しく書いてます。

その後の時代において、多くの名医がこの病を治療し研究成果を残しています。

 

世界で中医学がどれだけ素晴らしいものか、どれほど優れたものかを知らしめたのは、韓国ドラマ「チャングムの誓い」です。

このドラマを日本の多くの人が食いいるように見ました。もちろん韓国でも大変な話題でした。驚いた事に中医学の総本家の中国でもこのドラマは大ヒットしたのです。

 

上海を車で移動した時、チャングムの誓いの大きな看板があちこちにありました。

中国も韓国も漢方は非常に発展しており、高度な医療が非常に活発です。

 

ベーチェット病の治療は「チャングムの誓い」で大きく取り上げられました。

驚きです。チャングムは実在の人物です。王様がベーチェット病:狐惑病(こわく病)になりました。これをチャングムは治したのです。チャングムは今から500年前の人です。

500年前はすでにベーチェット病の治療方法も中国から韓国に伝わっていたのです。

HG121_350A

ベーチェット病の原因は3種類有ります。

下記は中医学書による本格的な説明です。

原因①  湿毒が体内で温存されていた。

体外からの湿の侵入、体内での湿が発生し、湿が滞留・固り、熱が出て毒が発生しています。

この「湿・熱・毒」が経絡(血の通り道)を通って眼・口・外陰部に至り潰瘍を作ります。

これが湿毒が原因のベーチェット病です。

 

原因②  肝・腎の陰が虚弱

肝・腎の陰が弱くなると津液(水)が損傷されます。

津液が回って来ないので体の上部・下部を潤す事が出来なくなります。

虚は火になり体内を焼きます。

 

それは肝からは上に登り眼・口に行きます、腎からは下に下がり外陰部に行きます。

眼・口・外陰部に潰瘍ができます。

これが肝・腎陰虚が原因のベーチェット病です。

 

原因③ 脾・腎の陽が虚弱

体内が脾腎陽虚になっている場合、気の流れが悪くなり、水が溢れます。

水・湿が溜まり毒が発生します。

湿が経絡(血の通る道)に入り穴部分(眼・口・外陰部)に向かいます・

 

眼・口・外陰部に潰瘍が出来ます。

これが脾腎陽虚が原因のベーチェット病 です。

 

発病のメカニズムがここまで解明されているとは。

世界に他に例がない、誠にすごい事です。

FZ081_L

 

まず、下記の資料をご覧ください。無料です。何度も見れます。

ベーチェット病 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」

https://js-vivid.com/bechet-15/

ベーチェット病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

https://js-vivid.com/becheto-1/

ベーチェット病を根本治療する。中医学・大病院・名医の情報。最先端「中西医結合医学」の治療効果。

https://js-vivid.com/becheto-5/

 

体を健康に維持するためにお役立てください。

転ばぬ先の杖といいます。

 

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

 

fullsizeoutput_1df1

 

-風湿病(膠原病)線維筋痛症

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5