その他の病

「頭が鳴る」原因とは。耳鳴りより難しい病。中医学・大病院の情報。

無料相談はコチラ

頭が鳴る 原因と治療を知りたい方の情報ページです。

お薬お手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。

漢方では「頭が鳴る」原因が分かっています。

容易な状態ではありません。

頭が鳴る場合は要注意です。多いのは中高年のようです。

y9HpXXk9TD+slDWVvG5TA_thumb_8610.jpg

一番多いのは耳鳴りです。

これは漢方で診断すると分かりますが、第一原因は「腎」が弱っている状態です。誰でも35歳すぎると体が弱って来ますが、これは「腎」が弱ってくるからです。耳鳴りがヒドくなったのは「腎」が相当弱って来た場合です。この場合は「腎」の治療薬を飲んだり、睡眠や早寝早起きをして体の負担を少なくするのがコツです。


耳なりの次のステップが「頭が鳴る」です。

「頭が鳴る」のは原因があります。

「頭が鳴る」のは頭に血が足りないからです。これは要注意です。脳に血栓ができる危険があります。

この病は脳卒中の危険も多いと言います。脳卒中は突然来ます。ひどい場合は半身不随になったり死亡します。脳卒中と「頭が鳴る」は原因がほとんど同じです。

fullsizeoutput_22be-1.jpeg

 「頭が鳴る」時の治療方法、予防方法とは

大事なことは今すぐ、脳の血液を改善する治療が必要です。

1)血流を良くする。

漢方医の治療では、脳の血流を良くする治療と、首から下の治療をします。

それと血は首から下、つまり心臓や肝臓などから、血液や経絡を通って脳に血が送り込まれていますから、ここが通りが良くないと、順調に脳に血が来ません。

全身の血流を良くする。血が通る道をキレイに掃除する、若返らせる必要があります。これは優れた漢方の名医なら出来ます。

2)血をキレイにする。

よく血液サラサラと言いますが、サラサラだけではダメです。良くなりません。危険も去りません。九州の大病院のドクターから「サラサラ飲んでても、脳卒中になります。皆、救急搬送で来ます」と言われました。

漢方ではサラサラするのは大事ですが、それだけで血がキレイになった分けではありません。血は毒を持っていたり、「熱・寒」を持っていたり、血が旺盛だったり、虚弱だったりします。これを調整しないと正常にはなりません。この判断は優秀な漢方医なら出来ます。

3)大変怖い現象です。漢方の医師に相談しないと大変です。

医師が出す薬を見ますと「頭が鳴る」時の最も大事な治療は血以外を重視してます。頭が鳴るから頭の問題ですが、実施は胴体部分の治療が最も重点になります。

頭は胴体とセットです。胴体部分が悪くなると、頭が鳴る構造です。例えば「腎・肝・脾」が悪くなると普通はどうしようも有りません。頭が鳴る現象は「腎・肝・脾」が悪くなっている場合が多い。ここは頭、血の貯蔵、血を作る〜の要所です。

腎肝かなめ〜と言いいます。この二つが止まれば体が止まります。それに脾が加わると血が作れなくなります。これらの「頭が鳴る」原因になる場合が多い。

治療の仕方

このように「頭が鳴る」人は至急、漢方医に相談する必要があります。しかし日本にはそれが出来る高度な漢方医の制度がありません。それを補うためにビビッド・ライフでは再優秀な漢方医の相談が受けられる体制を取っています。

Rv2hZTj3QPyD7JTSe1Ycig_thumb_8606.jpg

「頭が鳴る」人の問題点。

病歴はどうですか?

このような病状の人は他にも色々な病気を抱えている場合が多く、それと「頭がなる」が繋がっているのが一般的です。あなたはどうですか?これまでどのような病気をして来ましたか?

色々な病歴がある人、何もない人もいます。しかし、名医が診断すると色々の問題点が出て来ます。例えば肝臓や腎臓が正常でも、漢方医から見ると「肝・腎」が相当悪くなっています。肝腎要と言います。ここが弱ると全身が止まります。

髪の毛はそうですか?

髪の毛は白髪ですか? 黒髪の人は居ないはずです。これも現象の一つです。最悪にならないように早めの治療が良い。

お困りのことご相談ください。無料です。

個人輸入代行の総合ページはこちら

 

-その他の病

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5